ここから本文です
  おはようございます。
土曜日の朝、皆様は如何お過ごしでしょうか。
まぁ、土日が休みというところも多いでしょうが、サービス業の皆様などは土日の方がより忙しいかもしれません。
私も今日は夜勤なので、朝は少しゆっくりですが明日の朝まで仕事です。
さて、ここでは政治がらみのお話をしないと決めているのですが、ここ最近の国会を見ていると正直、情けない。
昔から政争に明け暮れるといった構図はありましたが、今の野党は政権を倒すことだけに傾注して、その後がない。
テレビ他のマスコミも面白がって、そんなニュースばかりを流すし、国会女性議員が、「mee too」といって変な行動しているし・・・。
少なくとも、国会議員ってそんなに暇なんでしょうか?
国会審議に応じないとか・・・小学生の子供じゃあるまいし。

そんなことばかりして、ポピュリズムに迎合することが民主主義だと思い込んでいたら、ますます没落してしまう。
そんな気がするのです、全体の流れに中に芯がないから。
誰がどう言おうと、自分自身が決めた柱がないとダメと思うのです。
私は以前、これを人生のアンカーという表現をさせていただきました。

何時も意識しているのは、そうした人生のアンカーを打ち込んでから、そのアンカーから今度は空に向けて上昇する、高く高く上昇する。
そのようにして俯瞰することで見えてくるものを大事にしたいと常々思っているのです。

ビジネスを一緒に考えるときは、そのビジネスの意義、いわゆるアンカーを探して、そこから今度は俯瞰して考えてみる、ただ俯瞰するだけではなくて、そこには時間軸 (5年先はどうか、10年先はどうか・・・のような)
昨今は、時代の流れが速すぎて10年でスパンを考えても見えない場合があるので5年程度の場合が多いですが、ポピュリズムに流されず、絶対的な自分で決めたアンカーを元に考えることを習慣にしています。
意外と思われるかもしれませんが、こうした考え方を実践していくと、世の中の矛盾が見えてきますし、全く未知の問題にぶつかっても焦らず対処できるような気がします。
イメージ 1

書庫その他の最新記事

すべて表示

  • とある物語。ハンプと連結手

    2017/2/24(金) 午後 9:01

    みなさまこんばんは、今日から新しい構想でまたお話を始めたいと思います。 今回のテーマは、操車場、そこに働く18歳の清が本編の主人公となります。 じだいは昭和30年代を想定しています。 まぁ、全体のコ ...すべて表示すべて表示

  • > 「これじゃ、どうしようもないよなあ」・・・思わずつぶやく日田君でした。 > さて、用を足した日田君、さっそく自席に戻って一杯と思ったのですが・・・思わぬ事態が・・・、 > まぁ、その辺はまた次回にさせていただきます。 ...すべて表示すべて表示

  • > なるほどと変にうなずく日田君でした。 > そう聞いて変なところで生真面目な日田君、今度は列車の便所とはどうなっているのか確かめたくなったのでした。 > また、その時のお話は次回させていただきますね。 すみません、2週間 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事