日本保守ニュース 反中朝韓 反パチンコのブログ Y

安倍政権支持 保守的な立場からニュースや政治時事を観ます

全体表示

[ リスト ]

ツイッターアカウント
@moriezokikorro
管理者いち生物個体につき初登録かつ副アカウント等未作成
現時点で各種コメント投稿、機能及びフェースブック等未利用


メディアによる安倍首相病気揶揄、傷害罪の可能性も

公開間近のかわぐちかいじ原作「空母いぶき」という映画の出演者、佐藤浩市の雑誌インタビューが安倍首相の病気揶揄であるとして、大きな批判を浴びた。

自分としては空母いぶきとかわぐちかいじ自体の問題点に脚光が当たって欲しいと思っているが、大勢は「原作は素晴らしいのに映画はダメな様だ」という意見らしい。自分は「太陽の黙示録」で易姓革命思想を描いた時点で一発アウトであり、単なる左翼や左派という物と違い、易姓革命=事実上の天皇打倒の示唆を描いた時点で自分の中ではもはや一切評価したくない。自衛隊の活躍を描こうが関係無い。

「空母いぶき」が人気かわぐちかいじ作「ジパング」への疑問

国が燃える「南京大虐殺の描写問題」とジパング22あとがき

本題に戻るが、佐藤浩市の発言、当然保守派は猛反発する中、左翼連中は「これが何故安倍首相揶揄なのか?」という物から「それくらいいいじゃないか」という物まで差があるが擁護している者も多い。

「(総理大臣役を)最初は絶対やりたくないと思いました(笑)。いわゆる体制側の立場を演じることに対する抵抗感が、まだ僕らの世代の役者には残っているんですね」
「ストレスに弱くて、すぐにお腹を下すっていう設定にしてもらったんです」

自分はもちろん保守派の方々の意見と同じく、完全にアウトだと思っている。当然日本には思想信条の自由があるから、佐藤が反権力だろうと何だろうとその点は知らない。

ただ問題は反権力なので、お腹を下すっていう事を「批判精神」として盛り込んだと解釈できる点にある。多くの方が指摘する通り、病気揶揄は批判精神では無い。これはヘイトスピーチに当たり言葉の暴力、中傷以外の何者でも無い。

安倍首相であると断定出来る理由

左翼の一部が「これが何故安倍首相の揶揄なのか?」という批判は当たらない。何故なら左翼マスコミの中で腹痛は安倍首相の揶揄として共通認識が存在するからである。その前提からすれば、政治家で殊更腹痛をあげつらうのは安倍首相と断定して当然だと言える。むしろ腹痛がストーリー展開上どうしても必要な要素な場合、俗にある「安倍首相腹痛揶揄」とかぶらないように配慮すると思われる。この辺りは以前のブルーリボンバッジ揶揄と全く同じ構造と言える。

安倍元首相の「腹痛」を揶揄  「とくダネ!」に疑問相次ぐ
2012/9/28 20:01J-CASTニュース

自民党新総裁に選ばれた安倍晋三元首相について、フジテレビ「とくダネ!」の出演者が「お腹痛くなっちゃって辞めちゃった」という発言をしたことに、ネット上で疑問が相次いでいる。安倍元首相は、多くの患者がいる難病を患っていたからだ。

朝日記者、首相の持病やゆ「またおなか痛くなっちゃう」 批判受けツイート削除
zakzak2017/02/15

フジ政治ドラマで「しんぞう」議員が「腹痛」動作で当選辞退 「こういう揶揄は止めた方が良い」
2017年10月31日 19時14分J-CASTニュース

これ以外にも恐らく細かい場所で左翼勢力が安倍首相の病気を矮小化して腹痛として揶揄している。もはや共通認識として安倍首相の攻撃手法として存在すると考えるのは普通で、「安倍首相は関係無い」は未必の故意みたいなトボケ方だろう。

何故左翼は人間として最低な「病気揶揄」をするのか?

例えば麻生太郎は口が曲がっている。それに少し近いので言えば安倍首相は時折発音というか呂律がまわってない時が昔多かった気がする。これは物真似で言えば差別に当たるかグレーゾーンな範囲だろうから、麻生太郎が口が曲がって様が、安倍首相の口真似をしようが、それについて「けしからん」とか言い出さないのが日本がまとな民主主義国家な部分と言える。中国なら習近平の暗喩とされる熊のプーさんまで隠されるらしい。ぜんぜん違う。

所が病気は揶揄は全く違う。

病気やけがは誰にも避ける事が出来ない不幸であり、こうした物を揶揄する事は批判精神では無い。所が左翼の中には「腹痛揶揄は権力者への批判精神だ」と言い張る者が居る。

ではこうした事を正当化する連中とはどういった連中かと言えば、選挙で勝てない、自分の掲げる政策が民衆に支持されない、論議、議論で太刀打ちできない連中が大半である。

そうした連中の多くが「政治権力による圧力で自分の支持政党や政策は民衆に浸透しない」というフラストレーションを抱いており、その揚句に「相手が権力による弾圧という暴挙に出るのならば、自分達も病気揶揄という言葉の暴力に出ても良い」という都合の良い「自己正当化の思考」を持っているのだと推測する。

上記発想は2点でおかしな部分がある。

一つは自分の支持する政党や政策が広く民衆に浸透しないという理由を「権力の弾圧による為」という発想。そういう事を言う連中の多くが「NHKは政府に支配されている」とか言い出す。アノ反日NHKが政府に支配されてるとか信じられない発想だが、「常識で考えれば放送を避けるべき内容」を避けただけで「政府に支配されてる」とか言い出すのだ。

もう一つは普段「憲法九条守れ」「侵略されても話し合いで解決」「侵略されても我慢する」等々言っている連中が「相手が権力による弾圧(根拠不明)しているのだから、自分達も病気揶揄という言葉の暴力を当然の様に使って良いのだ」という報復の論理を振りかざしている点である。何故自分達が安易に報復を容認するのに、他人には異常な程の平和主義を強要するのか。

メディアによる安倍首相病気揶揄、傷害罪の可能性も

とにかく恐らく反日マスコミ勢力の中の共通の「符号」として腹痛揶揄は「正義のロビンフット的行動」として独善的に広く認知されていると思われる。

しかしそれは自分は傷害罪の可能性があるのではないかと思っている。

今ネットで調べた範囲の話だが、傷害罪とは物理的な怪我が生じる物だけでは無くて、悪戯電話や無言電話、大音響で生活の邪魔をする等々の行為で精神疾患を患ったり悪化した場合も傷害罪の可能性があるという。

1 行っている当人らがはっきりと安倍首相と持病の認識をしている。
2 多くのマスコミ関係者や作家が共通のモチーフで病気を揶揄している。
3 映画やドラマと言った不特定多数への影響力が大きいメディアを使用している。

こうした物の影響から仮に安倍首相の自病が悪化した場合、自分は明確に傷害罪ではないかと考えている。映画やドラマで一個人を攻撃する事は、自分は殺人にも等しい行為だと思っている。よく車は凶器であるという。自分は放送という本当に人を殺して来た凶器を扱う者達がヘラヘラ笑いながら気に入らない人間を攻撃している事は、ナチス・ヒトラーのガス室と全く同じだと思っている。

所が実際にはこれを裁判化して戦う事は安倍首相にとって印象悪化のマイナスにしかならない。もちろん告訴自体も難しいかもしれない。当人らが「似た名前の人物なんて五万と居る」と言えば逃げ切れる可能性もある。

しかし自分は明確にこれは一線を越えた傷害罪であると思っている。

特に安倍首相や自民党は明確に「ヘイトスピーチ反対」を掲げている。所が普段ヘイトスピーチ反対と言っているマスコミの方がヘイトスピーチ同様の犯罪を繰り返しながら、(病気揶揄以外の)まっとうな民主主義的批判を封じる事に繋がってはいけないという安倍首相の当然の発想から問題にしないという「真面目さ」に図々しく乗っかり、こうした行動を繰り返すのはテロリストが民主主義を破壊するのと同じであると思う。

イメージ 1

イメージ 2

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事