ここから本文です
ライフステージでの医療と福祉の上手な付き合い方
〜医療と福祉の現場経験25年。ウェルフェア・ナースのつぶやき〜

書庫全体表示

子どもとの会話から、恋愛についての話で、
時々ビックリすることがあります。

様々なメディアから情報や誘惑も

イマドキの子ども達は、私の子ども時代とは違い、
テレビやマンガ、ネット、雑誌など情報は過多。

学校でも思春期の第二次性徴(男女差)なども、
小学校4年で学ぶそう。
確かに身体の成長は、私の子ども時代とも違っています。

上の娘(14歳)がティーン向けの雑誌を買うようになり、
下の娘(10歳)も一緒に読んだりすることも。
大人が見るような、恋愛ドラマも大好きで、
録画をして、せっせと週末などに見ています。

生理の話なども、まだ全然ご縁のない下の娘は、興味津々。
自分は「まだ関係ないけど・・」という前置きはあるものの、
自分はどうなるのか、周りの友達なども、
とっても気になるようです。

子どもの恋愛観(一例)

クラスの気になる男の子も以前はいたようですが、
今は、好きな男の子はいないのだそう。
友達は、何人か気になる男の子がいるそうだけど、
好きになっているのは、半年くらいが期限らしい。

小学生の異性が好きになる期間・期限があるとのこと。
娘は、冷めているのか、淡々としている。

そこで「恋愛って、どうなることをいうのか」聞いてみたら、
中学生だと、好きな男の子ができてちょっと付き合う程度。
高校生になると、デートに出かけたりするのだそう。
大学生になると、いわゆる大人の恋愛関係になるそうです。
(ウチの小学校の娘談)

娘を持つ親として思うこと

娘を持つ親として、これから成長していく上で、
危険な性犯罪などには、巻き込まれないようにしてほしい。
それが親心。

正直、子どもと面と向かって話しにくい話題ですが、
学校だけでのお話では、ちょっと足りない気がします。

だからこそ、
娘たちに自分できちんと判断できるように、
自分の身を守る判断や知識は、
親として、伝えなければならないと思います。
後悔をする前に。

この記事に

  • 顔アイコン

    子どもの成長していくと、どうしても親からは見えないところで過ごす時間も増え、どう過ごしているのか把握できなくなってしまいます。親子でなかなか性に関しての会話は、照れくささもあり、あまりしにくいの事実。熱心な養護教諭の先生がいらっしゃったとは、本当にありがたいことでしたね。私も医療職者として、きちんと正確な情報を娘たちへ伝えなければと思っています。

    [ たざき なおこ ]

    2017/7/8(土) 午後 4:35

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(0)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事