ここから本文です
ブログ山梨2
プロフ写真差し替えてみました

書庫全体表示

西郷隆盛 写真 ドイツより発見される

 
 
皆様いつもご訪問ありがとう御座います
今夜は歴史散策で、1時間程あちこちのサイトを巡っていました
 
さてこの記事も全くの僕個人的な趣味の話ですので、あまりご興味の
無い方は遠慮なくスルーして頂けたらと思います。
 
僕は明治時代の古写真なんかにも興味があるんですが、今回はちょっと
皆さんにこの写真をご紹介させて頂きます
 
今回この古写真は初めて見ました
「1874年3月陸軍省により撮影された8名」という事であの西郷さんも
この中に写っているそうなんです。
 
ほほう・・・
かなり衝撃的な写真です
 
西郷さんの写った写真はなかなか出てはきませんので、これが事実だと
すれば、この前の坂本龍馬の手紙同様大発見では無いかと思っています
 
この写真の出処はジュリアス・ヘルムという人物ががドイツ語で伝記を
表したものの中にあったそうです
 
この写真はサンメディアさんのサイトにあったものです
 
幕末から明治にかけ多くの犠牲を払いながら時代の波に翻弄された明治政府
ですが、この8人を改めて見回すとこの中に西郷隆盛がいたとしてもなんら
不思議ではありません。
 
前列に写っているジュリアス・ヘルムという人物も今回ちょっと
検索したので、参考までに写真等をアップしました
 
 

西郷隆盛の写真 ドイツより発見される
この他、伝記も昨年1月にオーストラリアのおばさんのところから発見されたものである。
東京の日本語学校を介して西村先生を知り、報知の谷口氏よりカラー化依頼があり、当方でカラー化をスーパーインポーズしてやり、先方に送ったところ大変喜ばれた。すでに神戸の歴史学者(名誉教授)より信憑性が高い物として5月22日にラジオ関西で放送された。
大変な事になりそうな感じがする。
 
まずは抜粋するに、ジュリアス・ヘルムがドイツ語で伝記として残し、書かれたもの。1874年3月東京の政府から上京するように連絡が入った。
陸軍省に招かれ、軍の重鎮がいるので記念撮影をした。
和歌山で陸軍創設の折、西郷従道とは面識があった。そこで兄(西郷隆盛)を紹介された。
前年11月に鹿児島に帰っていた隆盛は、従道が直ぐに台湾に行かなければならなくなり、弟が兄に台湾の状況を聞くために上京してもらった、と言った。
従道が立ったままでいいか聞いていた。座るとお尻が痛くなる。と言ったので皆が大笑いをした。
これは長い獄中生活で象牙病(フィラリア)風土病にかかっていたことを立証出来るものである。
下記に1874年3月陸軍省により撮影された8名を紹介する。
 
 
ペン字のエコシート モノクロ写真のカラー化 - サンメディア
 
 
 
 
今回発見された写真です
イメージ 2
 
 
 
 
 
陸軍省により撮影された8名の氏名
 
 
イメージ 3
 
 
 
 
 
 
西郷隆盛とされている写真を拡大しました
イメージ 6
 
 
 
 
 
 
ジュリアス・ヘルム 
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
ジュリアス・ヘルムの略歴 
イメージ 5
 
 
 

写真が撮られた1874年(明治7年)はこんな年

月日 出来事・事物起源・話題
1月4日榎本武揚、最初の海軍中将に任命される(最初の海軍大将は明治27年の西郷従道)
1月14日岩倉具視、凶漢に襲われ負傷
1月14日民選議員設立を建白(副島種臣、板垣退助、後藤象二郎、江藤新平、由利公正ら)
1月15日東京警視庁設置
1月17日「民選議員設立建白書」を提出
1月23日近衛歩兵第1・第2連隊編成成り、天皇、軍旗を授ける
1月28日東京青山御所開かれる
1月31日女工採用の始(大蔵省の紙幣寮にて初めて女工を採用)
2月2日新橋・京橋間に鉄道設置
2月4日江藤新平による佐賀の乱起こる(鎮圧のため鎮台兵出動)
2月6日大久保利通・大隈重信、台湾出兵を決定
2月15日国産石鹸の販売広告、初めて新聞に表れる(東京木挽町の某商店)
2月18日江藤新平ら、佐賀県庁(佐賀城)を占領
2月19日佐賀県賊徒征討仰出
2月22日陸軍省第6局を廃し、参謀局を置く
3月1日政府軍、佐賀県庁を奪回
3月24日安部川に初めて木橋の安水橋竣工して盛大な開通式を挙行
3月24日明治最初の人口調査(太政官令に依って日本全国の人口調査を布令)
3月29日佐賀の乱の主謀江藤新平捕らえられる
4月2日明六雑誌の発行
4月4日陸軍中将西郷従道を台湾蕃地事務都督とし、兵3600を率いて討伐することを命ずる
4月10日板垣退助ら高知で立志社を創立
4月13日江藤新平処刑
4月13日英公使、清国が日本の出兵を侵略と見なすならば、英人・英船舶の参加を禁止すると寺島外務卿に通告
4月18日参議兼文部卿木戸孝允、台湾出兵に不満をもち辞表提出
4月18日米公使ビンハム、清国の敵対行為には、米人・米船の参加禁止を通告
4月19日政府、台湾征討中止を決定し、西郷従道に出発延期を命ずる(西郷反対姿勢を強く示す)
5月2日台湾征伐のため、谷干城ら長崎を発つ
5月4日大久保利通・大隈重信、西郷従道と長崎で会見、西郷の強硬意見をいれ征討実施を決定
5月11日大阪・神戸間鉄道竣工、仮開通
5月22日台湾征討軍、台湾に上陸(二番十八社を降す)
6月6日娼婦の検黴制度初めて実施される(吉原の娼妓色を失い脱出多数に及ぶ事件発生)
6月7日外国郵便の始まり(アメリカ合衆国と郵便交換条約締結される)
6月8日島根県雑賀町の大火(約2000戸焼失)
6月18日陸軍参謀局条例を定める
6月25日谷干城、台湾平定凱旋復命
7月9日閣議、台湾問題につき、清国との開戦も辞せずと決定
7月22日巡査の棍棒を廃し帯剣とする
7月24日台湾問題のため、特命全権公使柳原前光、天津において李鴻章と会見
7月30日東京湯島の図書館を浅草米倉に移し浅草文庫を設立(和漢書約2600冊)
8月1日参議大久保利通、議官高崎正風らの一行に台湾征討折衝のため、清国派遣を任命
8月3日全権公使柳原前光、清国の大臣と会見折衝して、台湾問題を議す
8月5日郵便貯金開始
8月8日森有礼に依り、日本最初の洋式商科専門教育たる商法講習所を設立
8月14日海軍仮提督府を鹿児島県におくことを決定
8月16日全権総理大臣大久保利通、軍艦「龍驤」にて長崎発、清国に向う
9月9日二階建馬車を禁止する
9月14日大久保利通全権、恭親王と台湾問題の交渉を開始
9月20日兵学寮内に水雷製造局設置される
10月9日万国郵便連合発足
10月20日青森県尻屋崎燈台竣工点火される
10月23日台湾問題の日清談判不調に終わる(全権大使大久保利通、最後通牒を起草する)
10月29日清国台湾問題第一回償金支払
10月31日大久保利通の談判に依り、日清間台湾問題和議成り立ち、清国側弁償と決す
日清両国間互換条款(償金50万両)および互換憑単を北京で調印
11月2日読売新聞創刊される
11月13日台湾派遣軍隊撤退の勅命出る
11月26日新島襄、渡米後10年振りに帰朝横須賀着(これより同志社の建設に努める)
11月27日台湾征討に関する日清談判に成功せる大久保利通帰朝、参内復命する
12月1日大阪・神戸間に鉄道貨車運輸開業
12月3日西郷従道の率いる台湾征討軍、台湾を発して凱旋の途に就く
12月10日外国天文学者初めて来日し、神戸諏訪山上にて金星の太陽通過を観測
12月11日東京市街に初めて石油ランプの街燈点火される
12月13日伶人に命じ、西洋音楽を学ばせる
12月18日東京市街に初めてガス燈点火
12月18日東京、名古屋、大阪に歩兵連隊編制
12月27日西郷従道、谷干城ら、台湾征討より東京に凱旋(参内して征台の状を奏す)
 
 
 
 
 
 
 
ジュリアス・ヘルムの子孫の伝記でしょうか
英語で紹介されていますが、翻訳サイトでどうぞ・・・
イメージ 1
 
 
Sheila K. Johnson on Yokohama Yankee : My Family’s Five Generations as Outsiders in Japan
Oh, To Be Japanese!
March 13th, 2013 reset - +
MANY FOREIGNERS have fallen in love with Japan — its physical beauty, its culture, its people. Most of these foreigners have been men, and some have married Japanese women or taken Japanese male lovers. A few have become naturalized Japanese citizens, but this can be a difficult process unless one happens to be Lafcadio Hearn (1850–1904), a famous early visitor and explicator of things Japanese who was adopted into his wife’s family, or Donald Keene (born 1922), an equally famous contemporary Japanologist, who became a citizen as an act of solidarity with Japan in the wake of the 2011 Fukushima earthquake and tsunami. 
In his book Yokohama Yankee, Leslie Helm tells the story of his part-German, part-Japanese, part-American family from the arrival of his great-grandfather Julius Helm in Yokohama in 1869 to his own adoption of two Japanese children in 1992. Intertwined with this story he recounts the vicissitudes of Japan’s history during this time — two world wars, massive earthquakes in 1923 and 1995, and his own ambivalence about being part Japanese and yet always being regarded there as an outsider, a gaijin.    
It is important to the Helm family story to understand that, until 1987, only children born to a Japanese father and a foreign mother could become Japanese nationals. The American sociologist William Wetherall, who married a Japanese woman and had two children with her, challenged this law because he wanted his children to have Japanese citizenship. After a lengthy legal battle the law was changed by giving the mother’s rights legal status.
Wetherall insists that Japanese citizenship laws have never been racist — as early 20th century American laws denying US citizenship to “Orientals” assuredly were. He argues that Japanese laws were merely rooted in the patrilineal social structure and household registers. But, given that Japan was a virtually monoracial society and enforced the exclusion of Westerners from its shores until the arrival of Commodore Perry in 1854, being a Japanese citizen has been, for all intents and purposes, the same thing as being ethnically Japanese.
In 1869, Leslie Helm’s great-grandfather Julius arrived in Yokohama from Germany. He’d first traveled to the US and briefly tried farming in Montana before taking the transcontinental railroad to San Francisco and then a ship to Japan. Yokohama was just becoming a busy port with ships bringing machinery and manufactured goods from Europe and the US before heading back loaded with silks, tea, and porcelain. Julius Helm quickly saw an opportunity to create a stevedoring and portage company; he soon owned horses, carts, and warehouses, and became a prosperous man. By 1871, he’d sent for two of his brothers from Germany and made them partners, and in 1875 he married his Japanese housekeeper, Hiro, who bore him seven children.
Julius and his brood lived in an area of Yokohama known as “The Bluff,” which became a foreign enclave complete with churches, schools, shops, and a hospital. But because the children grew up with Japanese nursemaids and servants, they inevitably grew up speaking, if not reading, Japanese. 
Julius was a restless man and also wanted some of his children to have European educations, so he sent some of the older ones back to Germany. And in 1887 he and his pregnant wife happened to be in Brooklyn, where she gave birth to Leslie Helm’s grandfather, Julie, making him an American citizen. Over the years, the family and the business would endure the 1904–1905 Russo–Japanese War, out of which Japan acquired Korea; and World War I, when Japan was allied with England against Germany and gained the German enclaves in China. One of Julius’s sons went to fight with the Germans in Tsingtao, was captured by Japanese soldiers, and spent more than five years in a Japanese prisoner-of-war camp, an odd fate for a man with a Japanese mother.
Julius, the patriarch, died in May of 1922, a little more than a year before the September 1923 earthquake that destroyed both Tokyo and Yokohama with a loss of 140,000 lives. However, Julie, the author’s grandfather, survived and with his older brother bought up the property of foreigners who’d decided to leave Japan. Julie also married a woman who, like himself, was half German, half Japanese. They would have three sons, one of them Leslie Helm’s father, Don. 
During the 1930s, Japan became increasingly militarist and chauvinist, although the part-German, part-Japanese, part-American Helm clan continued to prosper. In 1938, they proudly opened Helm House, a five-story, reinforced concrete building that served as both their company’s headquarters and also contained 31 modern, fully furnished apartments designed to attract an international clientele. During World War II the Japanese government took control of it and rented it to the German Navy, and during the US Occupation it was used by officers of the Eighth Army. However, some of the Helm uncles and cousins who had retained their German citizenship managed to continue operating the firm during the war.
Meanwhile, in September of 1941, Leslie Helm’s grandfather Julie, who was half Japanese but with American citizenship, and his wife Betty, who was half German and half Japanese, arrived in California with their three sons, and settled in a house in Piedmont. After February of the following year, when President Roosevelt signed the infamous Executive Order 9066, they could easily have been interned as enemy aliens, but they kept a low profile and nothing happened. In June of 1943, Leslie’s father Don graduated from high school at the age of 16 and enrolled at the University of California, Berkeley. As soon as he turned 18 he enlisted in the US Army, and there — when his superiors learned he could speak Japanese — he was quickly recruited as a translator to interrogate prisoners of war. While at Berkeley, he’d also met his future wife who, like himself, was of German heritage but had been born and raised in Japan. 
Leslie Helm’s father served for two years in the postwar American Occupation of Japan and then returned to the University of California to study and marry the woman he’d met there. As Helm comments:
How strange it is to think that if California’s anti-miscegenation laws, which banned inter-racial marriage, had not been struck down by the California Supreme Court in 1948, my father would not have been allowed to marry my mother because of his mixed-Japanese heritage. It was also ironic that Mom had been a beneficiary of America’s racist laws. The United States had a quota of immigrants for each country. Mom had no trouble getting a visa to enter the United States because she was born in Japan and fell under the Japan quota. The Japan quota of immigrants was always undersubscribed because, under U.S. law, people of Japanese blood could not immigrate to the United States. To enter America under the Japanese quota, you had to be born in Japan, but because of the exclusion laws, you could not enter with Japanese blood! 
And this, in a nutshell, brings us to the author himself, born in Japan in 1955, after his father had returned to Yokohama to run the family business, and raised there until 1973 when he came to the University of California, Berkeley. Helm met his future wife, Marie Anchordoguy — now a professor of Japanese Studies at the University of Washington, Seattle — when they both worked part-time for a Japanese company based in Berkeley. She, an American of Basque descent, had already spent a year as an exchange student in Japan and was seriously studying the language. Helm had held a variety of jobs and ultimately became a journalist for the Los Angeles Times, which sent him to Tokyo as a correspondent in 1990. In 1992, after discovering they could not have biological children, they decided to adopt two Japanese children, a girl and a boy.
The story of this adoption, interwoven with Helm’s exploration of his own family history and identity, makes this an extremely subtle, rich narrative. There are many ironies. Because Helm does not look Japanese, in Japan people often seem skeptical and become distant when he tells them he has Japanese ancestors. When the family was staying at an inn in Nikko, the innkeeper “looked at me and Marie quizzically, then asked, ‘So you must be the teachers and they are your students?’ This was a ridiculous suggestion since Mariko was nine and Eric six. Yet this was the only way she could explain our presence together.” Yet back in Seattle, when Helm took young Eric to the grocery store, let him run around, and then started to lift him back in the cart, a woman who saw him suddenly demanded “Put that child down.” When Helm said, “What do you mean? He’s my son,” the woman replied, “Can you prove it?”  
Helm ends the story of his family’s connection with Japan by noting that it will now be continued through his children, who “will have their own journeys to take, their own stories to write.” I’m looking forward to reading that sequel.
 
 
という事で今回は歴史散策記事をアップ致しました
西郷隆盛は今でも大変人気が高く沢山の関連書籍も出版されていますが
こういった写真が今でも出てくる事はとても興味深い話です
 

この記事に

  • 顔アイコン

    ここにいるドイツ人と西郷とされる人物以外のメンバーの顔全然ちゃうやん もっとマシな嘘つけよ 削除

    [ 名無し ]

    2017/10/2(月) 午後 11:25

    返信する
  • 「ほとんどの人物が陸軍の軍服を着ていますが、川村純義と勝安房は海軍所属のはずです。これはまったくお笑い種です。海軍の人間が陸軍の軍服を着るような、そんなことは起き得ないことです。http://bit.ly/2gcZqgy

    研究者の高柳毅氏は「軍服が意外」「これまでいろいろ写真は出てきたが、すべて偽物だった」
    歴史教師の浮世博史氏は「撮影は明治7年(1874年)となっているが、西郷はその前年の明治6年に征韓論で敗れて下野、7年には東京にいなかった」と指摘

    [ tanoo******** ]

    2018/1/15(月) 午前 2:13

    返信する
  • 顔アイコン

    はじめまして。
    2018年1月21日現在、サンメディアのウェブサイトの閲覧ができない状態です。この写真の真偽が追及されると困る勢力による妨害によるものと思います。これは、恐るべき人権侵害です。
    どうして、こんな事態になっているのか?
    早い話が、明仁は倭国の天皇であり、真実の日本国天皇ではないということが、バレると困るからです。だから、西郷をはじめとした明治の元勲たちが、フルベッキとういう偉大な教師より、その薫陶を受けた人たちだったからこそ、明治維新を成し遂げたのです。
    この歴史事実が明るみに出ると、どうしてもフルベッキ写真の真偽が、問題となる。フルベッキ写真が真実だと解ると、この写真中央にいる大室寅之助が、実は後の明治天皇であることが、バレてしまう。
    バレると困るのは、偽明治天皇を天皇に据えた、倭国藤原北家の権力者たちだ。当然、裕仁も明仁も偽日本国天皇であって、倭国の天皇であるのです。
    こいつらは、フルベッキ写真が本物であっては、困るのです。私は、横山社長とは、面識こそありませんが、電話では、それこそ何十回とやり取りしたことがあります。横山社長の安否が、とても

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/21(日) 午後 5:58

    返信する
  • 顔アイコン

    横山社長の安否が、とても心配です。もし何かあったら。倭国藤原北家のやつらの仕業だ。あいつらは、人間じゃない。これはもう戦争です。
    読者よ、ブログ主よ、わかってくれ。大変なことがいま起きているんだ。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/21(日) 午後 6:10

    返信する
  • 顔アイコン

    こんばんは。
    横山社長の無事を確認できました。とりあえず、一安心しました。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/22(月) 午後 7:20

    返信する
  • 顔アイコン

    原爆投下、123便事故(事件)、平岡都殺害事件、これらは、みんなおんなじ氏族によって起こされた犯罪事件です。ブログ主よ、読者よ、気が付いてください。
    123便のボイスレコーダーの機長の言葉、「なにか爆発したぞ!」。この言葉が、あの墜落事故の真実を証しているのです。事故じゃないんだ。事件なんだ。垂直尾翼は、爆破かもしくは撃墜されたのです。
    私は、どうして撃墜されたのかの真相を語ることが出来ます。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/24(水) 午後 10:26

    返信する
  • 顔アイコン

    日航機123便が撃墜されてから、政官財界で、大きな変化があった。国民の知らないところで。それは、何か?
    誰も昭和天皇に、逆らう者が居なくなったこと。逆らえば、殺される。自分だけでなく、家族まで。
    さらに、官僚の世界でも、イエス派ユダヤ人の末裔である秦氏らの粛清が始まった(推測)。この事件によって、秦氏は、壊滅打撃を被ったのである。裏切り者らも多く出たであろう。天皇から勲章をもらったやつらは、皆裏切り者か、初めから倭国の勢力に組するものたちだ。
    こうして、倭国藤原北家カナン人結社は勢いを増して、終には、明仁の即位にこぎつけたのである。かくして、あの忌まわしい平成の世が、始まっってしまった。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/26(金) 午後 4:44

    返信する
  • 顔アイコン

    123便には、ある重要な人物が搭乗していた。仮にUとしておく。
    Uは、ある重要な使命を帯びていた。
    Uは、昭和天皇に厳しく迫っていた。「あなたで、倭国藤原北家カナン人結社の天皇は、終わりです。ついては近く二十歳になるダビデ王に、王権を返上してもらう。」
    昭和天皇とカナン人結社の連中は、これを酷く恐れていた。もし、本物の日本国天皇であるダビデ王の再来が、王座についてしまったら、彼らカナン人はお終いである。これまで犯してきた数々の犯罪が白日のものとに晒され、その罪を厳しく断罪されてしまうからである。
    首領の昭和天皇は、のらりくらりUの要求に対して時間稼ぎをして、謀略を練っていた。
    この123便事件が起きる前に、グリコ森永恐喝事件が起きていた。犯人たちは、首尾よく身代金をせしめ、犯行は成功した。つづいて、ターゲットとなったのが、Uの会社であった。しかし、Uの会社の恐喝は、犯人側の一方的な終息宣言をもって終了した。
    Uは安堵して、恒例の自分の父及び先祖の墓参りへと向かうべく、123便の機上の人となった。そして事件は起きたのである。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/26(金) 午後 9:26

    返信する
  • 顔アイコン

    今現在、私はヤフーの掲示板などでは、いっさいコメント、記事投稿などが出来ない状態です。
    私のコメントは、とてもセンセーショナルで、刺激がつよいことにもよりますが、私の投稿内容が、大衆に知れ渡ると困る連中がいることの証左であるということでしょう。ヤフーには、圧力が掛かっていること間違いない。この国に言論の自由などないよ。
    開明的、良心的ブログ主の善意のみが、私の言論のはかない、かすかな発露です。

    Uの身近な周辺に、Uの行動の一部始終を内通する何者かがいたことは間違いありません。
    Uは、いわゆる秦氏と称される、イエス派ユダヤ人の重要なリーダーの一人であったのです。彼を、大胆にもあのような、航空機事故を装って殺害することで、秦氏らの結束の封殺をも当初から狙ったものと思われる。
    というのは、航空機事故のような大事件が起きると、日本国全体の行政組織が、このときばかりは、一致団結して統合されます。普段は、縦割りが指摘され、縄張り意識がつよいが、このような場合は、国民の厳しい視線が一斉に官僚組織に向けられます。秦氏らは反撃の隙さえ無かった。事件後、秦氏らの粛清ががじまった。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/26(金) 午後 10:42

    返信する
  • 顔アイコン

    事件事故が起きたとき、いったい誰が死んだのか、または殺されたのか。この点に着目することは、最も重要である。
    誰かが殺された場合、殺害された人物がいなくなることで、一体どこの誰が得をするのか? 事件の大小に関わらず、この視点は真相究明には不可欠です。
    長崎広島原爆投下の真相も、この視点から推測することが出来るのです。次のコメントで幾数回に分けて、有力ブロガーや、いかがわしいブロガーからは、シャットアウトされている記事をコメントします。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/27(土) 午前 11:53

    返信する
  • 顔アイコン

    下記ブログで、コメントアップしたのにも関わらずに、私のコメントはアップされませんでした。私の敵対勢力に組しているからだろうね。
    http://rakusen.exblog.jp/26284880/
    そして、こいつらは決まって、必ずと言っていいほど、フルベッキ写真には言及しないのよ。お里が知れるね。
    ###記事↓
    広島の原爆投下地点のほど近いところに、何かの建物があり、その建物の屋上に、銅製の塔かなにかがありました。原爆投下後も奇跡的に、その塔か何かの銅製の金属は、残りました。
    原爆投下の調査をして、判明したことには、その本来銅製の金属物の一部が、ニッケルに変質していることが解りました。つまり、原爆は、空中爆破が、正解でしょう。
    私は、広島長崎にどうして、原爆投下がなされたのか、いろいろと調べていました。明確には、その理由が、ながらく解りませんでした。しかし、ある時日航機123便撃墜事件を調べているときに、はっと頭の中で閃いたのです。
    それは、123便に搭乗していたある人物の名前からでした。かりにUとしておきます。
    ###つづく

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/27(土) 午後 0:05

    返信する
  • 顔アイコン

    ###
    Uは、私の推理によれば、吉備真備をはじめとした蘇我氏や、明智光秀や、藤原の鎌足のといった、歴史上にその名を遺す人たちの末裔でした。さらに、これら人物たちの本当の祖先は、キリスト磔刑後に日本列島までたどり着いた、イエス派ユダヤ人の末裔である事が解ったのです。
    Uは、倭国及び世界中のカナン人結社の総帥である昭和天皇に、厳しく迫っていました。「あなたで、倭国藤原北家カナン人結社の天皇は、おわりです。ついては、近く二十歳になられるキリストの血を引くダビデ王に王権を返上してもらう。」
    はてさて、困ったのは、昭和天皇とその取り巻きたちである倭国藤原北家カナン人結社の悪魔どもだ。もし、真実のダビデ王に王権が返上されたら、これまで犯してきた数々のおぞましい犯罪が白日のもとに晒され、その罪を苛烈に断罪されてしまうからです。
    昭和天皇は、Uの要求にたいして、のらりくらりと時間を稼ぎ、腹心たちと謀略を練ったのである。その結果が、あの事件だったのです。
    ###

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/27(土) 午後 0:07

    返信する
  • 顔アイコン

    ###
    123便事件とは、UとUの組織、イエス派ユダヤ人たちの悲願であるダビデ王の王権回復を阻止するために、昭和天皇を首領としたカナン人結社によって引き起こされた犯罪事件だったのである。123便は、圧力隔壁破損に起因する事故ではなく、爆破もしくは、ミサイルによる垂直尾翼破壊による、「撃墜」であったのだ。ボイスレコーダーのなかの、機長の発言、「何か爆発したぞ」。この言葉こそ、あの事故が、事件であったことを、一言で明快に真相を暴露しているのです。
    そして、このUから、原爆投下された長崎の土地に、イエス派ユダヤ人たちの末裔の一集団が、「ある家系の人々」と密かに暮らしていた根拠を見いだせたのです。それは、伏見稲荷の神官であったUの祖先たちが、ひたかくしに隠していた家系、つまり、「キリストの血を引く聖武天皇の遺児、石川広世の末裔」であった。
    実際は、石川広世の家系は、別のところに住んでいたのですが、長崎へ原爆を米国に落とさせた連中(昭和天皇が首領)は、長崎のあの土地にキリストの直系子孫が在住していると睨んでいた。
    ###

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/27(土) 午後 0:08

    返信する
  • 顔アイコン

    ###
    昭和天皇は、ただのアジアのはしっこの王ではなかった。世界中のカナン人の総帥だった。このカナン人らにとって、一番恐ろしい民族が、ユダヤ人である。そして将来、この民族の王として、キリストが再臨すると預言されている。その王たるキリストは、石川広世の家系に生まれてくる。 それを、阻止するために、石川広世の末裔が住んでいるとみられる長崎の当地に、原爆を落とさしめ、キリストの血の家系の殲滅を謀ったのである。将来キリストが再臨するこの家系の抹殺を謀ったのだ。
    これこそ、長崎に原爆が落とされた、まことの真相であったのだ。
    ###コメント拒否されたもの、終わり。
    このコメントも、ちゃちゃ入れられて、ののしられて、終わりだね。
    ブログ主さんへ、どうもありがとう。
    山梨の方なんですね。山梨大好きです。実は、石川広世の家系って、いまも山梨にあるんですよ。私の父の実家です。天海大僧正ことイエス派ユダヤ人の末裔のひとりである明智光秀が、施した六芒星結界に所定のところに、ものの見事に位置しています。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/27(土) 午後 0:17

    返信する
  • 顔アイコン

    伊勢神宮は、倭国の神社です。けっして日本国の神社ではありません。
    伊勢神宮の祭神のイザナギの命(男神)は、倭国の孝徳天皇のこと。イザナミの命(女神)は、蘇我王家の額田王のこと。
    日本国は、新羅王武烈の嫡男の弘文天皇と、孝徳と離縁させれて、弘文と婚姻させられた額田王とで、成立したのです。
    つまり、新羅弘文+蘇我王家額田王=日本国成立。

    明仁も裕仁も、それ以前の天皇はすべて倭国なのです。これ重要です。これこそ、現在の我が国の真実なのです。
    本当の日本国は、私の父の実家(聖武天皇本家=南ユダ王家)と、私の母の実家(藤原の鎌足の本家=北イスラエル王家)の婚姻家系こそ、ほんものの日本国なのです。わかってもらえないよね。それが普通だよ。
    近日中、平岡都殺害事件の真相について書かせてもらいます。ブログ主へ感謝。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/1/31(水) 午前 0:00

    返信する
  • 顔アイコン

    平岡都さん殺害事件の首謀者は、倭国の中皇命と呼称される職掌についている者の仕業です。
    この国は、昔から、今現在も、日本国ではありません。倭国です。日本国といわれてはいますが、実際は、1260年ほど前に、倭国の王族の藤原仲麻呂らの謀反により、聖武天皇とその子孫、家臣団たちが失脚させられて以来、いまでも倭国なのです。
    中皇命(なかつすめらのみこと)とは、現在で言うところは、いったいどんな職業、もしくは人物であるのか?
    天皇の奥さんです。
    倭国とは、メルキツェデクと直接関係があるのかないのか、実態はは分かりませんが、どうも聖書に記されているこの人物の血統となにか関係のある部族集合体と考えられます。 この部族集合体のことを、以後「倭国藤原北家カナン人結社」と呼称します。または略してカナン人結社と。
    この忌まわしい殺人事件は、このカナン人結社による犯行であると、考えています。犯行動機は、簡潔に説明することは困難ですが。次のような理由があるものと思っています。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/2/1(木) 午後 9:11

    返信する
  • 顔アイコン

    倭国藤原北家カナン人らは、聖書で言うところの、再臨するキリストを酷く恐れています。
    このキリストの再臨を阻止するために、彼らは、彼らの奉ずる神に神頼みするしかもはや方策がなく、そのため、彼らの伝統儀式である人身供犠のために、ヒラオカミヤコさんを、数いる候補のなかから選抜して、かの悪質残虐な犯行に及んだのです。この殺人事件は、生贄儀式殺人なのです。
    平岡都さんは、平岡姓が示す通り、平氏系の血筋です。平氏系は、さらに時代をさかのぼると、聖武天皇の父方の氏族である新羅系列の氏族である大伴氏であることが、解りました。これは、私が古代史を解明する過程で、解ったことです。
    つまり、平岡都さんは、聖武天皇の血筋のひとりであり、よってキリストの血をひく女性であったと推定できたのです。
    事件の首謀者である「なかつすめらのみこと、中皇命」は、キリストの血を、やつらが崇める神に捧げて、主イエスの再臨の阻止を図ったものと考えられるのです。これが、この殺害事件の真相です。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/2/1(木) 午後 9:13

    返信する
  • 顔アイコン

    ごく普通の生活をしてる一般社会人には、荒唐無稽に思うのが自然です。しかし、この事件が起きたことは現実であり、殺害状況と現場、そして、私の古代史、万葉集の研究と聖書に基づいた考察と、その結果導き出された私自身の血脈の真実とを考慮すれば、今ここで書いたことは、真実であると言い切ることが出来るのです。ただ読者がどう考えるかは、自由です。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/2/1(木) 午後 9:14

    返信する
  • 顔アイコン

    西郷さんにしては周りの人より身長が低いのでは?

    [ yos**11 ]

    2018/3/10(土) 午後 8:32

    返信する
  • 顔アイコン

    > yos**11さん
    はじめまして。実は私も、この写真の西郷とめされている人物について、疑念を持っています。
    乃木希典は間違いなく本人ではないかと考えています。山形有朋は、違いますね。西郷従道は本人だと思います。勝も本人ではないでしょうか。乃木が若いです。
    もし西郷が本人なら、前列中央に居るはずですよね。明治の元勲中の元勲ですから。フルベッキ写真の方が重要だと思います。

    [ 石川朝臣君子 ]

    2018/4/1(日) 午後 6:25

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事