MiOの避難所 旧館

主に西武鉄道とか鉄道模型とかの話をしている避難所です

ブログ開設9周年

当ブログは、先日の5月17日をもって、開設9周年を迎えることになりました。相も変わらず週一更新で、Yahoo!ブログも終了してしまう今日この頃ですが、これまで続けてこられたのは、読んで下さる皆様、コメントまで頂けている皆様方のおかげです。有難うございました。

と言ったところで、今回は「9にちなんだ車輌」の写真を行って見たいと思います。

イメージ 1
西武鉄道9000系(9107編成)

9で始まる、と言うと、機関車はSLの9600形か、新幹線用位しか居ないのではないでしょうか。手持ちの写真の中で一番最初に思い付くのは西武鉄道の9000系。写真は既に廃車となった9107編成です。

イメージ 2
東武鉄道9000系(9050形9151編成)

9000系は東武鉄道でも現役です。京王電鉄にも東急電鉄にも居ますね。小田急電鉄の9000系はもう居なくなってしまいました。

イメージ 3
近江鉄道900形(901編成)

元西武新101系(269編成)の近江鉄道900形です。私が以前訪れた時の写真で、「淡海号(おうみごう)」だった頃です。今は塗装が変わり、2代目「あかね号」として走っています。

頭に9が付く車輌はこの位のようでしたので、その他の9が付く車輌を探してみました。

イメージ 4
EF59(EF59 11)

高崎に居た補機用電気機関車です。今は碓氷峠鉄道文化むらでEF53 2に復元されているそうです。

イメージ 5
ED79(ED79 15)

函館にて。青函トンネルで活躍していた頃のED79です。

イメージ 6
209系(209系3000番台)

そろそろ苦しくなってきまして、209系。

イメージ 7
189

189系。GU塗装の臨時あずさとか。

イメージ 8
タキ1900形(太平洋セメント)

先日三岐鉄道で見かけたタキ1900。おなじセメント輸送専用タキ1900ですが、かつて西武線で見かけたタイプとは細かい形状が結構違います。

最後に、折角ですので、Yahoo!ブログでの9年間をざっくりまとめてみました。車輌加工は細かいグレードアップや小改造を除いています。こうして見ると、実質7年ですが、中身の薄さが感じられます。

【2010年】 ブログ開設。2ヶ月ほどでネタ切れ(^^;;)。
【2011年】 休眠ブログ。
【2012年】
古い西武鉄道車輌の写真をUPするシリーズ。 
10月から西武鉄道車輌の改造ネタが開始。551系4連、601系。
【2013年】 411系(1次車)、101系分散冷房車、クハ1411形。
【2014年】 クハ1411形リベンジ、551系4連(2編成目)
【2015年】 701系非冷房車
【2016年】 451系6連
【2017年】 801系非冷房車、411系(3次車)
【2018年】 展示台工作。1作目。
【2019年】 351系2編成。

以上、だらだらととりとめのない書き方で申し訳ございません。Yahoo!ブログでの更新はあと僅かとなりましたが、今後も宜しくお願い致します。


流石にアクセスカウント数のペースが落ちてきました。アクセス解析もしていますが、結果Yahoo!経由でFC2に行くアクセスがそれ程多くないという意外な結果も。

それはさておき、FC2ブログにて新館を正式に立ち上げています。
今後はFC2ブログにて、宜しくお願いいたします。

開く コメント(0)

流石Yahoo!ブログ。ブログを移行しているにも関わらず、アクセスカウント数のペースが殆ど変わりません。移行ツールに問題がでるからか、予約投稿にも制限が入ったようですが、ひとまず5月中は並列更新と行きたいと思います。

それはさておき、FC2ブログにて新館を正式に立ち上げています。
今後はFC2ブログにて、宜しくお願いいたします。


三岐鉄道の鉄旅の続きです。

イメージ 1

西武鉄道701系の冷改車と言えばこの塗装、という西武イエロー一色塗りです。正直当時はこの一色塗りはあまり好きでは有りませんでしたが、一番長く見てきて、何度も乗り、慣れ親しんだ塗装でもあります。

続きはFC2ブログの「MiOの避難所 新館」にて・・・

開く コメント(6)

流石Yahoo!ブログ。ブログの移行ツール提供延期ということで、終了のスケジュールも延期をしそうな気配です。案外と年越しまで更新できたりするかもしれません(^^;;)。

それはさておき、模型車輌記事が一段落したところで、FC2ブログにて新館を正式に立ち上げることにしました。
こちらにて、今後は宜しくお願いいたします。


昨今仕事でいろいろと有り、このゴールデンウイークもどこにも行かずに過ごしそうだったのですが、どうしても今見ておきたい、ということで、三重県まで家族旅行ではなく鉄旅行に出かけてきました。

イメージ 1

三岐鉄道三岐線で運用されている、801系の1編成(803編成:元西武鉄道701系771編成)が、西武鉄道時代の赤電塗装に復刻されたとのことで、ここは塗りたてのうちに一目見ておきたい、と思ったのです。

当日は生憎の雨模様でした。近鉄富田駅で早速のご対面。急行灯が点いています。そして黄色い電連カバーが・・・。

続きはFC2ブログの「MiOの避難所 新館」にて・・・

開く コメント(6)

「鉄道コレクションの西武351系から作った355編成タイプのNゲージ鉄道模型を修正して、タイプではない方向に何とかする」の第8回。こちらも完成編です。

イメージ 1

加工内容は353編成と同様なので割愛します。

イメージ 2
クモハ355
イメージ 3
サハ1336
イメージ 4
クモハ356

サハが偶数車なので元運転台の向きが351、353編成とは逆になります。クモハの抵抗器は旧式のものです。

気になっていた方もいらっしゃるかもしれませんが、サハ1336のレタリングリベットのその後です。

イメージ 5

拡大したり光にかざすとなんとなく見える程度の仕上がりです。むしろ埃の方が目立ちます。それでもリベット表現が全く無いよりは良いのではないでしょうか。

イメージ 6

これで無加工の鉄コレ西武351編成と合わせて、晩年の3編成が揃いました。この並びの眺めはなかなか良いです。

最後に展示台にも載せてみました。

イメージ 7

タイプではない方向に何とかしようという加工でしたが、途中で更なるエラーを発見したりして、結局タイプのままになりました。細密なディテールUPもしていませんが、鉄コレと一緒に楽しむにはこれで十分だと思います。

これにて西武鉄道351系の模型を作るシリーズは完了です。


今回は以上です。

開く コメント(10)

「鉄道コレクションの西武351系のジャンク品から353編成のNゲージ鉄道模型を作る」の第10回、漸く完成です。

イメージ 1

まずは353編成。ヘッドライトのレンズは0.75mm径の光ファイバです。表面にレンズの表現としてセメダインハイグレード模型用をちょっと盛って乾燥してあります。エポキシ接着剤を使うのと比べて溶剤分肉痩せしますが、小さいレンズには丁度良い具合になったようにも見えます。正面窓裏には鳳車輌製造の「民鉄窓越幕 所沢篇」という行先表示器ステッカーを透明塩ビ板に貼った物を微量のGクリアで接着しています。ダミーカプラーがあまり垂れ下がらないように、その部分の床板を切って0.5mm程少し削った上でシートパーツの方に両面テープで接着してありますが、カプラーと胴受との間にも遊びがあって少し下を向きがちなようです。

イメージ 2
クモハ353
イメージ 3
サハ1313
イメージ 4
クモハ354

パンタグラフはTomixのPS16P、動力はサハ1313にTM-07を組み込みました。床下機器は前述のとおり永井上石神井車輛工場さんの3Dプリンタパーツです。リボン式抵抗器の方を使っています。黄色い配管は台車に干渉しないように、かなり短めに作ってあります。それは良いのですが、床下機器自体も全体的に小さめに感じます。GMのオーバースケール気味な床下機器を見慣れてきているせいでしょうか。スケール的には合っているのかもしれません。

イメージ 5

拡大すると手すりの歪みが気になってしまいますが、個人的には老眼も手伝って肉眼では気にならないレベルです。

イメージ 6

355編成も当然同時進行で出来ています。長くなりますので近日中に次回に続きます。


今回は以上です。

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事