反日勢力を斬る

反日を国是とする特定アジア諸国と日本内部に潜む反日勢力を糾弾します。

全体表示

[ リスト ]

NHK日本のこれから

NHK「日本のこれから」

今年も、NHK「日本のこれから」を録画して、NHKが如何に作為的に視聴者を誘導していこうとしているかを暴こうと思いましたが、いま録画を見直したら、記事に書くことも馬鹿らしくなるほどの虚脱感に襲われ、断念しました。

相変わらず、9条改正論者、自衛隊擁護派は正論を述べても迫力に欠ける口下手の出演者ばかり。

一方、護憲派は弁の立つサヨク学者、ジャーナリスト、プロ市民と拍手。

そして、取りまとめの出来ない愚鈍な司会者のトライアングルのなかで、憲法9条論議は漂流して無駄な時間が過ぎるばかりでした。

それにしても沖縄の老人の馬鹿げた発言をどうしてあんなに長々と許すのでしょうか。
沖縄のイメージがどんどん悪くなってきます。
そしてその隣に居たNGO活動家の青年。

《追記》
以前、沖縄の反日サヨクについて書いた時、「沖縄県の民意は決してそうではない」とコメントを頂き意を強くしたことがあります。
NHKの意図的な人選が今年も見られました。
櫻井よしこさんなどの保守派の論客は一人もいませんでした。

元自衛官
「9条は自衛戦争も放棄している。自分の国を守る自らの権利を捨てたのだ」

被爆体験者
「9条で日本は戦争しなくて良かった。孫たちには戦争を二度としないように教えたい」

高校教師
「軍隊は国民を守らない。国家という抽象的なものを守るだけだ。軍事力に頼らない防衛が可能だ」


国家は国民から成る。抽象的でも何でもない。「軍事力に頼らない防衛」とは何か?
こんな先生に教えてもらっている高校生は可哀想だ。
だから安倍首相は教育再生を推進しようとしたのだ。

ピアノ教師
「自衛しない生物は滅ぶ。9条は自分を守ることを否定している」

NGO代表
「日本がリーダーシップを取って、憲法9条を世界に広めるべきだ」

日本の憲法を世界の国に押し付けようなんて、そんに絵空事を言っている場合ではないのだ。
それぞれの国に主権があり、独自の憲法がある。

会社員(和服の女性)
「憲法前文に『人類普遍の原理』とあるが、日本国憲法は他国の他国の行動を規定しない。この憲法はそもそもマッカーサーによって、あるいはGHQによって作られたものですが、その時に・・・」

司会
「そこはまあいろいろ議論があるところで・・・・」


と司会者が中断して「アハハハ」という嘲笑に囲まれてこの女性は話しを止めてしまった。
憲法の成り立ちという根源的な問題を素通りして、何が9条論議だ。

視聴者のアンケートを読みあげる。

僧侶
「もし改憲するならば、総理大臣と国務大臣とその親族を最前線に送って、敵の弾の飛んで来る所で戦わせよ」


会場は拍手に包まれる。

30代の女性
「戦争放棄は人類の願い。他の国が襲ってきた場合、戦争を放棄し、全国民が他の国に逃げればいいと思います。なので日頃から近隣諸国と仲良くすることが大切」」

27歳男性
「9条によって、日本国民の安全と財産が侵害されてきた。竹島、北方領土、拉致事件」。

50歳男性
「9条改正をいつも好戦的といわれるが、歴史をひもといても、ちゃんと備えをしている国には、他の国は決して攻め入ろうとはしないのです」


以上の論議を見ても、如何に護憲論者が稚拙で説得力がないかが分かる。

《携帯アンケート》
あなたは憲法9条を考えるとき何を最優先させますか?
1.平和主義の精神
2.自衛隊の精神
3.アジアとの関係
4.アメリカとの関係
5.テロなど新たな脅威

実に下らない質問、というより、質問の意味が分からない。
9条を廃棄しようと考える人間には答えようがない。
逆に9条を擁護したい人間は、間違いなく「1」に入れる。
案の定、結果は「1」が圧倒的多数だった。

NHKよ、こんな出来レースのアンケート調査なんか止めてしまえ。

司会
「9条改正論者は『現実を見ていく』、擁護者は『平和の理念を大切にする』という違いがある」

早い話が、現実を見れば改正するしかなく、改正反対者は現実離れした夢想家だというこである。

韓国の女性
「自衛といっても自分の国だけ守りますと言っても、近くの国からみれば戦争を仕掛けてくるという心配がある」

和服の女性
「韓国にも軍はある。日本のみが自衛隊でなければならなくて、韓国には軍が許されるというのはおかしい」

(拍手)


韓国の女性が返答に詰まると、司会者はすかさず他のものを指名して話しをそらせてしまった。

それにしてもこの和服の女性は素晴しかった。
思わず記事を書いてしまった。

********************************************************
「反日勢力を斬る」は8月8日突然ヤフーブログ第3位から消えました。
それ以来アクセス数は半減しています。
ランキングを上げる事が目的ではありませんが、日本の将来を憂える
皆様の声は広めて行きたいと思い、お勧めに従って日本ブログ村に
登録しました。
この記事にご賛同いただける方はクリックをお願い致します。Ponko
https://politics.blogmura.com/ ←にほんブログ村 政治ブログ
********************************************************
《関連記事》
日本のこれから第1部
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/40316107.html

日本のこれから第2部(1)
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/40403958.html

日本のこれから第2部(2)
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/40412449.html

日本のこれから第2部(3)
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/40469903.html

日本のこれから後日談
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/37616394.html

NHKご用達プロ市民のひとたち
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/37461986.html

NHK日本のこれから
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/37398619.html

NHK偏向番組ナマ紹介
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/37377420.html

NHKの反日反米番組只今放映中
http://blogs.yahoo.co.jp/blogger2005jp/37368580.html

閉じる コメント(66)

foresight1974さん、トラバ頂いたのでトラバ返しをしただけです。「思想・信条が180度異なる」のはいいですが、あなたは日本を大切に思っていますか?その共通の基盤が無ければ論争したくもありません。あなたが最近は司会が上手になったと褒めていた三宅司会者も「改憲派は現実的、護憲派は理念的」と言っているではありませんか。そして何よりもヤフー・チャットとやらはそんな下らないサヨクの井戸端会議の場所なんですか(笑)ヤフーの体質を表してますね。

2007/8/19(日) 午後 5:15 blo*g*r2*05jp

shigehiko_0705さん、9条はいいけど自衛隊必要とは矛盾しています。自衛隊ははっきりいって憲法違反です。自衛隊が必要なら改憲しなければなりません。憲法解釈でやってきた戦後を総決算しなければなりません。

2007/8/19(日) 午後 5:19 blo*g*r2*05jp

gekkoukamen2seiさん、民主主義はポピュリズムで愚衆政治です。オバカさんな国民をエリート集団が引っ張って行くしかありません。

2007/8/19(日) 午後 5:24 blo*g*r2*05jp

kyu51jpさん、日本も徴兵制に賛成です。でもその前に、自衛隊の体験学習を必須課目にすることです。

2007/8/19(日) 午後 5:26 blo*g*r2*05jp

toki19392000さん、日本人は早く国連信仰から脱却して欲しいですね。小沢一郎はまだ国連国連と言っている。民主党に政権を奪われたら日本も終わりです。

2007/8/19(日) 午後 5:30 blo*g*r2*05jp

ganimatahageさん、反日NHKは国営にすべきです。NHK解体を叫びましょう!

2007/8/19(日) 午後 5:32 blo*g*r2*05jp

japangyamatoさん、まったく同感です。獅子よ目覚めよ!
でももう借りてきた猫になってしまっているるかも。

2007/8/19(日) 午後 5:36 blo*g*r2*05jp

yyamatotakeruさん、妙案ですね(笑)マスゴミを優先的にご招待というところもいいです。

2007/8/19(日) 午後 5:39 blo*g*r2*05jp

顔アイコン

「世界平和」などという言葉は世界中の国が(国連も含めて)外交上儀礼的に使う言葉にすぎません。それを半ばマジに考えているおバカが日本の左翼ですよ。「世界平和」なんて言っているから自分達が信奉している朝鮮や中国からも内心小馬鹿にされ軽蔑されているという事実にも気づいていない連中。「左翼」が「ヨサク」と言われる所以ですね。
戦後60年の日教組支配による自虐教育の洗脳、その最大の被害者がサヨクの連中です。
サヨクと議論は無駄。思いっきり哀れんでやりましょう。嗚呼・・
かわいそうに・・・

2007/8/19(日) 午後 6:19 [ - ]

顔アイコン

Ponkoさん、フォーサイト昭和49年って奴はmixiの「戦争反対!」コミュでもいつも現実離れしたこと(つーよりウソ、大袈裟、紛らわしいこと)しかいわなくて現実主義派の論客からボコボコにされてもいっこうに発言をやめない鼻ツマミ者ですよ。
ほんとに相手にしないほうがいいです。

2007/8/19(日) 午後 7:00 [ kae*a*5kaer* ]

japangyamatoさん、「サヨクとの議論は無駄」その通りですね。そんなエネルギーがあったら、一人でも多くの仲間を作ることに集中します。

2007/8/19(日) 午後 9:13 blo*g*r2*05jp

kaela55kaeruさん、アドバイスありがとう。知りませんでした。以後、相手にしないことにしましょう。

2007/8/19(日) 午後 9:15 blo*g*r2*05jp

顔アイコン

PONKOさん。NHKがこんなくだらない番組をしなければならないほど、国民はすでに覚醒していると考えられます。
今の20歳代は平和憲法を盲進している人など滅多にいないでしょう。
くそじじとかくそばばあしか信じたがっている人はいないのが現状でしょうよ。

2007/8/19(日) 午後 9:22 [ 太郎ともも ]

顔アイコン

自称靴磨きのおばさんがいたが、プロ市民っぽかった。

2007/8/19(日) 午後 11:16 [ jap*nto*y*199* ]

「他の国が襲ってきた場合、戦争を放棄し、全国民が他の国に逃げればいいと思います。」ん???...わかった!!!ということは、他国が攻めてきたら、反日サヨは日本からいなくなり、日本はまともな国家なるわけですね(笑)

2007/8/20(月) 午前 10:41 [ kom*o*2105 ]

顔アイコン

激しい意見が多くて分からなかったのですが、結局ここに書き込んでいる方々は戦争についてはどうお考えなのでしょうか?
お考えを教えていただけると幸いです。

2007/8/22(水) 午後 11:54 [ カケル ]

kake501さん、激しい意見とは思いません。自分が日本人であり、親兄弟、子供孫たちが安全に生きていくためにはどうしたらいいかをみなさんが真剣に考えているだけです。「戦争をどう考えるか」と問いかける前に、あなたがどう思っておられるかを示すのが礼儀であり、コメントのルールというものでしょう。
テロを除く戦争は国家の国益がぶっつかって起こるものであり、正しい戦争も正しくない戦争もありません。日本は過去の戦争を正しくなかったと反省し、戦争を忌避したいだけの反戦思想が逆に戦争を呼び込もうとしているのが現状です。さあ、あなたはどうお考えですか?「お考えを教えていただけると幸いです」。

2007/8/23(木) 午前 9:00 blo*g*r2*05jp

太郎とももさん、「国民は既に覚醒している」「20代は憲法を盲信していない」そう信じたいものです。しかし、若者の7割が日本が侵略されたら逃げ出すとか、参院選の結果を見てもどの程度国民が覚醒したか怪しいものですね。たしかに小泉政権誕生前後から、あるいは拉致問題が大々的に取り上げられるようになってから、反日政治家やマスコミが実名入りで批判される時代となり、覚醒した国民が増えたことは事実です。
これを右傾化、偏狭なナショナリズムという言葉のもとで危険視する勢力があり、外国勢力と手を組んで覚醒した国民を包囲しようとしています。
先の参院選の結果は、そのひとつの表れだと思います。

2007/8/23(木) 午前 9:12 blo*g*r2*05jp

japantokyo1994さん、NHKは事前調査でプロ市民であることを承知で、あるいは弁の立つプロ市民であるからこそ採用するのです。こんな人たちが日本の一般市民を代表しているわけが無い。

2007/8/23(木) 午前 9:20 blo*g*r2*05jp

komkom2105さん、難破船からネズミが一斉に逃げ出す様子が頭に浮かびました。日本丸という難破船から赤いネズミがいなくなれば、難破することもなくなるでしょう。
でもこのネズミたちは日本の悪口をいいながら日本の生活を享受している悪党たちです。

2007/8/23(木) 午前 9:22 blo*g*r2*05jp

開く トラックバック(5)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事