本当の事が知りたくて

日本が侵蝕されている現状に気がつきましょう!

全体表示

[ リスト ]

種牛農家、東国原知事に殺処分受け入れ伝達
7月16日12時31分配信 読売新聞
 
 宮崎県高鍋町の種牛農家が口蹄疫(こうていえき)対策特別措置法に基づく殺処分を拒否している問題で、種牛農家の薦田(こもだ)長久さん(72)は16日午前、東国原英夫知事と面会し、殺処分を受け入れることを伝えた。
 これを受けて県は17日に、薦田さんの種牛6頭を処分する。
 
 面会後、記者会見した薦田さんは「県や農家のために使ってほしい牛を処分しないと県民のためにならないということに本当にショックを受けた。国の対応は不本意だが、牛を処分しないと国は移動制限区域を解除しないと言っており、県民に影響を与えてはならないと決断した」と沈痛な面持ちで話した。
 
 県は種牛を処分後、早急に家畜の移動制限区域と非常事態宣言を解除する予定。
 薦田さんは5月、ワクチン接種を拒否し、特例での助命を強く求め、県も助命する方針を決めた。しかし、山田農相は殺処分しない限り、制限区域の解除に応じない姿勢を示した。
 東国原知事は15日、「制限区域や非常事態宣言の解除が重要」として、薦田さんに面会し、殺処分を受け入れるよう要請していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100716-00000532-yom-soci
 
 
 面会後、会見した薦田さんは「農家の復興のために6頭の命を守ってほしかった。だが、県民のためにならないことはしたくない。不本意だが、殺処分を決断した」と声を振り絞った。一方、「口蹄疫はほぼ終息しつつあり、国のやり方は間違っている」とする国への抗議声明を出すことと、6頭を殺処分する前に国に血液検査をするよう要望したことを明らかにした。薦田さんは「なぜ安全ではないのか。陰性だった場合、殺処分を求める理由を失うから検査しないのか」と疑問を呈した。検査が殺処分の前提ではなく、あくまで証しがほしいとしている。 <一部引用>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100716-00000032-mai-soci
 
 
記者会見した薦田さんは「知事は一生懸命残そうとしてくれて感謝している」と語った。
東国原知事が国に要望した民間種牛の特例救済を、一貫して認めなかった山田正彦農相に対しては
「殺処分をごり押し的に県に強要したやり方は許されない」とする抗議文や質問状を公表。
山田農相は16日、日程の調整がつき次第、宮崎県を訪れ、薦田さんに謝意を伝えたい意向を明らかにした。 <一部引用>
 
 
薦田さんの無念がよくわかります。
 
救いがあるとすれば、県知事と薦田さんの数度に渡る協議での信頼関係が確認されたことくらいでしょうか。
6頭の種牛も本当に良く頑張ったと思います。
 
この問題において無視されがちなのが、「種牛の価値」なんですよね。
尊敬するブロ友のzombiepart6様 からのメールを一部紹介させて頂きます。
「宮崎で新たに種牛を作る場合」を考える上で考慮しておかねばならないのは、種牛作りには多くの肥育業者の協力が要るという点です。「仔を育ててみないといけない」のですから。時間だけの問題ではないのですね。
「命の流れ」でもあり、「畜産」という産業に携わる人々の「営みの流れ」でもありますね。「畜産」という産業の足腰が強くなければ、「種牛」作りなんて事はできないのです。
<一部抜粋>
 
この営みの流れの中で、優秀な種牛を作ることは、それ自体が一つの目的でもあり、産業としての畜産業を考えるなら、その要諦の一つであることは疑いないのです。種牛には、20年、30年先の未来がある。つまり、「残す」という戦いにはそれをする価値があるということなんですよ。
 
薦田さんは立派に戦われました。
 
この件について「国益を損なう」などの近視眼的な反論があるのは存じています。
主にOIEの規定において「清浄国認定されない」ことと、それに起因する経済効果を軸に組み立てられた論なのですが、和牛輸出に関してはむしろ国際的流通の基盤を二国間協議に移行することで代替可能でもあるし、だいたい国連機関の規定自体が、防疫方法を各国に委ねるものでもあるため、
「種牛を殺処分しなければ、清浄国認定されない」というのは無能な政府のミスリーディングにすぎないのです。
そもそも政府対策本部ができたのが、口蹄疫発生の一月後であり、リングワクチネーション策が実行されたのも5月下旬からでした。この政府がよく「早期清浄化」「国益」などと言えるものだと思います。
 
加えて今回、政府のやっていることは、「殺処分しなければ」移動宣言の解除をしない、是正勧告を出す、行政代執行を行うなど、まるで復興を疎外するような地方に対する恫喝ばかりだったことを鑑みれば、この問題に対して、政府が積極的に早期解決を図ろうとしていたとは思えませんし、その対処方法のいずれもが、「国益を著しく損なう」ものばかりであったことを考慮するなら、まるで説得力を持ち得ないのです。
 
むしろ「種牛の処分」そのものが畜産業を破壊することになり、未来の国益を損なう方法論である認識が無いのは、長年の官僚支配によって近視眼的な経済流動にしか国益の価値を見出せなくなった「この国の形」そのものかもしれません。
 
日本の農政は、民主党政権などでは変わらなかった。まだ農政における危機管理だけは迅速であった自民政権の方がはるかにマシであったと結論づけられると考えています。
 
冒頭に記事をいくつか引用しましたが、これは薦田さんの考えを明らかにするためです。
残念ながら薦田さんは「処分の決意をしても」県の対応を信頼し、国の対応や山田大臣の対応に否定的であることは疑いないですね。少なくとも、ここまでの経緯において政府が直接薦田さんと会うことすらしていない。県に丸投げした挙句、恫喝した所しか薦田さんは見ていないわけで、政府や山田大臣が嫌われるのは無理もないでしょう。
政府には抗議文と質問状を出すというところまで信用が無いのですが、一方で山田大臣は「今更」薦田さんの決断にお礼を言うため宮崎に来ると言っている。
色々終わっています。
 
前任の赤松大臣も、マグロ漁に関する国際会議に出て、今まで農水官僚や自民党が下準備してきた結果だけ持ち帰り、得意になっていましたが、山田大臣もこんなものです。決定的に信用していない者から、「政治的パフォーマンス」の為にお礼など言われても、腹が立つだけだと思いますけどね。
 
種牛問題とは、薦田さんの「公益に鑑みた理念に基づく種牛処分否定」が、県知事と宮崎県を動かし、それが国や政府に届いたという「政治視点」でみても稀有な事例です。むしろ今までの日本では(公共の幸福を鑑みた)民意が政府に届いたことさえ無かったのですから。
残念ながら、政府には守旧的政治家が跋扈していたため、その受け皿たりえませんでしたが、県の後押しを受けた個人の公共意識が、理念のみならず法的にも正当性を得て、十分「国を変える」先駆けになったと考えています。種牛6頭の命は決して無駄ではないのです。
 
日本という国が本当に変わるというのは、まだまだ長くかかりそうですけどね。

転載元転載元: 浸食すること桜の如く

閉じる コメント(22)

顔アイコン

国の対応の甘さ無責任さにはあきれますね!この大問題を県知事に報告を受けた後に対策も打たず赤松前大臣は外遊に行きました。そんな時に普通行かないでしょう!何の為の大臣でしょうね?税金で超高額な補償を受けている者は死ぬ気で働けよ!と言いたいですね。

2010/7/16(金) 午後 8:04 [ bosu ]

泣けますね。><

傑作

2010/7/16(金) 午後 8:40 tarismanaspect

顔アイコン

atumiさん、事件は現場で起こっているのであってそのまんま東の初期対策の誤りがこの未曾有の大災害をもたらしたの分からないかな?あの悪名高い九州農政局もあり現場近くにゃ政府機関があるのだから、農水大臣が云々じゃないのです。古賀に煽てられ自民党にゃ太いパイプを得たけど、民主党にゃパイプ持てませんでした。当然の報いという所でしょう。所詮はお笑いの淫行・暴行の前科もちの行き着く所です。気の毒なのは宮崎県民ですよね。

2010/7/16(金) 午後 9:18 [ 2971 ]

顔アイコン

2971さん、宮崎県の知事に対する支持がすべてを物語っているとおもいます。
(テレビしか見ていない人を対象とした、無能内閣の支持率と違い)

口蹄疫が発生・蔓延している某国牛肉の輸入を無理やり再開したり
その某国からの研修生を嫌がる水牛農家に無理やり押し付けたり
口蹄疫の消毒剤確保を怠ったり
選挙のために、県民を恫喝したり



きりがないので、やめますが・・・
>大きな視点 ?
笑わせないで下さい。

2010/7/16(金) 午後 10:07 Carthago

顔アイコン

atumiさん、コメント有難う御座います。
国の対応の甘さ、無責任さ
ここまで来ると、わざとやってるようにしか思いえません。

2010/7/16(金) 午後 10:09 Carthago

顔アイコン

tarismanさん、怒りで涙が出ます。

2010/7/16(金) 午後 10:10 Carthago

顔アイコン

内緒さん、湧いてきちゃいました。

2010/7/16(金) 午後 10:11 Carthago

顔アイコン

47分の1が政治を変えた?
思い上がりでは?
私の友達、ほとんど、「コウテイエキ?何それ?」とか、「うつると怖いから宮崎行かない」とか言っていますよ。

2010/7/17(土) 午前 4:03 [ bal**ekop*rty ]

顔アイコン

↑、(笑わせるな)と一笑に付されたがどちらが(笑わせるな)でしょうね。種牛処分の話題から離れ、現政権・民主党の非難になっちゃいました。余程自民党政権時代が良かったのか、旨い汁を貪れたのか今の時代話にもならない戯言の羅列です。その考え方やら言動に無知を感じるどころかむしろ哀れさを感じます。

2010/7/17(土) 午前 4:28 [ 2971 ]

顔アイコン

宮崎県が?知事が?農水相が?民主党が?
そんなのどうだっていい。感染拡大を止める、何が何でも、オーバーキル、止むを得ない、世界の常識。
そして補償。
迷惑なんですよ、他県にとっては、感染隠しや、接種拒否の、世界の非常識、自己中宮崎が。

2010/7/17(土) 午前 4:41 [ bal**ekop*rty ]

顔アイコン

「牛さん天国へ行ってね」...牛は天国へは行かない。
給食で食われて糞になる。
「手塩にかけて育てる」...高く売る為に。
宮崎牛、見ただけでよだれが出る。
殺処分、もったいない、食いたかった。
でも、個人的には、山形牛の方が好きですね。(えっ?宮崎生まれ?)
しかし何と言っても、FMD (口蹄疫) フリーの キーウィー・ビーフが最高。130年間フリーのオージー・ビーフもね。
私の友人(オーストラリア人パイロット)、和牛あんまり好きじゃないって、特に「霜降り」が。

2010/7/17(土) 午前 5:16 [ bal**ekop*rty ]

顔アイコン

引用=
<JA尾鈴の養豚部会など、同県西都市・児湯(こゆ)地区のJAの7生産者団体はこの日、6頭の殺処分を求める要望書を県に提出した。多くの農家が殺処分を前提に健康な家畜へのワクチン接種を受け入れる中で、平等性の観点から納得できないと訴えている。また、国際獣疫事務局(OIE)による日本の清浄国復帰認定が遅れるのでは、という懸念も出ているという。>

2010/7/17(土) 午前 5:50 [ bal**ekop*rty ]

顔アイコン

↑、 お勉強になります。

2010/7/17(土) 午前 8:33 [ 2971 ]

顔アイコン

こんばんは^^
転載ありがとうございます。

2971さんbal**ekop*rtyさん、
転載元の当ブログにいらしたら?
そういえば2971さんは私のブログで横レスした挙句、反論しきれなくなって逃走された方ですね。
怯えているなら仕方がありませんが、普通の方なら記事に対する反論は転載元でするものです。じゃないとただの荒らしさんになっちゃいますよ。

2010/7/18(日) 午前 0:09 桜乃宮アリス

顔アイコン

見事な洞察ですばらしい記事ですね。これは僕も紹介したい。やれることをやらないと。

2010/7/18(日) 午前 0:20 あくあ

顔アイコン

アリスって此れ何〜・・・・・?

2010/7/18(日) 午前 8:32 [ 2971 ]

顔アイコン

暫く離れていた間に、変なのが湧いてしまったようでね。
良識ある方には、不快な思いをさせてしまったかもしれません。
お詫びいたします。

2010/8/4(水) 午前 11:06 Carthago

顔アイコン

2971さん、bal**ekop*rtyさん、自慰行為なら自分のところでやって下さい。
勉強になるんですか・・・。あれが。

何言ってもだめですね。

2010/8/4(水) 午前 11:07 Carthago

顔アイコン

アリスさん、こちらこそ有難う御座います。

転載元に変なのが湧かない抑止になっているのなら、私の方は構いません。
お気になさらずに(^_^)

2010/8/4(水) 午前 11:09 Carthago

顔アイコン

あくあさん、コメント有難う御座います。
頑張りましょう!

2010/8/4(水) 午前 11:10 Carthago


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事