反日勢力を斬る

反日を国是とする特定アジア諸国と日本内部に潜む反日勢力を糾弾します。

全体表示

[ リスト ]

日本を蝕む人々

イメージ 1

今日、ようやくアマゾンから配本されました

アマゾンのレビュー欄から

27 人中、27人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

読みたくても読めない。圧力でもかかったか?, 2005/06/28
レビュアー: カスタマー   日本
今月出版されたばかりの本なのに、もう買えないとはどういうことでしょうか。


とあるように、ずーっと在庫切れでした。今でも在庫切れになっている。
私が注文したのは「在庫切れマーク」が一瞬消えた7月31日で配送予定は8/30〜9/15日。
アマゾンの本でこんなに納期が遅いのは珍しい。
「マンガ嫌韓流」と同じように売れているのか?
おかしいなと思うのは、この本だけ出版日が書いてないことだ。
何かあると思うのは勘繰り過ぎか。

それはさておき、当ブログでも時々見かけるサヨク系独特の嫌がらせコメント。
大部分のひとがこのコメントを否定しています


120 人中、3人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

資源の無駄づかい, 2005/06/10
レビュアー: カスタマー
根拠もなくただただ愚痴をつらねていく本。お金を出して買う価値のない、鈍重で、無意味な代物に仕上がっている。同じような内容の本ばかり、何冊出したら気がすむのかね。


同じPHP研究所から昨年2月に出版された「日本を貶める人々」の続編。
ただし新田均氏が今回は屋山太郎氏に代わっている。
鼎談形式のために、論文調で畳み込んでいくような迫力はないが、井戸端会議風なところが、かえって読みやすくていい。

実名で批判しても名誉毀損にならないところが近隣諸国と違って言論の自由の国だと思う。



日本を蝕む人々

平成の国賊を名指しで糺す
(渡部昇一・屋山太郎・八木秀次 PHP研究所 2005年6月) 

目次

第1章 東京裁判史観を延命させているのは誰か


●蒸し返された「慰安婦」問題で露見した左翼の策動
●いまなお払拭されないコミンテルン史観
●ロマノ・ヴルピッタ氏が鳴らす警鐘
●戦前の日本はよかった
●治安維持法で死んだ者はいない
●歴史という垂直の絆、共同体という水平の絆
●中国社会の本質は「妻も敵なり」
●シナの皇帝と日本の皇帝はまったく違う
●誤れる中国観を正す『紫禁城の黄昏』
●意図的な削除と誤訳が見え隠れする岩波文庫版


第2章 誤った歴史観で中国を増長させてきたのは誰か

林健太郎氏、猪木正道氏の不可解な満州国観
●日本人が進んで「中国」と呼ぶ必要はまったくなし
●「三国人」は差別語にあらず
●日本人がアイデンティティを確立した歴史的経過
●中国共産党の延命装置としての「愛国主義教育」
●盧溝橋事件の真相
●柔らかい土はどこまでも掘られる
加藤紘一氏が信奉する「アジアの歴史の真実はただ一つ」
●明治の指導者にはあった気概と覚悟がいまはない
●「南京大虐殺」がいかに"創作"されたかを見抜くべし
●自説のデタラメぶりを検証しない本田勝一氏の笑止千万コラム


第3章 日本より中国の国益に"貢献"しているのは誰か

●"媚中"ぶりが高く評価された平山郁夫・日中友好協会会長
広岡友男氏が立派に育てた朝日の中国礼賛報道体質
●反日デモの原因は「日本側の配慮が足りない」から?
●国益追求よりも「友好」を重視する五百旗頭真氏の国際感覚
五百旗頭氏のピント外れな「つくる会」教科書批判
●首相の靖国参拝を「ぺティーな問題」と吐き捨てる榊原英資
●「商売のために中華世界の一員になれ」と言い放つ経済人
小林陽太郎氏、北城恪太郎氏よ「政冷経熱」で何が悪い
●「中国とアジアの人々」=「中国と韓国の人々」ではないのか
●事実誤認の上に立った対中外交論を展開する野田毅
岡本行夫氏が語る空疎な日中"戦略"
●中国・韓国からの圧力にはきわめて敏感な山崎正和
●無知なまま靖国代替施設論を説く北岡伸一氏の安易さ


第4章 無知と嘘で歴史を歪めているのは誰か

●東京裁判否定の国会会議が忘れ去られている
北岡伸一氏の言う「拉致以上にひどいこと」は何か
●「併合」と「植民地」を混同して戦前の日本を断罪する愚かさ
田中均氏が巣食う「東アジア共同体」に潜む危険な罠
●日本はシナ文明には属さない
●神道があったから日本は独立を保ち得た
●救い難い"妄想"で神道を貶める梅原猛
●歴史研究を無視する山折哲雄氏の「非科学的な空想」
●民主党幹部の落胆させられる靖国神社観
●ついに領土放棄まで口にした朝日新聞論説主幹
●「つくる会」教科書を批判する前に自らの虚報を反省せよ


第5章 「人権」を振りかざして日本を蝕むのは誰か

●「事実に反する」報道で朝日に引けをとらないNHK
●「民主党制作INDEX」は左翼政策のオンパレード
公明党との連立政権をつづける自民党の大いなる錯誤
●外国人参政権に血道を上げる永田町人士の不見識
池田大作氏の内奥には「日本」への愛情がない
古賀誠氏が推進する人権擁護法が内包する危険性
●言論・表現の自由まで制限しかねない法案は廃案にせよ
●特定の団体の影響下に置かれる全国2万人の人権擁護委員
●「公権力に邪魔されずに糾弾する権利」を保障
●法案が成立すれば拉致被害者救出運動さえ「人権侵害」に
●ジェンダーフリーも「人権擁護」の名のもとに正当化される
●「日本を蝕む人々」との戦いに勝ち抜くために


鼎談を終えて


"膨腹症"は治療すべし       渡部昇一
再び「脱亜論」が必要になってきた 屋山太郎
災いする日本人の「人のよさ」   八木秀次

この記事に

閉じる コメント(5)

面白そうな本ですね。ぜひ買って読みたいと思います。この8月は東京裁判関連の本を3冊読みました。そこから始まった戦後60年の歪みがこの本には詰まっていそうで、自分としては非常に良いタイミングです。

2005/8/16(火) 午後 5:33 [ 浪速のトラ社長 ] 返信する

顔アイコン

素人にはわからない出版の大手取次とか中間卸が電通同様謎ですよね。 意見にならない感情的な否定コメントは、肯定の裏返しであるといつも拝見して感じてますが。

2005/8/16(火) 午後 6:33 [ akira062363 ] 返信する

顔アイコン

オンライン書店ビーケーワンで買えます。 http://www.bk1.co.jp/product/02563397?partnerid=adw501471

2005/8/18(木) 午後 8:51 [ mak*ngo*b*og ] 返信する

顔アイコン

アマゾンも、価格: ¥1,575 (税込) 通常2〜3日以内に発送になりました。 http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4569641342/qid%3D1124370812/249-2781369-8029907

2005/8/18(木) 午後 10:22 [ mak*ngo*b*og ] 返信する

好評品切れだったんでしょうか? 増刷してもらって、沢山の人に読んでもらいたいものです。

2005/8/20(土) 午後 11:35 blo*g*r2*05jp 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(4)


.


みんなの更新記事