カエル人生

ウィンターヘブン病と診断されました(苦笑)。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全97ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

灼熱の北伐釣行(汗)


暑いと判っていながら逝ってきました飛騨の国へ。

大雨の警戒体制からかなりの時間が経ったので様子見も兼ねて飛騨の国に出陣しました。

下流域の川の水は土砂濁り(汗)。

何かマズいかも…(謎)?

ダムサイトまで来て水の色を確認すると濁ってはいるものの釣りするにはそれ程影響は無いかも(謎)。

濁りの影響を避けるには最上流から、と言う訳でまずはバックウォーターに移動します。

バックウォーターに到着し周りを俯瞰すると足場となる場所から少し下流は流木溜りとなっていてルアーがキャストできる範囲は限られています(汗)。

もっとも、そこまでフルキャストしたところで届くような距離ではないのですが。

しかし暑いです…少し歩いただけで汗ばんできます(汗)。

水中の様子を覗うと小さな魚の群れがあちこちに見られます。

バスの姿は近くには見えません。

とりあえずペンシルベイトをキャストしてみるとペンシルベイト目掛けて魚が寄ってきた…のですが喰う気配はありませぬ(汗)。

多分40センチクラスのスモールでしょうか?

ノーシンカーワームを流れに乗せてバスの目の前に通す…を試します。

フルキャストして流されるままにゆっくり沈めます…

2〜3匹のバスが近づいてきて1匹が喰って反転したので合わせます。

水中の岩など障害物に注意しながら自分の間合いに寄せてランディング、良いサイズです♪

イメージ 1

45センチには届きませんが43センチ、よく走るナイスファイターです♪

少し場を休ませて回遊するバスを探しながら休憩、帽子を水にぶち込んで軽く水を切って被ります。

かなりマシになりました(苦笑)。

少し沖目の馬の背状の砂山にバスが回遊してきたのでノーシンカーをキャストしてフォーリング…

喰いました!

先ほどのバスより大きいかも…何度も走らせては寄せてランディングしました。

イメージ 2

太さも長さも上回る45センチでした♪

歩いてポイントを変えたりしましたが1本バラシただけで追加すること能わず。

と言う訳でポイント移動です。

今度は本流ではなく支流のバックウォーター方面に向かいます。

バックウォーターは流木溜りでキャストできそうにないので歩いて少し下流に向かいます…

水は濁って魚の姿が見えませぬがまずはトップから投げてみます。

伝家の宝刀のレッドペッパーベイビーでも反応はありませぬ(汗)。

となると、やっぱりノーシンカーワームとなるのでしょうか?

濁ってるとは言え、それぐらいの透明度は辛うじてあるみたいなので(謎)。

ブッシュ横にキャストしてリトリーブ…するとバイト!

イメージ 3

20センチ級のラージマウス仔バスでした♪

続くかと思いましたが後が続かず…です。

少し沖目には大きな岩場が沈んでいるので岩より遠くにキャストします。

着水してリトリーブすると水面が割れました!

岩場やブッシュを交わしてランディング、良いサイズのスモールです♪

イメージ 4

42センチ、この日3本目の40センチオーバーです。

この岩場付近に着いているのか立て続けにヒットしました。

ん…バスの周りに何か大きな魚が付いてきてる様です。

コイかな〜(Yes)、 コイじゃな〜い(Yes)

バスかな〜(Yes)、バスじゃな〜い

この画像では全然判りませぬが50〜60センチぐらいの夏色のナマシーです♪

これがバスの動きにシンクロしてピッタリとマークしてやがったんですが喰おうとしていたんでしょうか(謎)?

イメージ 5

イメージ 6

37センチの良いサイズのスモールでした。

さすがにもう居ないだろうと思ってましたが続けてヒット!

イメージ 7

39センチとこれまたグッドサイズ。

イメージ 8

続いては34センチ、何匹いるんでしょうか?

イメージ 9

さらに37センチ、まるで仔バスワンドを彷彿とさせる様な勢いです。

あ…写真は撮りませんでしたがもう1匹ラージマウス仔バス追加しました。

イメージ 10

日没が近づいてきたのでそろそろカエル支度を…と思ってキャストでもう1本追加♪

35センチとこれまた悪くは無いサイズ。

ウェーダーも着ている服も汗と泥にまみれて小汚かったので駐車場下の川で泥汚れを落とします(苦笑)。

ウェーダーを脱ぐと下に履いてるズボンも汗でびしょ濡れでしたので全着替えしました。

他の人が来なくて良かった…(爆)。

次の日曜に逝ければ…と思いましたが台風が来るようなので釣りは無しですね。

この記事に

開く コメント(5)

猛暑の最中琵琶湖にてバジェッ太水軍を出陣させました。

本音を言わば、こんな暑い日の日中に釣りをするなど正気の沙汰ではないのですが(苦笑)。

飛騨の国のリザーバーは大雨の影響を受けて最大水位を大きく上回る水量が流れ込み防災体制が取られているため、そんなところに釣りに出掛けると地元の人やダムの管理者に迷惑が掛かるかも知れないので今週は見送りました。

ここ数日の天気は真夏日が続き40度近くなんていう日が珍しくありませぬ(汗)。

日曜日も例外ではなく容赦なく照り付ける太陽がオサーンの体力と気力を奪います(汗)。

道中いつもより多く水分を準備し、現地に到着して発進準備を進めます。

先に釣りをしていたカヤックの人が上がってきたので、この日の状況を聞きました。

明け方はトップで反応があり日が昇ってからはヤマセ○コーを沈めて…で釣果を重ねた模様です。

前回と違って風と波は弱く釣りはしやすいのかも知れません。

ただスゴク暑いことを除けば…(汗)。

イメージ 1

パドルで砂浜を押しながら大地の鎖を断ち切って出発です。

浚渫や波風による濁りが入った状態ですが水中のウィードは何とか目視できる透明度はあります。

まずは少し沖に出てからウィードエリア周辺をトップやノーシンカーワームで探ってみますがバイトはありませぬ。

前回と違って天気が良すぎるのか少し沈めてもダメな模様(汗)。

時折水面で飛び跳ねる魚がいるのですがバスではなくコイなんでしょうかね(謎)。

流されたら迂回して上流に戻り、流されながらひたすらキャストを繰り返しますがバイトすら無く時間が過ぎるだけです…

そんな中で水面を飛び跳ねながら逃げる仔アユらしき魚が見えたのでそこ目掛けてルアーをキャストします。

ウィードの横近くまでダイブ、トゥイッチを繰り返し横まで来たらポーズ、を繰り返し反応を窺います…

ルアーが消し込むような小さなバイトがあったので合わせてみます。

ルアーが浮いてこずラインが走り出したので魚は掛かっています。

結構良いサイズのバスです!

この1匹だけかもしれないのでバラシたくはありませぬ(汗)。

ファイト中に同じぐらいのバスが纏わり付いてるのも見えました。

運良くウィードに潜られずランディング、うれしい1匹です♪

イメージ 2

イメージ 3

肥っていて良いバスです。

44センチと言ったところでしょうか、これがまぐれかどうか釣査を続けます。

同じ様な状況を探しながらウィードエッジ撃ちを繰り返します。

イメージ 4

2本目出ました♪

イメージ 5

47センチと、これまた肥った良いバスです。

イメージ 6

水分を補給しながらキャストを繰り返し3本目♪

イメージ 7

頭が大きく極端な寸詰まりですが40センチありました。

イメージ 8

5時半を過ぎましたが日が高くまだまだ暑いですが4本目♪

イメージ 9

これまた太い47、8の良いバスです。

4匹のバス全て同じルアーでした。

服も汗だくですが、下のズボンも波を被った訳ではありませぬがびしょ濡れです(苦笑)。

さすがに疲れたしカエル道中にエグリもしたいのでエントリーポイントに戻ります。

エントリーポイント付近で幻の5本目となる20センチぐらいの仔バスをゲットしました。

この時期はこれ位の仔バスがたくさん釣れるはずなのですが…(謎)。

結局カエル道中は所々で渋滞が発生しエグリどころではありませんでした。

次回釣行はラージかスモールかどちらにしようかしら?

この記事に

開く コメント(6)

5月の連休明けから本日に至るまでに買った物です。


イメージ 1

まずはルアー小物からです。

新旧織り交ざり、実用的または非実用的な物が節操無く…もとい幅広く拾い集めました(苦笑)。

イメージ 2

バスバブル期を彩ったケンクラフトのUボートとスイフトのディジー、両方ともパケ入り新品です(笑)。

パケから出た結構ボロイ人気メーカーの方がはるかに高価と言う…パケ入りとは言え、不人気なマイナーメーカーの扱いはこんなものです(涙)。

イメージ 3

今では管理釣り場用スプーンばかりで売り場が占められていますが探せばこんな素敵なスプーンとかが出てきます(笑)。

エバンスのロコルアーとダイワ精工のツイストです。

イメージ 4

ロックフィッシュ用と書かれてるカラーですがバスにもかなり効果があります。

視認性に優れた蛍光ピンクのシャッドテールワームです。

特にスモールマウスに対してピンク系は他のカラーを圧倒的に上回る釣果を叩き出すことがあります(謎)。

イメージ 5

プラグもオールド、実用的な物、B級要素の強い物と様々です(笑)。

わたくしのブログの読者様でルアー釣りをする方なら態々書かなくても判る物ばかりではありますが。

イメージ 6

ホッパーストッパーのヘルベンダー(大)、初期のバスハンターDR2個、ペネックスの仔バスペンシル、レーベルのサスペンドR、多分スイフトの物だと思うシャッド…知ってる方いますか(謎)?

イメージ 7

ウッディベルのシャローラビット、バグリーのチャグオースピナー、ダイワ精工のダックビル、ノトスのレッドペッパー、ショップオリジナルのラトリンラップ。

イメージ 8

ラパラのマックスラップ17、1オンスのぶっ飛び仕様です。

ラパラのホームページを見たら17は現在日本での取り扱いが無いようです。

使ってみて好釣果を上げる様ならスペアや別カラーを頑張って探します(笑)。

イメージ 9

このラトリンラップはルアーショップア●ドウさんの前身となる安○釣具店時代に扱っていたオリジナルカラーです。

アルミ貼りのウロコの入れ方やカラーリングから見るにランブルベイトの仕事かと思われます(謎)。

今のア●ドウさんのお客さんに見せた所で知ってる方は殆どいないと思います。

これを見て即答できるのは安○店長や当時のスタッフおよび古くからのお客様ぐらいでしょう。

他にはシャッドラップもあったはずなので運良く見つかることを願います(笑)。

イメージ 10

ウッディベルレーシングのシャローラビットですが、フロントアイに塗料膜が残ったままです。

と言うことはこの仔は未通女のまま身売りされたと言うことになります(涙)。

イメージ 11

さて、ここからが本番です。

某黄色いお店にて見つけた気になる箱物、ロビックスと言うメーカーのオリジナルルアーキットと言う代物でございます(笑)。

イメージ 12

備え付けのエアブラシにマジックペンを装着して色を吹き付けると言う素敵な物です。

イメージ 13

気になる中身はこちら。

エアブラシとエアースプレー、パールパウダーと接着剤、そしてルアーキットです。

ジャークルアーと言うからてっきりジャークベイト、ミノープラグかと思いましたが中にあったのはバイブレーションプラグでした(笑)。

こんな物買ってお前は作るのか?って問われたら、作る訳ないでしょって答えます(苦笑)。

これが一まとめになってるから意味があるのでして、バラシてしまったら単なるガラクタになってしまいます故に(苦笑)。

と言う訳で資料として保存決定です(笑)。

イメージ 14

最後に本日買ったロッドと先日買ったリールのセットです。

オールドと呼ぶには新しくて当てはまらず、かと言って現行品と比べると古臭いデザインが素敵です♪

イメージ 15

リールはアブガルシアのカーディナル303、トリガーを引くとベイルが起きるアレです(笑)。

イメージ 16

バスで使うには少し大きめですが8ポンドラインが110メートル巻けるので問題はありませぬ。

イメージ 17

ちなみにロッドもアブガルシアでバスツアーシリーズと言うらしいです。

デザイン的にもバイタルスティックやポラリスよりも前の時代かと思われますがどうなんでしょ(謎)?

イメージ 18

スペックは6フィートでミディアムヘビーのスピニングロッドと言う今現在のフィネスとは対極にある感じがするロッドです。

寧ろこのパワーを生かした釣り…ライトカバーのジグワームや小〜中型のプラッギングなどにつカエルのでは、と思います。

イメージ 19

ブランクカラーは光が当たるとこのように赤い光沢が出る80から90年代のカホリがする今のロッドに無い素敵な物です♪

ガイドは銀メッキのフットにハードガイドでフロロやPEでは使えないのでナイロンラインで使うしかないですね。

と言う前に使うかどうかは判りませぬが(苦笑)。

こうして資料と称したB級コレクションが増えるのであった…

この記事に

開く コメント(2)

土曜日は珍しく仕事が休みだったので琵琶湖にてバジェッ太水軍を出陣させました。

身支度を整えたり水軍の準備をしたりで出発したのは10時過ぎのことでした…。

道中にて水分や塩キャラメル、昼の食事を調達します。

近江の国に進軍し琵琶湖畔を眺めるとどうやら風が強い様子(汗)。

と言うことはシャローフラット周辺も濁っているかも知れませぬ。

エントリーポイントに到着し湖岸を眺めると案の定ウイードに遮られていないシャローフラットは濁りが強い状態です…(涙)。

波も強くバンガードに乗り込むのも一苦労です(汗)。

乗り込む際に波が座席に入ってきて足やお尻が濡れてしまいました(涙)。

暑いからウェーダーは用意して無かったのに…。

岸際付近は沖からの波と離岸流がぶつかり合って波の勢いが少し強いんですね(汗)。

まあ良い、少し沖に出れば波も弱まりますので。

いつものようにバンガード発進を脳内再生してポイント目指してパドルを漕ぎます。

イメージ 1

ちなみに岸から沖に臨んだ右側はテトラ帯に面したシャローフラットでサイズより寧ろ数釣り実績のあるポイントがあります。

反対に左側はヨシ原に面したシャローフラットでスポーニングエリアにもなるポイントです。

岸から右側は現在浚渫船が配備されており工事中なので自ずと行先は左になります。

少し沖に出ると追い風に乗って釣り場目指して流されて移動できました(苦笑)。

向かい風だったら移動するのも一苦労です(汗)。

最初はペンシルベイトで探ってみるも反応はありませぬ…

と言うより波の影響で何をしているのか判らない状態です(汗)。

水面に見えるウィードの中にクランクやシャッドテールを通しますがこれまた反応はありませぬ。

ポジションがかなり沖合でしたので岸近くに移動してシャッドテール+ジグヘッドに結び変えチョット沈めてリトリーブします…

2、3投目でバイトがありロッドが引き込まれます。

水中に見えたのはバス、サイズは40〜50センチぐらいと見受けられます。

おお〜良いサイズ、幸先が良いです。

ウィードに潜られない様に浮かせるとジャン…

プッ………………………(´;ω;`)ブワッ

ジャンプした刹那にバレました(号泣)。

気を取り直して広範囲を探るもののバイト無し…ウィードに引っ掛かる頻度が多いのでトップに切り替えます。

ペンシルベイトやウェイクベイトに対する反応は無く残された選択肢はポッパーかスイッシャーです。

持ってきたポッパーがチョット小さくてアッピールに欠けると思ったのでマグナムトーピードを結んでキャストします。

これだけ水面が荒れていると首振りよりもストップアンドゴーか、と思いハンドルをペラが回る程度のスピードで巻いてウィードで止めてを繰り返します。

流れ込み近くでウィードの切れ目が見えたのでソコに目掛けてキャストし巻いて止めます…

コポッとバイトがあってルアーが消し込んだのでフッキングします!

引きの感じから見て30センチクラスか?と思い余裕でファイトしました(苦笑)。

魚との距離が近づいた瞬間、引きがスゴク強くなりました(汗)。

これってもしかして実はデカいってパターンでしょうか(謎)?

ジャンプして見えた魚影を見てチョットビビりました(汗)。

60センチ位はあるんじゃ…って感じです。

ラインはトップにも使うセッティングだったので12ポンド、ウィードに潜られると切れれるかも…(汗)。

ロッドはグラスコンポジットのクランキング対応の物なのでバットから大きく弧を描いております。

引き込みが強くなるとクラッチを切って指ドラグで結び目に掛る負担を軽減しながら徐々に間合いを詰めます。

船体近くに寄せますが相手も下に潜ったりしてなかなかランディングのタイミングが掴めません(汗)。

その間にもフックの掛かってる場所を確認して指を差し込むタイミングを窺います。

フックはトレブルの2点掛け、糸が切れなければ大丈夫。

ようやく頭が水面に出たのでフックと反対側に指を差し込みます。

イメージ 2

今回使ったマグトーはスミスのファクトリーカラー、反射板入りのカエルです♪

確かカヤックを買った時期と同じぐらいでしたのでようやく入魂です(苦笑)。

イメージ 3

しかし凄いですね…頭だけで拳2つぐらいありそうです(汗)。

以前のペッパー警部のバスよりもかなり重いです…

イメージ 4

サイズは…ちゃんと図ると57センチぐらいでしょうか。

スポーニングの時期は多分終わってるのでアフターのメスでしょうかね(謎)。

プリスポーンで産卵前なら楽勝で4キロ以上はありそうです。

毎年の脳内シミュレーション(妄想ともいう)ですと5月頃に釣ってるはずなのですが(苦笑)。

その後日没近くまで釣りを続けましたがバイトすら無く終了しました。

次の日も休みと言うこともありのんびりとカエルことができました。

イメージ 5

日曜日は釣りには逝かずに家の粗大ごみの片づけをしてから少し寝て、その後に近場でエグリ巡回をしましたよ。

エグリの成果とこれまでの釣行記事は改めて書きます故、期待せずにお待ちくだされ(苦笑)。

この記事に

開く コメント(10)

ルワー動物園 23頭目

バスバブル期には多種多様な動物ルワーが誕生しました。

とは言え、今ではそのほとんどが絶滅状態になっております…(涙)。

特に多かったのはア○イくんをリスペクトしたような物でしたが(苦笑)。

他に多かったのは海の動物さんだったと思います。

春の連休中のエグリにて救出したのもそうでした。

イメージ 1

今回のも酷いです(笑)。

その酷いと言うのはこの手のルワーにとっては褒め言葉です(謎爆)。

イメージ 2

人工レザーの手足は釘で打ち付けただけの簡単仕様です(笑)。

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

手触りの良いファー仕様が素敵です♪

植毛タイプとありまするが、他にファー無し仕様があったのでしょうか?

お値段は2200円、当時が如何にバスバブルとは言え高いです(汗)。

イメージ 6

名称…オットセイ・植毛タイプ
 
出自(メーカー・国)…フロッキース・日本製
 
生息地…日ノ本
 
動物名…オットセイさん
 
誕生時期…1990年代後半
 
販売価格…当時定価が2200円
 
捕獲場所…美濃の国

しばらく休園していたので公開できる動物ルワーはたくさんあります。

この手の動物ルワーの中ではケ○クラフトのアクアリウムファミリーはつカエル部類に入る位ルアーとしてはポンコツな物が多かった時代です(苦笑)。

当時は冷ややかな目で見てたものでしたが今となっては当時を懐かしむ意味でも集めてます。

今現在公開待ちの動物さんはゾウさん、カバさん、ウサギさん、イルカさん、クジラさんなど全部公開すれば50種を超えそうです(笑)。

今では入手が難しい動物ルワーは御当地ショップのオリジナル商品かも知れませぬ。

イメージ 7

動物ルワーではありませぬが、あのエイトワンルアーはこんなに素敵なルアーも出していたようです。

この記事に

開く コメント(6)

全97ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事