自遊人 編集部

雑誌『自遊人』編集部の公式ブログです。twitterアカウントは@team_jiyujin。ぜひ遊びに来てください。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

料理研究家の田沼敦子さんがNHK文化センターで開催している
「美味しいものお取り寄せ講座」で、
自遊人のおせんべいをご紹介いただきました。

イメージ 1

当日は、私、岩佐も現地で60名ほどの方の前で
おせんべいのこだわりポイントをお話ししました。

試食していただいたあとの即売会も盛況。
お集まりいただいた方、ありがとうございました。

自遊人 岩佐十良

----------------------------------------------

「大判 手焼き煎餅」って何? という方はこちらへ↓↓

構想8年、研究2年をかけてついに完成した
自遊人自慢の「手焼き煎餅」。

有楽町・交通会館の「米屋自遊人」(→こちら)か、
オーガニック・エクスプレス(→こちら)で
お買い求めいただけます。

自遊人のスタッフのあいだにもファンが大勢いて、
社内のおやつと言えばこれ!
今日もオフィスのどこかから、「バリバリ」という音が……。

皆さんもよかったら、ぜひお試しください!

自遊人ファーム農場長
平澤唯

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日は、有楽町の「米屋 自遊人」からのお知らせです。

昨日から、「美味しいお水の支援プロジェクト」の
募金箱を店頭に設置しています。

イメージ 1

イメージ 2
このロゴが目印!


「美味しいお水の支援プロジェクト」とは……

自遊人でもよくお世話になっている、
写真家の蓮井幹生さんが起ち上げたプロジェクトです。

「仮設住宅のお水を美味しくしたい。」

イメージ 3

震災発生以来、東北に何度も足を運んで、
被災地支援を行っている蓮井さん。
(たとえば、「スマイルレタープロジェクト」。)

仮設住宅にお住まいの皆さんと触れ合う中で、
水道水の質の悪さに気付き、「なんとかしたい」と思ったそうです。

そこで始まったのが、
「エランビタール」という水質改善装置を配布するという、
このプロジェクトなのです。

私たち自遊人も、微力ながら何かお手伝いできれば……と思って、
有楽町の「米屋 自遊人」に募金箱をおくことにしました。
集まった募金は、「エランビタール」の購入に利用され、
そして仮設住宅の皆さんにエランビタールが配布されます。

自遊人・岩佐からも、応援とご協力のお願いを。

* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 
イメージ 4

私の尊敬する写真家、蓮井幹生さんの活動です。
仮設住宅の水はかなり劣悪らしく、
お茶をいれても、料理をしても、かなり不味いそうです。
「それをなんとかできないか」
「美味しいお茶や水を飲んで、ほっとひといきしてもらいたい」
というのが蓮井さんの活動趣旨です。

私も今日、銀行で振込してきました。
(ちょっと遅いのですが)
この活動は、必ず被災地に届くと思います。
もしよろしければ、下記のブログを読んでみてください。



* * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * * 

ぜひ、ご協力をよろしくお願いいたします。


米屋自遊人
イメージ 5
自遊人自慢の「大判 手焼き煎餅」や「無添加 贅沢おかき」などこだわりの米菓子を中心に、お米、伝統調味料、無添加ジュースなどを販売するお店です。

東京都千代田区有楽町2丁目10−1 交通会館1階
営業時間  
平日11:00〜20:00 
土曜・日曜・祝日 11:00〜19:00
※2012年4月1日より、営業時間を変更いたしました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全1ページ

[1]


.


みんなの更新記事