BLUE THUNDERS

一本一本魂こめて・・・

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

今日のBLUE THUNDERS

本日は当店にてご購入頂いたZ1の納車準備。
イメージ 1

細かい所をコツコツと。マフラー等は変わっていますが殆ど純正のZ1

カスタム車輌ばかりのイメージですがそんな事ありません。

少し気の使うポイントが違いますが、

カスタム車輌同様、当社の技術を注ぎ込み製作致しました。

今週末は鈴鹿2&4の為二人とも店に居たり居なかったりなので

今週はご来店頂かないようお願い致します。

今日のBLUETHUNDERSでした。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日のBLUE THUNDERS

4月に入り、全日本等々色々とレースが始まり、

店におらず、なかなかとブログ更新が出来ず申し訳ありません。

本日は久しぶりに会社にて作業。

オリジナルマフラー取り付けです。

当社マフラーについて詳細を書いた事がなかったので本日は当社マフラーについて

オリジナルマフラーは4-2-1の構成ですが、

4-2-1の構成のマフラーは他社にても販売されていますが、

当社はエキパイ部にて38Φから45Φに曲げながら拡げていく

コニカルヘッダー構造にて制作しております。
イメージ 1
イメージ 2


日本国内でも 「曲げながら拡げていく」 技術にてマフラーを製作出来る所は殆どなく

現在の形になるまでに、かなりの時間を費やしてきました。

始まりは約10数年前、当社にてスーパーモンスターエボリューションを走らせていた頃より

エキパイ径、拡げ方、ジャンクション集合部の位置、ジャンクション形状など色々な事を試してきました。

エキパイを曲げげながら拡大していくことにより高回転にて径を拡大するにつれ、出力が得られるようになり

曲げてから拡大するよりも体感、測定結果も優れており現在の形に
イメージ 3
イメージ 4


ジャンクション部をしっかりとセパレート構造にする事により、しっかりと中間域での出力が得られ

エンジンブレーキが軽減されます

他にも沢山のパターンを試したうえで、性能を第一としてビジュアルを含め現在の形となりました。

形状、構成は似ていても他社ではなかなか真似出来ない技術にて、

スーパービルドマキシマムにて製作頂いております。

シャシダイナモに乗せずとも、装着頂ければ体感頂けると思います。

ちなみに下の画像は初期の頃のオリジナルマフラー

38Φで曲げてから42.7Φに拡大したもの。
イメージ 5

今日のBLUETHUNDERSでした。















この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日のBLUE THUNDERS

鈴鹿テストが終わり、曜日感覚が無くなって来た今日この頃

鈴鹿への移動は、得意のどこでもドアを使いほぼ記憶はなく、

起きたら東京に帰ってきました。

イメージ 1

コンプリート車輌のエンジンが塗装から戻って来たので

明日から加工の為、梱包から出して準備を。

エンジンは組み始めれば早いけれども

組みだせる為の準備にほとんど時間を費やす

明日からの加工を前に下準備の今日のBLUETHUNDERS

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

今日のBLUE THUNDERS

今週のBLUETHUNDERS

財布落とす事から始まった今週。

火曜日にパソコンが壊れて、慌て

水曜日に洗濯機が壊れ

木曜日にバイクリフトが上がらなくなり

慌ただしい一週間でした。

昨日パソコンが復旧してようやくブログが書ける今日のBLUE THUNDERS。

二人しか居ないので、こうやって仕事が遅れていくんだなと思う今週。

今週からコンプリート車輌の製作を開始しました。

イメージ 1


暖かくなって来たので、問い合わせも沢山いただきありがとうございます。

6月完成予定を目指し2台同時進行しております。

完成を待たずして売約してしまいそうなので、

Zをお探しの方はお早めにお問い合わせください。

今日Moto GP開幕なのに鈴鹿2&4テストの為観れない。

2人ともサーキットなので居りません。

今週はZX10Rからスタート!

今日のBLUE THUNDERSでした。









この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

先日もブログにあげましたAS UOTANI ORIGINAL PROGRAM / BT-03 ZEPHYR 1100

オンラインショップでの販売を開始しました。

長年かかりましたが、岩野が以前からやりたかったゼファー1100のオリジナル部品をようやく出すことが出来ました。

純正ゼファー1100の穏やかな加速特性は誰にでも扱い易い特性で非常に乗りやすいですが
サーキット走行等では、立ち上がりの加速がとても重要になってきます。

そこでASウオタニ様との共同開発によって
従来のプログラムからより低速からの加速とスロットルレスポンスを重視した仕様のプログラムを開発することが出来ました。

純正ブーストセンサー対応で3Dマッピング仕様。
イメージ 2

街乗りにも対応できるように、純正ブーストセンサーに対応しており、穏やかな特性にもすることが出来ます。
サーキット等のより速さを求める場面では、ブーストセンサーを外していただいくことで、
低速からの加速とスロットルレスポンスが大幅に向上します。
イメージ 1
シャーシダイナモでは、狙い通りの数字、データが出ました。
実走テストでも、走行したライダーはもちろん、外から観ている私達にも
明らかに加速が鋭くなっていることが確認出来ました。

立ち上がり加速に難があるゼファー1100の弱点を克服することが出来たと思います。
またSTDエンジンでレーシングキャブを装着した際のセッティグの難しさが大幅に改善されます。

サーキット走行等では、低速からの加速が大幅に向上した為、これまでの二次減速比ではコースと合わなくなる場合もあります。

ユニットのみの販売も出来ますので、従来のASウオタニ様フルパワーキットをご使用中の方にもユニットのみの交換でご使用できます。

本オリジナルプログラムユニットは、弊社からのみご購入いただけます。
また現在オリジナルマフラーの開発も進めています。  準備が整い次第ご報告します。

ゼファー1100ユーザーの皆様、ご検討よろしくお願いします。

BLUE THUNDERS

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全47ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事