全体表示

[ リスト ]

ダーリン I Love you

イメージ 1

ハロヲタって発売前は、ちょっとした情報で勝手に妄想してネガトークして、そんでいざ発売されるとその曲に文句もいわずに褒めちぎり、何でも食べるブラックバスのように受け入れるのね。
歌の好みは人それぞれではあるけれど、あんまりにも一般とズレた感性でこれみよがしに語らないでほしいと思うわ〜〜。・・な今日この頃。


なんども聞いてれば良い曲だと錯覚するのは当たり前の話で(この辺の話は割愛しますが当たり前のことなのです)、語る上で忘れちゃいけないのがファーストインプレッション(初聴)の感想です。
いろいろな企業がなんとかプロモートしようと、必死にメデイアと聴衆の時間を獲得しようとしている中で、やはり一般大衆にアピールする上でも一番大事なのはそこでの感想だと思うのです。
そして何度も聴くうちに思考はループをしてファーストインプレッションへと帰結するのです。
帰結できない人は、感性として見抜く(聴く)力(能力)が不足しているのです。

というわけで「ジンギスカン」のc/w「ダーリン I Love You(Berryz工房Ver.)」の私なりの感想です。

実はCD発売前にケータイサイト「公認!アップフロント着信」でダウンロード(有料)して聴いてました。ダウンロードする前に褒めちぎった感想をかいているブログがあって期待してたのですが・・
正直な感想は「・・・・・・・・・・・・・」←こんな感じです。
無理に言葉にするなら「ダメだなぁ・・」ってところかな。

つんく♂にしてはえらくストレートな曲を作ったな。
評判上々のBuono!の曲に対して刺激されて作ってみたが、つんく♂としての良い部分も薄らいでしまったようなイメージ。
もちろんクリエイターとして他者に刺激を受けるのはいいことだが、過渡期においてそれらは異形の物を作り上げてしまう事がある。まさに完成に至る前の過渡期の作品といった印象だった。
よくよく聴くといろんな要素が詰め込まれているのだが、消化不良な感がある。

で何度も聴いた後での感想としては、ドラムが古臭い、ドタバタドタバタと一昔前のジャパニーズロックシーンの音だ。これが大きな欠点だ。
いや正しく言うならば、Berryz工房とのマッチングが悪い。
曲の作り自体は面白いのだが、これを100%生かす為にはBerryz工房の歌唱力では足りない、それどころか、今の女性歌手でこの曲を魅力的に歌える人が思いつかない。
唯一頭に浮かんだのは、ユニコーン時代前期の奥田民雄。
彼ならば、この曲をこのままで見事に歌いこなしヒット曲に仕立ててしまう事もできるだろうと感じた。
かえって、ドタバタとしたドラムが魅力的に感じることだろう。

とはいえCDよりもライブの方が魅力的なBerryz工房(私が今まで見てきた中で、ライブ曲のほうがCD録音よりも圧倒的にいいと思った珍しいグループ)彼女達が歌うライブならば、きっとこの曲も魅力的な一曲になってしまうのだろうと期待している。





余談

気になるのが(Berryz工房 Ver.)の部分。
順当に行けば℃-ute Ver.が出てくるとおもうが、もし万が一にもポッシボーが歌うことになったならば私はそプロデュサーとしてのその手腕に感嘆と驚愕の声をあげざるをえない。
なぜならポッシボーがこの曲を歌うことによって、既成事実としてBerryz工房と同格であることを表現してしまうからだ。
まるで星飛馬の父一徹のごとき状態になるが・・・怖いもの見たさで少しの期待と不安を持って続報を待っている。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事