ちびっこライダー

令和は韓国との国交断絶が叶う時代になりますように。

全体表示

[ リスト ]

【日韓併合前後の朝鮮⑭】売春婦(妓生)は公務員だった


"売春は朝鮮の伝統文化・主要産業であり、朝鮮は昔から売春大国だった。新羅時代から日清戦争後まで約1200年間も支那の属国だった朝鮮は、宗主国の支那への献上品の一つとして大量の「貢女」を毎年3000人以上を捧げてきた。高麗朝や李氏朝鮮の時代は、両班を中心とする階級社会の中で世襲の「妓生」制度があった。李氏朝鮮時代中「妓生」、一牌、二牌、三牌に分けられ、「一牌」の妓生は宮女に近い官位を与えられることもあり、今の北朝鮮の美女軍団「喜び組」のようにかなり高い地位となっていた。「二牌」の妓生は、「一牌」に成れなかったり 「一牌」から転落したりした落ちこぼれの集まりであり、住宅街の中で暮らしながら隠れて売春する者が多かった。「三牌」の妓生は、完全な娼婦であり、集落は売春宿となっていた。

日韓併合以前には、初潮前の少女を妓生(娼婦)とすることも多かったが、日韓併合後は公娼制度に組み込まれ、少女を妓生とする事は禁止された。
戦中は、朝鮮人売春婦も日本人売春婦に混じって「慰安婦」として大金を荒稼ぎした。
もちろん朝鮮戦争でも朝鮮人売春婦たちは洋公主と呼ばれ商売に励んだ。
戦後も韓国では 外貨獲得のために国営妓生と呼ばれる売春業を盛んに行った。
このように朝鮮における売春婦(妓生)は、歴史的に公的な身分の一つだったし、戦後も外貨獲得のための国家政策となっていた。





文さんに教えてやれよ、朝鮮人は大昔から売春婦を公務員としてた。
今でもその風習が残ってるって。
売春婦は稼ぎまくってtたんだよ。

転載元転載元: 未来を見つめて 夢の彼方へ!


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事