ここから本文です
イメージ 1

私自身は、本当に弱い人間だと思っている。
人に対する批判に対して弱かったり、成功している人を見て素直に喜べなかったり・・・これを性格とかと言って片付けてしまえば簡単ですが、それでは何も解決しない。
言わば「臭いものに蓋」をしたようなもので、根本的な解決には至っていない訳ですから。

批判された場合は、素直に受け入れるように努力はしている・・・でも、そこでさらにダメ出しされたら・・・正直、凹んでしまいます。
批評している人は自分はこんなに知識があるんだと披露したいのだと思うのですが、もっと調べて正しいこと書いてください・・・なんて書かれると自分なりに資料を探して書いてきたことが全否定されてしまう事がちょっと悲しくなってしまうんですね。
まぁ、多分に本人はそうした意図はないと判るのですが、敢えて省略して書いている場合もあるので、その辺が間違っていると言われても困ってしまうんです・・・。

まぁ、私自身も鉄道ジャーナリスト等と名乗っていますが、偽物だと、・・・痛い鉄道ヲタクが妄言を吐いている言われても仕方ないと思っています。
ネットや本に記事を書いていないですから。
ただ、世間に認めてもらえるように、(偽)が取れるように、少しずつblogを更新しているわけです。

と言うわけで、愚痴なのか何か判らないまま書いてしまいました、こんな弱い私ですが今後も見守っていただければ嬉しいです。

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • とある物語。ハンプと連結手

    2017/2/24(金) 午後 9:01

    みなさまこんばんは、今日から新しい構想でまたお話を始めたいと思います。 今回のテーマは、操車場、そこに働く18歳の清が本編の主人公となります。 じだいは昭和30年代を想定しています。 まぁ、全体のコ ...すべて表示すべて表示

  • > 「これじゃ、どうしようもないよなあ」・・・思わずつぶやく日田君でした。 > さて、用を足した日田君、さっそく自席に戻って一杯と思ったのですが・・・思わぬ事態が・・・、 > まぁ、その辺はまた次回にさせていただきます。 ...すべて表示すべて表示

  • > なるほどと変にうなずく日田君でした。 > そう聞いて変なところで生真面目な日田君、今度は列車の便所とはどうなっているのか確かめたくなったのでした。 > また、その時のお話は次回させていただきますね。 すみません、2週間 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事