本当の事が知りたくて

日本が侵蝕されている現状に気がつきましょう!

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



Anti-China protesters gathered Saturday in Tokyo and six other major cities in Japan to rally against what it calls an invasion of disputed islands that both claim are part of their territories.

反中国デモ隊が、東京と日本の6つの主要都市で双方が領土の一部であると主張する島々への侵略に対する抗議集会を開くために集まった。

Protesters held up Japanese flags and chanted, “We will not allow Communist China to invade our territory.”

デモ隊は日の丸を掲げ、”我々は、共産主義の中国が我々の領土に侵入することを許さない”とシュプレヒコールをした。

Beijing says the Diaoyu Islands and most of the South China Sea belong to China, disputing neighboring countries’ claims. In Japan, the islands are known as the Senkaku.

諸国との論争では中国政府は釣魚島と南シナ海の大部分は中国に属していると主張している。近隣日本では尖閣諸島として知られている。

The rally was organized by Toshio Tamogami, a former Japanese chief of staff for the Self Defense Force.

この集会は田母神俊雄、元航空自衛隊幕僚長によって開催された。

Japan rejects China’s demand for an apology
日本は中国の謝罪要求を拒絶している。

“Senkaku Islands is Japan’s traditional territory,” Tamogami said. “If we don’t protect it, China will make action to take it.”

“尖閣諸島は日本固有の領土だ”田母神氏は”もし我々が尖閣諸島を守らなければ、中国が尖閣諸島を占領ための行動を起こすだろう”

Tamogami called China a “thief” and vowed to protect the islands.

田母神氏は中国を”泥棒”と切り捨て、尖閣諸島を守ることを誓った。

Beijing and Tokyo have been clashing over the arrest of a Chinese fishing captain by Japan off the disputed islands.

中国政府と東京は尖閣諸島沖で中国漁船の船長が逮捕されたことに関して衝突している。

The captain was accused of hitting two Japanese coast guard ships and obstructing public officers while they performed their duties.

漁船の船長は日本の巡視船2隻と衝突し、公務執行妨害の罪に問われた。

“I am very angry with China,” said student Shohei Fukumoto.
“私は中国に怒りを覚えている” 学生の福本正平(漢字はてきとー)

China should apologize and pay for the repair of the vessel because the captain was in Japan’s territory when the accident happened, according to Fukumoto.

福本は、”事故当時、船長は日本の領海にいたのだから
中国は謝罪と船の修理費を支払うべきだ” と言う。

Japan has since freed the fishing captain, who returned to a hero’s welcome in China.

日本が漁船の船長を帰国させると、
船長は中国の英雄として迎えられた。

Yoko Sakamoto, 55, said Japan has been too easy on China.

55歳の坂本陽子(漢字はてきとー)は
日本は中国に寛容すぎると述べた。

“I ‘d like to criticize Japanese government’s weak attitude toward China and Senkaku Islands issue, rather than China itself,” Sakamoto said. “We should get our national pride back.”

“私は、中国を批判するよりも、中国及び尖閣諸島問題に対する日本政府の弱腰を批判したいと思います。」と、坂本は言った。

「私たちは国家のプライドを取り戻すべきです。」

The captain’s arrest prompted the suspension of diplomatic talks and canceled trips between the nations.

船長の逮捕によって二国間の外交交渉は中断し、
旅行のキャンセルもあった。

Beijing has sought an apology and compensation over the arrest, which Tokyo has rejected.

中国政府は逮捕に対する謝罪と賠償を求めたが、
日本政府はこれを拒否した。

Japan has also demanded compensation for damage done to coast guard ships.

また、日本は巡視船に対する被害補償を要求している。

ソース CNN
http://edition.cnn.com/2010/WORLD/asiapcf/10/02/japan.anti.china.protest/index.html

だいぶわからない単語があったので
google翻訳とエキサイト翻訳で
単語を調べました(・ω・ぁ

どちらかというとエキサイト翻訳のほうが
精度が高いように思います(・ω・ぁ

翻訳サイトは便利なんだけど
やっぱり文法とか語法を考えないと
けっこうヘンな訳になっちゃうんだなぁ・・・と実感(・ω・ぁ

だいぶ意訳したんだけど
これで何点くらいもらえるかな?(・ω・ぁ

(HN:あゆP)

事務局追記

国内報道はほぼありませんでしたが、海外メディアは取り扱いました。この「海外ソース」は今後、様々な効果を生むでしょう。(内容が一部、「?」という点もありますが)
海外世論への働きかけという効果は確実にある、結果として「中国への働きかけ」という効果もあるでしょう。海外に向け、発信・拡散する「新たなソース」を得たことになります。
それはまるで「外交」のようですね。

くしくも菅首相が所信表明演説で言った「国民一人一人が考える外交」を達成しているとも言えるのではないでしょうか。この動き、流れは今後も継続していきたいですね。

自国の首相、政府があてにならないというのは残念なことですが、その動きが少しずつ形になり、そして効果を発揮しはじめていること。参加者への感謝、拡散してくれた方への感謝、この文章を読んでくれている貴方に感謝します。

ありがとう。



「尖閣渋谷2600人デモ」海外メディアは大々的に報道するも日本のマスコミは華麗にスルー

http://getnews.jp/archives/79444


「尖閣、渋谷2600人デモ」 CNNが報道する一方、日本のマスコミは…

http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1550289.html



香港で200人デモ=日本に謝罪要求−尖閣問題

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201009/2010092600070



元空幕長らの団体が代々木で集会、中国対応で民主党政権を批判


http://www.afpbb.com/article/politics/2762997/6277374




昨日、尖閣諸島問題に対して政府の責任を糾弾するデモが代々木公園にて行われました。
デモには、田母神氏を始めとする多くの方が集まりました。
参加者によれば、当初の参加人数は1,500人。
その後、帰りがけのサラリーマンやOLを巻き込んで2,600人まで膨れたそうです。

参加者は、一様に日本国旗やプラカードを持ち、シュプレヒコールを行いました。

結局TVや新聞では報道されませんでした。
報道はCNNのみ。
なぜ海外メディアは取り上げ、国内のメディアが取り上げないのか非常に疑問です。
是非とも拡散をお願い致します。

転載元転載元: 真・保守再生応援会

安倍元総理が代表を務める
創生「日本」が、
日韓併合100周年の
総理大臣謝罪談話に反対する

署名を募集しています。


時間がありません
緊急拡散ご協力下さい
Yahooブログだけでなく、mixi、twitter、2chなど
あらゆるチャンネルでお願いいたします。

 
 
 
署名するには
で画面の左下のこのボタンをクリック 
イメージ 2

 

 
クリックした後、キュリティの警告のダイアログがでたら、「いいえ」を選んでください。 
イメージ 1
「エラー」が出る場合は、もう一度そのページを表示させれば、
上のダイアログが出ますので 「いいえ」 を選んで下さい。
 
 
 

当ブログ関連記事





------------------------------------------------------------
ランキング参加しています。傑作よりも下のリンクをポチっとお願い。

------------------------------------------------------------


転載元転載元: オノコロ こころ定めて

種牛農家、東国原知事に殺処分受け入れ伝達
7月16日12時31分配信 読売新聞
 
 宮崎県高鍋町の種牛農家が口蹄疫(こうていえき)対策特別措置法に基づく殺処分を拒否している問題で、種牛農家の薦田(こもだ)長久さん(72)は16日午前、東国原英夫知事と面会し、殺処分を受け入れることを伝えた。
 これを受けて県は17日に、薦田さんの種牛6頭を処分する。
 
 面会後、記者会見した薦田さんは「県や農家のために使ってほしい牛を処分しないと県民のためにならないということに本当にショックを受けた。国の対応は不本意だが、牛を処分しないと国は移動制限区域を解除しないと言っており、県民に影響を与えてはならないと決断した」と沈痛な面持ちで話した。
 
 県は種牛を処分後、早急に家畜の移動制限区域と非常事態宣言を解除する予定。
 薦田さんは5月、ワクチン接種を拒否し、特例での助命を強く求め、県も助命する方針を決めた。しかし、山田農相は殺処分しない限り、制限区域の解除に応じない姿勢を示した。
 東国原知事は15日、「制限区域や非常事態宣言の解除が重要」として、薦田さんに面会し、殺処分を受け入れるよう要請していた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100716-00000532-yom-soci
 
 
 面会後、会見した薦田さんは「農家の復興のために6頭の命を守ってほしかった。だが、県民のためにならないことはしたくない。不本意だが、殺処分を決断した」と声を振り絞った。一方、「口蹄疫はほぼ終息しつつあり、国のやり方は間違っている」とする国への抗議声明を出すことと、6頭を殺処分する前に国に血液検査をするよう要望したことを明らかにした。薦田さんは「なぜ安全ではないのか。陰性だった場合、殺処分を求める理由を失うから検査しないのか」と疑問を呈した。検査が殺処分の前提ではなく、あくまで証しがほしいとしている。 <一部引用>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100716-00000032-mai-soci
 
 
記者会見した薦田さんは「知事は一生懸命残そうとしてくれて感謝している」と語った。
東国原知事が国に要望した民間種牛の特例救済を、一貫して認めなかった山田正彦農相に対しては
「殺処分をごり押し的に県に強要したやり方は許されない」とする抗議文や質問状を公表。
山田農相は16日、日程の調整がつき次第、宮崎県を訪れ、薦田さんに謝意を伝えたい意向を明らかにした。 <一部引用>
 
 
薦田さんの無念がよくわかります。
 
救いがあるとすれば、県知事と薦田さんの数度に渡る協議での信頼関係が確認されたことくらいでしょうか。
6頭の種牛も本当に良く頑張ったと思います。
 
この問題において無視されがちなのが、「種牛の価値」なんですよね。
尊敬するブロ友のzombiepart6様 からのメールを一部紹介させて頂きます。
「宮崎で新たに種牛を作る場合」を考える上で考慮しておかねばならないのは、種牛作りには多くの肥育業者の協力が要るという点です。「仔を育ててみないといけない」のですから。時間だけの問題ではないのですね。
「命の流れ」でもあり、「畜産」という産業に携わる人々の「営みの流れ」でもありますね。「畜産」という産業の足腰が強くなければ、「種牛」作りなんて事はできないのです。
<一部抜粋>
 
この営みの流れの中で、優秀な種牛を作ることは、それ自体が一つの目的でもあり、産業としての畜産業を考えるなら、その要諦の一つであることは疑いないのです。種牛には、20年、30年先の未来がある。つまり、「残す」という戦いにはそれをする価値があるということなんですよ。
 
薦田さんは立派に戦われました。
 
この件について「国益を損なう」などの近視眼的な反論があるのは存じています。
主にOIEの規定において「清浄国認定されない」ことと、それに起因する経済効果を軸に組み立てられた論なのですが、和牛輸出に関してはむしろ国際的流通の基盤を二国間協議に移行することで代替可能でもあるし、だいたい国連機関の規定自体が、防疫方法を各国に委ねるものでもあるため、
「種牛を殺処分しなければ、清浄国認定されない」というのは無能な政府のミスリーディングにすぎないのです。
そもそも政府対策本部ができたのが、口蹄疫発生の一月後であり、リングワクチネーション策が実行されたのも5月下旬からでした。この政府がよく「早期清浄化」「国益」などと言えるものだと思います。
 
加えて今回、政府のやっていることは、「殺処分しなければ」移動宣言の解除をしない、是正勧告を出す、行政代執行を行うなど、まるで復興を疎外するような地方に対する恫喝ばかりだったことを鑑みれば、この問題に対して、政府が積極的に早期解決を図ろうとしていたとは思えませんし、その対処方法のいずれもが、「国益を著しく損なう」ものばかりであったことを考慮するなら、まるで説得力を持ち得ないのです。
 
むしろ「種牛の処分」そのものが畜産業を破壊することになり、未来の国益を損なう方法論である認識が無いのは、長年の官僚支配によって近視眼的な経済流動にしか国益の価値を見出せなくなった「この国の形」そのものかもしれません。
 
日本の農政は、民主党政権などでは変わらなかった。まだ農政における危機管理だけは迅速であった自民政権の方がはるかにマシであったと結論づけられると考えています。
 
冒頭に記事をいくつか引用しましたが、これは薦田さんの考えを明らかにするためです。
残念ながら薦田さんは「処分の決意をしても」県の対応を信頼し、国の対応や山田大臣の対応に否定的であることは疑いないですね。少なくとも、ここまでの経緯において政府が直接薦田さんと会うことすらしていない。県に丸投げした挙句、恫喝した所しか薦田さんは見ていないわけで、政府や山田大臣が嫌われるのは無理もないでしょう。
政府には抗議文と質問状を出すというところまで信用が無いのですが、一方で山田大臣は「今更」薦田さんの決断にお礼を言うため宮崎に来ると言っている。
色々終わっています。
 
前任の赤松大臣も、マグロ漁に関する国際会議に出て、今まで農水官僚や自民党が下準備してきた結果だけ持ち帰り、得意になっていましたが、山田大臣もこんなものです。決定的に信用していない者から、「政治的パフォーマンス」の為にお礼など言われても、腹が立つだけだと思いますけどね。
 
種牛問題とは、薦田さんの「公益に鑑みた理念に基づく種牛処分否定」が、県知事と宮崎県を動かし、それが国や政府に届いたという「政治視点」でみても稀有な事例です。むしろ今までの日本では(公共の幸福を鑑みた)民意が政府に届いたことさえ無かったのですから。
残念ながら、政府には守旧的政治家が跋扈していたため、その受け皿たりえませんでしたが、県の後押しを受けた個人の公共意識が、理念のみならず法的にも正当性を得て、十分「国を変える」先駆けになったと考えています。種牛6頭の命は決して無駄ではないのです。
 
日本という国が本当に変わるというのは、まだまだ長くかかりそうですけどね。

転載元転載元: 浸食すること桜の如く

首相 惨敗ショック 公邸『ひきこもり』

参院選に惨敗した菅直人首相は十二日、公邸で大半の時間を過ごし、公務はほとんど手付かずだった。公の場に出たのは党役員会だけだったが、表情はさえず、惨敗のショックは隠せなかった。
 首相は午前十時に公邸隣の官邸に入る予定だったが、姿を見せず、枝野幸男幹事長や仙谷由人官房長官らを急きょ公邸に集め、閣僚や党執行部の続投を確認。「落選者への対応をしっかりしてほしい」と求めた。
 公邸を出たのは午後三時すぎ。記者団から「参院選から一夜明けた今の気持ちは」と声を掛けられても、無言のまま車に乗り込み党本部に向かった。党役員会の前後には、山梨選挙区で辛勝した輿石東参院議員会長や枝野氏らと部屋にこもり、政権運営をめぐって話し込んだ。
 官邸入りしたのは午後七時前。記者団の前に約三分、姿を見せると、「これからしっかりした政権運営をやっていきたい」と続投への意欲を重ねて見せた。
東京新聞 2010年7月13日 朝刊
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2010071302000068.html
 
 
 
菅首相が正午出勤、選挙疲れにストレス…

菅直人首相は15日、午前10時の官邸入り時間を「来客などの予定がない」(首相秘書官)として正午に遅らせた。6月19日の公邸引っ越し後は遅くとも10時前には官邸に入っていたため、番記者の間からは一時、「体調不良なのではないか」などの声が上がった。どうやら、大敗した参院選の疲れがまだ残っているようだ。

 菅首相は通常、午前から閣僚や党幹部らの訪問を受けたり、会議や官邸スタッフとの打ち合わせなどに出席したりしており、昼の官邸入りは平日ではあまり例がない。

 内閣記者会に配られた首相のこの日のスケジュールでは、午前10時の官邸入りと記されていた。しかし、その時刻が経過しても首相の姿は見えず、番記者の間では体調不良説のほか、首相が選挙後から小沢一郎前民主党幹事長との会談を熱望していたことから「2人でひそかに会っているのではないか」との憶測も飛んだ。

 午前の定例会見で、多くの質問を受けた仙谷由人官房長官は「政治家が考える時間を持たず、人と会ってばかりになるスタイルはいかがなものか。公邸での読書や構想を練る時間も重要だ」と取って付けたような説明に終始。首相の動静に関する質問に「こういう場で議論になる問題なのか。身体上の問題があれば公表する。全く変わりはない」と不快感を示した。西日本を中心とした豪雨被害に関しては「公邸なので(何かあれば)瞬時に連絡がつく」と理解を求めた。

 首相が官邸に入ったのは結局、午前11時56分。記者団から「午前中は休んだのか」と問い掛けられ、「いやいや、いろんな手紙を読んだり(していた)」と答えた。

 しかし、自ら種をまいた消費税増税問題で大敗した参院選の疲れがまだ残っているようだ。消費税問題は日を追うごとに選挙情勢を悪化させていき、首相として初めて臨んだ国政選挙での遊説行脚計約1万2000キロはこたえているもよう。周辺には「相当疲れている」と映っていた。

 さらに、それに輪をかけるような予想外の大敗。民主党代表選の最中に「しばらく静かにしていてほしい」とまで言い切った小沢氏との会談が実現しないことも大きなストレスになっているとの見方もある。
スポニチ 2010年07月16日
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2010/07/16/02.html
 
 
 
政権交代後
 
79 ヤマメ(東日本)2010/05/05() 15:11:54.10 ID:KEupv0aP
 
鳩山 「このたび皆さんにより当飛行機の新機長に 選出された。鳩山です。」
 
乗客「?誰もお前を選んでないぞ。前の機長に不信任を出しただけだぞ」
 
鳩山「民意です。」
 
乗客「お前を選んだ訳じゃねーっつーの」
 
鳩山「がんばれという叱咤、応援の声と受け取ります。」
 
乗客「目の焦点合ってないぞ。あたまイカレてんぢゃねーか。コイツ」
 
鳩山「機内でおくつろぎ中のお客様にお知らせがございます。
   私は飛行機というものが何だか良く分からない。」
 
乗客「おい。こいつ頭おかしいぞ?」
 
鳩山「私は愚かな機長かもしれない。ですが愚かでいいじゃないですか」
 
乗客「誰か機長を交代させろ」
 
鳩山「一生懸命やっていきますので交代はいたしません。
   せめて前々機長よりかは長く機長を務めたい。」
 
乗客「殺す気か? 俺たちを巻き込むな!」
 
鳩山「そういうつもりで言ったのではない。
   愚かかもしれないという仮定の話をしただけで、愚かだと
   決定したわけではない」
 
乗客「おいおいホントに頭おかしいぞ。この機長。」
 
鳩山「ご安心下さい。機長が大馬鹿者であれば、そんな飛行機がもつわけない。」
 
乗客「他にまともなパイロットはいないのかー?」
 
鳩山「トラストミー。私を信じて下さい。」
 
乗客「どうするつもりなんだ?このまま飛ぶのか?引き返すのか?」
 
鳩山「腹案があります。」
 
乗客「どんな?」
 
鳩山「それは申し上げられない。飛行経路も含め、これからゼロベースで考えます。」
 
乗客「考えてる間に燃料無くなるぞ」
 
鳩山「燃料が無くなる前に必ず決着します。」
 
乗客「だから、どう決着させる気なんだよ!!」
 
鳩山「ここで申し上げる話ではありません。今日は大変いい天気です。」
 
 
鳩山前首相 辞任後
 
 
15 :名無しさん@十周年:2010/07/16() 09:24:49 ID:oaWwiPO70

菅 「えー、機長を交代いたしました。菅です」
 
乗客「ん、今度の奴はまともそうだ」
 
菅 「俺の役割は事故を最小限に抑えること。
   上手い離陸、上手い操縦、上手い着陸を目指します」
 
乗客「ん?事故を最小限に?まぁいいや。がんばれー」
 
菅 「この飛行機を『奇兵隊号』と名付けたい」
 
乗客「なんだ?んなこといいからちゃんと操縦しろ」
 
 
乗客「そういやこの飛行機はどこに向かってるんだ?」
 
菅 「当面の目的地は、前の操縦士が自動操縦の設定をした
   ハワイを一つの参考にしたい」
 
乗客「ハワイかよ。」
 
菅 「そう受け止めてもらって結構だ」
 
乗客「何時頃到着予定なのさ?」
 
菅 「10時か11時か12時頃、到着予定です」
 
乗客「は?なんだその時間差は?どこ行くつもりなんだ」
 
菅 「行き先を決めるなんて一言も言ってない、参考にすると言っただけだ」
 
乗客「じゃーいったいどこに行くつもりなんだ!」
 
菅 「話し合おう。一人ずつ操縦室に呼ぶから来て」
 
乗客「なんで一人ずつなんだよ!ってゆうか飛行機揺れてね?」
 
菅 「揺れてなんかいない
 
乗客「絶対揺れてるって。ちゃんと操縦してるの?ってゆうか、操縦出来るの?」
 
菅 「揺れてるように感じるのは飛行機のせいだ。」
 
乗客「ちょw 飛行機のせいかよ」
 
菅 「揺れてるのは、椅子のせいだ、ハンドルのせいだ、前の操縦士が悪いんだ!」
 
乗客「こいつも駄目だ!操縦席から引きずりおろせ!」
 
 
現在、機長はコックピットに立てこもっている。
 
 
 
 
 
 
 
現在、西日本を中心に豪雨災害により多くの人が、被害を受けています。
 
政府の対策が全然見えてきません。
 
口蹄疫の対策も、口を開けば責任を擦り付ける発言ばかりです。
 
 
 
 
口だけの集団。
 
口車に乗せられる国民。
 
参議院選挙では、目が覚めた人も増えたようですが、まだまだのようです。
公開4日目で100万人突破 映画「踊る大捜査線3」
(J-CASTニュース 2010/7/ 8 13:50)
 
人気映画「踊る大捜査線」シリーズの第3弾「THE MOVIE 3 ヤツらを解放せよ!」が2010年7月3日から公開され、4日間で動員100万人を越えたことが配給元の東宝の調べで分かった。
邦画の実写興行収入1位を記録した「THE MOVIE2 レインボーブリッジを封鎖せよ!」は、夏休み中の3連休で100万人を越えた。これに対し、今作は、夏休み前にもかかわらず100万人を越え、前作の記録を抜く可能性も出てきた。
http://www.j-cast.com/2010/07/08070625.html
 
 
 
 
 
 
イメージ 1
 
              地獄のミサワの「女に惚れさす名言集」より つっちー(26)
                    (私が最近ハマってる、一コマ漫画です)
 
 
↑の乗りで、↓こんなの貼ってみたりして
 
【予告】踊る、大自民党・The Movie【リクエストに答えて】 
 
 
っけね〜  「踊る大捜査線」と間違えて
 
「踊る大自民党」貼っちゃった
 
 
 
 
 
深い意味は、ありません。
 
かっこいいから貼ってみました。

全61ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事