ここから本文です
みなさま、おはようございます。

今日も少しだけ皆さんに元気になっていただけるようなお話をさせていただこうと思います。
と言いながらも、「晴れ時々曇り」、ならぬ「晴れ時々鬱」・・・な時があり。
落ち込んでいる時は、本当に何もできない状態が続いてしまうことがあります。

自分で「自分が弱いということを認める」ことから始まることも多々あるような気がします。

私自身、出来ないことが多いわけです、それに対して嫉妬であったり、妬みであったりという気持ちを全て消し去ってしまうことはできないんですね。

だから、さっき書いたように、「晴れ時々鬱」な気分になってしまうのでしょう。
それを避けるにはどうするか・・・。

そうした気分になる自分を認めたうえで、それを乗り越えていく。
小さな出来事で良いから出来ることから始めていくのが大事なのではないでしょうか。
アドラーの心理学では言われていることですよね。

自分が最も得意なことからその領域を伸ばしていく。
昆虫などが触手を伸ばして探る・・・みたいな。

そんな状況があっても良いような気がするんです。

自分の得手とすることを伸ばしていくことでより良い成果が得られれば…そこで少しだけ人は強くなれるのではないでしょうか。
イメージ 1

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • とある物語。ハンプと連結手

    2017/2/24(金) 午後 9:01

    みなさまこんばんは、今日から新しい構想でまたお話を始めたいと思います。 今回のテーマは、操車場、そこに働く18歳の清が本編の主人公となります。 じだいは昭和30年代を想定しています。 まぁ、全体のコ ...すべて表示すべて表示

  • > 「これじゃ、どうしようもないよなあ」・・・思わずつぶやく日田君でした。 > さて、用を足した日田君、さっそく自席に戻って一杯と思ったのですが・・・思わぬ事態が・・・、 > まぁ、その辺はまた次回にさせていただきます。 ...すべて表示すべて表示

  • > なるほどと変にうなずく日田君でした。 > そう聞いて変なところで生真面目な日田君、今度は列車の便所とはどうなっているのか確かめたくなったのでした。 > また、その時のお話は次回させていただきますね。 すみません、2週間 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事