ここから本文です
Stammtisch Blog
さらば、愛しきロータリー、また会える日まで。「飽くなき挑戦」ロータリースピリット

書庫全体表示

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

お〜、ちっちゃい!

E3前にソニー『Qore』6月放映分からリークした「PSP go」はiPhoneより大き目ですけど、それほど差はなくて、オリジナルのPSPよりはスリム。

既存ゲーム携帯端末と並べると、全く違うのが分かります。スクリーンの縦横比は従来のPSPモデルと一緒みたいですけど、 サイズが違います。PSP-3000が4.3インチなのに対しPSP goは3.8インチ、11%小さいんですね。

ソニーのスライド式端末ではMylo 2から少しデザインのチョイスを拝借したような印象です。
イメージ 3


PSP Goはハードのフットプリントが全体的にきわめて効率的にできており、LCDスクリーンはiPhoneより0.3インチ(7.6mm)大きいんですが、制御部をスライドにしたお陰で脇のプラスティックの余白はぐんと減ってます。

PSPに元々あったボタンを一部(ディスプレイ、サウンド、ボリューム)削ったことも、前のモデルより効率的な仕上がりにする上で役立ってますね。

さて、ニンテンドーDSi、DS Liteと並べてみましょう。
イメージ 3

広げた状態でデュアルスクリーンのライバル、ニンテンドーDSiとDS Liteと比べると、PSP goはかなり小さいです。スクリーン的にDSiとPSP Goはほぼ同等で、DSiがDS Liteのスクリーンより4分の1インチ大きいのに対し、Goは2分の1インチ小さめ。

重量的にはPSP goは「PSP-300より43%軽量」という数字と僕らの計算が合ってれば3.8オンス(107.7g)です。 iPhoneの4.7オンス(133.2g)、DSiの7.5オンス(212.6g)に比べてもまだ軽い。そんなところですね。

正式発表の数字じゃないので、ちょっと外れてるかもしれませんけど、秋に向けて小遣い貯めたいサイズでしょうか?

この記事に

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事