ここから本文です
今日も少しだけ思うことを書いて見ようと思います。
最近毎日更新できないのですが、実はこのblog以外にも複数のblogを運用しており、そちらに時間をとられすぎているのが原因かもしれません。
一応鉄道関係の専門家?ということで、知名度を上げるべく頑張っております。
鉄道をメインの仕事にして食べていけるかというと正直、難しいかもしれませんが、少なくとも国鉄解体前後からずっと、資料を集めたりして、自称日本国有鉄道研究家【どこに需要があるのかという話はおいておくとして・・・。】ですので、日本国有鉄道に関する資料を発掘して自分なりの解釈なりを加えていこうということで毎日少しずつblog等も更新しています。
さらに、それと関連するblogということで、別のblog書いたりしていますと、すごく時間がかかるのです。
そして、書きながら改めて自分の無能さを思うのです、自称日本国有鉄道研究家とか言いながら知らないことばかり、よくそれで専門家気取りができますねって。

だからこそ、謙虚でいられるのでしょうね。
知らないことばかり、誰かに教えてもらいます。
誰かの力を借りないと何も出来ないわけですから。

若い頃は、何でも自分で出来ると思い込んでいた時期がありました。
僕が全部自分でするのだ・・・みたいな。
いわゆる天狗状態だったんです。

結局そうしたことって、後で気づくのですよね。
勘違いだったと。
だからこそ、今は自分で天狗になりかけているなぁと思ったらふっと振り返るのです。

自分に思い上がっているところはないでしょうかって。
そして、思い上がっているなぁと思ったら、ブレーキかけるようにしています。
ただ、自分が転義になっているか否かというのは自分で判断するのは難しい訳です。
ただ、意識的になり、無意識的になり人を批判していたりしたら警戒信号だなと意識するようにしています。
特に妬む感情などが大きくなっているときは警戒レベルですね。苦笑

まぁ、そうして、自分で自分にブレーキをかけるようにしています。
ただ、あまりブレーキをかけすぎて、何も出来なくなってしまいますので、そのあたりは俗に言うバランスをとるようにしています。
しかし、改めて思うことはそうしたバランスを取ることって難しいなぁと思ってしまいます。

今日は私の独り言にお付き合いいただきありがとうございました。

イメージ 1

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • とある物語。ハンプと連結手

    2017/2/24(金) 午後 9:01

    みなさまこんばんは、今日から新しい構想でまたお話を始めたいと思います。 今回のテーマは、操車場、そこに働く18歳の清が本編の主人公となります。 じだいは昭和30年代を想定しています。 まぁ、全体のコ ...すべて表示すべて表示

  • > 「これじゃ、どうしようもないよなあ」・・・思わずつぶやく日田君でした。 > さて、用を足した日田君、さっそく自席に戻って一杯と思ったのですが・・・思わぬ事態が・・・、 > まぁ、その辺はまた次回にさせていただきます。 ...すべて表示すべて表示

  • > なるほどと変にうなずく日田君でした。 > そう聞いて変なところで生真面目な日田君、今度は列車の便所とはどうなっているのか確かめたくなったのでした。 > また、その時のお話は次回させていただきますね。 すみません、2週間 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事