カエル人生

ウィンターヘブン病と診断されました(苦笑)。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

日曜日はバジェ次郎父子とともにノープランでエグリ旅に出ました。

この日は半日ほどで回れる範囲で大した当ても無く行き当たりばったりで数件の釣具店やリサイクルショップをチェックしてみました(苦笑)。

最初のリサイクルショップに立ち寄った際に会社から電話がありました。

内容は…と言いますと、「工事現場付近に出してある看板に車がぶつかった。」との由(汗)。

リサイクルショップの駐車場でしばし警察の職員に電話で場所の確認と状況説明をしました。

ここしばらく設置してあり事故も無かったので大丈夫だと思ってましたが…気が滅入りそうです(汗)。

気を取り直して小さな釣具屋さんに入りました。

普通に渓流やアユ釣りの店かと思ってましたが意外とルアーの品数があります。

ただ、ここ最近の物と言うよりはバスバブル期の売れ残りといった感じもするのですが…

お値段的にも値引きも無くあれもこれもカエル訳ではなさそうですので厳選して2点ルアーを買いました。

イメージ 1

ホッツのブルブルゴマちゃんと下野正希プロのジグスピナーです♪

どちらも現在店頭で普通に購入することは能わぬかと思います。

イメージ 2

今から20年以上前の下野正希プロ…若いです!

他にはスプラッシュクラブの潜水艦とかザウルスとかスミスのマッドルアーとかあったのですが単価が高いため買いませんでした。

つカエル時間に限りがあるので次のリサイクルショップです!

…が、コレと言った戦果も無く次へ。

次はルアーやフライの専門店といった佇まいの店へ。

イメージ 3

特に古い物とかは無くラパラとどっちにしようか迷って結局ハトリーズのプラ製インナーハンドに(苦笑)。

このルアー、意外と店頭販売してるところが無いのでこちらを選びました。

ラパラがもう少し古ければ間違いなくラパラを選んだと思います。

後は移動する道すがら釣具店やリサイクルショップを検索しますがいずれも不発…

時間的に最後と決めて2番通り系のリサイクルショップへ立ち寄ります。

釣り具コーナーは貧弱な品揃えのルアーとリールと比べてロッドが非常に充実しておりました。

土地柄トラウトロッドが多かったのですが、バスロッドの中にはわたくし達兄弟が好きなのが何本かありました♪

イメージ 4

コレ、好きな方は多いのではないでしょうか(謎)?

イメージ 5

わたくしは両方とも好きでございましてよ(笑)。

ケンクラフトのフローター用ロッド、サスペンドストーカーのスピニングモデルとUFMウエダのスーパーパルサーⅡです。

サスペンドストーカーはベイトモデルだったらもっと良かったのですがコレはコレで悪くはありませぬ。

スーパーパルサーⅡは小型から中型のトップで使うには丁度良い調子です。

同じ様な用途のロッドは何本も持ってるんですけど(苦笑)。

バジェ次郎氏はスーパーストライク・リザーバースティックを購入した模様です。

後はハトリーズスティックやミスタードンのスピニングとかもありましたが全部行けるほど予算はありませぬ故。

次に逝った時に残ってれば救出すると思います。

さて、話は変わりまして仕事に出た先が至近距離に中古釣具店がある場所でしたので作業が終わってカエル道中に立ち寄りました。

今回の仕事の内容は便器のフランジパッキンの交換というものでしたが、使用前の状態なら楽勝の仕事ですが何年も使った物となるとそうはいきませぬ(滝汗)。

イメージ 6

特に古物は入荷してませんでしたがレーベルのシャッドとニールズマスターのフィンランディアは忘れずに救出してきました♪

イメージ 7

フックカバー、相当な数ですがこの程度では焼け石に水です(苦笑)。

フックカバー装着待ちのルアーはまだ数百個単位で残っておりまする。

この記事に

開く コメント(3)[NEW]

世間一般では今週末は3連休の方もたくさんいるかと思いまするが…

わたくし、今日はもちろん明日も明後日も仕事でございますの(涙)。

代休の目処も立ってないので最低13連勤が確定かも?です。

少しの間現実逃避のため冬山に籠ってます(苦笑)。

バグリー箱の整理整頓をしていましてダブルアクションの上段全てをファットキャットにしてみました♪

イメージ 1

ダブルアクションの上段を区分けすると5×5の25区画になります。

1区画当たり4個入りますので全ての区画に4個ずつ入れると100個になります。

空き部屋もありますし、定員割れしてる区画もあります。

入居者は随時募集しております(笑)。

とりあえずは未入手カラーが手に入ると嬉しいですね〜。

…下手したらこのままシーズンオフかも?

この記事に

開く コメント(8)

KB症候群(謎)。

ウインターヘブン病にも色々な症例がございまして…

バングオーと並んで流通量の多いキラーBシリーズを整理してみました(苦笑)。

イメージ 1

まずはキラーB2シリーズ、特に古いものではありませぬ。

特注カラーやレアカラーは無く、数年前なら普通に見つかる物ばかりでした。

この辺も最近では中古市場では絶滅が危惧されてまして年々捕獲量が減ってきてます(汗)。

イメージ 2

続きましてはサスペンドモデル、3個と少ないので大丈夫ですね♪

イメージ 3

続いてはドレッジで5個、こちらもまだ大丈夫。

イメージ 4

続きましてはチャッターB2、チャッターBは廃番後にラトリンキラーBとして流通するようになります。

たまにキラーBのネームが押されていてラトルが入ってるものがコレに当たります。

イメージ 5

こちらはキラーB1となりますがB2と比べるとまだ大丈夫(笑)。

イメージ 6

キラーB3も流通量が少ないため大丈夫。

イメージ 7

オールドのB2も中古屋巡回だと殆ど見つからないのでこの程度です。

当然中古市場では絶滅状態でして今後入手するにはオクの細道を巡る必要があります(苦笑)。

イメージ 8

オールドのB1も同様です(汗)。

小さい方が残存量が少なく状態の良い物はあまりありません。

良い状態の物を探すにはオクの細道巡りをするしかなさそうです…

さらに高難易度のハニーBがありますが、コレに挑戦するのは本当にイバラの道を歩むこととなります(汗)。

イメージ 9

ドミニカ最終期に出しちゃったプラスチック製、これでも一応キラーBです(汗)。

これらの画像は春頃に撮ったものでして、現在ではもう少し増えている状態です(苦笑)。

イメージ 10

先日、弟父子とエグリ巡回した際にも幾つかバグリーを救出しました。

さらにもう1つ?ダブルアクションを入手しないといけませぬ(苦笑)。

それでは皆様、お大事に…

この記事に

開く コメント(4)

毎年恒例の…

蛙のカレンダー、FROGS!・2019です。

イメージ 1

実際に使う1冊と保存用の1冊で2冊購入です。

コレも毎年恒例です(苦笑)。

イメージ 2

表紙はブラジルツノガエルが威嚇してるところですね。

昔は幻のツノガエルと呼ばれていましたが現在では繁殖個体が流通しています。

とは言え、お気軽にカエル訳ではありませぬが(苦笑)。

イメージ 3

裏表紙は毎月のカエルが紹介されてます。

巻末にはおまけのシールが付いてます♪

今年もあと2か月、それまでは開封を我慢です。

この記事に

開く コメント(0)

ここ最近は釣りがメインとなるためエグリは控えめとなりますが…

特に大当たりは無いものの、そこそこ良い物は手に入りました。

イメージ 1

ロッドとリールのセットで国産ルアー以下のお値段でした(笑)。

こうしたものは普段ならどうしようもないポンコツ同士の組み合わせですがコレに関しましては例外です。

イメージ 2

リールはオリムピックのマジロが付いてました♪

以前格安購入しましたがコレもなかなかでした。

と言う訳でマジロが2台になりました。

イメージ 3

ロッドは今は無き(泣)オフトのヒロ内藤スペシャルのワーミング58です。

少し硬めのライトテキサスやヘビーダウンショットとかで使いやすそうなショートロッドです♪

イメージ 4

と言う訳でロッドもリールも悪くはありませんでした。

ヒロ内藤スペシャルは晩秋の湖北で使い込んでみたいと思います。

イメージ 5

ルアーはここ何週間で拾い集めたものです。

まあ、相変わらずと言うか幅広いジャンルから自分好みの物ばかり掘り出しました。

イメージ 6

スピナーベイトはお馴染みのSCコッコちゃんとキャンベルオリジナルのパワーボム1.5オンスです。

パワーボムはパケ無しだったらスルー必至だったと思います(笑)。

イメージ 7

イメージ 8

こうしたマイナーな小物関係もわたくし好きでございましてよ(笑)。

イージー2フックというラインを巻き付けるだけで結ばないと言う優れもの?ですが本当に大丈夫なんでしょうか(謎)?

これを試すほど余裕はありませぬが、普及して無いところを見るとイマイチだったのかも?

イメージ 9

トップウォータープラグはノトスのチャグペッパーJrとギルモアのベビースティックジャンパーとフードラー、上州屋OTLCルアー、タックルハウスのアーリーバード・スラッシュです。

後はダイワのマウスウォッシャーもありました。

イメージ 10

ここ最近では絶滅が危惧されるフロリダ工場のバグリーズ、バッシンシャッドとサスペンドバングオー5、ママキャットです。

イメージ 11

純粋なアメリカ製クランクも少なくなってきまして、ノーマンやマンズ等は見付けたら救助するようにしています。

ノーマンはベビーNとタイニーN、マンズは15+です。

ルアーの作りも塗りも日本ルアーと比べると雑ですがパッと見ただけで何処の仔か判るのは良いと思います。

最近は没個性なルアーばかりで食指が動かないし(苦笑)。

次回は8月から最近までの岸釣り釣果の報告でも。

この記事に

開く コメント(4)

全98ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事