とあるイギリス在住の大学生による堕ぶろぐ

英国オックスフォード大学に通うとある日本人学生によるいわゆる「駄ぶろぐ」

ついにこのときが…

 今日からオックスフォード大学は正式に1学期がスタートします。
 長かった、本当に色々あった夏休みも今日で完全に終わり。もっとも世間の人からみれば「まだ夏休みだったの!?!?」とかって怒られそうですけどw

 今学期は……げ、週10個も講義ある…しかもワークシートが3つに同時進行で卒論…
 空手部もまたたくさんの新入生を迎えいよいよ部内での私の立場もあがってきたのでサボるわけにいかないし…バドミントンも同様…

 たぶん今日から8週間、ノンストップです。下手すると日本にいて時間の合わない何人かとはメール以外音信不通になりかねんかも…

 12月3日のゴールをめざして。駆け抜けるしか、ない。

この記事に

開く コメント(18)

開く トラックバック(33)

よりかかり

 人は一人じゃ生きていけない
 人はみんな誰かに寄りかかって生きている

 俺に寄りかかる人もいれば
 俺が寄りかかってる人もいる

 俺に寄りかかりながら
 俺が寄りかかってる人もいる

 そういう人たちに対してどう接するべきなのか
 感謝と謙遜の気持ちを忘れてはいけないのではないか

 自分に寄りかかってくる人が少し面倒だからって
 冷たく接していいわけない

 それは自分が寄りかかってる人がどんな理由にしてみても
 寄りかかれなくなったときわかる

 冷たく接したつもりじゃなくても
 そううけとられることもある

 優しく受けとめてあげたいのに
 心に余裕がないときもある


 だから、ごめん。冷たくしちゃった人たちへ。
 だから、ごめん。わかってほしいなんて言い訳して。
 だから、ごめん。またよりかかってきて?またよりかからせて?

 謝ってばかりもいやだけど。ごめんって言わなきゃいけないときはある…

この記事に

開く コメント(0)

Black Out

 まるで夢を見ていたような
 そんな時間はただのまぼろし?

 思い過ごしならかまわない、
 馬鹿みてるだけでもそれでいい。ただ

 あの日どこかでかみ合った
 歯車が今きしんでる

 声も届かず目も見えず
 不安の闇だけ続いてる


 ほんの少しの言葉たち
 その言葉たちが胸をえぐった

 それはあまりに絶大で
 光の世界を闇に染めた

 でも言葉じゃ全ては伝わらない
 大事なのは言葉だけじゃない

 信じる心とその想い
 この世で何より強きモノ



 お願い、気付いて、信じて……!
 俺はずっとここで待ってるから…

この記事に

開く コメント(0)

旅の記憶編、その2

イメージ 1

 というわけで2日目。
 この日は名古屋を出発して妻籠まで行く予定だったんですけど直接妻籠に行ってもつまらないということでまずはせっかく名古屋にいることだし先週オープンしたばかりの「愛・地球博記念公園」に寄っていこうってことに。

 ところでこの公園、メインのエリアで今オープンしてるのは森、風、水の3エリアなんですね。
 入ったところから坂を下りてまず大観覧車(エアコン完備がありがたかった)、愛知万博で活躍したロボットを展示してあるロボット資料館を見てからまず森エリアへ。ちなみに上の写真は大観覧車から見た記念公園の一部です。
 なんか妙に蒸し暑い中「森の音をきこう」みたいな集音管とかそんなものを試しながら通過して風エリア。今度は大きな滑り台とかトランポリンもどきとかジャングルジムみたいな遊具があって3人ともハイテンションのまま文字通り飛ぶは跳ねるわの大騒ぎ。
 そして汗をかいたまま水エリア…ここだけ大量の家族連れがいたんですがそれもそのはず、エリア全体が浅いプールみたいな感じでその中に水力運動なんかを体感できる機械や意味もなく水を噴出し続ける噴水がたくさんあるんですね。涼しい。
 で、やっちゃいました。最初は靴と靴下を脱いで足を浸していただけだったのに最終的には3人とも服を着たままびしょびしょに(笑)まぁかなり晴れてましたしそこからまた20分くらい歩いて駐車場に戻る頃には車に乗れるくらいまでは乾いてましたけどね。


 で、そこから妻籠へ。
 妻籠自体は江戸時代からの面影を残す非常にゆったりとした町ですから特にたくさん何かをしたわけじゃないです。本当に五倍くらいゆっくりと流れる時間の中で日本の田舎を堪能したというか。到着したのが夕方でしたからしたことだけ書くなら適当に宿泊してた民宿の周りを歩いてから早めに夕ご飯を頂いて、それから夜の妻籠の町並みを散策しただけって感じですです。単純に言うと、言葉にできない(笑)
 あれはこんなところで言葉にできる感覚じゃないですね〜。本当にいい場所です。ずーっとゆったり過ごしていたい、そんな場所。雰囲気だけでも味わいたい人はhttp://apple3.cool.ne.jp/chubu/nagano/tsumago.htmをご覧になるか適当にグーグルなんかで検索してみてくださいな。


 そんなわけで街中のシティホテルから一転、文字通り江戸時代から続く民宿にて宿泊の2夜目でした。

この記事に

開く コメント(2)

 はい、というわけで今朝5時過ぎに無事に帰還しましたー。夜10時過ぎにお台場を出て高速に乗りそのまま途中S君と交代で運転しながら7時間ぶっ飛ばして帰ってきました(笑)

 旅の全容はさすがに書ききれませんがこれからしばらくは旅の記憶を書いていこうかなと思います。そんなわけで早速その一。


 初日は朝10時ごろに家を出て伊賀上野、忍者資料館を訪ねました。最初に通された忍者屋敷では一見何の変哲もない農家のありとあらゆるところに隠された秘密のどんでん扉や隠し階段、保管庫などを実際に体験してそれから資料館へ。
 資料館ではいろんな種類の武器や防具、技などの展示を見て(仕込み杖に感心した記憶があるなぁ)それから「実演ショー」がちょうど始まる時間だったのでそっちへ。
 この実演ショー、月曜日でしたしまわりが小さい子供連れの家族ばっかりだったのでてっきり遊園地の正義のヒーローショーみたいなちゃちなやつかと思ったら…とんでもない。開始早々真剣(ホンモノ)で固く縛った茣蓙の束をザシュザシュと斬りとばすはこれまたホンモノの手裏剣を遠く離れた木の板にドスドスと投げつけるわ(本物の手裏剣って鉄製でものすごく重たいからカカカッ!という音どころかドカドカドカッ!って感じで木の板に刺さるんですね…)挙句の果てに忍者二人の演舞では実際に片方の持ってる木刀もどきをもう一人が十手で叩き折るわ…ものすごい迫力でしたw

 そして伊賀上野を堪能した後はまた車でそのまま名古屋まで。
 夕ご飯には専門店で名物の味噌カツを食べて名古屋泊。初日から結構ハードでしたw


 ちなみにこの日の昼は伊賀上野で地元の人にきいてオススメされたとあるレストランのハンバーグステーキだったんですが…この旅の最中にハンバーグをあんなに食べることになるとはこのときはまだ知らなかったのです…

この記事に

開く コメント(0)

東京から

 えーと、ホテルのフリースポットから更新。あんまり時間ないから短いですけど…

無事旅を続けております(笑)

 明後日帰ったら詳細を書きますー。
 とりあえず途中で倒れたりはしてませんのでご安心を!

 ではでは…

この記事に

開く コメント(0)

 名古屋のホテルから更新。
 今日は天竜川下りをする予定だったのですが船会社から連絡があってやっぱり今日の便も全て欠航となったそうです。まぁ無理ありませんよね…一昨日まで氾濫してたわけだし。

 しかたないので今日はゆ〜ったりと旅していきます。途中どっかで適当に降りたりするかも。
 最終目的地は妻籠で間違いないんですけどね。民宿とってあるし。

 んではいってきまーす!

この記事に

開く コメント(0)

いってきます!

 というわけで明日から旅に出ます。詳しくはhttp://blogs.yahoo.co.jp/blue_wing_dark_angel/37821056.htmlね。
 で、まぁそれにともない残念ですけど毎日更新連続記録は今日までってことになりそうです。旅先でネット使えるとは思えないもの。思えば今年の3月14日にある人に言われてはじめてから4ヶ月と10日。本当にいろんなことがあったなぁ(笑)

 それもこれもひっくるめて今の自分。そして明日から旅に出て帰ってきたときの少し成長してるかもしれない自分もまた自分。友達と気楽に行く1週間くらいの旅で劇的に何かが変わるとは思わないけど、ナニカをつかめたらいいなぁとも思ってます。まずは無事に帰ってこれるかってとこですけどね〜。

 というわけで、いってきます!
 あ、もちろんこれからも毎日更新できるとは限らないけどできる限りがんばっていくのでよろしくです♪

この記事に

開く コメント(0)

 今日は地元の花火大会でしたー。
 私自身イギリスにいたときからずっと祭りに行きたかったので思う存分堪能してきましたよ!
 たこ焼き、フランクフルト、から揚げ、りんごあめ、やきそば、あと他にもなんか食べたような気がしますが忘れました(笑

 花火自体も5000発とまぁ気合はいってたのと結構早めに会場にいって露店を冷やかしつつも浜辺でいいとこ取ってたので大迫力で楽しめてイギリス人2人も大喜びでしたねー。もちろん私もですが。
 ただとんでもない人ごみだったので帰りはバスを使わず家まで歩くことに(笑)。まぁそれでも30分強ほどで帰ってきましたけどね。

 とりあえず疲れたので今日はもうすぐ寝ます。またメモリーカードから読み込んだら(へたくそですが)花火の写真アップするかもです。では〜。

この記事に

開く コメント(0)

 というわけで昨日は心斎橋のあたりをうろついてきたのですが午後すこし時間が余ったので心斎橋のROUND1でボウリングをしようという流れに。
 でもねー、なんでそんな流れになったのかわからないくらい3人ともボウリングが下手なんですよね(笑)

 私が一番まだましなんですがそれでもアベレージ100前後。そのくせ直前に道頓堀のあの「くいだおれ人形」のお店でアホみたいに昼食食ったところだったのでテンションが激高。3人で意味もなくゲラゲラ笑いながら一番端のレーンでボールを投げまくってました。それも投げた直後にガターに入る率60%、そもそも指がすっぽ抜けてロフトボール(ボールが飛んでガゴン!ってなる)率20%、変な投げ方に挑戦してみる率30%みたいな。(完全にナニカに酔っ払ってたな、あれは…)

 たまたまとなりのレーンは同じような学生の集団だったからまぁ騒いでててもお互い様って感じでしたけどこれで隣が一人で集中して練習してるのプロとかだったら迷惑だっただろうなぁ…ちょっと反省☆
 大体3人で3ゲーム、90フレームもなげてストライクが全員合わせてたった6回とかどうよ(笑)「G/−」(1フレームで2投ともガター)の数は優に20を超えてるのに。
 ちなみに最終スコアは3ゲーム合計で3人それぞれ上から213,181,181。うまい人なら1ゲームで越えられそうな得点です。ってか181で同着2位ってのがすごい。平均60…

 とりあえずもうしばらくあそこのボウリング場にはいけないなぁ…店員さんすんごい冷たい目で見てたもんなぁ…今ここで懺悔します。「ごめんなさい!はしゃぎすぎました><」
 しかしもちろん私たちが英語で騒ぎまくってたため注意するにも怖くて(?)できなかったらしいあの女性店員さん、ちょっと可愛かったのは秘密♪ なにか言いたそうにレーンにきてはおろおろしてしばらくこっちをちらちら見てみるんだけどそのうちしゅんとして帰っちゃうのよね(笑)
 最初に申し込む時ちゃんと私は日本語使ったんだけどな…忘れてたんだろうなぁ…

この記事に

開く コメント(0)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事