被リンク対策に効く!1ブログ1リンクとは?

被リンクがもっとも順位を上げる効果があります。しかし、被リンクの付け方を誤ると…
「被リンクを付けると検索順位が上がりやすくなる」
という話を聞いたことはありませんか。このことはSEO対策を少しでもかじったことがある方なら周知の事実です。

知らない方のために説明します。なぜ被リンクを付けると検索順位が上がりやすくなるのか。インターネットの世界では役に立つサイトや面白いサイトをリンクをすることで紹介します。すなわちリンクされるサイトは価値があるサイトという推定が働きます。そこにgoogleは目を付けました。googleの検索エンジンでは被リンクがたくさん集まっているサイトは検索順位が上がりやすくなるというアルゴリズムを採用しています。すなわち被リンクは人気のバロメーターような役割を果たしているんですね。

しかし、被リンクの数だけで検索順位が決まるのなら、価値がないサイトでも被リンクさえ付ければ上位表示されることになります。Googleの目をあざむくことができます。自分のサイトに作為的にたくさんの被リンクを付けることで世間から注目されているサイトを演出しようと工作する人が出てきます。その結果、検索結果の精度が悪くなりますよね。

そこでgoogleは作為的な被リンクが付いているサイトは大きく順位を下げるペナルティを課すようになりました。いわゆる『ペンギンアップデート』です。昨今では単純に被リンクを付けるだけでは順位が上がらないようにできています。

しかし、googleの評価を高めるには被リンクが依然として効果的であることも事実です。難易度が高いキーワードで上位表示しているサイトの大半は作為的な被リンクを付けています。作為的な被リンクであってもgoogleから見て自然な被リンクに見えれば、今でも被リンクが順位を押し上げる効果がもっとも高いんですね。特に「クレジットカード」や「FX」、「キャッシング」「賃貸」「保険」などのいわゆるビッグキーワードで上位表示するためには、被リンクの力を借りずに順位を上げることは到底不可能です。

それではどうすれば作為的な被リンクを、自然な被リンクに見せることができるのでしょうか。

1ブログ1リンクで被リンクを付けてください。1ブログ1リンクとは、その名の通り1つのブログの中から1つだけ発リンクする方法です。サテライトブログからメインサイトへリンクする場合は、必ず1ブログ1リンクの原則を守ってください。これがgoogleのペナルティ対策になります。

それではなぜ1ブログ1リンクがペナルティ対策になるのか。実は1ブログ1リンクにたどり着くまでに被リンク業者とグーグルとの間に知恵比べの歴史がありました。一昔前の被リンク業者は1記事の中に10リンクほど詰め込んでリンクしていました。そして、常に同じ発リンクの組み合わせで多数リンクしていました。このリンクの付け方は作業効率は良いですが、どう考えても自然な被リンクとは言えませんよね。グーグルは発リンクの組み合わせに着目して、同じパターンでリンクされているサイトにペナルティを課すようになりました。

しかし、被リンク業者は引き下がりません。1記事1リンクで被リンクを付けるサービスが始まりました。すなわち1記事の中に1つだけリンクする方法です。これなら発リンクの組み合わせがないので、googleのスパム検知システムから逃れることができます。しかし、長くは続きませんでした。googleはブログ全体を見るようになりました。ブログ同士で発リンクの組み合わせに共通のパターンが認められた場合にペナルティを課すようになったのです。

このままでは被リンク業者はおまんま食い上げです。そこで考え出されたのが1ブログ1リンクです。1ブログの中に1つだけリンクすれば、ブログ単位で見ても発リンクの組み合わせにパターンがない。googleがペナルティを課す理由がないですよね。


このような流れの中、現在はほとんどの被リンク業者が1ブログ1リンクを採用するに至りました。自分で被リンク対策をする際も必ず1ブログ1リンクを心がけてください。1ブログ1リンクがもっとも安全な被リンク対策になります。


【補足1】
ペンギンアップデートが実装されたあと、SEO会社は各々2つの大きく異なる対策を取り始めました。

1つ目は『コンテンツSEO』です(別名『ホワイトハットSEO』とも呼ばれています)。コンテンツSEOとは被リンクに依存せずに内部SEO対策だけで検索順位を上げようとする施策です。具体的にはサイト内にオリジナルテキストを追加したり、キーワードや関連語、共起語を含めることでサイトの検索順位を上げようというものです。しかしながら、コンテンツSEOはうまくいきませんでした。確かに昨今のgoogleはコンテンツの充実なくして順位を上げることは不可能ですが、だからと言って被リンクなくして明確に順位が上がることはありませんでした。コンテンツSEOが行われることによって皮肉にもやっぱり被リンクが必要だということが明らかになったのです。


※今になって思えばコンテンツSEOは有効な被リンクを作り出すことができないSEO業者に苦し紛れの施策でした。確かにコンテンツの充実は必要ではあるけれど、コンテンツを充実させるためにはSEO対策とは別にサイト内容に応じた専門知識が必要になります。その専門知識はお客さんが一番詳しいため
SEO業者があまり出る幕がないという事情もあり、コンテンツSEOは急速に廃れていきました。

そこで『1ブログ1リンク』です。サイト内コンテンツが充実していることは前提で(コンテンツが充実していなければお客さんに充実していただくことが前提で)1ブログ1リンクの被リンク対策が始まりました。1ブログ1リンクはペンギンアップデートをうまくかいくぐることができるため、現在ではSEO対策の王道となっています。

■関連リンク集…1ブログ1リンクやペナルティを受ける被リンクについて言及している他サイト様を紹介します。
 
1ブログ1リンクサービスの魅力
【被リンクの】SEO対策のみうが語る1ブログ1リンクとは【特効薬】
ペナルティを受けない被リンク
SEO対策の基礎から一ブログ一リンクまで
被リンクを極める: 被リンクのプラチナリンクは危険
被リンクアップドラフト(現オモシロSEO)がSEO対策無双に勝てない理由
ペンギンアップデート3.0、対策と傾向について
リンク購入SEOサービスの危険性
市原塾3期のレビュー
サテライトブログからの被リンクサービス
検索エンジン対策のためのディレクトリ登録は不要、SEO効果に疑問

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事