BL FACTORY

ようこそ、BL FACTORY のブログへ。

全体表示

[ リスト ]

KZ1000R用のリヤキャリパーサポート製作のご依頼をいただきました。

現状はCP2696を市販のフローティングキットにて装着されておりますが、キャリパーを交換する事になりましたので、サポートはワンオフ製作となります。

イメージ 1

取り付けるのはKRやS1に使用されていたトキコのキャリパーのレプリカです。

これをS1風のデザインでサポートを製作します。

まずは装着するスイングアームの計測から始めます。

イメージ 3

イメージ 4

左右が非対称な形状で有る事と、トルクロッドの位置が決まっておりますので、アクスルのセンターにホイールセンターを合わせて各部の計測を行わないと部品の設計が出来ないのです。

見た目ではセンターから右側の方が少し広い設計の様に見えておりましたが・・・

イメージ 2

ピボットのラインに合わせたレーザーとクロスしたレーザーでアクスルセンターを探します。

イメージ 5

ピボットのセンターに対してアクスルもセンターという設計のスイングアームでした。

ホイールセンターを計測後LH側アクスルカラーを製作してから、キャリパーサポートの寸法出しを行います。

つづく





この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事