ここから本文です

書庫携帯投稿

すべて表示

節分明けに 災難避けのお参りに西新井大師へ。
イメージ 1
大殺界3年目。お護摩の受付も混んでましたがご祈祷して頂きました。
無事に過ごせますように…

そして2/10-11はTICA リージョナルキャットショーにノアとダレンを
出陳してきました。
イメージ 2
友成ジャッジに審査されてるノア。 イカ耳になってますね〜。

イメージ 3
矢野ジャッジに審査されてるダレン。

イメージ 4
同じキツンの部にでていたので長毛の審査の後 短毛の審査で並んだところ。

イメージ 5
服部ジャッジに顔の鼻付などを見られてます。

イメージ 6
こちらも服部ジャッジに審査されてるダレン。
「ママ〜僕何されてるでしゅ?」って目で訴えてますね〜。

サイベリアンは3-4年かけて完成する種。
仔猫の時期で毛量がスッカラカンだったし パッと見てサイベリアンと
分からなければダメなんですって。
出陳の時期も考えないとだめですね。

イメージ 7
そしてそして〜、貝塚ジャッジのリングで ノアは1位を頂きました
ありがとうございます

シャルは割と高い確率で審査ケージに入ってる時に隣との境の板をチョイチョイしたり
後に貼ってあるビニールをパリパリしたり
鳴きはしないけど 静かにいたずらしています。
ノアはちんまりとしずか〜にしていたので 大人しいね〜しずかだね〜と
言われてましたが、まさに猫被ってましたね〜。
控えケージにいる時は シャルにしては珍しく ニャーニャー鳴いて
アピールしてましたよ〜。





シャルトリューブログランキングに参加しています。
下記を一日ワンポチして頂けると嬉しいです!

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事