MiOの避難所

主に西武鉄道とか鉄道模型とかの話をしている避難所です
しばらくの間西武新宿線に行っていた西武30000系の「ぐでたまスマイルトレイン」ですが、西武池袋線に帰ってきています。版権の関係か、この12月でラッピング終了とアナウンスされていますので、最後の機会かもしれないと思って見てきました。

イメージ 1

池袋駅で。ぎゅでちゃま顔の方ですね。

イメージ 2

プリンにされてもぐでてます。全面ラッピングなので期間終了後は黄色一色に、などという事も無く、元のスマイルトレイン塗装に戻るものと思われます。

イメージ 3

やはりこの顔ですね。面白いラッピング企画でした。


今回は以上です。
それでは、また次回。

この記事に

開く コメント(3)[NEW]

いろいろ有ってモチベーションも上がらず、模型工作が全く手に付かない今日この頃です。

そんな中、鉄道コレクションの第27弾が発売されました。今回の鉄コレには西武401系が含まれています。事業者限定モデルの西武401系(1次車)に続き、2発目の西武401系のNゲージ鉄道模型の完成品といった感じの製品です。

今回の401系は製造時(改造前)の411系としては3次車にあたるのですが、改造時期の都合で雨樋が高い位置に有りながら、ドアがHゴム支持という変わり種で、427編成の特定モデルになっています。どうやらドア窓Hゴム支持のガラスパーツを流用したかったという事のようです。

イメージ 1

行先が東村山行きなので、国分寺線か西武園線での運用が想定されているようです。

そんなこんなで、何とか入手まではしたのですが、ご覧のとおり手付かずです。

イメージ 2

基本的には鉄コレ第7弾の設計が踏襲されているようです。奇数車の列車無線アンテナ取り付け位置指定の間違いも事業者限定の時と同じなのでしょうか(屋根を外さないと分からないので・・・)。

年内にはN化セットアップをしたいです。他の車輌との色比較も(^^;;)。


今回は以上です。
それでは、また次回。

この記事に

開く コメント(8)[NEW]

展示台の製作が一段落したところで、次の工作までの間はネタ不足となりがちな時期です。

次の工作にさっそく取り掛かる、とはなかなか行かず、だらけています。そこで今回は、少し前にレンタルレイアウトに行ってNゲージ鉄道模型を走らせた時の画像を掲載させてもらうことにします。1年以上ぶりの山梨県鰍沢のレール・パル351での独り走行会です。

イメージ 1

KATOの西武5000系レッドアローです。ラビーだかラビューだかいう新型特急で盛り上がっていますが、元祖レッドアローの5000系はなかなかカッコ良くてやはり良いです。

イメージ 2

もちろん西武赤電車輌の編成も走らせました。先頭から801系、411系、701系の4+2+4の非冷房10連。西武鉄道ならではな感じの編成の組み方をしてみました。

動画も撮ったので編集してYoutubeにUPしています。

西武鉄道5000系レッドアロー

西武鉄道801系非冷房車他赤電編成

やはり風景の中を走らせるのは良いものです。Nゲージ鉄道模型は走らせてなんぼ、です。


今回は以上です。
それでは、また次回。

この記事に

開く コメント(8)

百均(ダイソー)のコレクションボックスを使ってNゲージ鉄道模型の展示台を作ろう、の企画です。ひとまず完成ということで、試しに実際にNゲージの鉄道模型車輌を乗せて撮影をしてみました。

イメージ 1

モデルはアイコンにも看板にもなっている西武クハ1411です。まずは看板と一緒に。

イメージ 2

踏切のところで撮影するのもイイですね。

イメージ 3

他の車輌とすれ違う感じも出してみました。

イメージ 4

行先がどちらも西武新宿行きなのは気にしないことにして下さい。

イメージ 5

この展示台は逆側からも撮影ができます。例えばこんな踏切待ちの光景とか。

イメージ 6

こんな角度からもそこそこ絵になりそうな感じで良かったです。

これにて今回の展示台工作の連載は終了です。次はどうしましょう。展示台はもう一つくらい欲しいところのものですが・・・。


今回は以上です。
それでは、また次回。

この記事に

開く コメント(12)

百均(ダイソー)のコレクションボックスを使ってNゲージ鉄道模型の展示台を作ろう、の企画です。第15回です。今回でひとまず完成?とします。

土地が狭いというのは何かと不便なもので、一般的に売られている複線架線柱がほぼほぼ使えません。仕方が無いのでジオコレのローカルっぽい複線架線柱の幅を切り継めて使います。

イメージ 1

この架線柱はトラス構造部分がないので切り継ぎ易かった、というのが一番の理由だったりします。一応4本作りました。全体をガルグレーで塗装して、アングル部分をエナメル塗料のフラットアルミで、碍子をフラットホワイトで筆塗りしました。

ちなみに手前の黒い四角いのは建物の裏側の蓋です。

イメージ 2

架線柱間隔は実物通りにすると30〜40cm離して設置することになるのですが、模型的には広過ぎるので、今回はこのモジュールに3本としました。クリアケースで蓋をされることも有って高さをかなり低く抑えたので、架線を張れば架線集電ができそうな位です。

イメージ 3

建物等をゴム系接着剤で設置して、クリアケースに背景を貼って、ひとまず完成とします。細かく言えば、もう少し線路回りにいろいろと置きたい気もしますが、それは追い追い、ということにしておきましょう。

イメージ 4

普段はこんな感じでプリンタの上にインテリアとして置かれます。

手持ちの余り物の室内灯をちょっと加工して・・・

イメージ 5

イメージ 6

照明を付けてみましたが、微妙な仕上がりに。もう少し照明範囲が広い方が良かったみたいです。


今回は以上です。
それでは、また次回。

この記事に

開く コメント(6)

[ すべて表示 ]


.


みんなの更新記事