なんとなく始めたRUNですが

2012年大阪マラソンが初フル!2014年防府読売で3:41:16(グロス)が自己ベスト!自己ベスト更新を目指す人のブログです。
早速とくしまマラソンのレースを振り返ります。
カブさんに追いついてからしばらくはいい感じで走れてた。ただ北西の空に黒い雨雲が見えていて、風も少しずつ向かい風となって吹き始めた。
13Kぐらいで振り返るとカブさんとの距離が開き始めた。キロ6ぐらいにペースを落とし様子を見る。
そんな15Kまでのラップ
イメージ 2
13K過ぎてカブさんが辛くなり始めたタイミングだけどそこから14〜15Kと粘り強く走っているのが分かる。
15Kを過ぎてトイレに立ち寄ったカブさん、既に大量の汗をかいている。ひょっとしたら体調があまり良くないのかも、その後のエイドで歩きながら給水を撮るカブさんを後方からパチリ。
イメージ 1
とくしまマラソンは大塚がスポンサーなので、給水はアミノバリューやOS1が出て来る。ありがたや(^^)

この後は全くペースが上がらず、私もトイレに駆け込んだり又してもペーサー失格( ̄▽ ̄;)
イメージ 3
21Kぐらいまでは苦闘しているカブさんを横目にエイド休憩しながら付かず離れずの走り。
イメージ 4
JAのおにぎりやスーパーキョウエイさんのエイドではいなり寿司やソイジョイを頂いたり。
そしてカブさんに追いつき声掛けたり。そんな感じで走ってました。

ところが、21Kを過ぎて突然の冷たい雨とミゾレ?と共に強風が吹き荒れた。
続きます。



お帰りの際はこちらをポチっとお願いします。
イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

とくしまマラソンは2014年に一度走ってる。走り始めて6本目のレースだった。この時TH2さんにペーサーをしてもらいグロスでサブ4を達成し、その年の防府読売マラソンへの扉を開いたレースだった。
その時ご一緒したかおりんはスーパーペーサーのじぇーてぃーさんを従えサブ3.5を達成し別大への扉を開いた(^^)
その当時のTH2さんはサブ3ランナーでありながら、仕事が多忙を極めほとんど走ってない頃。最初から20Kぐらいで離脱すると言われてた。
それでも最後まで一緒に走ってくれるとおじさんは信じ切っていたけど。
10Kぐらいで気持ち良くなってペースが上がるのを、しっかり抑えて、更には風除けにもなってくれて助かったのを覚えている。そして27Kぐらいで、ここから先は一人で頑張って!と言葉を残し離脱されたこともw
スタート前に言ってたことは本当だったんだとその時理解したw
あの時は本当にありがとうございました(^^)

そして今年、2012年大阪マラソンから数えて34本目のフルマラソンとなったレース。この本数は今回ご一緒したカブトムシさんと同じwww
年平均5〜6本目ペース、おじさん走り過ぎw

そんな今回のレースは、元々TH2さんと一緒にファンランする予定でエントリーしてたのに、TH2さんがまさかの裏切り(笑)、ガチで走ると言い出した!
おじさん的にモチベーションが難しくなったところ、カブトムシさんがサブ4への挑戦をするとのことで、それではとご一緒に走ることにした。ペーサー出来る程のレベルではないかもしれないが、少しでもお役に立てればと。

本来ペーサーなら、スタートから一緒に走らなければいけないのだが、駐車場渋滞の影響で到着が遅くなった為にギリギリまでトイレに並んだ。
スタート位置に着いたのは締切1分前( ̄▽ ̄;)
カブさんを後ろから追いかける展開に。既にペーサー失格w
ロスタイム1分53秒、カブさんとの差は49秒でスタートした。当然この時はカブさんとどれくらい差があるのかは分かってないけどね。
イメージ 1
スタート時は曇っていて風もなく、このままだと絶好のマラソン日和。
山ちゃんと秘密兵器さんがいらっしゃる約5Kの応援ポイント迄には追いつきたい思いで走り出した。

スタートラインを超える時にガーミンスタート!
スタートは混雑していたものの、最初からサブ4ペースで1K通過。その後徐々にペースを上げ3K過ぎぐらい吉野川にかかる橋の上でようやく追いついた。
ここからようやくミッション開始w
カブさんも順調そうで、改めて今日のペースを確認。
5:35/Kで刻みたいとの返事。
4K以降巡航ペースに入る。
イメージ 2
応援隊の目印ぐわぁT が見えて来たので、気持ち右側に寄って行くと秘密兵器さんから、カブさんは?カブさんは?と声かけられたが、視認性に欠けるwカブさんが目に入らなかったらしいw
私の左手が上がっているのはカブさんの居場所を指し示している為w

そんなレースの10Kまでのラップ
イメージ 3
追いついた4K以降、ほぼ完璧なラップやね(^^)
自画自賛(笑)


お帰りの際はこちらをポチっとお願いします。
イメージ 6

この記事に

開く コメント(6)[NEW]

開く トラックバック(0)

昨日のとくしまマラソンを応援ナビで追って頂いた皆さん、15K以降25Kまで何があったんや?と思われた皆さん多かったと思います。ご心配をお掛けしました。その時の様子はまたの機会に。

さて、東京マラソンのレポの続きです。ゴール後について。

今回東京の宿は銀座に確保
イメージ 1
ゴール後、歩いて直ぐに帰れるところ。
今回この場所のホテルが取れたことに本当に感謝。
おかげで倒れずに済みました。


ネットタイムで3時間47分と50分切りを確認して達成感一杯でゴールした。
それまで寒いと感じて無かったのに、ゴールした途端に身体が震えだした。それと同時に猛烈な空腹感。
完走タオルに身を包みペットボトルの水をもらった、そしてバナナの給食。直ぐに一本を完食。水を飲もうとしたけどかじかんだ手では開けられず。
そのまま、荷物預けへ向かう。
途中でアルミのシートを渡され身体にかけるも、風に流されうまく包まれない。
そのうち、身体がどんどん震えだす。
知り合いからLINEやら電話が入るも、手がかじかんで全く対応出来ない。
ただひたすら荷物預けのトキアビルに向かう。遠い、、、途中信号待ちで何度も立ち止まり冷たい雨に打たれて震えは益々ひどくなるばかり。
ゴールから約1Kぐらいだろうか、レースよりもツライこの区間だった。
荷物の受け取りはスムーズに終わったものの、その建物を出て再び更衣室がある国際フォーラムの建物に向かう。
ビルに入ると地下に向かうエスカレーターがあり、乗り込もうとしたら上りのエスカレーターだった( ̄▽ ̄;)
仕方なく重たい足を引きずりながら階段を降りる。
更衣室はそこから更に下の階に降りなければならなかったけど、もうその元気は無い。その場にへたり込む。
今年のこの天気でゴール後のこの導線はツライなぁ〜
晴れてたらそうでもなかったとは思うけど、、、

ここから宿泊先のホテルまでは歩いても10分もかからないぐらいの近さ。
濡れたウェアの上に、ジャンパーを羽織り一息つく。暖かい。ようやく震えが止まった。
温かいコーヒーを飲んで更に落ち着いた。有り難い。
ホテルに戻り、熱い湯船にゆっくりと浸かった。
手足がジーンと痺れる。体内を温かい血液が流れ、全身が軽くなるような、とても気持ちいい至福のひと時。生き返るとはまさにこのことか!
その後、ベットに横になり東京マラソン関係のニュースを確認。その時大迫選手のリタイアを知る。
やっぱり過酷な条件だったんだと改めて認識。
そしてアフターまでの数時間、気持ちのいい眠りについた。



昨日のとくしまも途中は暴風雨で、ミゾレ混じりの冷たい雨に打たれた。
やべっちのコメントにあるように雨男なのかもしれない( ̄▽ ̄;)





お帰りの際はこちらをポチっとお願いします。
イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

東京マラソンのレポも残ってますが( ̄▽ ̄;)
今日はシーズンラストランとなるとくしまマラソンを走ってきたのでそちらの報告を先に。

結果をドン!
イメージ 1
カブさんと一緒にゴールしました。
途中激しい嵐のような天気になり、東京マラソンと同じくらい寒い思いをしましたが、無事にゴール出来ました。
現地での応援、ナビでの応援いただきありがとうございました。
また、大会関係者、ボランティアの皆さん冷たい雨の中ありがとうございました。
さあ、アフターや!(笑)




お帰りの際はこちらをポチっとお願いします。
イメージ 6

この記事に

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

東京マラソン当日、起床は5時前、おにぎり二個にカップうどんなどを食べ銀座のホテルを出発。有楽町から山手線に乗って新宿で降りてGATE1を目指す。
既にこの時雨がポツポツと落ちて来た。
イメージ 1
GATE1に向かう通路。この写真を撮ったのが7:30
この通路を通っていると、トイレ使えます!との呼び声が聞こえ、導かれるまま建物へ入る。
ここは工学院大の建物のようで広くて暖かい。
こちらでトイレをお借りして最後の準備を整えた。
イメージ 2
広いテーブルと椅子でくつろぐ(^^)
シューズを履き替え、カッパを着込んだ。荷物預けさえすればそのまま走れる格好に。
イメージ 3
このハンカチは入口で頂いた。
ハンカチ忘れてたので有り難く使わさせて頂きました(^^)
こちらを出たら雨は強くなっていて、とても寒く感じた。早くスタートしたい。

GATE1で入場チェックを済ませて中に入る、その前だったか、みかんにポカリのゼリーを頂く。
東京マラソンはペットボトル持ち込み禁止だ。私はOS1ゼリーを持ち込んでいた。

ほどなく荷物預けのトラックに到着
イメージ 4
この写真が8:20に撮影
工学院大でゆっくりし過ぎた?(笑)
でも、あの暖かさあの日は出たくなかった( ̄▽ ̄;)

そしてこの荷物預けからEブロックへの入口までが今回の最大の難関だったかもしれない。
イメージ 5
ブロック入口まで350mほどなんだけど、他のブロック以上に大混雑!
並んでも全く進まない( *`ω´)
多分、入口に上がる階段の手前で木が生い茂っており、その周りをコーンで囲っていた。ただでさえ狭い通路をコーンのせいで更に狭い場所としてしまい流れを堰き止めていた感じ。
38,000人の大移動半端ない!
この導線考え直したほうがいいかもw

結果的にスタートブロック入りしたのは8:46ごろ。
入口閉鎖を1分超過してました。
僅か370mを23分もかかった💦
その後もかなりの数のランナーが入場してきた。
イメージ 6
かろうじてスタートラインが見える位置。
だんだんとスタート時間が近くなり、テンション上がってきて、君が代斉唱の時には心が震えた。
こうして私の最初の東京マラソンはスタートの時を迎えた。

次はゴール後について書きます(^^)




お帰りの際はこちらをポチっとお願いします。
イメージ 6

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

[ すべて表示 ]


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事