BLUE PEGASUS

ぼちぼちとまったりと復活しようかと^^;;

全体表示

[ リスト ]

本日は、あの日本全国を感動の渦で酔いしらせたトリノオリンピック金メダル獲得からちょうど丸2年。
今のフィギュアスケート人気の基盤を作り上げたのは彼女があってこそでもある。

1981年12月29日、東京都生まれ。
身長166僉〃豈娵殖老
プリンスホテル所属。

数々の競技会で優勝、入賞経験がある、日本を代表するフィギュアスケーターの一人。
2004年の世界フィギュアスケート選手権に優勝し、日本人として3人目の世界女王となる。
2006年のトリノオリンピックにてアジア選手として初めて優勝。
地元イタリアのマスコミにより『東洋の女神』と称される成績を残した。
その後プロへの転向を表明し、現在は、アイスショーなどに出演。
その傍ら、フィギュアスケートの解説、TV出演など、多忙な日々を送っている。
イメージ 1

後輩からも慕われている荒川静香
東京都品川区生まれで、神奈川県鎌倉市で乳児期を過ごす。
1歳半より宮城県仙台市で育った。
仙台市青葉区のわかくさ幼稚園卒園。
仙台市立台原小学校入学。
6年生の途中で仙台市のベッドタウンの利府町に引越したため、利府町立しらかし台小学校に転入、卒業。
利府町立しらかし台中学校卒業。
東北高等学校卒業、1学年先輩に本田武史がいた。
早稲田大学教育学部社会科社会科学専修(自己推薦入学)卒業、1学年先輩に村主章枝がいた。

5歳でスケートを始め、小学校入学後本格的にフィギュアスケートを始めた。
他にも3歳から水泳を始め6歳で全競泳を覚えるなど幼少時よりスポーツ万能であった。
泉市(現:仙台市泉区)にあったダイエーレジャーランド(現在は閉鎖)に通い、長久保裕に師事。
小学校3年生のとき3回転ジャンプをマスターしてしまったというまさに天才児であった。
全日本ジュニアフィギュアスケート選手権では3連覇する。
しかし、世界ジュニアフィギュアスケート選手権では第2代表であった村主章枝の上を行くことはなかった。

1997年の全日本フィギュアスケート選手権に優勝し、高校1年生で1998年の長野オリンピックに出場し天皇、皇后両陛下観戦のもとで演技をする中、注目を集めるも13位と言う結果に終わった。

大学入学に伴う上京後は新松戸DLLに所属するものと思われたが、練習環境などからプリンスクラブに在籍。
しかし、指導方針に齟齬があった為、明治神宮スケートクラブに移り、1年間だけ佐野稔に師事する。
その後、プリンスクラブに戻り佐藤信夫に師事する。
2002年、ソルトレークシティオリンピック代表をかけた全日本フィギュアスケート選手権では村主章枝に敗れ、出場枠1名だったソルトレークシティオリンピックには出場できなかった。

2004年、世界フィギュアスケート選手権のFSで3ルッツ+3トゥループ+2ループ、3サルコウ+3トゥループのコンビネーションジャンプなどを完璧に決め、技術点で1人のジャッジから6.0満点を獲得し優勝した。
しかし、その翌シーズンは、現役続行するかどうかの迷いや新採点方式の本格導入などもあり、伸び悩んだ。

2005年のISUグランプリシリーズは中国カップ、エリック・ボンパール杯ともに3位で、獲得スコアは第3位であったにも関わらず、組み合わせの妙で同年のGPファイナルへの出場を逃した。
さらに持ち技のひとつであったイナバウアーが得点対象から外れたこともあり、絶望的になった荒川静香は、

『自分以外の日本選手3人がGPファイナルで表彰台に上がったら
 トリノオリンピックへ内定してしまうので、その時点で引退する』と、発言してファンを心配させた。

12月末の全日本フィギュアスケート選手権で3位。
ポーカーフェイスな表情から『クールビューティー』と称されていたが、独立心が芽生え、トリノオリンピックに向け笑顔で意欲的に取り組んだ結果、見事トリノオリンピック代表選手に決定。

ロシア人コーチのタチアナ・タラソワに師事していたが、演技の方向性がかみ合わなかった事と、タチアナ・タラソワが活動拠点を母国ロシアに移動、特化したため、師弟関係は2005年12月に解消。
日本国内ではこれまで通り佐藤久美子(フィギュアスケートコーチ佐藤信夫の妻)に、海外では振り付けを担当していたニコライ・モロゾフにそれぞれアドバイスを受ける。

2006年トリノオリンピックにおいて、PBをマークし、アジア選手ではオリンピック史上初の金メダルを獲得した。
併せて同大会日本人選手では唯一の金メダリストでもあったため、日本は彼女に救われたとも言われる。
会場の観衆はスタンディングオベーションで荒川静香の演技に賞賛を送り、『CNN』や『ニューヨーク・タイムズ』など海外有名メディアでも荒川静香の金メダル獲得を一面トップで飾ったほど一斉に注目が集まった。
なお、24歳での金メダル獲得は、フィギュアスケート女子シングルのオリンピック史上最年長記録でもある。

トリノオリンピックで見せた滑らかなスケーティングと、背中を反らせたレイバック・イナバウアーが得意。
演技の優雅さ、滑らかさ、女性らしさは世界でも随一。
しかし、早い曲や小気味のいい曲は苦手だという。
荒川静香の活躍からイナバウアーのものまねが流行し、イナバウアーは2006年の新語・流行語大賞を受賞。
しかし未だにレイバック=イナバウアーと勘違いしている輩が多いのが実情。
イメージ 2

金メダリスト荒川静香
2006年5月7日、記者会見を行いアマチュアからプロへの転向と競技選手としての引退を表明し会見の席で、

『今後は自身の演技力の向上やスケート界を広くサポートしていきたい』と、語った。

またその際に、プロ転向最初のショーで公開するかもしれないという事で自分の滑りをビデオを使って説明した。
愛犬を抱えたままレイバック・イナバウアーをするビデオを公開し、

『これはイヌ・バウアーです』と、説明し、笑いをさそった。

2006年6月1日放映の、テレビ朝日ドラマ『七人の女弁護士』にゲスト出演。
島崎弥生検事役で、釈由美子らレギュラーの7人の女性弁護士との女子大生殺害事件に火花を散らす物語に挑んでおり、スケートシーン(但しフィギュアスケートのシーンではない)も収録した。
この際、当初は、『スケートをうまく滑れない役』を要求された様だが、本人曰く、

『5歳から滑っているので、滑れない感覚が判らない』との事で、そういうシーンはドラマに出ていない。

代わりにバランスを崩した拍子にイナバウアーの様に体を反らしながらも転ばないというシーンが用いられた。
また、スケートシーンの収録後に、ドラマのスタッフやキャストらに、珍しい『普段着でのイナバウアー』を披露。

2006年10月31日より、フジTVのスポーツ情報番組『すぽると!』に出演。
『スポルト! on ICE』コーナーのキャスターを勤める(火曜日限定)。

弐萬圓堂のイメージキャラクターとして選出され、CMにも出演。
自らデザイン・監修した『イナバウアーフレーム』が発売されている。

東京都品川区の病院で生まれたが、正確には当時住んでいた神奈川県鎌倉市が出身地である。
『静香』という名前は静御前にちなんで名付けられた。
フィギュアスケートでは費用が莫大に掛かるが、荒川静香の両親は一般的なサラリーマン家庭であった。
その為、衣装を母親が手作りするなど、両親の支えがあった。
1992年に長野県野辺山でスタートした『全国有望新人発掘合宿(野辺山合宿)』1期生である。
元プロ野球選手の佐々木主浩、ノーベル化学賞受賞の田中耕一につぐ3人目の宮城県民栄誉賞を受賞。
学術、芸術、スポーツ分野の功労者に授与される『紫綬褒章』を受章。
*褒章とは、社会や公共、文化などに功績のあった者や団体を表彰するため、日本国政府が授与する記章。
*勲章・位階と並ぶ日本の栄典の一つ。
イメージ 3

モデルにもなったりして・・・これはちょっと^^;;
今後もプロとして素晴らしい演技を見せてくれることを期待しています。
先日彼女の演技を生で観ましたが、貫禄がついてきて良い演技でした。
魅せる演技をさせるとやはり上手いですね〜
今後もフィギュアスケート界を盛り上げるべく、頑張って行って欲しいです♪

閉じる コメント(8)

クールビューティーといわれる彼女、いつも冷静に見られるのでしょうが、さすがにトリノのFSのあと、やっと緊張から解放されたんでしょうね、食事中に突然涙をボロボロこぼしたというエピソードもあります。そういうお話を聞くと、ああ、アスリートって語られていない部分でどれだけ歯をくいしばってるんだろうと思います。だから本気の演技には感動がうまれるんですねぇ〜・・・。

2008/2/24(日) 午後 0:56 [ - ]

トリノの時は、本当に神がかって見えました〜☆特にFSは優雅で伸びやかなスケートをしていて、夢みたいな演技で。今でも時々あの演技(録画したヤツ)を見返しては1人で感動してますっ!(笑)あれからもう2年経つんですねぇ。
Dinoさんは生の演技を観てこられたんですか?いいなぁ〜。
でもほんと、スポーツ選手って並みの人間には想像出来ないような苦労があるんでしょうね。これからはプロの世界でのびのび滑って欲しいと思います。

2008/2/24(日) 午後 1:52 [ みぃ ]

荒川静香さんは、どんどんキレイになっていきますよね。
私も昨年『Champions Ice』で、荒川さんの演技に鳥肌が立っちゃいましたよ。
何とも言えない透明感があり美しかったです。
ベテランの滑りというか格が違うな〜と思わされましたね(^-^)

2008/2/24(日) 午後 9:38 ちくわ

顔アイコン

DINOさん
この記事ありがとうございます。荒川さんの人生が1分で振り返られますね!トリノのFPは50回以上は繰り返し見ました。しいちゃん最高です。

2008/2/24(日) 午後 9:55 愛花様滑氷

顔アイコン

ぼんさん > コメントありがとうございます。
感情表現が上手く出来ないだけであって、内心は色々感じるものがあったのでしょうね〜
しかしあの金メダル獲得から彼女は変わりましたよね〜
私もあの瞬間は感動しましたし、その後の彼女の演技にも魅了され続けています♪

2008/2/27(水) 午後 5:40 Dino

顔アイコン

みいさん > コメントありがとうございます。
まさに神降臨といった演技でしたね!
あれからもう2年ですものね〜
早いですね〜(年はとりたくないな・・・ボソッ
トリノオリンピックを生観戦したわけではないですからね^^;;
観戦記を本館で載せてあります。
http://blogs.yahoo.co.jp/red_angel_copen/16354799.html
そのうち封印しますが、興味がありましたら覘いてみてくださいm(__)m

2008/2/27(水) 午後 5:45 Dino

顔アイコン

るんばさん > コメントありがとうございます。
やはり金メダリストになって自信が出たのでしょうね!
私も静岡公演の『Champions on Ice』に行ったのですよ^^
まぁ〜お目当ては太田由希奈さんなんですけどね^^;;
もう既にその頃は風格が出た演技でしたね♪

2008/2/27(水) 午後 5:50 Dino

顔アイコン

愛花様滑氷さん > コメントありがとうございます。
1分で振り返れましたか^^
そう言って頂けると光栄です!
最高の舞台で最高の演技が出来た荒川さんは、素晴らしいし素敵でしたね♪

2008/2/27(水) 午後 5:55 Dino


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事