メディア・レボリューション

マスコミ各紙各局のOBや、現役の解説者などからなるニュースブログです。TVや新聞には出てこない「新しい」情報を発信します。

過去の投稿日別表示

[ リスト | 詳細 ]

全1ページ

[1]

さっぽろ雪まつり

 札幌の冬のイベント「さっぽろ雪まつり」が6日から開幕しました。
 祭り会場3ヶ所の内、メイン会場の大通公園には大小190ほどの雪像が所狭しと立っています。
 今年も国内のみならず、海外からも観光客が訪れて会場は大賑わいです。

雪の芸術
イメージ 1 南極観測隊に同行した樺太犬 タロ・ジロ です。
 今年は日本が南極観測を始めてちょうど50年に当ります。
 悪天候の中置き去りにされたタロ・ジロが、1年後生存して発見されたときは、国民に大変な感動を与えました。
 観測船「宗谷」とともにみごとな大雪像として作り上げられています。
 幅24mもある広場にはペンギン、アザラシなど厳しい自然に生きる動物がダイナミックに表現されています。


イメージ 2 大雪像に似合うのはお城です。
 今年は井伊直弼の居城で知られる国宝 「彦根城」 が、築城400年を記念して作られました。
 高さ15m、三層三階の天守に、凝った外観が見事に再現され、華麗な姿が冬空に聳え立っています。

 大型トラック400台で運ばれた2400トンの雪から、50種類・2000個のブロックが作られ、1ヶ月かけて延べ4000人の自衛隊員によって制作されました。

暖冬異変
 今年は暖冬です。
 札幌では例年ですと1mはある積雪も、今年は半分以下の40cmほどです。
 このため大雪像つくりのための雪が不足し、近郊の定山渓などから大型トラックでかき集めてようやく間に合いました。
 おまけに初日の6日は最低気温がプラスとなりました。
 雪像の大敵は暖気です。
 最高気温が5.3℃まで上っては、せっかくの雪像も汗の雫を落としています。

 反面、今年は人出が多いように感じます。
 外を歩いてもさほど寒くないためでしょうか、観光客の外出時間が長い感じもします。
 けど路面はツルツル道路から一転して水浸し道路となっていました。


氷の広場
イメージ 3 氷で作られた中国の旧王宮・ 故宮 です。
 15世紀、南京から北京に都が移ってから20世紀初め「清」が滅びるまで、権力の象徴でありましたが、いまは博物館になっているそうです。
 ホテルのシェフのグループが仕事を終えた夜、手に握るものを包丁からミノに代えて、高さ12mもの故宮を作り上げました。



 去年、中国に行って本物をみてきたという観光客曰く「こちらの方が見事です」
 夕暮れ時からライトアップされ、一段と光り輝く氷の芸術です。


新しい試み
イメージ 4
 大通り会場には例年と違った新しい企画も用意されました。
 やぐらが組み込まれて周囲の10階建てのビルより高い大建造物が出現しました。
  ジャンプ台 です。
 週末 スノーボードのストレートジャンプ大会が開催されます。
 6日の公式練習では、高さ20m、最大斜度47度の斜面を、スノーボーダーが滑っては体を回転させ、ウインタースポーツの魅力を 披露していました。
イメージ 5 こちらは ミニSL列車 です。
 お猿の電車のようなミニSLに乗って喜んでいるのは子供ではなく大人です。
 動力は何かと尋ねたら、石炭という答えがかえってきてびっくり、よく見ると小さくても一人前に蒸気をたてて動いており、20人ほどの乗客をのせて一回りです。
 この他、大通会場にはラーメンやジンギスカン、スープカレーなどの北海道を代表する「食」から、イカ・ホタテなどの名物が食べられる食事処もはじめて設けられました。

 58回目を迎えたさっぽろ雪まつりもマンネリが指摘されて久しいですが、ことしは単なる観光、sightseeing から doing そしてenjoying と少しづつ体質を変えているようです。

 初日の6日、私は観光ボランティアとして会場に出かけました。
 会場でやることは観光客に対する説明ではありません。
 もっぱらシャッターマンでした。
 暖冬とはいえ、気温は2〜3度の依然厳しい冬です。
 2時間も会場を歩いてますと、からだの芯まで冷えてきます。
 そして2日目の7日は一転して雪で、最高気温が氷点下の真冬日の世界です。
 雪像は涙の雫から一転して雪帽子で、せっかくの細かい細工も雪で覆われ、今度は箒が出動です。

 めまぐるしく変わる天候ですが、冬の一大イベントとして大きく発展したさっぽろ雪まつりは、冬の一番寒い時期に1週間設定されています。
 この間、内外から200万人の観光客が見込まれています。
 天然の雪を素材にした「格安」設備投資に、200億円の「拡大」経済効果が見込まれています。

 雪まつりには厳しい冬を乗り切ろうとする北国の住人の知恵が凝集されているようにも思えます。
イメージ 6

望田 武司(もちだ・たけし)1943年生まれ 新潟県出身
1968年NHK入局 社会部記者、各ニュース番組デスク・編責担当
2003年退職し札幌市在住、現在札幌市の観光ボランティアをしながら自然観察に親しむ。

開く トラックバック(2)

イメージ 1

イメージ 2

タイトル:「女性機械論『ウルトラマンの母は人間ではありません』」

※画像はひとコマ漫画の"一部分"です
  タイトルをクリックすると、漫画の全体像を見ることができます


今日のひとコト

 女性は子どもをつくる機械だなんていう政治家がいたりして、大さわぎになってしまった。
 母親というものは、自分がいくつになっても「お母ちゃん」である。もうかなり昔に亡くなってしまったが、母がいとおしい。涙がでるほどいとおしく、昔のあの頃にかえりたい。父親の存在なんてかなしいものだ。父親も大きな存在であるが、いつも「それ以上」がつくのが、母親の存在だ。
 あの問題を起こした大政治家も心の中では、「お母ちゃん、どうしたらいいんでしょうか」と叫んでいるかもしれない。きっと、母親がよいアドバイスを与えてくれるだろう。(竜山)

常春の国・雲南への旅―2007年冬 (上)

 梅、桃、菜の花、こぶしが咲き誇り、麦や野菜の鮮やかな緑が目に飛び込んできた。日本はまだ寒中。やはりここは常春の国だった。
 1月28日〜2月2日、北京から空路3時間半、常春の街(中国では春城と呼ぶ)昆明市からスタート、北西へ向かった。大理石と少数民族・白族の住む大理市、石畳と甍が見事な世界遺産・麗江古城のある麗江市などを巡る中国人ばかりのツアーに参加した。
 垣間見た雲南の“春”を(上)観光立省の雲南省(中)観光スポット巡り(下)少数民族見聞記の3回に分けてお伝えする。
 同行したのは友人の東京勤務が長かった元・新華社通信記者の張 可喜さん。


雲南七彩で売る観光立省・雲南省
イメージ 1 街のアチコチに掲げられる「雲南七彩」のキャッチコピー。
 その意味を聞くと
   |磧宗
   古くから世界的に知られるお茶の産地・雲南。代表の普洱茶をはじめ、いろいろなお茶がある。
  ◆≧膿蕁淵劵好ぁ砲鬚呂犬甼夢錙宗
   ミャンマー(ビルマ)を含めたこの地域は翡翠の宝庫。大理石は名の由来になるように大理地方が産地。これまた世界的。このほか金、銀も産し、その工芸品も人気だ。
   薬――
   同省は亜熱帯から寒帯(ヒマラヤ東部の山岳地帯)のため多種の植物が生息しており、それを原料にした漢方薬(麻薬も含め)が多い。冬虫夏草などが有名。
  ぁ\彩――
   花城と言われ、「世界花博」(1999年)を開催した地だけに豊富な花を原料にした化粧品。精油(植物オイル)が特に人気だ。
  ァ‘短塞福宗
   マツタケ、椎茸などキノコ類
  Α ̄斉邵據宗
   米(米線)、豊富な珍しいトロピカルフルーツの数々、それに野菜類。
  А々芸品――
   少数民族が作る手織りや刺繍を施したテーブルクロスやエプロンなど各種伝統工芸品。

 これだけ揃えば「七彩」もうなずける。名所と併せて強力な観光資源でもある。


各地にテーマパーク、特産品商城(ショッピングセンター)花盛り
イメージ 2 中国旅行では、大型の土産物店(というより館)に立ち寄ることが組み込まれている。観光の途中で当然のようにバスが横付けされる。2,30台のバスから客がどっと店内に誘導される。今回は「雲南茶」「翡翠など玉器」「漢方薬」「化粧品」などの店に約20回“案内”された。売り上げから観光業者にバックペイされるシステムになっており、そのうち添乗員にも歩合が入る、と添乗員が打ち明けた。だから、添乗員も勧誘に力が入る、という訳だ。



異常な拝金主義の横行
イメージ 3  寺で――
 昆明から石林に向かう途中にある岩泉寺(雲貴地方=雲南、貴州両省で最も古い寺という)の商魂には驚いた。開基の日ということでかなりの客(参拝者)がいた。
  線香、おみくじは勿論、誘導されるままに膝まずいて参拝した後、お坊さんが参拝料を要求した。「100元と300元」という。100元賽銭箱に入れた(というより入れさせられた)。100元は約1500円。安いか高いか。ボッタクリだ。
  病院で――
 昆明市内の人民解放軍の病院もコースに入っていた。病院に入るとすぐ白衣姿の医者が中国政府首脳が訪れた写真を説明、続けて院長は軍医で、数々の新漢方薬を発明したことを誇示する。最後は、「今日は疲れたでしょう。無料ですから」と室に案内された。熱い薬湯の入ったタライに10分ほど素足を浸すと白衣の医師が現れ、手を触診、舌を見て「あなたは××と○○の兆候がある」と“診断”。
 「これを治す薬(漢方薬)がある。9ヶ月分で3000元(4万5千円)。買うか?」
 ときた。「高額だ、持ち合わせがない」というと、「カードでも良い」と何としても売らんかな。執拗な勧めに抗しきれず2か月分380元(5700円)で求めた。漢方薬の良し悪しは別にして、わずか10分ちょっとの間に展開された行為は詐欺的としか言いようがなかった。
 ※言葉が通じない不利もあるが、腹が立った。要注意を肝に銘じた次第。
 ※来年は北京オリンピック。世界中から観光客が訪れる。この行き過ぎ部分は「再考の一つ」と思われた。
(園木宏志)


全1ページ

[1]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事