ここから本文です
おはようございます、本日も思いつくまま、気の向くままに書いてみたいと思います。
最近新しい言葉を覚えました、・・・って、子供かよと突っ込みが入りそうですが。汗

「自分ファースト」なる言葉があるようです、都民ファーストなるものからの派生語だと思いますが、どんな意味なのか気になりますので、ネットで調べて見ますと、Weblio 辞書  には、
下記のような意味だと書かれていました

自分ファースト

周囲よりも自分の都合や利益を優先事項と捉える傾向のある人を指して用いられることのある表現。

だそうです、他にも、「自分ファーストで行こう」と言うタイトルのブログもあり、私のblogのような閑散としたものではなく、多くの読者があるようです。
まぁ、それは別にどうでもよい話なのですが、自分ファースト・・・それが本当に正しいのでしょうかというか、有益なのでしょうか。

個人的には、自分ファーストは、悪いとは言いませんが。積極的に肯定もしないという立場でしょうか。
すなわち、自分ファースト・・・ということで、自分を愛すると言う意味での自分ファーストは正しい。
しかし、自分自身を愛すると言う意味ではなく、自分のしたいこと、やりたいことが優先で、他人がそれによって損害を被ろうが、心身に傷を負ったとしても自分には関係ないと考える自分ファーストは、やはりおかしいと思うのです。

自分は、自分ファーストでは無いと言う人も多いかもしれませんが、知らず知らずのうちに、自分では、特に意識していなくても、無意識で実践している人は多いと思うのです。

電車に乗ろうとして我先に割り込んで乗り込む人、電車のドアの真ん中付近に立って乗降の邪魔になっていても気にしない人、道に平気で空き缶やたばこの吸い殻を捨てる人・・・。

いかがですか、あなたは大丈夫ですか?
もしかしたら。誰かが掃除するわけですし、割り込んでも自分が座れたら良いでは無いか、他人の為(ため)にそこまで気を遣う必要なんてないのだと言う人もいるかもしれませんよね。

実際、最近であれば、他人とコミュニケーションを取らなくとも生活できる時代になりましたから。

通販があれば買い物に行かなくてもそれこそ、食料品から電化製品まで何でもそろいますし、ネットがあればニュースも見えますし、自由に発言も出来ます。さらに、電気代やガス代を自動引き通しにしておけば、払いに行く必要もありませんし、振り込みしてもらってネットバンキングすれば、一日家にいても大丈夫そうですよね。

時々は、相手の顔が見えないネットの世界で、自由に発言できます。
内弁慶になって、相手が不快な気分になっても問題ない訳ですから。
SNS等であれば、荒れれば相手をブロックすれば良いわけですから。
自分ファーストを貫くには良い環境なのですよね。

しかしね、人は必ず歳を取るのです。
永遠の20歳とか、永遠の30歳なんて無いのです。
私たちが若い頃のアイドルと言えば、松本伊代や、堀ちえみと等ですが、やはり歳を取るわけですよ。

さて、歳を取ったときに、自分ファーストばかりを主張する人は、世間から見たら、どう見えるでしょうか。
時々、老害だととかいって、若い人がわがままな老人を罵ったりしていますが。
間違いなく、それは、自分ファーストの遠い将来の姿ですよと言ってあげたいわけです。

「自分を愛する」事は大事ですが、「自分のしたいこと、行動したいことを優先する」そんな自分ファーストは、結局「嫌われるだけのお年寄りになってしまいますよ」と言いたいわけです。

わがままばかり言う人と、いつも笑顔を絶やさない人がいたら。あなたなら、どちらを助けてあげたいですか?
まず、そう考えて見て、その上で自分の長所、短所を見つめ直す。
自分の良いところは、自信をもって自分ファーストで。そんな素敵な自分を愛せば良いですし、逆に。悪いと思うところは意識して自分で変えていけば良いのではないでしょうか。
イメージ 1



書庫その他の最新記事

すべて表示

  • とある物語。ハンプと連結手

    2017/2/24(金) 午後 9:01

    みなさまこんばんは、今日から新しい構想でまたお話を始めたいと思います。 今回のテーマは、操車場、そこに働く18歳の清が本編の主人公となります。 じだいは昭和30年代を想定しています。 まぁ、全体のコ ...すべて表示すべて表示

  • > 「これじゃ、どうしようもないよなあ」・・・思わずつぶやく日田君でした。 > さて、用を足した日田君、さっそく自席に戻って一杯と思ったのですが・・・思わぬ事態が・・・、 > まぁ、その辺はまた次回にさせていただきます。 ...すべて表示すべて表示

  • > なるほどと変にうなずく日田君でした。 > そう聞いて変なところで生真面目な日田君、今度は列車の便所とはどうなっているのか確かめたくなったのでした。 > また、その時のお話は次回させていただきますね。 すみません、2週間 ...すべて表示すべて表示

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事