blog化学

2011年5月12日(木)、今朝急にブログ化学を始めました!Kidsらの勧めで。

全体表示

[ リスト ]

Arsenal(IMAZAPYR、イミダゾリノン除草剤アーセナル(ArsenalTM)、)の散布、ひどいなあ!我々の知らないところでこんな分子を撒いていたのですね。
 
イメージ 1
 
確かに雑草の繁茂には私も手を焼いているが、除草剤herbicideの使い方は一歩誤ると人体へも危険である。葉と根から急速に吸収されるらしい。
 
イメージ 2
 
 
ベトナムにおける米軍の枯葉剤使用で人体に甚大な影響を及ぼしたことを忘れてはいけない。
 
IMAZAPYRは植物における蛋白合成を乱し(3つのアミノ酸合成阻害)、細胞成長とDNA合成を阻害するという。
 
この分子のどこにそんな作用を起こす秘密があるのか?
 
イメージ 3
 
In plants, imazapyr disrupts protein synthesis and interferes with cell growth and DNA synthesis.
 
<近江鉄道> 線路沿い除草剤被害 稲や野菜、全額買い上げへ
 
毎日 9月4日(火)2時31分配信
 
 近江鉄道(本社・滋賀県彦根市)が滋賀県内の鉄道全線にまいた除草剤で収穫間近の稲が枯れるなどの被害が確認され、同鉄道が3日、沿線59.5キロの稲や野菜をすべて買い取る被害補償方針を農家側に示したことが分かった。
 
イメージ 4
 
少なくとも計3平方キロの田畑の作物が買い取り対象になるとみられ、農家側と今後、買い取り価格などを交渉する。
 
 近江鉄道が線路用地に除草剤を散布したのは今年7月。8月に入り、線路沿いの水田で稲の葉が黄変する被害が確認された。サンプル調査で基準値(0.02ppm)を超える残留農薬が検出され、県は8月31日付で沿線の水田すべての稲の収穫・出荷の自粛を要請した。
 
 
イメージ 5
 
 出荷自粛の米は廃棄される見通し。同鉄道は沿線の4分の1が田畑と想定。線路から100メートル以内の田畑の作物を補償するという。
 
 3日夜、同県東近江市で同鉄道が行った説明会で、農家からは
 
「手塩にかけて育ててきたものを廃棄されるのはつらい」
 
などの声が上がった。同鉄道は全額補償方針の理由を
 
「近江米のブランドを守るため」
 
と説明した。
 
【斎藤和夫、姜弘修】
.
先日線路沿いにあるうちの田の稲が枯れていました。某鉄道会社が数ヶ月前に線路に...kingmasaki_10_fantasistaさん     detail.chiebukuro.yahoo.co.jp
 
先日線路沿いにあるうちの田の稲が枯れていました。某鉄道会社が数ヶ月前に線路に除草剤を撒いたと認めました。但し原因かは分からないので後日確認に来るとのことです。

この場合どんな損害賠償請求が可能でしょうか
 
先日線路の隣にあるうちの田んぼの稲が枯れていました。明らかに除草剤によるものだったので某鉄道会社に問い合わせしたところ数ヶ月前に鉄道用のアーセナルという除草剤を撒いたとのことでした。
 
原因調査のため後日除草剤メーカーの担当を連れて調査に来るとのことでした。おそらく雨で流れてうちの田んぼに入ったんだと思います。隣の田んぼもやられていましたので。
 
イメージ 6
 

私としては損害賠償を求めたいのですが、土壌、人体への影響、米の損失等いろいろ考えられるのですがどの様な損害賠償が適切かわかりません。

弁護士さんを雇えば良いのかもしれませんが、

裁判になるとお金と時間がかかるので極力避けたいです。向こうの良い様にやられるのは嫌なのでもし詳しい方がいらっしゃたら教えてください。
 
* アーセナルは長期残効型の除草剤であり、その場所は今後数年に渡り米が栽培できなくなる、または生育に悪影響が出る可能性があります。今年収穫分の賠償のほかに、今後数年分の損害賠償か、土の総入れ替えなどは請求できるのではないでしょうか。
 
アーセナルの特徴及び使用上の注意をリンクしておきますので交渉するときの参考にして下さい。
 
数年以内に栽植が予想される所では使用しない」、
「散布液が農地または有用植物に飛散しないよう注意する」、
「流亡水が灌漑用水路に流れ込む恐れのある所では使用しない
 
という一文があります。
 
イメージ 7
 
 また、アーセナル(成分名イマザリル)の玄米残留基準は0.05ppmです。これを上回る残留になる場合は、生育に支障が無いとしても米が出荷できなくなることも付け加えておきます。
 
 ** アーセナルは、BASFアグロ社が開発した茎葉兼土壌処理用除草剤です。一年生、多年生雑草をはじめ、 灌木類や落葉樹類など、幅広い雑草木に優れた殺草効果と残効性を長期間発揮します。
 
鉄道敷はもちろん、工場敷地、 パイプライン敷での除草に広く活躍します。

***      nighthawkpublications.com/journal/journal067-2
 
 The researcher begins treatment with a commonly-used forestry herbicide with
imazapyr as the active ingredient in a new class of highly-selective, low-volume herbicides.
 
Then the biologists follow the herbicide application with a controlled burn to encourage the growth of fresh food and cover plants for quail.
 
You can buy imazapyr under the brand name Arsenal, made by BASF.
 
Foresters treating large tracts of land can buy Arsenal Applicators Concentrate.
 
Landowners wanting to treat smaller tracts of hardwood brush can use BASF's Habitat Release, a herbicide that contains the same chemistry as Arsenal.
 
Both Arsenal and Habitat control hardwood brush for less cost and without as much manpower involved as the traditional management approach of chopping or mowing to control hardwood brush requires.
 
イメージ 8
 
 森や草原に住む野鳥への影響も心配である。
 
 
One application of the herbicide will get hardwoods under control and help re-establish the pines.
 
Then you can come back and use a low-intensity treatment, such as prescribed fire without mowing, and maintain good quail habitat without such a large investment of money or manpower.
 
After the herbicide-only and herbicide-burn treatments, forb ground cover will increase approximately 20 percent.
 

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事