ここから本文です
philosのブログ(Blog2735から移行しました)
情報社会、哲学、日々の雑感など。吉田寛Hiroshi Yoshida (静岡大学Shizuoka University)が執筆。

書庫全体表示

哲学(第一回) ガイダンス回
 2018年4月10日

本日のテーマ:「哲学は役に立つのか?」

本日:「哲学」とは? ガイダンス、作品から考える
来週:「哲学の有用性」「哲学の使い方」「哲学の意味」について

シラバスについて
公開遅れすみません。1-7回はだいたいの目安。以下を組み合わせて、哲学しましょう。

授業の目標 哲学とは自分の存在の前提となるような、基礎的な概念(ものの見方、捉え方)を再検討する学問です。たとえば、「存在」「現実」「時間」「私」「倫理」「社会」「自然」などについての捉え方は、生きていく上での前提・基盤になるものです。ふだんの生活の中ではこうした哲学的な概念を取り上げてそれについて特別に考えることはあまりないでしょう。哲学はこういった概念について集中的に考える学問です。ときには哲学的に考えることで人生はずっと深く豊かなものになるでしょう。この授業では、手がかりを提供しながら、いくつかの哲学的な概念を検討し、哲学を体験する機会を提供します。

学習内容 いくつかの哲学的な基本概念について、私から哲学的論点を解説します。哲学的論点とは、基礎的な概念、たとえば「現実」や「時間」について、対立する見方、捉え方です。こうした論点について、過去の哲学者たちの考え方を比較検討してみたり、アニメ『蟲師』等の作品を見ながら理解を深めたりします。哲学カフェの方式で、グループでディスカッションをする機会も作りたいと思います。こうして、哲学的な論点を検討することで、自分の存在や社会の常識の前提になっている見方について、意識的に捉え直したいと思います。

講義スタイル
 講義(テーマの解説など)
 文献(適宜紹介→最終レポートでも役に立つ)
 ディスカッション(「哲学カフェ」)
 作品(『蟲師』 解説or検討)で進めてみよう。
 評価:哲学の評価とは?
 Blog2735

講義:哲学とは何か?
 ph.Dとは? 歴史 ギリシャ→自由七科→近代・諸学の母→大学の核
 日本では文学部に 文学に近い? 文献学(『聖書的』)の輸入学問 生き方
 「デカンショ」 教養主義⇒大衆化 フランス(リセ)・アメリカ(実践)での哲学
 「哲学カフェ」 論文、文献だけでない哲学運動 実践からの哲学
 『ソクラテスの弁明』 「対話」「よく生きる」

作品:「花惑い」(『蟲師』)
折しも花の季節。「花惑い」という話に哲学的な論点を探してみましょう。物語が説得的に描かれていることが、思想の可能性を暗示していると考えてみよう。

作品要約
山奥の桜の巨木には泡状の木霊という蟲がついている。近くの庭師の一家は、この桜の精というべき異常なまでに美しい白痴の女性に仕えるため、代々訪ねてくる人を生贄にしていた。気づいたギンコはそれを止め、庭師の家と桜の木は燃えてしまう。男と女は去ったが、燃えた桜は自然の中で蘇り美しい花を咲かせる。

「花惑い」(『蟲師 続章』)からの哲学的論点
論点1:「現実」とは何か
坂口安吾に「桜の森の満開の下」という有名な作品がある。満開の桜はその異常な美しさによって人を夢うつつ・狂気の境地に誘い込む。「花惑い」は桜の美しさを体現する超常の女性に魅入られて、人里離れて、何百年も狂気に魅入られてきた一家は、現実離れした生を送っている。
あるいは、この生き方が、この一家にとっての「現実」だったのか。「人の心をひきつける」ものが「現実」であり、あまりに美しいものは、強く人の心をひきつけ、独自の「現実」を生み出してしまうのかもしれない。燃えた桜が再び花を咲かせるのは、こうした「もう一つの現実」が、どのような平和な日常のなかでも絶えず人を誘っていることを意味していることを示しているのではないか。

論点2:「人間性」とは何か
花の精である異常に美しい女性を人間として見ることができるだろうか。
人間の血によってその超常の美しさを保つ女性は、五感とともに、人間らしい判断力や感情を失っている。このことは、「美しさ」「永遠の命」といったものが「人間性」とは両立できないことを意味しているのかもしれない。だとしたら、それはなぜだろうか?

論点3:「倫理」とは何か
庭師の一族は、代々桜の精に魅入られて、人を殺め続けてきた。これは、殺人であり、生贄にされる人から見ればたまらないことで、倫理的に許されないことである。しかし、物語において、庭師一族が極悪人であるというようには感じられない。なぜだろうか。
異常性、もしくは美が倫理をキャンセルするのだろうか。あるいは、それぞれに別の倫理がある、と考えることができるというのだろうか。

論点4:「幸福」とは
庭師一族は、幸福だろうか? 彼らは、「美」に魅入られ、お金、名声、社交などの世間的な幸せには目も向けない。そして、世間的には「異常」「狂気」「犯罪」と呼ばれる生き方を選び続けてきた。彼らは満足しているとしたら、「幸福」と言っていいだろうか? また、彼らから見たら、世間の人々は幸福と言えるだろうか?

論点5:「美」とはなにか
桜のもつ異常なまでの「美」が今回の物語展開の原動力である。なぜ桜は「美しい」のだろうか。本当に桜自体が、美しいのだろうか。それとも、単なる自然現象に人が美しさを見出すのだろうか。美しいさを見出す度合いや対象が人によって異なるのはなぜだろうか。「美しい」というのはどういうことだろうか。進化や文化はどうかかわるのだろうか?

課題
学務情報システムに、本日の授業、作品等について、自分の関心(とのつながり)、感想、質問、要望等、ひとことでまとめてください。100字程度。来週月曜まで。

参考文献

『哲学する子どもたち』(中島さおり、河出書房) フランスのリセでの哲学教育など
『ビッグクエスチョンズ 哲学』(S.ブラックバーン、ディスカバー) 哲学を「問い」から見る
『ウィトゲンシュタインの「はしご」』(吉田寛、ナカニシヤ書店)  私の自己紹介代わりに
『蟲師』(漆原友紀、講談社) 哲学的なテーマを読み取ることができるアニメ・まんが作品

『講談社まんが学術文庫』(講談社、2018年〜) シリーズ。哲学への導入に(レポートには使わない)。https://man-gaku.com/

この記事に

  • 顔アイコン

    p.s. 自然が持つ美の奥深さについては、先生の言葉をお借りすれば“潜在的な情報”あるいは“語り得ないもの”という表現が似合いそうです。

    完全には知ることができないもの。神秘。
    暗黒でもホワイトアウトでも見通すことができない点では一致します。
    そうしたものに人は恐れを感じるのかもしれませんね。 削除

    [ 白足袋 ]

    2018/4/15(日) 午後 3:58

    返信する
  • 顔アイコン

    論点2:「人間性」とは何か、について
    外見的な若さ・美しさを保存することと人間性との関連は性差なく議論できることでしょうか。

    例えばダイエットに関して言えば、男性と女性ではゴールの設定の仕方が根本的に違うような気がします。
    「目標○團瀬Ε鵝」は同じだとしてもその目的は健康リスクの減少か、それとも“美しさ”なのか。
    もちろん個人差はあるかもしれませんが、おおかた男性では前者のウエイトが大きく、女性はその逆なのではないかと思うのです。

    本人の、あるいは他者の期待値によって外見的な美に懸けるエネルギーは違ってきますよね。
    それが特に女性では顕著に表れがちになります。

    「人を殺してその血を与える」はストーリーを演出する上での極端な表現ですが、若い女性に金品を貢ぐ人を暗示するのでしょうか。


    すいません、ひとこと(100字程度)ではまとまりません・・ 削除

    [ 日光浴のあとの毛繕い ]

    2018/4/17(火) 午後 3:39

    返信する
  • 顔アイコン

    論点3:倫理とは何か、について

    倫理は相手にも自分と同等の人権(知性)があると認めた上での他者に対する配慮だと思います。
    殺されるのがイヤなのは相手も同じだとわかっているなら殺したりはしないでしょう。
    別の言葉でいうなら“黄金律”ですか。
    「汝の欲せざるところ施すなかれ」

    財務省の高級?官僚がセクハラ発言を“言葉あそび”などとほざいていましたが、報道される限りの言葉にはどこにも掛詞など見当たらず・・
    まさしく「冗談じゃない」。おやじギャグ(ダジャレ)にさえなっていません。

    彼は少し男女平等の現代社会と平安貴族のウイットを学んだほうがよさそうです。 削除

    [ またたびより旅のがいい ]

    2018/4/21(土) 午前 0:01

    返信する
  • 顔アイコン

    論点4:幸福とは、について

    幸福とは、今日みたいに天気のいい日を快適に過ごすことですかね。

    毛布を洗ってベランダに干してから、モンステラの剪定をしました。
    「ちょっとごめんねーざくってするよー」
    「ざくっ」
    「はーい、お疲れさん」
    切り落とした茎を土に挿してもう一つ鉢植えができました。

    植物の手入れは楽しいものです。


    庭の草取りしてるときに黒豆みたいな大っきいクマンバチがラベンダーに止まって細い茎がぶらーんってなってるの見つけると面白いなぁって思うんですけど・・

    「どーでもいい」・・ハイハイ、失礼しました。 削除

    [ 日光大好き ]

    2018/4/21(土) 午後 4:58

    返信する
  • 顔アイコン

    コメントありがとうございます。
    「花惑い」という作品に何を見るか。また、抽出された哲学のある「問い」に対してどう考えるかということが、その人を示すように思います。
    授業後のレポートやブログのコメントではほんの一言なので、自分を表現しきれないだろうと思いますが、その一言を考える際に、おそらく自分ではより深く自覚するのではないでしょうか。それには、やはり意味があることだと思っています。
    美についての考察、面白く読みました。自然が持つ美の奥深さと、数学的なシンプルさの対比が興味深いですね。

    [ philos ]

    2018/5/1(火) 午前 1:25

    返信する
  • 顔アイコン

    「考えることをやめないでください」
    “哲学カフェ”の案内のプリントに書かれていた言葉

    助かります。
    なにしろ、考えることをやめるほうが難しいものですから・・



    論点5:「美」とはなにかについて、

    「美しさを見出す度合いや対象が人によって異なるのはなぜだろうか」という問いかけに対するヒントになるでしょうか?
    自省録からの引用文をご紹介します。

    第4巻 二十 なんらかの意味において美しいものはすべてそれ自身において美しく、自分自身に終始し、賞賛を自己の一部とは考えないものだ。実際人間は賞められてもそれによって悪くも善くもならない。一般に美しいといわれているもの、たとえば天然の物資や人工的な製作品などについても同じことがいえる。してみれば美しいものはなにかそれ以上のものを必要とするか。(中略)エメラルドは賞められなければ質が落ちるか。金、象牙、紫貝、竪琴、短刀、小花、灌木等はどうか。 削除

    [ 柳の下に ]

    2018/5/6(日) 午前 1:20

    返信する
  • 顔アイコン

    問いかけが左辺にあれば、イコールで誘導される右辺に何を置けばつり合いが取れるかを考えます。
    そのてんびんばかりは目に見えないけれど、傾いていると何だか落ち着かなくてモヤモヤします。

    だから考えるのをやめられないのかもしれません。 削除

    [ 柳の下に ]

    2018/5/6(日) 午前 1:45

    返信する
  • 顔アイコン

    論点2:「人間性」とは何か、についての再考

    (昨今、世間を賑わすセクハラに関連して)

    社会において“女性であること”ってそんなに特殊なのでしょうか?
    人間のうち半分が女性なのに。

    保持するために努力が必要=“美しくあること”が女性の“価値”として期待されるとすれば
    美しくない女性は人間として価値がないのでしょうか。
    また、この問題の主語を男性に置き換えても違和感なく議論できるでしょうか。

    もしも大学でアイドルを教壇に立たせたら“人気”は得られるかもしれません。
    しかしそのことが高等教育に意味を成すのでしょうか。


    セクハラの根源って、男性が女性を性的欲求にかなうかどうかの価値しか認めていないから起こる問題なのではないでしょうか。
    “人間性”という論点なら性差は存在しないはずですが。 削除

    [ さくらカットは人のため ]

    2018/5/9(水) 午前 9:51

    返信する
  • 顔アイコン

    コーヒーでも飲みながらのんびりお話できればいいですけど
    どうやらそんな訳にもいかないようですので、
    もうちょっとここお借りしますね。
    3ページ分お付き合いください。



    子供型ロボットのデイビッドは何のために作られたか。
    それは、ユーザーである大人の心を満たす(=treatする)ためです。

    子供ロボが親を愛する行動をとることによって“親”となったユーザーは“愛情”を喚起させられることになります。
    その際子供ロボは必ずしも“本当に(心から)”相手を愛する必要はなく、ただ相手に「可愛い」と思わせることができれば正常に機能したことになります。
    これが“作り手にとっての成功(ゴール)”となります。

    “可愛い子供の行動パターン”を学習させたロボット、それがデイビッドです。

    一方、大人の側の(この場合子供に対する)“愛情”とは何なのか。
    careという言葉がこれにあたると思います。 削除

    [ 白黒 ]

    2018/5/10(木) 午後 4:37

    返信する
  • 顔アイコン

    ちょっと話が逸れますが、洋楽のバラードにはloveだけでなくcareもたくさん出てきます。
    スティービーワンダーの歌に
    ♪I just call to say I love you ,I just call to say how much I care...
    という歌詞があります。

    また、女性ロックバンドHeartの“Alone”にも
    ♪I never realy cared until I met you...
    という歌詞があります。

    これらの場合careは直訳の“気に懸ける、世話をする”よりももっと踏み込んだ「大切にする、守る」ニュアンスではないかな、と思います。

    可愛い子供(の代わりのロボット)を“大事にする”ことで本物の子供がいない寂しさを埋めることができるのではないか。
    そう考えて、開発されたのではないかと思います。 削除

    [ 白黒 ]

    2018/5/10(木) 午後 4:38

    返信する
  • 顔アイコン

    映画“A.I.”は公開に先立ってマサチューセッツ工科大学で上演されたそうです。
    人間に近いロボットを開発することは、翻って人間を深く知ることである・・そんな内容の文章が映画パンフレットに書かれていました。

    これは心理学というより行動社会学だな、と思いました。
    しかしもっと掘り下げれば哲学になりますね。

    高校でも哲学・倫理は社会科で履修することを思えば、モノ作りに携わる理系の人たちには社会学の基本概念である哲学は当然持ち合わせているべきでしょう。

    システム設計時においてこの理論が確立されていなかったら人工知能は必ずどこかでエラー(あるいは手詰まり、矛盾)するのではないでしょうか。

    哲学、めっちゃ役に立ちますがね。 削除

    [ 白黒 ]

    2018/5/10(木) 午後 4:38

    返信する
  • 顔アイコン

    p.s. スティービーワンダーの歌をご紹介しましたが、彼が生まれつきの全盲であることもご存じですよね。
    愛には外見など関係ない、そう思いませんか? 削除

    [ 白黒 ]

    2018/5/10(木) 午後 5:08

    返信する
  • 顔アイコン

    米国主導の世界平和、いいですね。
    実現すれば日本はもう兵器を買わずに済みますから大歓迎です。


    論点4:「幸福とは」についての再考です。

    個にとっての幸福は主観によるため結論は個体数と同数になります。
    ウイトゲンシュタイン「私とは私の世界のことである」のなら、<私>の数だけ世界があります。

    私の世界の平和を壊される事を望む人は存在するのでしょうか。 削除

    [ 薄切りジェイソン ]

    2018/5/12(土) 午後 1:26

    返信する
  • 顔アイコン

    p.s.
    「現実(=客観)」と「幸福(=主観)」との乖離(=差の値)が精神的苦痛を生じる原因なのではないかと思います。 削除

    [ 薄切りジェイソン ]

    2018/5/12(土) 午後 1:38

    返信する
  • 顔アイコン

    論点2:「人間性」とは何か、についての再々考です。

    このテーマについては議論が尽きないと思います。
    なぜなら人間が複数いれば社会だから。


    小さい子供が相次いで被害に遭うニュースに怒りと絶望を覚えます。
    子供は、(そして女性は)体の構造からして男性より筋力が弱いものです。
    そんなことさえわからないバカが男女ともに多すぎる。
    原因は今の社会に卑怯(反撃できない相手を攻撃する)の概念そのものが欠落しているからじゃないでしょうか。

    SNSの炎上だってそう。攻撃される側は誰の仕業か、何人いるのか、そんなことも調べようがありません。

    でもこれが、「こういうものだ」と当たり前になっているんですよね。 削除

    [ ゼブラヘッド ]

    2018/5/14(月) 午前 10:17

    返信する
  • 顔アイコン

    TVを見ていたらある人気ドラマの予告編で、子供を復讐の対象にすることを匂わせるセリフがありました。
    新潟の女の子が殺されたばかりだというのに何と無神経なんだろう、と思いました。

    その後の反応も、「まるでホラー」と盛り上がっています。
    違うだろーーー!!って、心の中で叫びたくなりました。

    例えフィクションであっても、ドラマとして扱うということは「この状況ならこういう事もあり得る」と作り手が想像する訳で、その人は異常ではなく(?)それを喜んで観る人、面白がって話題にする人たちも普通(?)の人たちなんですよね。

    これが“普通”の、「現実」の社会。
    人間性を備えていなくても、それがマジョリティならば
    いたわりやデリカシーの概念のない人たちの中で自分を愛してくれる人(結婚相手)を探そうなど無謀なことで、
    生涯未婚率が上昇するのも「そりゃそうでしょうね」って感じです。 削除

    [ ゼブラヘッド ]

    2018/5/14(月) 午前 10:18

    返信する
  • 顔アイコン

    論点5:「美」とは何か、についての再考です。

    CGで作ったウサギが束子の毛に見えます。
    あの暴力的なバーチャルラビットを可愛いと思う人は本物を見たことがないのでしょうか。

    イギリス湖水地方の自然の美を描きたかったポター女史が見たら嘆くでしょうね。
    「死人に口なし」でご本人は抗議できませんが・・

    大勢にウケれば、そして文句を言われなければ何をやってもいいのでしょうか?
    映像メディアによる美意識のミスリードってあらゆる意味で有害だと思います。 削除

    [ ロップイヤー ]

    2018/5/19(土) 午後 1:33

    返信する
  • 顔アイコン

    自分の美意識の原点は、NHK人形劇“三国志”だったように思います。
    小学生の頃に偶然1回だけ見たのですが当時は意味など全くわからないまま、

    しかしそれが大人になるまでずっと頭の中に残っていて

    ひな人形のように美しく細部まで完璧に作りこまれたそれはまるで生きているようで

    飯田に引っ越ししてほどなく偶然にもケーブルテレビの“時代劇チャンネル”にて“三国志”全60話が放映されると知り
    およそ2か月間木曜夜の11時にTVの前のソファに正座して(笑)観てました。
    もちろん小説版の三国志もガイドブック代わりに読みました。

    そしてさらに偶然にも飯田に“川本喜八郎人形美術館”ができたので、本物を間近に見ることができました。


    こんなにも丁寧に作られた子供向け番組って他にあったでしょうか。 削除

    [ 善いサバトラ ]

    2018/5/23(水) 午後 3:58

    返信する
  • 顔アイコン

    p.s. ウイトゲンシュタイン論理哲学論考より引用
    6・421 倫理学は、明らかに、ことばには出せぬものである。
    倫理学は超越的である。
    〔倫理学と美学とは一つのものである。〕

    この大括弧の中の言葉が思い出されました。 削除

    [ 善いサバトラ ]

    2018/5/23(水) 午後 4:21

    返信する
  • 顔アイコン

    NHKの人形劇は印象的でしたね。三国志も懐かしいですし、ひげよさらば、プリンプリン物語なども、記憶に残っています。最近の産業化されたアニメやCGを多用した映像からは感じられない存在の強さを感じます。

    表現や姿の奥に、<私>ないし、オーラのようなものが感じられる/感じられないということが、興味深いですね。現代のテーマとしては、あえて感じさせないという表現や映像があり、ときに好まれているということかもしれません。

    [ philos ]

    2018/6/5(火) 午前 8:21

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事