ここから本文です
philosのブログ(Blog2735から移行しました)
情報社会、哲学、日々の雑感など。吉田寛Hiroshi Yoshida (静岡大学Shizuoka University)が執筆。

書庫全体表示

情報学方法論(情報社会学科 2年生向)2017 吉田寛

この講義では、「自らの研究について情報学の観点から講義」することになっています。
私は、すでに1,2年生向けの「人文社会情報学」関係の講義を多数持っているので、ここでは出身分野である「哲学」と社会情報学との結びつきを中心にお話しします。最初に、情報学を学んでいるが哲学にはあまり親しみのない学生を想定して「哲学」の紹介をして、ついで私自身の哲学的テーマや社会情報学とのかかわりをお話しようと思います。

「哲学」は、2500年ほど前の古代ギリシャからの連綿と現在までつづく知的伝統で、現在の「大学」や大学で研究・教育されている学問全般のルーツであり本質を構成している学問と言えるでしょう。ひとことでまとめるなら、「物事を表面的に受け取って終わりにせず、根本から考え直してみるという姿勢」ということになると思います。どんな学問でも、対象とする現象や活動について、ただ個々の現れを見たまま感じたままに記述するだけでなく、そこから共通の特徴や応用のきく作動原理などにさかのぼって理解しようとします。そういう意味では、すべての学問は哲学です。だから、哲学には固有の専門分野というものはありません。そこで、哲学はどの分野でもまったく役に立たない学問とも言われるし、逆に、あるゆる分野で役に立つ学問とも言われます。共通性という意味では「数学」と立ち位置は似ていると思います。

 ただ、とくに現在「哲学」という個別分野で(あるいみ)専門的に研究されるのは、あらゆる分野に共通しすぎていて、個々の分野に割り振られにくいテーマです。たとえば、「世界」とは何か、「人間」とは何か、「存在」とは何か、「善/悪」とは何か、「幸福」とは何か、「正義」とは何か、「心」とは何か、「知」とは何か、「美」とは何か、などのテーマです。こういった問いについての答えは、あらゆる分野の学問・活動に影響を与えます。情報システムや情報サービスを工夫して提案するにしても、たとえば「善/悪」の判断は基本的に押さえておかなければならないでしょうし、その上で「幸福」についての見通しを含むものでなければ、評価はされないでしょう。だから、専門的な哲学も、個々の分野や活動において、それなりに重要な意味を持っていると言えます。

 逆に、哲学にとっても、個々の分野の研究成果や、提案されたアイデアやサービス、社会における評価や動向、共有されているイメージや物語などは、重要な手掛かりです。固有の専門分野を持たないので、あらゆる専門分野での成果を(慎重に吟味しつつ)用いて考察します。よくある一つの手法は、個別の研究、提案や作品にどのような思想が隠れているかを読み解き、別の時代や別の分野に見られる思想と比較しながら、評価していく方法でしょう。たとえば、ホンダの提供する人型ロボット「アシモ」の思想と、手塚治の「鉄腕アトム」の思想を比較し、さらに古代ギリシャの「パンドラの神話」などと比べながら、ロボットについての現代日本社会の受け入れている思想を明らかにするといった方法が考えられます。こうして、時代の思想を明らかにすると、そこに「人間とは何か」「心とは何か」という哲学が読み取れるわけです。これを、さらにロボットではなく、特定の文化や宗教が保持しているとみられる「人間」についての哲学、社会に大きな影響を与えた人物や著作の哲学と比較することもできるでしょう。医療の分野から出てきた哲学と照らし合わせることもあります。

こんな感じで、重要なテーマについて、まず広く見渡しながら理解を深め、その上でその時代なり、その社会なり、あるいは自分なりに解答を出す(提案する)ということをします。こうして、個々の専門分野の活動者、研究者、生活者らに対して、「人間」「心」「自然」などについて、「こう考えてはどう?」「こう考えるべきじゃないか?」などと提案するわけです。ただ、ひとは基本的に保守的で頑固な存在です。またじっさい、新しい別の可能性を考えること、横から口出しされることは、個別の活動にとってコストでもあります。だから、提案がすんなりと受け入れられることはないし、憎悪や嫌悪の標的になることもある程度は覚悟しておく必要があります。ですが、事故や災害を考えても分かるように、いろいろな可能性を考えておくことはある程度必要なことで、ロボット開発やサービスにしても、頭を柔らかくしていろいろ考えておくことが賢いことだと思われます。専門分野の人は一つの可能性に向かって先頭を突き進むタイプだとしたら、哲学とは最後尾で、他の分野やここまでの道のりなども眺めつつ、自分たちの位置や方向を再確認する役割だと言えるでしょう。

 私が関わってきた哲学研究は、ウィトゲンシュタインという20世紀前半に活躍した哲学者の議論です。彼は、言語の研究を通じて20世紀の学問全体に「言語論的転換」と言われる大事件を起こした重要な一人です。数学や自然科学の分野で、何となくの共通了解となってきた基礎的な原理や定義、手続きや常識などが、論理的に整備されることになりました。人文社会系の学問分野ではさらに影響は大きく、言語をベースにすることで、西洋の既存の知や権威による、独善的な解釈や特権意識が鋭く問い直されるようになりました。ウィトゲンシュタインは言語をベースにすることで、当時あらゆる分野を説明・支配するかの見えた「科学」(的知識)の限界を検討しました。たとえば、「美」「価値」「宗教的領域」「私」「ルール」などについて、少なくとも普通の意味では合理的に議論したり、実験や観察によって答えを決めることができないと考えました。私の最初の研究は、なぜ・どのようにして、これらが科学的な知識ではないとウィトゲンシュタインが考えたのかを明らかにすることでした。

 では、私にとって哲学と社会情報学との関連はどのようになるでしょうか? たとえば、従来の典型的な人工知能は、言語によって知識を蓄え、ここに条件を与えると、この条件に応じた言葉、行動などを論理的演算によって抽出して返すというシステムでした。この仕組みで、ルールについて、あるいは自分自身について、扱うことができるでしょうか? 「ドラえもん」などの作品では、「できる」という思想が見られるかもしれないし、そういう思想を引き継いだ研究プロジェクトもありそうです。私が問題にしたいのは、たとえば本当にロボットが「自分自身」について考えることができているのか、あるいは「ただの一つの物体」について考えることができているだけなのか、という問題です。このとき、自分自身について言語を使って考えるというのはどういうことか、というウィトゲンシュタインの提案した(多くの哲学者たちが答えを試みてきた)議論、そして人工知能研究者、サービス提供・受容者らの考えを聞きながら、自分なりに答えを探し、よかったら社会に提案していくのが、哲学をベースにした私の社会情報学になります。

 テーマは、人工知能やロボットだけではありません。情報化する管理社会、地域社会と協働の在り方、哲学的思考の現代的なあり方などにも取り組んでいます。これからは、これからの時代における、自然や伝統、家族や友達などの意味にもっと踏み込んでいきたいですね。日本の哲学は、過去の哲学者の著作や思想と対峙しながら、その時代における自分の哲学を探究するのがオーソドックスなスタイルでした。私もそうやって哲学を学んできましたし、それが基本だと考えていますが、一方で、現代の他の分野の研究や活動、作品などから読み取れる思想、自分自身の活動や経験にもっと比重を置いて哲学をやっていきたいという気持ちは強く、その模索がしばらく私のテーマになっています。だから、私にとって、社会情報学は、情報化した現代社会のなかで哲学をやっていくという、ひとつの挑戦という意味があり、楽しくやっています。どんなキャリア、どんな分野のひとでも、どんな活動、生活をしているひとでも、自分に関わる問いとして「○○って何だろう」という(「哲学的」と私なら呼ぶ)疑問を持つひとと話すことは、私にとって最大の楽しみです。

おしまい。

  • 顔アイコン

    >ウィトゲンシュタインは言語をベースにすることで、・・「科学」(的知識)の限界を検討しました。たとえば、「美」「価値」「宗教的領域」「私」「ルール」などについて、少なくとも普通の意味では合理的に議論したり、実験や観察によって答えを決めることができないと考えました。私の最初の研究は、なぜ・どのようにして、これらが科学的な知識ではないとウィトゲンシュタインが考えたのかを明らかにすることでした。


    私も考えてみました。完全に述べることはできませんが

    言語の限界を超えて内在するものを「ない」と断言する者は
    言語化(データ化)できるものが世界のすべてであると勘違いしていると指摘したいと思います。


    美意識(倫理)は主観によって成り立つものであり、非生物であるコンピュータは快・不快をみずから持つこと、つまり主観を持つことができません。
    できるのは電算処理のみです。

    [ 玄界灘 ]

    2019/3/20(水) 午後 6:30

  • 顔アイコン

    美=保持するべき価値を持つもの、と定義するならば
    美意識を持たない非生物が価値を判断する基準は数値の高低のみでり、「多いものが善である」という結果を電算処理によって導くことになるでしょう。

    ここで、美と対をなす醜の概念を「美を損なうこと」だとしましょう。

    すると「少ないもの=希少価値」、の概念は計算機には理解し得ないものになります。
    失われゆくものを守ろうとするのはout of order ということになってしまいます。

    だから人間=生物=自然、と機械=科学の産物=非生物の“理解のしかた”にズレが生じるのは当然のことだと思います。

    [ 0度は「ない」ではない ]

    2019/3/20(水) 午後 6:30

  • 顔アイコン

    叫びも言語のうちと考えることができます。
    非常にプリミティブな、しかし人間以外にもこれを用いることができる点において汎用性の高い内的表現であると言えます。


    3月20日はチェスターベニントンの誕生日でした。
    力強く喉の奥から絞り出すような独特のヴォーカルは人を惹きつける魅力があり、彼の死後2年ちかく経過してもなお動画の再生回数は伸び続け、現在22億回をカウントするに至ります。


    哲学探究より
    25 動物が話さないのは精神能力がないからだ、と、ときどき言われる。つまりそれは「動物は考えないから話さないのだ」という意味である。だが、動物は話さないだけなのだ。いや、言葉を使わない・・プリミティブ言語は別として・・と言ったほうがいいだろう。(後略)


    咆哮は単なるノイズじゃないんです。
    人にだってときに言葉にならない感情データがあります。

    [ faint ]

    2019/3/21(木) 午後 6:19

  • 顔アイコン

    p.s.“numb”が11億回再生でした。
    ワーナーの公式だけでもざっくり合算すると軽く25億回は超えることになりますが

    個人でユーチューブにupしたものは一体どれだけ再生されているのか・・
    著作権の問題、ザルですね。
    情報社会の取り締まりがいかに難しいか、という問題も浮かび上がります。

    [ R.I.P. ]

    2019/3/21(木) 午後 6:51

  • 顔アイコン

    “論考”の最後に「7 語り得ぬことについては沈黙しなければいけない」としたウイトゲンシュタインが、“探求”においてプリミティブ言語を言語論で論じていることの意義は

    “論考”において「5・6 私の言語の境界が、私の世界の境界を意味する。」とした“私の世界の境界”を自ら拡げることだったのでしょうか。

    まるで“0”という概念を発見したみたいに

    [ 知恵の館でバイトする熊さん ]

    2019/3/23(土) 午後 3:35

  • 顔アイコン

    先生の2001年の論文“バーチャルリアリティのリアリティはなぜバーチャルなのか”に

    「現実世界は無限の潜在的な情報に満ちている」

    という一文がありました。また、

    「計算可能なモデル を構成する際の記号化は、そのような潜在的情報をそぎ落としてしまう。そして、このことはバーチャルリアリティの実現できるものがあくまでバーチャルなものにとどまり、けっしてリアルな世界を実現できないということを帰結する。」

    ともあります。

    プリミティブ言語も記号によるデータ化ができません。

    よって、科学の成果としてコンピュータ上に展開される仮想現実の世界の限界は、記号データという“言語の限界”に境界づけられると言えます。

    [ 氷上の黄色い雨 ]

    2019/3/24(日) 午前 1:00

  • 顔アイコン

    ウイトゲンシュタインの“哲学探究”107の「ざらざらした地面に戻ろう」という表現は、自身の著書である“論理哲学論考”を自ら「たいへんなまちがいがある」と計算可能な論理の限界を認めて(超えて)改めて人智を超えた現実世界に向き合おうとする彼の決意を表す言葉だったのではないでしょうか。

    そしてそれがあまりに広い世界だとわかるから「私には手を入れる時間がもうない」と“論考”の「はじめに」に記したのではないでしょうか。

    [ 氷上の黄色い雨 ]

    2019/3/24(日) 午前 1:01

  • 顔アイコン

    情報社会における哲学について:

    自省録より
    第11巻三十八 彼曰く「問題はどうでもいい事柄ではなく、我々が狂気なのかどうか、ということだ。」


    注釈によるとここでマルクス帝の言う“彼”とはエピクテトスのことであり、言わずと知れたストア派の代表的人物です。

    昨夜放送された“平成を振り返る”特番で、解説のI氏が村上ファンドのインサイダー取引事件について
    「カネを儲けて何がいけないんですか!」と逆切れしたM氏を
    「国民から“怪しからん罪”で非難されたんですよ。伝え方が悪かった。」
    と擁護していたのでこれを思い出しました。


    私たちふたりはTVに向かって
    「論点そこじゃないよね」「国民は“罪を犯したのに開き直ってる”から反感買ったんだよね」ってツッコミを入れました。


    “強者の倫理”を振りかざす者はストア哲学など「困難な状況にあっても平静を保つために欲を抑える」思想を“ルサンチマン(≒僻み根性)”と見下すのかもしれませんが

    影響力の強い人物ほど客観的な善悪の判断から目を逸らすことのないようにしてもらいたいものです。

    [ わかりやすい解説 ]

    2019/3/29(金) 午後 6:51

  • 顔アイコン

    p.s. 前述の「国民は・・」のところおかしな文になってました。
    正しくは、「国民から反感を買ったのは“罪を犯したのに開き直ってる”からだよね」です。

    [ わかりやすい訂正 ]

    2019/3/29(金) 午後 7:22

  • 顔アイコン

    “枕草子”より 第二十五段

    <にくきもの>なでふことなき人の、笑(ゑ)がちにて、ものいたう言ひたる。・・(中略)・・もの羨みし、身の上嘆き、人の上言ひ、露塵のこともゆかしがり、聞かまほしうして、言ひ知らせぬをば、怨(ゑん)じそしり、また僅かに聞き得たることをば、わがもとより知りたることのやうに、異人(ことひと)にも語り調ぶるも、いとにくし。


    ネット記者やヤフコメ民のことを千年も前に見抜いていた清少納言のツイートに「いいね」と思います。
    衆人のありようは時を経ても変わらない、ということでしょうか。

    [ 笑えないけどお菓子 ]

    2019/4/4(木) 午後 6:02

  • 顔アイコン

    “人間ってなんだ?”


    AI研究の第一人者とされるM氏が自身で司会を務める番組で、
    「偉そうな事を言うあの人だって実はたいしたことないんだってことがわかってきたんです」
    と繰り返していました。

    誰の事を言っているのかはわかりませんが、こういう“失言”を本人もTV局も気付かずにオンエアしてしまうところが「がっかり」です。

    (一緒にいた女性は何となく気まずそうにしていましたが、その表情データを読み取れなかったのでしょう)


    ある意味タイトルに合わせて「人間ってこういうもの」を体現したのかもしれませんが

    陰口は陰で言うものです。

    [ 感じる ]

    2019/4/11(木) 午後 2:08

  • 顔アイコン

    「ブラックホールの撮影に成功」は素晴らしいニュースですね。

    見えないものを見るにはどうしたらいいか。
    ドーナツ状に周りにある“ガス”を撮影することで“ドーナツの穴”の存在を明らかにするという。



    だいぶ前の話ですが、次男が中二の時に美術の宿題で「水彩画で透明なものを描く」課題がありました。

    最初はガラスのコップの輪郭を白で書いていたのですがどうもうまくいかないと言っていたので、私は
    「ガラスの向こう側にあるものがどうやって歪んで見えるか描いてごらん。片目をつぶると遠近感がなくなってわかりやすくなるよ。」
    とアドバイスしました。

    そしてワイングラスの下に格子柄のテーブルクロスを敷くことで、四角形の歪みを見やすくしました。

    こうして、「透明を描く」ことに成功したのです。
    視点の転換って大事ですね。

    [ BUMP OF CHIKCEN ]

    2019/4/11(木) 午後 3:09

  • 顔アイコン

    >ウィトゲンシュタインは言語をベースにすることで、当時あらゆる分野を説明・支配するかに見えた「科学」(的知識)の限界を検討しました。たとえば、「美」「価値」「宗教的領域」「私」「ルール」などについて、少なくとも普通の意味では合理的に議論したり、実験や観察によって答えを決めることができないと考えました。


    上記について、ウイトゲンシュタインは
    論考の6・421「倫理学と美学とはひとつのものである」と
    探究の282「子供たちが電車ごっこをするとき、・・・」のたとえ話で説明を試みているのではないかと思います。

    彼は倫理という、言語化の大変に難しい“暗黙のルール”を「子供たちの電車の知識」に例えて

    「電車を知らない部族の子供たちの場合、そのゲームをほかの子供たちから教わるのだが、そのゲームが電車にちなむものだとは知らないまま遊ぶことがあるかもしれない。その場合、そのゲームはその子供たちにとって、私たちとは同じ“意味”をもたない、と言えるかもしれない」

    と表現しています。

    [ 赤べこに賛同を求める ]

    2019/4/14(日) 午後 3:06

  • 顔アイコン

    彼は“科学技術はあるが倫理を持たない者”のことを

    「電車を知らない部族の子供たち」が“意味”を知らずに言われたまま動作だけ真似て遊んでいる、と批判しているのではないでしょうか。


    私がなぜそう考えたか


    それはウイトゲンシュタインがオーストリアの大富豪の家に生まれ、2度の世界大戦を経験し1951年に亡くなっているからです。

    “宮殿”と呼ばれた彼の家にはブラームスやマーラーなど一流の音楽家が出入りして私的な演奏会が催されたとのことで、生まれながらに最高の環境で美意識を身に着けた彼には「美」は「語り得ない=あえて言うまでもない」ほど当たり前のことだったのではないかと思うのです。

    そんな彼が悲惨な戦争・・特に第二次大戦・・科学技術が大量殺人に悪用された時代を生々しく生きて感じたことをむしろ努めて冷静に表現しているところに内面の激しい葛藤を感じます。

    [ 赤べこに賛同を求める ]

    2019/4/14(日) 午後 3:07

  • 顔アイコン

    芸術って何でしょう。

    他者に何かを伝えんがために発する、意図を持った言葉なり絵なり動作なりの表現だと私は思うのですが


    昨夜のTV番組で“星の王子様”を品詞分解して再構成した“それっぽい作文”がAIで作れる、と紹介されていて
    思わず「何やってんだか」とぼやいてしまいました。

    雰囲気だけ似せてもまったく意味のない“空転する歯車”を量産する馬鹿馬鹿しい作業。

    以前に“レンブラントの贋作”と述べた、文化的に価値のない画像データと同様に“サンテグジュペリを気取った駄文”の文字データを作ったにすぎません。
    もはや呆れを通り越して怒りさえ湧いてきます。


    これを面白いと“評価”?する人は
    サラダ菜とかデスパイネという名前に「うん、そうだね」と頷くのでしょうか。
    こんなくだらないことに電力を使うのやめて欲しいです


    面白ければ何をやってもいい、そんな訳ありません。

    [ ああレクサに物申す ]

    2019/4/18(木) 午後 1:56

  • 顔アイコン

    令和の“令”は縦棒か点か?小さいけど意外に大きな問題だと思います。

    上記のような漢字なら「どちらも正解」ですが、カタカナの“マ”と“ア”では大違いです。


    政府は外国からの旅行客や人材の受け入れを推進したいようですが、
    日本語は表現が豊かな反面、他言語との互換性が乏しいことが相互理解を妨げるのかもしれません。

    例えば道案内しようと“ガソリンスタンド”という言葉(和製英語のカタカナ表記)を
    “手書き”にして外国人やコンピュータに読ませた場合

    高い確率で理解されないような気がします。

    キーボード入力に慣れ過ぎると、日本人さえ“ソ”と“リ”と“ン”、“い”と“り”、ー・−などの書き分けができなくなるかもしれません。

    現に小学校の教員が黒板も使わず、教科書を読み上げて出来合いの教材ビデオを見せるだけになっているとのことですから当然ながら板書の機会も失われており、平仮名の書き順すら曖昧な子供が増えても何らおかしくはないでしょう。

    外に目を向けるのは大事ですが、まずは義務教育において「子供たちにわかるようどうやって教えるか」をシステムから再構

    [ ワクワクさん ]

    2019/4/18(木) 午後 3:52

  • 顔アイコン

    入力に時間をかけすぎると、自分の頭で考えたりその結果を出力するための時間を犠牲にするのではないでしょうか。

    いわゆる“詰込み教育”の弊害として応用力が育たないのはこれが原因ではないかと思うのですが



    日本語を表現するのに平仮名、漢字、カタカナそして“ローマ字”がありますが
    私はこの“ローマ字”が曲者とにらんでいます。

    英語を覚えるのにこれが邪魔をしてしまうので、
    子供にはまず英語のスペルを教えてから中学校くらいで英語にない言葉、名前などをアルファベット表記するのに“ローマ字”を表音文字として用いることを教え、これがキーボードの入力に役立つ(ファやヴァ、ウェなど)と説明すれば自然にカナ表記のゆれ(バッグをバックにしてしまう)を防ぐことにつながります。


    子供と向き合い大事に育てる=子供に教えるべきことの優先順位を大人が判断しその子の理解力の成長に応じて順次追加していく・・このことが「言葉のゴミ」を減らして脳内を整理しやすくなる→出力がスムーズになる→コミュニケーションの円滑化を助ける、私はそのように考えます。

    「これぐらいわかるよね」は伝える側の

    [ ABCは知ってても ]

    2019/4/20(土) 午後 2:20

  • 顔アイコン

    ルー先生は1918年に論考の“まえがき”の中で、

    「ここに報告された思想の真理性は、もはやおかしがたいものであり・・(中略)それらの問題がこのように解決されたということによって、じつは、いかにわずかなことが成就されているかを、この書みずから示している」と述べられましたが

    相対的に見れば個の問題の解決は「わずかなこと」であっても、

    5・621世界と生とは一つである。
    5・63 私とは、私の世界である。(小宇宙)

    なのですから絶対的には「世界を救うこと」になります。
    ヒーローじゃないですか。


    吉田先生、素敵な出会いを授けてくださってありがとうございます。

    [ 本との出会い ]

    2019/4/20(土) 午後 7:19

  • 顔アイコン

    膨大なコメントをいただき、本当にありがとうございます。

    ウィトゲンシュタインのほか自省録からの多くの引用と、現代社会についての批判的考察には、共感できるもの、気づかされるものがありました。
    このブログの主な読者と想定される「哲学」等の受講生たちにとっても自分で考察する手がかりになると考え、いただいたコメントはできるだけ公開させていただきました。

    ただ、このブログ自体に関することや、オフラインでの活動、個人性の強い内容については、メッセージとしていただくに止めさせていただきました。

    [ philos ]

    2019/4/23(火) 午前 11:31

  • 顔アイコン

    公開しなかったコメントが重要ではないということはありませんし、逆にとくに重要と考えたわけではありません。
    コメントの性格を見て、このブログの方針に合致するものを公開しました。

    ブログやこれまでに書き記したものを受け止めていただいていることを嬉しく思っています。
    私が情報学部に来てから10年以上が経ちましたが、最近、ようやく情報社会の問題と、私自身が以前から持っていた哲学的な問いが、しっかりと噛み合いはじめてきたような気がします。
    こうしたつながりにうまく言葉として形を与えることができればと、いつも考えています。

    [ philos ]

    2019/4/23(火) 午後 1:30

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事