ブログ山梨2

プロフ写真差し替えてみました

全体表示

[ リスト ]

東京・吉祥寺背脂系スープの元祖ホープ軒の生ラーメン


皆様今晩は
いつもご訪問ありがとう御座います

さて今週で今月も終わって仕舞いますね
恐らくあっという間の1週間で、10月も慌しく迎えることになると思います

健康面でも、体調管理でも、風邪にしても十分お気をつけ頂ければ、と思います
記事更新は写真をやっつける!という意味でも頑張っていこうと思っています

できれば一日一膳(これは笹川さんか)一日、二記事を目指してみたいですね
写真アップだけでもアップアップな僕ですが、お付き合いいただければと思います

ではスーパーで買ったホープ軒の生ラーメン記事をささっと、どうぞ。



黄色いパッケージが目を惹くパッケージですね
イメージ 1



中の麵はこんな感じです
イメージ 2



もやしは沢山入っていたような感じなので二袋入れました
これだけ入れても20円位です
イメージ 3




青梗菜も青いので入れました
イメージ 4



でもちょっと多いかな・・・
味付けしながら食べてます(爆)
イメージ 5




スープもできました
良い感じの背脂が浮いてます
イメージ 6




作った叉焼をグリルに入れて焼き直しています
冷蔵に入れてあったので、浮いた脂が白く固まっています
イメージ 7




徐々に脂も溶け、叉焼も柔らかくなってます
入れたいだけ切りました
イメージ 8




沸かしたお湯に投入!します
イメージ 9




よく見えませんが、麺が踊ってます
イメージ 10




麵の固さが気になります
硬過ぎ無い様に茹でてはいますが、気を抜くと茹で過ぎたりするので・・・
イメージ 11



写真を撮ってる場合ではないのですよ、本当に(笑)
レンジで温めたどんぶりにスープを注ぎます
ここから大忙し、です。
イメージ 12




笊に上げた麵も写しています
でも本当にこの場面は超忙しいんですよ〜
イメージ 13



ふふふ・・・
厚切り自家製叉焼を5枚並べてみました
イメージ 14


自家製叉焼を作った時の記事はこれですが、お好きな方はどうぞ・・・
焼いた叉焼も厚く切っ割にはほろっとしてまあまあの出来でした

流石、背脂系スープの元祖ホープ軒のラーメン!スープが絡んで美味しかったです
皆さんはラーメンはお好きでしょうか?



【グルメ】これぞラーメンの歴史!ホープ軒 東京 高円寺 - YouTube



前回は横浜の豚骨醤油ラーメン・家系の歴史をご紹介しました。

しかし、実は横浜の家系よりもっと早い時期に東京で豚骨醤油ラーメンが生まれていたのです。
今回は東京の豚骨醤油ラーメン「ホープ軒系」をご紹介します。
 
はじめは屋台から
昭和9年、錦糸町に「貧乏軒」という屋台がありました。
屋台を出していたのは難波二三夫氏。
難波氏は貧乏学生の格好をしてラーメンを売っていたそうです。

戦後、難波氏は阿佐ヶ谷に「成華公司」という店舗を構えました。
ここでも機転を利かせ、今度は中国人のフリをしました。
戦後で材料の入手がなかなかできないため、闇市を仕切っていた中国人と繋がるための策だったそうです。

その後、野球ブームに便乗して「ホームラン軒」と店名を変更、都内に数店舗出店しました。
しかし無理に出店したため資金難に陥り、最終的にはすべての店舗を手放すことになってしまいました。

ホープ軒の誕生
難波氏はその後、改めて屋台から再スタートします。このとき知人の勧めで「ホープ軒」という屋号にしました。
ホープ軒の誕生です。

難波氏は同時に貸し屋台事業も初めます。
屋台は増え続け100台超にもなり、都内各地にホープ軒という屋台が何店も出店しました。
日本のフランチャイズは1963年にスタートしたと言われていますが、それよりも前にフランチャイズに似た形で営業活動していたというのは面白いですね。

ホープ軒の原型
1960年、牛久保英昭氏が難波氏から屋台を借りてラーメンの販売を始めました。
最初は独自の味でラーメンを作っていましたが、お客さんからの要望を取り入れながらスープを改良しました。
豚骨と醤油の組み合わせ、背脂を振り掛けた濃厚なスープ、いまのホープ軒の原型ができあがりました。

牛久保氏は屋台初のプロパンガス、一度に24食を作れるロット生産、通常の3倍の大きさの屋台、などを導入し、味だけではなく屋台にも工夫をしました。
これにより1日に800杯ものラーメンを売り上げたそうです。
普通のラーメン店でも1日に800杯を販売するお店はなかなかありません。
それを屋台で販売してしまうなんて凄いですよね。

現在
難波氏は吉祥寺に「ホープ軒本舗」を、牛久保氏は千駄ヶ谷に「ホープ軒」を構え、現在に至ります。
両店から独立や派生したお店は都内に多数あります。
ホープ軒は東京のラーメン界にいまなお深く影響していると言っても過言ではありません。

店舗紹介
支店・系列店・独立店・派生店
 
最後に
背脂がたくさん乗った「背脂チャッチャ系」と呼ばれているラーメンは数多くあります。しかし、ラーメンに背脂を乗せる文化は京都や新潟などにもあり、ホープ軒系とは異なります。

背脂チャッチャ系という括りでまとめず、東京発祥の豚骨醤油ラーメンとしてホープ軒系を楽しんでもらえたら、と思います。


東京の豚骨醤油ラーメン「ホープ軒」系の歴史!〜ラーメンの歴史シリーズ その2〜 - Latte





今週の記事一覧(お時間があれは是非)
三河屋の海鮮ごのみ 2016/9/26(日)0:00

閉じる コメント(10)

顔アイコン

こんばんは。
お野菜たっぷりラーメン美味しそうですね〜。手作りチャーシューを焼きなおしちゃうのはさすがです!ゆで卵ものってて豪華ですこと〜。

2016/9/26(月) 午後 5:24 あきちゃそ

顔アイコン

(o*≧ェ p[+゚。こんにちは。゚+]q (;´・ω・)
何時も応援有難う御座います(o^―^o)ニコ

高級麺に成りましたね美味しいにキマリです(⌒∇⌒)
お世話様です
あ(^о^*り(^∇^*が(^Ο^*とっ(^◇^*))))

2016/9/26(月) 午後 5:39 げん

顔アイコン

こん

"∧_∧今日新宿へ兄と
(´・ω・`)行ってました
/ つ【◎】希望軒ありましたよ
しー-J

2016/9/26(月) 午後 6:02 日帰り温泉とグルメ

> あきちゃそさん
ラーメン好きですよね
僕も好きには好きですけど、スーパーの生麺なんかも
買います。自分の叉焼を作ったラーメンに乗せたいと
いう願望みたいなのがあるのかも、です
半熟煮卵がまだ出来ません。
半熟になったのを見計らって(適当です)殻を剝くと
白身が殻と一緒に張り付いてきちゃうんですよ。
時間を計らないと無理なのかなあ、って思ってます

2016/9/27(火) 午前 0:41 大室寅之祐

> げんさん
今晩は
いえいえ、高級だなんて・・・
でも叉焼は厚めでも大丈夫なので豪華に切りました

2016/9/27(火) 午前 0:44 大室寅之祐

> 日帰り温泉とグルメさん
希望軒さんって新宿3丁目なんですね
新宿に行った時の候補になりました
希望軒のとんこつラーメンチャーシュー大盛り
http://blog.livedoor.jp/incent2010/archives/5950564.html
凄いビジュアルですね
参りました(笑)
空腹で真面目に向き合わないと食べれなさそう、です

2016/9/27(火) 午前 0:51 大室寅之祐

顔アイコン

素晴らしいの一言ですよ。


私は鍋ごと食べてますから。いい加減。(>_<)ぷ。


私の方が男性見たい。

2016/9/27(火) 午後 0:33 [ ぢぇーん ]

顔アイコン

たっぷり野菜に大きな叉焼(^^♪
おいしそう!

2016/9/27(火) 午後 3:17 うさぎぴょん♪

> ぢぇーんさん
おはよう御座います
お褒め頂きありがとう御座います
ラーメrン屋さんも行くのは好きですけど
作るんだったら自分でも挑戦してみたいと
少し思ってやってます。
インスタントラーメンも好きですけど最近
生ラーメンを値引き品で(笑)作ってます
今はつけ麵タイプが安くなる時期ですね

2016/9/28(水) 午前 9:32 大室寅之祐

> うさぎぴょん♪さん
いえいえ、うさぎさんの方はとんこつを普段から
食べてますよね
僕は味噌・醤油が多いです

2016/9/28(水) 午前 9:34 大室寅之祐


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事