サイバー少年のつまらない事ですが

メインのブログはhttp://cyberboy6.blog.fc2.com/です。そこに書くほどでもないつぶやきを書いています。

データベースが難しい

基本情報技術者試験の勉強をしておるわけですが、データベースの説明で本の一章分を使うほどデータベースの問題は幅広いみたいで、しかも地味に難しいですね。
難しいというか、数学と違って、特に試験対策の本となると説明が曖昧で、しっかりと理解したい風土で育ってきた私には「ポカーン」となってしまいます。
かと言って、厳密に説明されても理解に時間がかかって、試験に間に合わないはずではあるんですけどね。
試験というのは難しいですな。
曖昧に覚えるというコツを掴もうと思います。

この記事に

情報処理技術者試験の勉強でSRAMにはフリップフロップ回路が使われているとのこと。
SR型フリップフロップ回路の仕組みは随分、昔にちょっと見たことあったのですが理解はしていませんでした。
今回、あらためてSR型フリップフロップ回路の仕組みを調べてみましたが、理解不能ですね。
作った人はどんな頭をしているんでしょうか…。
幸いにもフリップフロップ回路がSRAMに使われているという知識だけが必要で、仕組みは問われなさそうです。

この記事に

有限体の勉強まとめの執筆にあたり、どういう手順で理論展開していくかという工程表をメモにしました。
あとは、これに沿って証明を記述していくだけなのですが、その証明が実はちゃんと証明していたわけではなくて、今まで大雑把に成り立つことしか確認していないものだらけなので、そこに時間が掛かりそうです。
何はともあれ、今日から有限体の勉強まとめ記事の後編を執筆開始しました。

この記事に

モノイドとかいうやつ

モノイドという、群の公理から逆元の存在だけ除いた代数系をちょっと調べてみたのですが、乗法に関する逆元がないユークリッド整域みたいなもので、逆元がないと演算を適用すればするほど単位元から遠ざかっていく性質があって、単位元から遠いほど大きいというユークリッド整域の高さのような順序関係がモノイドにも導入できるんですね。
ユークリッド整域の場合、乗法に逆元はないですが、加法に逆元があるので巡回する構造になることができて、このため高さありきで高さを設定しないといけませんが、モノイドはその必要がないのでモノイドありきで順序関係が定まるみたいです。

この記事に

毎月Vectorから公開中のソフトウェアのダウンロード数がメールで送られてくるのですが、サルでもわかる小遣い帳、とうとう昨日の段階で2018件という報告が送られてきました!
祝2000ダウンロード突破です!
というか、なんとも奇遇なことに、もうすぐ2018年ではないですか。
地味にミラクル。
良い新年を迎えられそうです。

この記事に

有限体が難航

本家ブログのほうで有限体の解説を読み解くことができたので、記事に早速まとめたいと抜かしておりましたが、たしかに本に書いてあることは理解できたのですが、ちょっと確認しておきたい命題があって、それを考察しています。
この考察結果も記事に含みたいので、まだ執筆できていないわけです。
年内に書けますかね…。実はそもそも最近、あんまり数学の勉強をしていないんですよね。
頑張りたいと思います。
ちなみに確認したい命題というのは、多項式環の商環からなる有限体において(g(X) + X)は必ず原始根となるか、というものです。

この記事に

ラッキーナンバー

私の一番好きな数字は2なんじゃないかと最近思いますね。
数学徒ですから、ちゃんと数学的な理由があって、まず素数であること、しかも最小(一番目)の素数であること。
しかも私は奇数より偶数のほうが好きなのですが、2は素数なのに偶数!
あとコンピュータ関連の装置がデータをONとOFFなどの二値を持つものの組み合わせによって表現していることから2進数のように2という数字が重要であること。
あと論理学もやりましたので、排中律から命題は成り立つか成り立たないかの2種類であり、それに伴いブール代数も{True,False}という集合が普通は採用されるため、これも要素数の2という数字が重要であることなどが挙げられますね。
2は私のラッキーナンバーだと思って生きてゆきたいです。

この記事に

このブログで記事にした数日前に続き、またもやマザーボードメーカーの世話になりました。
今度はなにかというと、Intelのチップセットのある機能に脆弱性が見つかったそうで、お使いのPCにその脆弱性が存在しているかどうかこのツールで確認してくださいっていうIntelからのお達しがあったので、ツールで確認してみたら、私のPCにも脆弱性がありました。
そこでマザーボードメーカーが提供するファームウェアの修正パッチを適用しないといけないそうで、最近よく見るAsRockのWebサイトにまた行きまして、パッチをダウンロードして適用しました。
その際、マザーボードの型番を知っている必要があったのですが、こないだのUEFIアップデートの件で調べておいたので迅速に対応できて良かったです。
てか、こういうBIOSまわりのトラブル、脆弱性とか、パソコン詳しくない人は絶望ですね…。

この記事に

縞模様への勝利

最近、パソコンがスリープから復帰すると毎回、画面が縞模様でマウスカーソルだけちょっと明るいみたいなことになってしまうという故障に見舞われておりまして、検索したら完全に同様の症状がいくらか報告されていました。
直し方は書かれてあることがバラバラで、あんまり信用ならなかったのですが、BIOS(UEFI)のアップデートをしたらいいみたいな意見もあったので、初めてで戸惑いましたがUEFIのアップデートと一応グラフィックドライバの更新を行いました。
そのどちらが功を奏したのか分かりませんが、無事に直りました!
UEFIのアップデートってこうやるんだと勉強になりましたね。
難しかったです。

この記事に

有限体で悶え苦しむ

読んでいる群・環・体の本が、おまけの章を除けばもう本当に終わりのところを読んでいて、有限体について書かれてあるのですが、著者の方も最後で疲れてきたのか証明が雑で、自分で補完して考えないといけないので、それが難しいです。
任意の有限体KとZ/(p)の、乗法の単位元1を同一のものと仮定すると書かれてありまして、いや仮定しちゃいかんでしょとツッコミたくなるのですが、そこは一応、少しコメントが加えられていまして、準同型写像を作ればノープロブレムとだけ書かれています。
というわけで、泣く泣く自力で、異なる有限体が同型であることを証明しようと試みています。
同型であることを証明するのって難しいですね。
今回の本のラスボスと言ったところでしょうか。

この記事に

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事