ブログ山梨2

プロフ写真差し替えてみました

全体表示

[ リスト ]

東ハトチョコキャラメルコーン(深みカカオ味)


皆様今晩は
いつもご訪問ありがとう御座います

今年も食べ物の話題が多いブログになると思いますが早速お菓子の話題
をアップ致します

在庫の写真をつらつら眺めていると中にはこんなもの食べたかなあ・・・
と記憶に無いものなんかもいよいよ出てくる始末です(笑)

なので2度目のアップになる可能性もなくもない訳でもし今後そういう
写真があったら優しくスルーして下さい。

これももしかしたら、という感じですが東ハトチョコキャラメルコーン
(深みカカオ味)を食べました

というか、食べた様です(笑)

好きな御菓子は色々ありますが、普通のキャラメルコーンはかなり食べた
お菓子の部類だと思います

「キャラメルコーン」は、1971年(昭和46年)の発売で僕が子供の頃
だったのでキャラメルの染みたフワフワしたのを吸い取る様に食べた記憶が
あるとても懐かしいお菓子です。

中に入った豆も適度な塩気があって美味しいですよね
フワフワしたキャラメル味のお菓子は食べている間に意外に少なくなるのが早い
ものでした

食べてみるとこのチョコ味もカカオ風味があって美味しかったです
商品説明には「大人向きの味わいのキャラメルコーン」とありました

キャラメルコーンを懐かしむおっさん(爆)にはもってこい!な商品です
コンビ二限定で尚且つ、終売なのであまり役立たない情報でしたけど・・・

今回ポテトチップスやこういった御菓子全般の記事を大室のスナック菓子
という書庫を新設したので入れたいと思います




全体が黒くてカカオな感じのパッケージです
自立するスタンドパックだったみたいです(気にしなかった)
イメージ 1



イタリア産のキャラメル?
高級そうですね
イメージ 2



原材料名と内容量です
46グラムです
イメージ 3




写す前に食べていて、残りが少ないです
イメージ 4




手乗りキャラメルコーン(笑)
イメージ 5


深みのあるカカオ味で、こういうチョコ味もおっさん!にはいいですね!



商品説明です

この商品は終売いたしました
2015年7月
チョコがしみこんだキャラメルコーン
「チョコキャラメルコーン・深みカカオ味」
新発売(コンビニルート限定) 
 
株式会社 東ハト
株式会社東ハト(本社:東京都豊島区、社長:小森和輝)は、「チョコキャラメルコーン・深みカカオ味」を2015年8月3日より全国コンビニルート限定にて新発売いたします。
 「キャラメルコーン」は、1971年(昭和46年)の発売以来、長年多くのお客さまにご愛顧いただいている、東ハトを代表するスナック菓子です。2003年に誕生したキャラクターパッケージも、すっかりおなじみになりました。
 この度、キャラメルコーンの新しい仲間として「チョコキャラメルコーン・深みカカオ味」が新登場いたします。
 「チョコキャラメルコーン・深みカカオ味」は、通常の約3倍サイズ(※)のキャラメルコーンの生地にイタリア産のキャラメルペーストを使用した蜜をかけ、カリッと香ばしく焼きあげ、さらにほろにがいチョコレートをしみこませました。ほろにがいカカオが香る、大人向きの味わいのキャラメルコーンです。
 パッケージには、深いこげ茶とゴールドで少し大人の雰囲気のキャラクターをデザイン。自立するスタンドパックなので、取り出しやすく、仕事の合間などに手軽につまんでいただけます。
※当社従来品体積比 
 
<商品概要>
 ◆チョコキャラメルコーン・深みカカオ味
名称 スナック菓子(チョコキャラメルコーン・深みカカオ味)
価格 オープン価格(参考小売価格:150円)
内容量 46g
発売日 平成27年8月3日(コンビニルート限定) 
発売地域 全国(コンビニルート限定)
商品特徴 約3倍サイズのキャラメルコーンをカリッと香ばしく焼き上げ、ほろにがいチョコをしみこませた、大人の味わいのチョコスナックです。 
 

キャラメルコーン

キャラメルコーンcaramel corn)は東ハトコーングリッツを原料にし1971年から製造販売するスナック菓子、またはこれの元になったポップコーンキャラメルコーティングしたアメリカ合衆国スナック。後者のうち日本で発売されているものとしてはジャパンフリトレーが輸入販売しているクラッカー・ジャックがある。


東ハト・キャラメルコーン
東ハト・キャラメルコーン(本体)
東ハト・キャラメルコーンは、東ハトコーングリッツを原料にし1971年から製造販売するスナック菓子オールレーズンと並び、同社のロングセラー商品。
パフ状のスナックに加え、小さなピーナッツが封入されていることが特徴。これは口直しとスナックに甘味を引き立てる塩味をつけやすくするためである。1990年代までテレビCMも放送されていた。1971年の発売当初より長らく続いたパッケージを2003年9月より東ハトCBOで元プロサッカー選手の中田英寿などで構成されるProject Rossoの検討により全体を顔に見立てて、青い瞳をした真っ赤なキャラクターの新デザイン「キャラメル・コーンくん」にリニューアルされた[1][2]。検討段階では口の中がキャラメルコーン(写真)でいっぱいになっていたが、それだと息苦しさを感じるとの意見が出たため、現在のように上部に隙間を空けた口になっている。 パッケージでは、これまでにマンガ家とのコラボで「さくらももこキャラメルコーン」「藤子不二雄Aキャラメルコーン」「池田理代子キャラメルコーン」「手塚プロダクションキャラメルコーン」が発売されている。

種類
2003年のリニューアル以降、様々なフレーバーのキャラメルコーンが発売されている。
2012年に「ゴルゴ13」の作者であるさいとう・たかをや「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげるら“国民的マンガ家”をイメージした人気菓子「キャラメルコーン」4種類を期間限定で発売されている。
その後は人気アニメ・キャラクターを題材としたキャラメルコーンが発売され、これまで、「くまモン」(熊本県サプライズキャラクター)、「妖怪ウォッチ」、「ラブライブ!」をパッケージに起用した。

キャラメルコーンシリーズ
  • キャラメルコーン
  • チョコバナナ味(1987年)
  • イチゴミルク味
  • ローストアーモンド味
  • アーモンド味(2003年9月発売、2004年・2005年クリスマス期限定)
  • Xチーズ味(2004年6月発売)
  • パインヨーグルト味(2004年夏季限定)
  • ミルクチョコ味(2004年10月発売、2005年9月リニューアル)
  • バニラアイス味(2005年夏季限定)
  • マンゴープリン味(2005年夏季限定)
  • 抹茶ミルク味(2005年〜 春季限定)
  • メープル味(2006年秋季限定)
  • ブドウ味(2006年秋季限定)
  • 黒糖味(2007年夏季限定)
  • ココナッツミルク味(2007年夏季限定)
  • 焼きチョコ ビター(2007年11月発売)
  • 焼きチョコ
  • スイートポテト味(2007年秋季限定)
  • 練乳ミルク味(2007年9月発売)
  • クリームソーダ味(2008年夏季限定)
  • コーヒーフロート味(2008年夏季限定)
  • マロン味(2003年〜 秋季限定)
  • モモ味
  • バナナパフェ
  • ホットケーキ味
  • コーラ味(2009年夏季限定)
  • バニラシェイク味(2009年夏季限定)
  • 赤塚不二夫 はちみつバター味(2012年4/2から期間限定)
  • 高橋留美子 ミックスベリー味(2012年4/2から期間限定)
  • さいとう・たかを チョコレート味(2012年5/14から期間限定)
  • 水木しげる あずきミルク味(2012年5/14から期間限定)
  • Roots コーヒー味(2013年9/23から期間限定)

カナエルコーンシリーズ
だるまをモチーフにしたパッケージの側面に願い事を書き込むスペースがあり、合格を祈願する受験生のためのキャラメルコーンというキャッチコピーである。2005年12月より発売開始[3]
  • カナエルコーン(中身はキャラメルコーンと同一)
  • カナエルコーン・ホワイトミルク味
キャラミニコーンシリーズ
  • カフェラテ味(2006年11月発売)
  • こがしキャラメル味(2006年8月発売)
  • ロイヤルミルクティー(2006年8月発売)

紙製カップタイプ
  • ダブル フォンダンショコラ(2003年9月発売)
  • ダブル フォンダンショコラ イチゴ味
  • ダブル フォンダンショコラ 抹茶味
  • コク濃仕立て・ミルク味(2007年3月発売)
  • コク濃仕立て・レアチーズケーキ味(2007年6月発売)
  • 生キャラメル味(2010年1月発売)
六角形紙製ボックスタイプ
  • クランチ ハニーローストナッツ味
  • ダブル ナッツブレンドチョコレート(2004年2月発売)
  • ダブル ホワイトチョコ(2003年冬季限定)
  • ダブル バタースカッチ(2003年9月)
飲料
  • キャラメルコーン ラテ(2004年6月発売)
地域限定
  • りんご味(信州限定)
  • いちごミルク味(栃木限定)
  • 沖縄パイン/沖縄黒糖味(沖縄限定)
その他、端午の節句七夕ひなまつりクリスマスの各時期には限定パッケージのキャラメルコーンが発売される。

プライベートブランド
デイリーヤマザキ系のプライベートブランドである良味100選の「キャラメルスナック」の製造者が東ハトとなっており、キャラメルコーンと全く同じものであるとされる。

外部リンク

アメリカ合衆国におけるキャラメルコーン
キャラメルコーン 種類 発祥地 主な材料
CaramelCorn.jpg
菓子
アメリカ合衆国

アメリカ合衆国におけるキャラメル(カラメル)コーンは、ポップコーン砂糖糖蜜から作られたキャラメルコーティングしたスナックである。キャラメルを絡めることで、ポップコーンが甘みを持った歯ごたえのあるスナックとなる。しばしばピーナッツペカンアーモンドカシューナッツといったナッツ類と混ぜあわせて提供され、映画館でも定番の一品となっている。

歴史
キャラメル化していない甘みでコーンを味付けしたケトルコーンen:kettle corn)はヨーロッパ諸国によりアメリカ大陸が植民地化されたころから知られていたが、キャラメルで和えた食品の最初期の記録はシカゴ万国博覧会 (1893年)で紹介されたクラッカー・ジャックの原型であるCandied Popcorn and Peanutsに遡ることができる。
米国ではFisher's Popcornen:Nuts on Clarkといったキャラメルコーンを主力商品とする会社に加え、クラッカー・ジャック、en:Fiddle Faddleen:Lolly Gobble Bliss Bombsen:Crunch 'n Munchヴェルタース オリジナルといった様々な商品が大規模な商業ベースで販売されている。



今月の記事一覧
オーザック塩レモンチキン味 2016/1/4(月) 午前 6:00
Chaka Khan - Ain't ...    2016/1/2(土) 午前 0:00                 
山梨から新年の御挨拶 2016/1/1(金) 午前 0:00

閉じる コメント(2)

アバター

大室さん、こんにちは^^

キャラメルコーンは大好きで子供の頃、良く食べたよ
ちょっとピーナッツが入ってるんだよね
最近、ちょっとリッチなポップコーンが流行ってるんだけど味もキャラメル味とかあって、なんとなくキャラメルコーンに似てる

2016/1/8(金) 午後 5:05 天野岩戸

> 天野岩戸さん
今晩は
キャラメルコーンお好きですか?
僕は子供の時これを食べて、なんて美味しいものが
あるんだろう・・・って思った事があります
因みに、レディーボーデンも同じです(笑)
セブンでもかなり売り込んでいますよね
アメリカ風のは、ポップコーンをキャラメル味にして
いるみたいですね。買うと思ったら、なぬっ!という
値段で手から離れ棚に戻しました
流行っているのはいいんだけど、安いものが流行って
欲しい(笑)です

2016/1/8(金) 午後 10:57 大室寅之祐


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事