6畳オーディオとロードバイク

京都嵐山在住。趣味のオーディオとロードバイクを楽しんでいます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

地獄のアワイチ

初アワイチ!
念願のアワイチ!
地獄のアワイチ!

10年以上前に車でのアワイチはしたことがありますが景色や道はほとんど覚えてないので、誰かの引率は欲しいところ。

ところが、ひょんなことからチャンスは急に巡ってきました。
ツイッターで週末にアワイチするので来ませんか!とお誘い頂きました。それも観光的なポタリングではなくガチガチのトレーニング強度(笑)
戦々恐々ではありますが参加させて頂くことにしました。

京都嵐山から集合場所の明石まで自走で行くか悩みましたが、前夜に花粉症の酷い症状で衰弱しきっていたので、おとなしく輪行することにしました。

輪行するのは2度目。まだまだ準備に慣れませんね。ググりながら輪行の準備をしました。

イメージ 1


朝5時過ぎの電車に乗り明石まで移動。
阪急電車だと山陽明石駅まで改札を出ることなく一枚の切符で行けるんですね。

7時半に山陽明石に到着。
とりあえず集合場所のフェリー乗り場まで行くことに。駅で輪行解除してフェリー乗り場まで自転車に乗っていけばいいものを、なぜか自転車を輪行袋に入れ担いだまま歩いて向かいました。地味にしんどい(苦笑)

フェリー乗り場に到着してメンバーを待ちながら輪行解除して自転車の組み立て。

イメージ 2


そうこうしているうちにメンバーが集まりました。
今回は8人でのスタート
僕、大腿四頭筋マン、中学生クライマー、友人クライマー、農民さん、スプリンターさん、初心者さん、初心者引率さん。
友人クライマーと農民さんは面識があります。

自己紹介はフェリーの中ですることにして、慌ただしくフェリーに乗って淡路島に向かいます。高速フェリーの乗車時間は20分弱でした。

淡路島の岩屋に着いたら荷物をコインロッカーに預けて出発前に8人で記念撮影

イメージ 3


出発してすぐの最初のコンビニで食事やら補給を済ませて、こっからが本番!

初心者さんとその引率の人はマイペースで走り、他の6人は主催者の大腿四頭筋マンの鬼引きで平地は35km/h以上を維持して走り続ける!
しかし登り区間に入る前のコンビニ休憩でダラダラと喋り過ぎてしまったw

登り区間に入るとクライマーの本領発揮!
中でも現役中学生のクライマーの強いこと。僕たちを置いてどんどん進んで行きます。大腿四頭筋マンもインナーローでケイデンスで回して登るけど体力と筋肉の力が並外れてるので速い。スプリンターの人はさすがに登りが苦手なのか遅れてます。

最初の登りを越えて下りきったところの景色がよいところで記念撮影。

イメージ 4


記念撮影したところから少し進むと座礁船がありました。引き上げる費用がないとかで去年からこの状態でみたいです。

イメージ 5


ここから福良の道の駅までほぼノンストップで大腿四頭筋マンの鬼引きで走ります。

福良の道の駅に着いた時はかなり脚にキテル…やばい。
昼食は牛スジ丼のご飯大盛り

イメージ 6

ご飯は並盛りにすべきでした…

大腿四頭筋マンは穴子の一本揚げ丼のご飯大盛り、友人のクライマーはハモの天ぷら丼のご飯大盛り。
揚げ物なんて消化の悪いものを大盛りで食べるこの2人はなんなんだ!
中学生クライマーは海鮮丼の普通盛り。これが正解だよ…
食事を終えたら道の駅にある足湯に浸かり疲れを癒します。

この後に登りがあるのでスプリンターの人は先に出発しました。

遅れてここからは5人で出発。
道の駅を出発したら、いきなりの坂。
食後にコレはツライ!
ハモの天ぷら丼の大盛りを食べたクライマーはハモきてる!口から出そう!とか叫んでる(笑)そして失速。
かくいう僕も大盛りを食べて腹パンパンでの登りはかなり苦しい。中学生クライマーはどんどん進む。僕は友人クライマーを抜いて頑張ってみる。初アワイチの僕はここで後のことも考えずペースアップしてしまったので結果的に脚を使ってしまうことに…

平地は大腿四頭筋マンの鬼引き、登りは中学生クライマーが水を得た魚のようにどんどん進んで行く。この中学生は登りだけでなく平地での走力もあるので総合的に強い!

途中、ノンストップバスの真後ろに付いたので先頭の大腿四頭筋マンと2番目の友人クライマーはドラフティングの効果でかなり楽してる!実際にめっちゃ楽だー!とか言いながらどんどんスピードを上げていく!どんどんペースアップする前2人。それを追う3番目の僕とその後ろの2人はドラフティングをほとんど受けないので、とにかくペダルを踏んで回して食らいつく。この日の最高心拍数は登りではなくここで記録しました(´Д` )
もう脚残ってないよぉ…

最後のコンビニ休憩

イメージ 7

アイスボックスにレッドブルを注いで飲む。真夏にやるやつ。この日暑かったんです!翼を授けて欲しかったけど、そうはいかず(笑)
休憩してると途中で抜いたスプリンターの人が追いつたので合流。

再び6人になり再出発!
ラストは若干の登りはあるもののほぼ平坦。平均速度がジワジワ上がります。引いてもらってるのに千切れず付いていくだけでもう必死。いや途中で何度か千切れかける。前の人と2mも開くとそれを詰めるのがツライ。信号はほとんどない、千切れたら終わりだ置いていかれる!脚が攣りかけながらも攣らないギリギリのペダリングをしていました。

この後にちょっとしたハプニングがあって前を走っていた大腿四頭筋マン、友人クライマー、中学生とは離れてしまいました。
僕とスプリンターと農民さんの3人で残り20キロを走ります。僕はもう限界で前を引く脚はなくて、スプリンターさんと農民さんが引いてくれました。ハプニングで若干心が折れたのもあるんですが(^_^;)

先行していた3人は明石海峡大橋の下で待っていてくれました。再び6人揃って記念撮影

イメージ 8

イメージ 9

ヘルメットやボトルを駆使して6台全部を使って六角形に立てて並ばせました(笑)

最後は出発したフェリー乗り場まで走ってアワイチ完了!

イメージ 10

イメージ 11


stravaでの平均時速は31.6km/hのなかなかの高速巡航でした。

スタートしてから休憩込みのゴールするまでの心拍数グラフ

イメージ 12


ちなみに今回のアワイチは大腿四頭筋マンが1人でひたすら鬼引きしてくれました。そういう企画でした。平坦と緩い登りは1人でずっと先頭を走って高速巡航ですよ。スゲー人です。それにしっかり付いて行くどころか登りでは誰よりも速く走る中学生の凄い事。若いって素晴らしい。

ゴール後はスプリンターさんと別れ、遠征組(京都3人、三重2人)はそそくさとフェリーに乗り込み明石へ。
フェリーを降りたら休む間も無く温泉へ。さっぱりした後は食事をしました。
僕が食べたのは贅沢海鮮丼

イメージ 13



三重組は車で帰路につき、京都組は輪行なので明石駅に向かいます。
僕は山陽電車、2人はJRなので駅前で解散しました。
早朝と違い電車内は人が多かったので座れず、ずっと立っていました。
帰宅したのは22時過ぎでした。

速い人達と一緒に走ると一人の時よりも追い込めるし、何より仲間と走るのは楽しいですね。

でも…

しばらくアワイチはいいです(笑)

この記事に

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

向日市競輪場で毎月開催されているバンク走行会に参加してきました。

バンクを走るのは2回目です。
前回は昨年12月でした。このときはフリー走行と1kmTTのタイム計測をしましたが、今回はケイリンにもエントリーしました。

最初は説明会

イメージ 6


そして、バンク走行に必要ないツールボトルやライトを取り外します。走行中にもし落としたら危ないので。

イメージ 1


フリー走行

イメージ 2


イメージ 3

そこそこ寒かったのでフリー走行のときは上は長袖ジャージと厚手のグローブで走りました。家からショートビブショーツで来たのは失敗した!寒かった( ;∀;)

そして1kmTTタイム計測

イメージ 4


指切りグローブに付け替え、長袖ジャージを脱いでインナーと半袖ジャージの組み合わせで挑む。

1kmTTのタイムの結果…
昨年12月 1分23秒74
今年3月 1分24秒30
気合いは入ってましたが不完全燃焼。トレーニング不足もあってタイムは落ちてしまいました。
精進せねば…

次はケイリン
ロード初心者の部でエントリー。トラックを4周を7人で競います。

イメージ 5

赤い帽子が目立つ(笑)
最初の2周は先導車について隊列を乱さずに走行します。先導車が離脱して3周目からが勝負。僕は早々にペースアップして先頭に出ましたが、ラスト半周のところで友人に抜かれ、さらに残り1/4周のところでもの凄い追い上げをしてきた人に抜かれ結果3着でゴールしました。ペースを上げるのが早すぎました(ノД`)
逃げで1着は余程の実力がないと厳しい…

イメージ 8

友人に抜かれた瞬間を撮られてました(笑)

そういえばこんなピストバイクがありました

イメージ 7

なんと120Tのチェーンリングだとか…
チェーンが前輪に当たらないギリギリのクリアランス。
ケイデンスはめちゃめちゃ低いのにスピードは速い!豪脚でなければ回しきれない(笑)

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

六甲山とワッフル

初めて六甲山ヒルクライムをしてきました。

グループライドなんですが、グループライドの目的は六甲山の逆瀬川駅近くにある「とことこカフェ」のおいしいワッフルを食べに行くライドです。
食事をした後は解散して、六甲山を登りたい人だけ登る!という流れ。

集合は8時にモニグロ
9人集まったので、3人グループになってことことカフェを目指します。
当日、淀川サイクリングロードはマラソン大会が行われるらしく、サイクリングロードを避けて旧西国街道を通っていったんですが、路地だったり曲がりくねっていたりでナビを使っても迷いまくり(笑)
それでも2グループは予定していた11時半に着いて、残りの1グループは30分以上遅れて到着。
同じルートを通るはずが、見事にみんなバラバラでした(笑)

イメージ 1
イメージ 2


とことこカフェは六甲山逆瀬川ルートの直ぐ脇にあり、最近になてサイクルラックを設置されたということでローディーに優しいカフェになっています。
お店の人もローディーが来店すると嬉しいようです。

宣伝も兼ねてみんなが注文したメニューをこれ見よがしに載せておきます(笑)

イメージ 3
イメージ 4
イメージ 5
イメージ 6
イメージ 7
イメージ 8

僕が食べたのは小倉ワッフルとオリジナルコーヒーです。
甘いワッフルときなこ、抹茶アイス、小豆、生クリームの相性が抜群でした!
オリジナルコーヒーをホットのブラックで頂きましたがとても美味しかったです。
このあと六甲山に登るので軽めにしておきました。

居心地がよくて長居してしまいました。
お店の前で皆で記念撮影して、山登り組みはいざ出発!4人で挑むことになりました。

Strava登録区間で計測する為に逆瀬川駅の踏み切りまで戻り、スタート!
意気込んでスタートしたものの、序盤の全ての信号に引っかかり足止めをくらう(苦笑
中盤の斜度が上がる区間は心拍数170いかないくらいで淡々と上り続け、終盤のトンネル前の勾配が緩んだ辺りからラストスパートで心拍数を180くらいまで上げてスプリント!

タイムは50分20秒

残念ながら50分切りはならず・・・
ぐぬぬ...信号ストップさえなければ
次回頑張ります。

そして一軒茶屋と六甲山最高峰で記念撮影をしました。
イメージ 9
イメージ 10

下山したあとは176号線→171号線→西国街道を通って長岡京まで行き、僕はここで別れて再び171号線で嵐山方面に帰りましたとさ。

楽しい六甲山ヒルクライムと美味しいワッフルでした!

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

コラムカット

ずっと前からやりたかったコラムカットをようやくやりました。
自分で(笑)
イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

カーボンフォークなので鋸で簡単に切れました。
断面は紙やすりで磨いて綺麗にして、断面保護の為に瞬間接着剤を塗っておきました。
10mmのスペーサーが3枚分!
30mmも短くなるとスッキリ!見た目もカッコ良くなりました〜♪

コラムカットの恩恵として、ステムとプレッシャーアンカーの取り付け位置を揃えることで剛性アップ!
ダンシングするときや下ハン持ってスプリントするときにカチッとした安定性向上を実感しました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

まずは使い込んでボロボロだった純正のバーテープをスパカズに交換をしました。

イメージ 1

巻き方を逆にしてドロップハンドルの先端を青く、フラット部をモザイク柄にすれば良かったなーと少し後悔。

ちびったブレーキシューの交換ついでに青色の物を追加
肉抜きされてるのでほんの数グラムの軽量化(笑)

イメージ 2



あとはホイールのスポークが二本変形していたので、スポーク交換の修理に出して振れ取りもしてもらって復活しました。

この記事に

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

全35ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]


.


みんなの更新記事