MiOの避難所

主に西武鉄道とか鉄道模型とかの話をしている避難所です
百均(ダイソー)のコレクションボックスを使ってNゲージ鉄道模型の展示台を作ろう、の企画です。踏切周りの工作からなかなか抜け出せないでいます。

まずは前回塗装した道路部分を少しだけ汚しを加えた上で線路上に設置しました。

イメージ 1

簡単に書きましたが、道路が反ってくるのを抑えながらの接着は案外と面倒です。

以前書きましたが、遮断機と警報機はジオコレのパーツを使います。遮断機はともかく警報機は少し印象と違う部分も有るのですが、今回はそのままにしました。

ジオコレパーツは一つの土台の上に遮断機と警報機と柵が乗った構成になっていますが、そのままの形では今回の展示台に合いません。そこで、ハイパーカットソーで土台を切り離して1つ1つに分離しました。

ボード上に並べて設置場所を確認します。

イメージ 2

写真で手前向きの警報機はボードの外にあるという想定で省略しました。土台を切り離したときに出来た穴はプラ板で塞ぐのではなく、瞬間・パテの粉を詰めて固めてしまうという手抜き工作です。土台の形状をざっとやすりで成形して、コンクリートブロックを想定してガルグレーで塗装しました。

イメージ 3

今回はアクリジョンの筆塗りです。この位の小面積で濃い色であれば、特に問題は感じませんでした。乾いた後に全体をエナメル塗料のスミ入れダークブラウンでコーティングをするように塗り、成形色のままの黄色部分とガルグレーの土台の色を落ち着かせておきました。


今回は以上です。
それでは、また次回。

この記事に

開く コメント(2)[NEW]

百均(ダイソー)のコレクションボックスを使ってNゲージ鉄道模型の展示台を作ろう、の企画です。なんだかんだと間が空きましたが、なかなか進んでいない状況です。

踏切周りの工作の続きです。全体を道路の色に塗装するところから・・・。ニュートラルグレーとガルグレーとホワイトを使って適当に調合した色を塗ります。

イメージ 1

今回、実験的な意味も込めてGSIクレオスの水性カラー、アクリジョンを使用しています。エアブラシ用うすめ液を使ってエアブラシで塗装をしましたが、物凄く目詰まりしやすいです。今回はそこまでやりませんでしたが、一色塗る度にエアブラシをクリーニングした方が良いかもしれません。

イメージ 2

少し薄いグレーを作ってマスキングして塗り分けて。

イメージ 3

途中の写真を撮るのを忘れましたが、歩道に軽く緑を。そしてラインをつや消し白で塗って、概ね完了です。停止線の位置が少し線路に近過ぎたかもしれません。


今回は以上です。
それでは、また次回。

この記事に

開く コメント(4)

250000アクセス

当ブログは、おかげさまで25万アクセスを超えました。有難うございました。20万アクセス達成は昨年の2月で、18か月かかりました。15万から20万アクセスは15か月でしたので、かなりペースが落ちてますね。

それはともかく、今回は25にちなんだ車輌を行ってみたいと思います。まずはこちら。

イメージ 1
キハ25形気動車

20の時のキハ20と同じ流れでキハ20系からキハ25です。渡り板の裏に25 304と書いてあります。キハ40との混結です。撮影場所は水郡線です。

イメージ 2
オハネフ25形客車

24系25形客車からオハネフ25。金帯の北斗星です。

25が形式名になっている車輌はこの位しか見つからなかったので、25で始まる形式から。

イメージ 3
251系電車

251系、スーパービュー踊り子です。仕事や旅行で何度か乗ったことが有ります。

イメージ 4
E257系電車

253(元NEX)、255(Boso View)を飛ばしてE257系あずさ/かいじ。個人的に仕事関係を中心に一番乗っている特急電車です。「あずさ./かいじ」は、いずれ全車E353系に置き換えられる予定だそうで、その後は踊り子に使われるとか使われないとか。

このブログではお馴染み西武鉄道では、25にちなむ形式というと・・・

イメージ 5
西武鉄道クモハ2505

西武新2000系の4連、クモハ2501他。実際には形式名は4連でも2連と同じクモハ2401形です。

西武101系には200番台の車輌が居ますが、形式名的には200番台は有りません。

イメージ 6
西武鉄道クハ1252

西武新101系の1251編成。251Fとも呼ばれます。今は近江鉄道の水色塗装な編成ですが、まだ白かった頃の写真です。

最後になりましたが、拙いブログに沢山のアクセスを頂き有難うございました。これからも宜しくお願いいたします。


今回は以上です。
それでは、また次回。

この記事に

開く コメント(8)

先日池袋に用事が有り出向いたついでに、ずっと行ってみたかった場所でちょっとした展示会をやっているという情報を目にしていたので、立ち寄ってみました。

そこは巣鴨の「さかつうギャラリー」です。この日は鉄道模型誌面で良くお見掛けする鉄道模型ジオラマの作者、西村慶明氏の個展「KeiMei展」が開かれていたのです。

「さかつうギャラリー」は初めて行ったのですが、常設と思われるNゲージを含むジオラマ達が入口から攻めてきます。中に入ると、ちょっとしたスペースに、いくつかのジオラマが所狭しと展示されていました。

イメージ 1

こんな感じに。1/80、1/45と、少し大きいサイズとなる縮尺ながら、1/150のNゲージのジオラマにも使えるくらいの繊細な作りで細かく作りこまれていました。インターネットに写真をUPしても良いとのことでしたので、いくつか載せますが、何ともリアルな風景に感銘しました。

イメージ 2

細部を写真に切り出すと、リアルな感じが伝わり易くなると思います。この冬の情景も凄かったです。人形が生き生きとしています。

イメージ 3

木造車庫の、汚れていますが現役感のある感じや、地面の汚れ方までリアルです。草や木の生やし方も大変参考になりました。

実は「さかつうギャラリー」がどんな場所だか全く知らずに行ったのですが、基本的にはジオラマ用品を中心としたお店だということが今更ながらに分かりました。ここに来れば大概の用品を見て比べながら選べるというのは大変有難いことだと思います。通信販売はどうしても一覧性に欠けますし、何より小物数個だと送料がかかってしまう場合が多いので。池袋から程近い立地は、幸いなことに私にとっては便が良いですし、今後はレイアウト・ジオラマ関連で欲しい物、探し物が有ったらここのお店を訪ねることにしたいと思います。

KeiMei展は7月29日まで開催されているそうですので、興味のある方は是非。


今回は以上です。
それでは、また次回。

この記事に

開く コメント(8)

先日の多摩川線訪問撮影では、最後に動画も撮影してみました。

イメージ 1

風も有り、手持ち撮影なのでなかなかのブレ具合です。
そして、フリーで使える新しいビデオ編集ソフトのテストも兼ねて作ったので、やっつけ感が多少あります。お見苦しい点があるかと思いますが、申し訳ございません。


西武101系イエローツートンと赤電( https://youtu.be/FDQwgMukG3I

コンパクトデジカメは、スマホカメラよりは手の込んだ動画が撮れますが、ゆっくりズームアウトとかそういうのはなかなか上手く行きません。折角動画も撮れるので撮った、記録的なものだと思ってください。


今回は以上です。
それでは、また次回。

この記事に

開く コメント(4)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事