ここから本文です
philosのブログ(Blog2735から移行しました)
情報社会、哲学、日々の雑感など。吉田寛Hiroshi Yoshida (静岡大学Shizuoka University)が執筆。

書庫全体表示

哲学2017 授業資料 「旅をする沼」「棘(おどろ)のみち」 社会と個人

社会と個人というテーマに関して、「旅をする沼」では、日本的な共同体(われわれ)について考えた。<私>に対する、「鏡が淵」では2人称、「重い実」では3人称、そして「旅をする沼」では1人称複数としての「社会」を意識した。<私>を私という存在者にするもの、すなわち私の存在の根拠にとしての社会を模索してきた。最終回の本日も、社会と個人というテーマについて、<私>のまた別の存在の仕方について考えてみよう。

「棘の道」では、ギンコを含めた「蟲師」たちの生き方に焦点が当たる。「蟲師」が社会的にどのような役割を負っているか、そしてその役割を蟲師たちがどのように受け止めているか。そこには、役割的な自己のあり方、そしてそれに収まりきらない自己が描き出される。

「役割的自己」は、「蟲師」に限った話ではなく、「教師」と「学生」、「お父さん」「お母さん」と「子ども」、「従業員」と「客」、「上司」と「部下」など、われわれの社会生活においてごく普通の存在の仕方である。これは、<私>という存在者にとって、結局は、自己の放棄なのか、自己実現なのか。それが、今回考えたい問いの一つである。100%役割に同化するということは、それがひとつの役割ということもあろうし、複数の役割を足し合わせるということもあるだろうが、それぞれ、自己を引き受けるということになるのか、あるいは自己をごまかしていることになるのだろうか。また、先週みた、「日本的共同体」とは別のあり方になるのか、社会に溶け込むという意味では同じ存在の仕方と考えるべきだろうか。

作中、「蟲師」には、普通の「村人」「お父さん」などとは少々異なり、それなりの特殊性が強調されている。それを「専門職」として捉える事ができるだろう。「専門職」とは、高度な特殊技術、専門知識や倫理的判断が必要な仕事について、それを備えた社会的役割(を担う)人々のことで、社会の側でもこれに対して育成や保護、身分や報酬の保証を提供することで職業形態として成立するとされる。ギンコの行動原理には、専門職としての「蟲師」を引き受けている様子が見られる。あらためて考えてみると、ギンコの自己紹介は「蟲師のギンコです」であり、作品シリーズのタイトルも「蟲師」である。では、専門職としての生き方とは、通常の役割的自己と同じものなのか、それとも異なるものなのか。「棘の道」では、この問いについて何人かの蟲師たちの異なる態度を読み取ることができるだろう。

参考:
波頭暁『プロフェッショナル原論』筑摩書房(ちくま新書)、2006
NHK『プロフェッショナル 仕事の流儀』ポプラ社、2010
齊藤・岩崎『工学倫理の諸相』ナカニシヤ出版、2005
黒田・伊勢田・戸田山 (編)『誇り高い技術者になろう―工学倫理ノススメ』名古屋大学出版、2004

この記事に

  • 顔アイコン

    吉田先生、おはようございます。


    サービス業に従事する者としては、どのお客様にも私心を挟む事なく仕事をするのが当然であり、その対価として賃金を得ているのだから公私混同は恥ずべき、と思っています。

    何のために働くかと言えば子供に必要な教育を与えるためであり、何のために子供を育てるかと言えば命を与えたからには幸せに生きて欲しいと願うからです。

    幸せに生きるには、まず安全を確保する必要があります。
    その上で、成長に必要な栄養を与えなければいけません。

    小さい生き物にはそれが自分ではできないのですから、大きい者がそれを助けないと生命の維持は容易ではありません。


    感情にまかせて子供を虐待するなど、親である者の存在意義を自ら否定する行為に他なりません。
    こうした“論外のこと”を除いて、自分の役割について考えてみました。 削除

    [ 尻尾だけ縞々 ]

    2017/7/24(月) 午前 9:24

    返信する
  • 顔アイコン

    小さいひとが大きくなるまでの間に、自分で自分の身を守ることを教えなければなりません。
    それができないと、自由に行動できないからです。

    逆に言えば、身辺の自立ができるようになれば親は必要ないのかもしれません。

    母グモは、生まれた子グモの最初の栄養になります。
    これも一つの親の在り方だと思います。



    私がいなくても子供が自由に行動できるように、私ができることは「何の為にそれをするのか」を教えることだと思います。

    「学校で世界史を教えるのは、記憶力を試すためではなく戦争を起こさない人を育てるためである。だから丸暗記はやめなさい。」

    勉強はテストの為ではない、最低限それだけわかってくれたら自分の存在意義は果たせたものと思います。

    あとは良き師に巡り合わんことを願います。 削除

    [ 尻尾だけ縞々 ]

    2017/7/24(月) 午前 9:25

    返信する
  • 顔アイコン

    台風来ましたねー・・

    明日のOCが中止になったとのお知らせメールが来ました。
    楽しみにしていましたが残念です・・


    有漏路より 無漏路へ帰る 一休み 雨降らば降れ 風吹かば吹け 削除

    [ 茶虎 ]

    2017/8/7(月) 午後 5:10

    返信する
  • 顔アイコン

    今年のオープンキャンパスは中止になってしまい、残念でした。私も楽しみにしていたのですが。。
    夏も過ぎていきますね。キャンパスの蝉の声のちょっとした変化に耳をすませます。

    [ philos ]

    2017/8/16(水) 午前 11:54

    返信する
  • 顔アイコン

    役割は役割ですが、それぞれ引き受け方は人それぞれなのでしょうね。

    親も、子供も。
    教師も、学生も。

    ひとそれぞれだけれども、当然、お互いに期待や責任を感じ合うところが人の世の難しいところですね。

    役割については社会的なものだから意見交換しやすいと思うのですが、役割の「引き受け方」については、ひとそれぞれなだけに、うまく言葉にしづらく、そこで苦しいんでいる人は多いだろうと感じるこのごろです。

    [ philos ]

    2017/8/16(水) 午後 0:13

    返信する
  • 顔アイコン

    男性の、女性に対する期待って大きすぎると思います。


    いつでも綺麗でいて
    完璧に家事をして
    子供ばっかりじゃなく自分も甘えさせて
    時間ができたら働いて

    いつでも自分の求めに応じて


    無理です。 削除

    [ サビ ]

    2017/8/25(金) 午前 10:10

    返信する
  • 顔アイコン

    自省録より引用

    p134第7巻五七「自分に起こることのみ、運命の糸が自分に織りなしてくれることのみを愛せよ。それよりも君にふさわしいことがありえようか。」

    p175第9巻一九「万物は変化しつつある。君自身も絶えざる変化の中にあり、ある意味で分解しつつある。然り、宇宙全体がそうなのである。」

    p189第10巻五「何事が君に起ころうとも、それは永遠の昔から君に用意されていたことなのだ。そしてもろもろの原因の交錯は永遠の昔から君の存在とその出来事とを結び合わせていたのだ。」

    p213第11巻七「哲学するには、君の現在あるがままの生活状態ほど適しているものはほかにないのだ。このことがなんとはっきり思い知れることか。」


    マルクス兄さん。
    自分の行先を決めるべき今、私が哲学に出会ったのは必然だったのでしょうか。
    インプレッサの荷室を埋めた夏物の衣類が抜け殻に見えました。 削除

    [ 茶白 ]

    2017/12/3(日) 午後 4:41

    返信する
  • 顔アイコン

    師走になると、喪中のはがきなども届きますし、なにか振り返る時間が増える気がしますね。そういう重く静かな時間もまた大切な時間かと思います。『自省録』と過ごすにはよい季節ですね。春を待ちつつ。。

    [ philos ]

    2017/12/11(月) 午前 10:15

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事