書くに値しない日々

人間七十年 下天の内をくらぶれば 夢幻の如くなり 愛車1150GSに跨って見た風景を中心に、日々の思いを、、、記します

全体表示

[ リスト ]

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

イメージ 9

イメージ 10

イメージ 11

イメージ 12

イメージ 13

 じつは、その場所は地図上ですでに調査済み。
 地点情報もZUMOに入れ込んであったので、迷わずにあっさり到着。
 先に申し上げますと、関東唯一の沈下橋『砂田橋』は、ここにあります。
 青い印のところです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_0?1299746436
 拡大すると、赤い丸印のところです。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_13?1299748993
 夷隅川で分断されている道が、砂田橋です。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_2?1299746403
 入り口まで行ってみると、左が一般の民家の方の玄関に続く道で、右側の『一般車両通行禁止』
 の掲示がされている道を進みます。
 地元の方に迷惑をかけてはいけないので、小生はここで愛車GSを降り、徒歩で探索いたしました。
 さらに20メートルほど進むと、さらに『一般車両通行禁止』の注意書きが。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_3?1299746367
 ちょっと行くと、
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_4?1299746301
 おおっ!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_5?1299746275
 おおおおおおおっ!
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_6?1299746245
 30mほどの川幅を渡るための水中橋が現れました。
 水深が5センチくらいから20センチくらいのあいだで変化し、一定ではありません。
 水量が常に変化しているようです。
 https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_7?1299746207
 
 川の向こうは、農地だそうで、地元農家のかたはここを通過しているのだそうです。
 橋の幅は、2.5mくらいはありそうで、その気なれば我が愛車1150GSで、
 いざっ!なんてことも頭をよぎりましたが、禁止されているものは禁止なわけで、
 WEBにはバイクで渡っている雄姿を掲載している方もおりますが、
 四十半ばを超えたオッサンは、黙ってこの橋を見つめるだけにとどめておきました。
 いやはや、千葉にもいろいろとオモロイところがあるもんです。
 行かれる時は、くれぐれも地元の方に迷惑をかけないようにいたしましょう〜♪

 静かに砂田橋に別れをつげ、次はいざ、峰岡林道へ。
 今回は、完璧にルートをデータにしてZUMOに入れ込んであるの、完全走破である。
 
 天気も良いし、林道では花粉が飛びまくっているし〜
 気分いい〜、、、なんて思っていると、小生の左目に違和感が。
 コンタクトレンズがやたらとひっかかる感じがしてきた。
 バイクを降りて、確認すると、、、、

 な、な、なんだ。
 左目の眼球の表面が膨らんでいる、、、、?
 コンタクトレンズで覆っている瞳の周辺の眼球表面が異常な感じに。
 なんじゃ、こりゃーっ!
 うへーっ、目ヤニもすごい。
 右目はなんともなく、左目だけに異常をきたしている。 
 もし、花粉症であれば、両目なるはずだし、もしや、失明してしまうような病に罹ったのだろうか。
 目がゴロゴロして、とんでもないことになってしまった。
 
 房総半島の端くれで、嘆いていてもしょうがない。
 しかし、目の疾病となると、、、とにかく尋常ではない左目になってしまった。
 モノを見るには、大して支障もないので、そのまま峰岡林道へ。
 
 勝浦、鴨川をぬけて、峰岡林道の太平洋側の入り口へ。
 東西に房総半島を横断する峰岡林道は、対向車もゼロで清々しかったですよ〜♪
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_8?1299746174
 見晴らしの良い所や
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_9?1299746144
 段々畑が見下ろせたり
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_10?1299746114
 最後の3号線では、遠く東京湾が見渡せる箇所もありました。

 峰岡林道の2号線、1号線、3号線と無事に乗り継いで、東京湾側の出口に到達。
 初の走破となりました。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_11?1299746082

 峰岡林道をおりて、鋸山が見える頃になると、ずいぶんと風が吹いてきました。
 海風がビュービューと吹いて、ちょっとオットロしかった。
https://blogs.yahoo.co.jp/IMG/ybi/1/6d/0c/bmwbikes36/folder/1295735/img_1295735_61738670_12?1299746046 
 東京湾に沈む夕日。
 白波が立つ海から吹く風。
 やっぱり1150GSと心中だと、心に誓った小生でした。

 そして、違和感のある左目のまま、自宅まで下道で帰りました。
 自宅につくと、妻が優しく出迎えてくれました。
 今日の休暇の礼を言い、さらに左目がとんでもないことになったので、
 明日にでも眼科医に行かなければたいへんなことになるかもしれないと、
 違和感のある左目を愚妻に診てもらった。
 
 すると、愚妻がこう言い放った。
 
 『おおげさっ、ただの花粉症に決まってんでしょ!
  あんた、あたしが去年同じようになったときに、
  ただの花粉症だ!ガタガタ騒ぐな!
  なんて言ったくせに、、、
  グズグズ言ってないで、早くお風呂に入んなっ!』
 
 なんと厳しきことよ、我が家のかーちゃん。

 しかし、本当に花粉症でした。
 1日たった今日は何ともありません。
 おそらく、杉の植林してある林道を走り続けたせいでなったのでしょう。
 やれやれ、、、

 本日の走行 353

 

 ※3月21日に追記記載
 小生の記載したことが、事実と異なるとのご指摘をいただきました。WEBで調べたのですが、
正確な記載をすることができないかもしれませんので、ご指摘いただいた内容を転載して、
修正させていただくことにいたしました。
 事実と異なった内容を記載しましたことを、慎んでここにお詫び申し上げます。
 以下、ご指摘いただきました内容です。

その1
大多喜町大戸の夷隅川の水の中を抜けている橋(道)の名称はありません。
千葉県には日本泥公団という集団がおり、日本泥公団をはじめとする一部のDQNライダーたちは、
「洗車場」と勝手に名付けてバイクを洗車していたことから、地元民のひんしゅくを買っていました。
また、「砂田橋」は大多喜町笛倉の西畑川に架かっている沈下橋の名称であり、
この場所ではありません。

その2
大多喜町大戸の夷隅川の水の中を抜けている橋(道)は、「沈下橋」ではなく「洗い越し」
という形態の橋(道)になります。
ネットでは「沈下橋」と紹介しているサイトも多いですが、それは間違いです。

その3
前の記事で「東総元駅」として紹介されている写真に写っている駅は東総元駅ではありません。
小湊鉄道の「養老渓谷駅」だと思われます。いすみ鉄道東総元駅は、おみくじの形をした駅です。

 上記のとおりです。
 以上、よろしくお願い申し上げます。           
  

 

この記事に

閉じる コメント(10)

顔アイコン

さすがな。。変態なルート選びは全く私のテイストと同じですね。。この沈下橋きっと私も行くでしょう!!
貴殿がその沈下橋をイレハンで渡っている最中に大きく右に傾き。。一瞬水蒸気を上げながら 沈する姿が浮かんできたのですが!!

久しぶりに大人の冒険をしてきましたね!!お疲れさまでした!!

2011/3/10(木) 午後 7:19 ぱんだ親父 返信する

顔アイコン

この橋を渡ってみたい気がしますね。怖いだけに・・・

2011/3/10(木) 午後 9:47 てんとう虫 返信する

顔アイコン

うわ〜〜!! ココは怖くて渡れないなァ…苦手かも〜〜
コケたらGSごと沈んじゃう〜〜(汗。。
でも行きたいな〜〜ぱんださん長靴積んで行こう〜〜(笑!!
千葉って面白い場所の宝庫ですね〜〜♪

2011/3/10(木) 午後 11:10 [ tetsu ] 返信する

顔アイコン

ごくろうさま・・・
やっぱ地元の人をつかまえて・・
通行してもいいでしょうか?と聞いて・・
お墨付きを頂けば・・・よかったのではないでしょうか・・??

ちっ! 川に流される・・・象さんが見られたのに・・・笑

2011/3/11(金) 午前 6:52 河童大王 返信する

顔アイコン

河童大王さま
小生が行った時も、すぐそばで草刈りをしてる農家の方がいらっしゃったのですが、声をかけるのを止めてしまいました。
渡りたい気持ち3割。長い距離と水をみて怯んだのが7割でしょうか。
ひとりじゃなければ、チャレンジしたかもしれません。
途中で転倒したら、GSだと、お釈迦になるような気がします。
ぜひ、パリダカでチャレンジしてみて下さい!

2011/3/11(金) 午後 1:09 [ bmwbikes36 ] 返信する

顔アイコン

TETSUさま
きっと、近いうちに、ぱんだおやじさんからお誘いがあるでしょう〜
その時は、ぜひ、玉砕覚悟のチャレンジをしてみて下さい。
目の当たりにすると、けっこう長い水中橋に感じると思いますよ〜
小生も、長靴を持参で徒歩で渡れば良かったと後悔しています。

2011/3/11(金) 午後 1:11 [ bmwbikes36 ] 返信する

顔アイコン

てんとう虫さま
道幅は、車の1車線ぶんあるわけですか、渡るのはどうということはないはずなのですが、、、、。
チャレンジできませんでした。
根性なし!というよりは、良識ある大人の判断を優先させたということで、自分を納得させています。
125CCくらいのオフ車だったら、躊躇なく飛びこめるのですが、
万が一を考えると、なにせ、水の中にドボンですからね。

2011/3/11(金) 午後 1:14 [ bmwbikes36 ] 返信する

顔アイコン

ぱんだおやじさま
正直申し上げて、怯んでしまいました。
水中橋を渡る気で、行ったわけですからね〜
単独チャレンジは、ちょっと無謀かと思ってしまい、、、
いや、歳を食ったのかもしれません。
ぜひ、アドベンチャーを沈めちゃって下さい!

詳細に場所を記したのは、もちろん、ぱんだおやじさんが小生に代わって、必ずやチャレンジしてくれると思ったからですかね!

2011/3/11(金) 午後 1:18 [ bmwbikes36 ] 返信する

顔アイコン

はじめまして。

通りがかりの者です。千葉県人です。

お節介かもしれませんが、間違いが気になってしまい、指摘させていただきます。

その1
大多喜町大戸の夷隅川の水の中を抜けている橋(道)の名称はありません。千葉県には日本泥公団という集団がおり、日本泥公団をはじめとする一部のDQNライダーたちは、「洗車場」と勝手に名付けてバイクを洗車していたことから、地元民のひんしゅくを買っていました。
また、「砂田橋」は大多喜町笛倉の西畑川に架かっている沈下橋の名称であり、この場所ではありません。

その2
大多喜町大戸の夷隅川の水の中を抜けている橋(道)は、「沈下橋」ではなく「洗い越し」という形態の橋(道)になります。ネットでは「沈下橋」と紹介しているサイトも多いですが、それは間違いです。

その3
前の記事で「東総元駅」として紹介されている写真に写っている駅は東総元駅ではありません。小湊鉄道の「養老渓谷駅」だと思われます。いすみ鉄道東総元駅は、おみくじの形をした駅です。

乱文失礼いたしました。 削除

2011/3/19(土) 午後 1:20 [ 朝方 ] 返信する

顔アイコン

朝方さま
ご指摘ありがとうございます。
小生の記載した文章のどこが間違っているか、より具体的に精査できていないこともあり、修正するにいたっていないのですが、ご指摘いただいた内容を、小生の文章に追記して掲載させていただくことにさせていただきます。
ありがとうございました。

2011/3/21(月) 午後 1:24 [ bmwbikes36 ] 返信する

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事