ここから本文です
本日も、思うままに気の向くままに書いてみたいと思います。
これは私自身の反省すべきと言うか乗り越えるべきことだと思う弱さです。

だからこうして、時々自分の恥をこうして晒しながら、少しずつでも変わっていければと思っているのです。

それは、「嫉妬心」
ある人が成功したと聞けば、「心から良かったね」と言えるのが成功の早道だと言われたりする。
自分でも頭でそうだなぁと理解できる。
でも、実際そのような場面に遭遇すると・・・。
「なんで、彼だけが」・・・みたいな気持ちが正直頭をもたげてくるのです

自分でも、いけないなぁと思うのだけど、そんな気持ちが中々払拭できなかったりします。

鉄道ジャーナリストと言う肩書きの人を見ると、なんとなく自分は劣っているような気がして、一つも二つも気後れしてしまうというか、嫉妬心の変形ではないかと思ってしまうのです。

でも、考えてみたら、「自惚れるのはいけないが自信を失うのはもっといけない」
こうして書いているうちに思い直してきました。

「自分と他人を比較してもそれにどれ程の意味があるのか・・・。」

なんかそんな風に考えると急に気が楽になりました。

ごめんなさい、自分でこうして書かせて頂くことで、自分なりに答えを出せたような気がします。

時にはこうした、呟きのような記事を書くこともありますが、例えばblogに愚痴を書いても良いかもしれませんが、愚痴を書いても記録は本人が消さない限り残りますし、それを読み返してみて楽しいとは思えないと思うのです。
それなら、愚痴であってもそれに対して、こうして自分なりに答えを出したよと記録として残していければ自身の成長の証にもなるかなぁなんて思っています。

成長っていっても、身長が伸びるわけではないですけどね。
でも、心の成長って年齢は関係ないと思うのです。
歳を重ねても、何時までも成長したいという心があればきっと変わることが出来ると思うからです。

だって、blogと言うのは、web+logと言うのが定説のようですが、logをbookのようにつづることだと聞いたことがあります。
まぁ、私の思い違いかもしれませんが。
記録(log)1を本(book)のように綴っていく、私はそんなつもりで、今後も幾つかの運営しているblogを更新していければと思っております。

最後までお読みいただきありがとうございました。
イメージ 1

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • とある物語。ハンプと連結手

    2017/2/24(金) 午後 9:01

    みなさまこんばんは、今日から新しい構想でまたお話を始めたいと思います。 今回のテーマは、操車場、そこに働く18歳の清が本編の主人公となります。 じだいは昭和30年代を想定しています。 まぁ、全体のコ ...すべて表示すべて表示

  • > 「これじゃ、どうしようもないよなあ」・・・思わずつぶやく日田君でした。 > さて、用を足した日田君、さっそく自席に戻って一杯と思ったのですが・・・思わぬ事態が・・・、 > まぁ、その辺はまた次回にさせていただきます。 ...すべて表示すべて表示

  • > なるほどと変にうなずく日田君でした。 > そう聞いて変なところで生真面目な日田君、今度は列車の便所とはどうなっているのか確かめたくなったのでした。 > また、その時のお話は次回させていただきますね。 すみません、2週間 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事