ここから本文です
philosのブログ(Blog2735から移行しました)
情報社会、哲学、日々の雑感など。吉田寛Hiroshi Yoshida (静岡大学Shizuoka University)が執筆。

書庫全体表示

哲学2017 授業資料 「重い実」 社会と個人

前回は、スワンプマンと恋愛に関連付けて、自我と他者の関係について考えた。
今回は、功利主義的な問題圏で、3人称と1人称という、見方について考察しよう。
2015年、2016年の議論を引き継ぐので、資料、参考文献はこちらを参考にしてください。

功利主義について、簡単に説明。2016年の資料参照。
https://blogs.yahoo.co.jp/blog2735/57374067.html

つぎに作品。「重い実」
ストーリーについては2015年の記事参照
https://blogs.yahoo.co.jp/blog2735/56851442.html

作品中、「ナラズの実」を使用するかどうかの問題に対する、祭主の功利主義的な判断をめぐって、われわれも考えさせられる。

Q:皆さんは、「ナラズの実」を最初に使用した祭主の判断に同意しますか?
Q:それはなぜですか?

Q:祭主は最後に「ナラズの実」を使用するのを躊躇したでしょうか。
Q:なぜでしょうか。
Q:皆さんは、祭主の最後のナラズの実を使用する判断に同意しますか?

功利主義は人間を、自分も含めて3人称的な対象として眺め、公平に功利を計算し、全体の最適を考えて最終判断を下すべきという考えです。
ただし、ここでは<私>の視点は抜け落ちているように見える。最終判断において、あるひとが<私>だったかスワンプマンだったかは、判断者にとって問題にならないだろう。いや問題にしようがないというべきか。

これに対してカントの黄金律には、「おのれの欲せざることを相手にするな」という、1人称から2人称へという発想があるように思われます。この原則はさらに、自分と相手だけでなく、万人に対しても当てはまるとき、それは正しい判断と言えるという考えですが。「万人」が1人称、2人称の連続に捉えられているようにも見えます。
ここでは、1人称の<私>と、3人称化された「万人」の間に、2人称の相手への慮りがあります。1人称の<私>にとって、自分がスワンプマンに入れ替わってしまうことは重大事件であることを確認しました。では2人称の相手はスワンプマンでありうるのかどうか、前回の検討を思い出してみてください。

功利主義の場合もそうですが、スワンプマンとの入れ替わりに気づきうるかどうか、という問題と、実際にスワンプマンになってしまったかどうかには大きな差があるように思います。少なくとも、2人称の相手が、スワンプマンに替ってしまっていたら、恋人や友人、家族にとっては大事件と捉えられるように思います。

作品中の祭主の判断、死に方には、2人称としての妻の存在と、その存在への態度が大きく関わっているように思います。どう考えますか?

  • 顔アイコン

    吉田先生、こんにちは。

    実の重さは、質量ではなく人の命の重さですよね。
    話(論点)を逸らさないように気を付けたいですがこれを読んで私は咄嗟に「なぜ人を殺してはいけないの?」という問いを思い出してしまいました。

    検索したら97年のNEWS23・・この頃最初の子供が私のお腹にいた・・だったことが確認できましたが、その当時の自分には、憤りを感じながらも今ほど確信をもって答えることができなかったであろうと思います。

    「殺してもいいと思うならお前は何様だ」 削除

    [ 三毛 ]

    2017/7/4(火) 午後 3:14

    返信する
  • 顔アイコン

    自分がどう育てられたか、自分がどう子どもを宿したか、どう産み、育てたかという経験が、「殺す」ことへの態度に大きな力を持つのは確かだと思います。

    ただ、黄金律が個人個人の経験を越えて社会で力を持つこともまた大切なことでしょう。

    経験と黄金律の結びつきを解き明かすことが課題かなと感じています。

    [ philos ]

    2017/7/18(火) 午前 6:06

    返信する
  • 顔アイコン

    経験していないことを理解するのに必要なのは何でしょうか・・

    疑似体験?優秀な教師?想像力?成育環境?

    男性と女性では体の構造からしてまるで違うので、もしかしたら同じ出来事でも全く違う感じ方をしているのかもしれないと思います。

    単純な話、30圓硫拱を軽々持ち上げる男性には全力でもそれを浮かせることすらできない女性の気持ちが理解できないのではないでしょうか。 削除

    [ 三毛 ]

    2017/7/20(木) 午後 4:41

    返信する
  • 顔アイコン

    人の命の重さをどのくらい“重く”感じるか。



    筑紫哲也さんは「人を殺していいのは戦争だけだ」と言いました。
    私は「違う!!」と思いました。
    そもそも戦争などあってはならないのだ、何故こんな偉い人?にわからないのだろう、と歯痒く思いました。

    後でよく考えたら、あれはもしかしたら筑紫さんの反戦メッセージ・・言葉の選び方が自分と違っていたのかもしれない・・とも思えます。

    しかし、同じ言葉でも人によって解釈の仕方が違うのですよね。
    あれを「戦争ならば人を殺してもいいのだ」と思う人がいても不思議ではありません。


    近年「誰でもいいから殺してみかった」などとほざいた殺人犯がいましたが、そんな“欲求”って起こるものなのでしょうか? 削除

    [ 三毛 ]

    2017/7/20(木) 午後 4:42

    返信する
  • 顔アイコン

    筑紫さんは、法の話をしているのでしょうかね。。

    今年も終戦記念日が過ぎました。
    戦後72年。
    戦争を体験した世代はいよいよ少なくなっています。
    そして、体験話を聞いたことのない若い世代も増えています。

    戦争について、教科書か、あるいはgoogle検索から知識を得るだけの人がマジョリティになれば、社会は変わるでしょうね。

    [ philos ]

    2017/8/16(水) 午前 11:47

    返信する
  • 顔アイコン

    先生こんにちは。いい天気ですね。

    今日は休みなのでおふとんを干して飼育ケースを窓際に置き、
    ヤドカリと一緒にのんびり過ごしました。
    幸せです。



    静大祭(11/12)の“哲学カフェ”はどうでしたか?
    Menuを見て面白そうだなと思いましたが、2日続けて浜松はムリ(笑)
    うちで息子とブランチしました。

    穏やかな休日、とはちょっと雰囲気が異なりますが・・
    グリーンデイの“holiday”を聴かれたことはありますか?
    歌っているのはちょっとイカレた風貌のお兄ちゃんですけど、内容はすごくまともでシニカルな反戦ソングです。
    “American idiot”とご一緒にいかがでしょうか。 削除

    [ 黒地に白靴下 ]

    2017/11/21(火) 午後 4:00

    返信する
  • 顔アイコン

    maybeではありますが・・

    先生があの本を私に下さったことの理由はp28の4行目(を含むp27最終行からp28全文)にあるのでしょうか。

    その読みが正しければp158から159にわたる先生の解釈がストンと腑に落ちるのですが・・


    今の私が知り得るのは先生が示されるウイトゲンシュタインの姿(いわばまた聞き)でしかありませんが、
    「おそらく本書(論考)は、ここに表されている思想・・ないしそれに類似した思想・・をすでに自ら考えたことのある人にだけに理解されるだろう。」
    という引用文の“それ”が何であるかを直感的に察したときに

    なぜ「沈黙しなければいけない」のかを先生が理解されたことを思い・・だからこそp205のように述べられたのではないかと思い・・“生の肯定”というその言葉に重みを感じた次第です。


    先生が10年かけて研究されて書かれた論文とのことですので、無論私が簡単に理解できるなどとは思っておりません。
    しかしながら、この胸騒ぎに似た感覚が正しい反応であるならば

    カモミールティーが沈黙の返答になり得ることを願います。 削除

    [ 三毛 ]

    2017/11/29(水) 午前 0:49

    返信する
  • 顔アイコン

    拙著を読んでいただき、ありがとうございます。
    ウィトゲンシュタインが考えたことを、テキストを通じて私がどう受け取ったか、そして私の書いたテキストから、あなたが私をどう受け取ったか、そこに生まれる沈黙はとても価値のあるものだと思いますし、ありがたいものだと思っています。コメントいただきとても嬉しく思いました。

    [ philos ]

    2017/12/11(月) 午前 10:06

    返信する
  • 顔アイコン

    先生の書かれた本にウイトゲンシュタインの言葉として
    「幸福に生きよ!」
    とありましたのでシンプルにそれを学び、実践しようと思った次第です。
    こうした態度はある意味、先生の言いなりとか教科書通りの勉強かもしれませんが役に立っていると思います。


    私はクリスチャンではありませんが、いわゆる産後うつで苦しんでいた時に三浦綾子さんの“新約聖書入門”を読みました。
    聖書(というテキスト)そのものではなく解説書、ということになりますがそれでも三浦さんによって信仰のバックグラウンドまで丁寧に解説されていたため理解することができた(つもりです)ので、当時の私にとって大きな支えとなりました。

    「子供が母親を求めるように主を求めなさい。」
    「あなたは仕返しをしてはならない。私がしますから。」

    私は“主”ではなく“三浦さんのことば”を信じてこれを応用することにしました。
    キリスト教徒には申し訳ないですが優柔不断な私は“唯一神”を選び出すことができなかったのです。 削除

    [ MikeはMichaelの略 ]

    2018/6/9(土) 午前 11:49

    返信する
  • 顔アイコン

    信じるべきものを見出すのは難しいことではありますが、
    支えとなるテキストに必要とするタイミングで偶然に出会えてしまった自分は“幸運”なのかもしれません。

    素直でないというか丸暗記が嫌いな性分なので、「幸福に生きよ!」もただ信じて唱えるのではなくその意味を自分なりに理解すべく学び続けたいと思います。 削除

    [ MikeはMichaelの略 ]

    2018/6/9(土) 午前 11:50

    返信する
  • 顔アイコン

    ・・ところで、どうして命がこんなに軽んじられてしまうのかを考えました。

    つまるところ人々が愚かだからではないでしょうか。


    性(≒生)をいやらしいもの、面白いものと思う人は脳みそが下半身についているので親指大ほどの大きさしかないのでしょう。
    だから妊娠や出産が命がけの行為であることを理解できない。

    運のいいことに逆子や臍帯の絡まりがなく正常分娩だったとしても胎盤を子宮から引き剥がす際に大量出血を起こすこともあるのです。


    イギリス国民の皆さん、どうか産後4時間で身なりを整えて出てきたキャサリンさんを歓声で迎えないでください。 削除

    [ MikeはMichaelの略称 ]

    2018/6/9(土) 午後 0:10

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事