ちびっこライダー

令和は韓国との国交断絶が叶う時代になりますように。

全体表示

[ リスト ]

タンザニア、一帯一路計画停止「狂った人にしか受け入れられない条件」


東アフリカの国タンザニアは、国の財政状況を理由に、中国共産党主導の1兆円規模の港湾建設計画を中止した。インド洋に面したバガモヨに建設するこの大型新港は、アフリカ物流に関わる一帯一路計画の一つだった。

この新港は、習近平中国主席が5年前、タンザニアに訪問した際、同行した国内インフラ大手・招商局集団の傅育寧会長とムギムワ財務相が合意した計画。中国側は、港湾までの周辺道路のインフラ建設も担当する内容だった。しかし、当時のジャカヤ・キクウェテ大統領が2015年11月に退任後、後任のジョン・マグフリ大統領は同計画を重点プロジェクトから外した。

ジョン・マグフリ大統領はこのほど、現地メディアの取材に対して、同計画を強く非難した。資金調達と引き換えに中国から「搾取的で不合理な」内容を提示され、中国金融機関が「狂った人間にしか受け入れられないような厳しい条件」を設定したという。

「中国側は33年の抵当権と99年のリース権を求めてきた。港が稼働後、投資者の選定に私達は干渉することができない。彼らは、この土地を自分のものにしようとしている。さらに、私たちは港湾の工事費を負担しなければならない」と大統領は述べた。

http://www.epochtimes.jp/2019/06/44242.html

イメージ

・港湾建設の費用は後々返済してくれればいいからと甘々の融資で大きな港を作る
・しかしアフリカ人はビジネスができないから利益を出せない
・巨額な借金が返済できなくなる
・借金のかたに港を取り上げる
・アフリカに中国の軍港が出来上がり




それが中国と言う国なのです。

時代遅れの朝鮮サラ金手法

がっつり金だけひっぱって!

戦争してでも踏み倒したれ!

転載元転載元: 未来を見つめて 夢の彼方へ!


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事