ここから本文です
「親の背を見て子は育つ」とよく言われます。

一般的な意味としては、
「子供は、親のやっていることを見て、それがあたりまえのことと思って、自分の常識にしてしまう、ということ。 」

ということですが、考えてみれば子供は無垢の存在であり、どんな色にも育ってしまうわけです。
そう考えると、昨日の品格もそうですが、自分自身が意識していくことで子供の将来も変えることが出来ると言えそうです。

自分自身が堕落した生活をしていて、いくら子供に勉強しろとかいっても子供はどう思うでしょうか。

少なくとも、本当に勉強しようとは思わないでしょう。
また、塾に任せておけば良い・・・そんなものでしょうか。

知識は増えるかもしれませんが、もっと大事な相手への思いやり、気配りなどが出来ない人が育ってしまうと言えないだろうか?

私は、「親は子供によって育てられる」とむしろ思っています。
子供に自分として出来ることの最上級を見せる。

別に無理して家族旅行に豪華な旅行に行くのが最上級を見せるということではありません。

休日でも、ダラダラ過ごすのではなく、時にはスポーツしたり、時には勉強したり・・・自らを高めるための努力をすること、またそうした姿を子供に見せること・・・そんなことも大事なのではないでしょうか。

私は残念ながら離婚してしまいましたので、途中までしか子供にそうした姿を見せられなかったというところが有りますが、親が子供のために頑張っているという姿を見せることはまさに。

「親の背を見て子は育つ」

であり、そうした姿を見せるといことは、自らを律して、常に子供の理想系を自身が演じなくてはならないと思うのです。
ただ、最初は演じているつもりでもそれが習慣となれば自然と振る舞えるようになりますから。
いってみれば、自分の自身の品格の向上に繋がっていくのではないでしょうか。
イメージ 1
親の背を見て育ったはずが、国鉄に入らずに警察官になった親不孝な子供
警察学校の入校式にて

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • とある物語。ハンプと連結手

    2017/2/24(金) 午後 9:01

    みなさまこんばんは、今日から新しい構想でまたお話を始めたいと思います。 今回のテーマは、操車場、そこに働く18歳の清が本編の主人公となります。 じだいは昭和30年代を想定しています。 まぁ、全体のコ ...すべて表示すべて表示

  • > 「これじゃ、どうしようもないよなあ」・・・思わずつぶやく日田君でした。 > さて、用を足した日田君、さっそく自席に戻って一杯と思ったのですが・・・思わぬ事態が・・・、 > まぁ、その辺はまた次回にさせていただきます。 ...すべて表示すべて表示

  • > なるほどと変にうなずく日田君でした。 > そう聞いて変なところで生真面目な日田君、今度は列車の便所とはどうなっているのか確かめたくなったのでした。 > また、その時のお話は次回させていただきますね。 すみません、2週間 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事