六畳間で自転車とオーディオ

京都嵐山在住。趣味のオーディオとロードバイクを楽しんでいます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
久しぶりに友人と一緒に走ってきました。

イメージ 1


嵐山から六丁峠と神明峠を越えて、南丹の日吉ダムを経由して美山かやぶきの里を目指すルート。
かやぶきの里から京都市内へは162号線を通ります。

保津峡に入ってからはずーっと路肩に雪雪雪。標高500mの神明峠を越えて梅ヶ畑の集落に入るとそこは一面雪景色。同じ京都市内でも標高が上がるとこんなにも雪が積もるんですね。

イメージ 2


下り坂は雪が積もってるてし一部アイスバーンになってるしで落車するかと思いました(^_^;)

南丹市に入った途端に気温が一気に下がって激寒!池は凍っていました。

イメージ 3


日吉ダムで小休憩してからは美山かやぶきの里までほぼノンストップで走り、ここで脚を使い果たす(笑)
青い空と雪景色のかやぶきの里のコラボととても美しく癒されるひと時でした。とにかく寒いですけどね(笑)これでも今日は気温が高いらしいので普段はもっと寒いのでしょう(^_^;)

イメージ 4

イメージ 7



かやぶきの里で昼食
二人とも手打ち蕎麦を注文しました。
僕は鯖蕎麦、友人は鶏せいろ蕎麦

イメージ 5

イメージ 6


帰りは162号線を通ったんですが京都市と美山の境目の深見峠で雪が凄く積もっていて、車ならスタットレスタイヤを履いてないと危ないような雪道を走るハメに(−_−;)
高尾を越えて京都市内に入ってたら暖かさに驚きつつ無事に帰り着いた事に安堵しました。

時間があったらこのまま淀の自転車乗りが集まるカフェまで脚を伸ばそうと思っていたけど、日が落ちるまでに泥まみれのロードバイクを洗車したかったので帰宅しました。

出発するときはこんな過酷なサイクリングになるとは思っていなかった(笑)八幡から自走で付き合ってくれた友人に感謝!
冬はなかなか走り込めなくて身体が鈍ってるのを実感した日でもありました…

走行距離 118.8km
獲得標高 2,491m

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

2017年 初ライド

新年明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いします申し上げます。


昨年は趣味がオーディオから自転車へと移りオーディオの方は停滞、オーディオに費やしていた費用はまるまる自転車の方へと移行していきました。

ブログの方は更新頻度が生存確認的なものになってしまってますが、今年はボチボチ自転車の事を書いていきたいと思います。


さて、昨年末に自転車屋でずっと気になっていた車種が現品限りボーナスセールで安くなってました。サイズがぴったりでカラーも自分好み。一日悩んだ末に購入してしまいました(笑)
ボーナスないんですけどね(^_^;)

購入した新車で今年初のサイクリングに行ってきました。
嵐山から大原を越えて滋賀に入り琵琶湖大橋へ。

イメージ 1


ブリヂストンアンカー RS6 EQUIPE
昨年に全日本ロードをワンツーフィニッシュで制したブリヂストンアンカーRS9のアルミバージョンです。
コンポは105ですが僕はレース出場を考えていないのでオーバースペックなくらいです(^_^;)

オーディオ関連の使ってない物をコツコツと断捨離して得た費用でパーツを交換。
まずはサドルとステムを交換しました。

サドルはフィジークのアリオネバーサスX

イメージ 2

アンカー純正のサドルと比べてお尻と股は痛くなりにくい。ペダリングもしやすくなって自転車を漕ぐのが楽しいです。

ステムはシマノの PRO VIBE 7S

イメージ 3

このステムはネジ2本だけでハンドルをしっかり固定できるパズルクランプという形状で見た目がGOOD!

評判どおり漕ぐとグングン進む自転車です。同価格帯か少し上の価格帯のカーボンバイクを蹴散らすという噂も…(笑)

交通ルールとマナーをしっかり守って今年も自転車を楽しみたいと思います。
オーディオの方は弄ることなく聴き専門になりそうです。

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)

久しぶりにロングライドしました。

京都市内の自宅から目指すは京都の日本海に面する舞鶴。
舞鶴の道の駅とれとれセンターで海鮮丼を食べて帰ってくるのが目的です。

京都市内からだと普通は国道9号線と国道27号線で舞鶴を目指すことになると思うんですが、それだと面白くないと思い行きは嵐山から六丁峠と神明峠を通って日吉ダムを経由して舞鶴に向かいました。
イメージ 1

イメージ 2

初っ端から激坂の六丁峠を登り、その後すぐに30分かけて標高500mまで登ったので日吉ダムに着いた頃には体力を結構消耗してしまいました^_^;
27号線に入ってからは下り基調にもかかわらず向かい風でペダルを踏んでも35km/hも出せず。
舞鶴とれとれセンターに着いた頃には帰り着けるのか不安になるほどの疲労感が…( ̄∇ ̄)
イメージ 5



とりあえず目的の海鮮丼を食す!
イメージ 3

ウニイクラ丼にしました。海鮮タレをタップリかけて頂きました。疲れた体に染み渡る最高の美味しさ!堪りませんねぇ〜
今回は時間がかなったのて普通に注文しましたが、センター内では丼屋で白米か寿司屋で寿司飯をドンブリにいれもらい、好きな魚屋で好みの刺身や焼き物を注文して自分だけの海鮮丼を作ることができます。

舞鶴からの帰りはほとんど気合い(笑)
無難に27号線と9号線を選択しました。
早く帰りたかったので休憩は京丹波のやまがた屋で一回だけ。ソフトクリームが美味しかった。

追い風が助けになるも披露困憊。嵐山から自走で琵琶湖一周したときよりしんどかったです^_^;

走行距離 191.8km
獲得標高 3,066m
走行時間 7時間35分

帰り着いたら一風呂浴びて、鹿児島土産の薩摩地鶏の炭焼きとよなよなエールビールで無事生還した祝杯。
イメージ 4

開く コメント(6)

開く トラックバック(0)

オーディオいじり

雨の降る週末が続くので久しぶりのオーディオいじり。
1ヶ月くらいちまちまと調整していました。

まずは余っていたアモルファスリングをSATAケーブルに付けました。

イメージ 1

このケーブルは電池駆動のSSD(SLC)とバッテリー駆動のメディアプレイヤーを繋いでいるのもです。
音の方はなんとなくスッキリしたように思います。



次はサブウーファーの対策。

イメージ 2

スピーカーケーブルにはアモルファスビーズを1つずつ入れました。おまじないです(笑)
そしてスピーカーケーブルがサブウーファーの強烈な振動でガタガタ鳴らないように切った耐震ゲルを挟み込みました。

サブウーファーの足下も見直しました。
理想はウェルフロートボードを導入することですが、何せ予算が無いので余り物のアイテムで対策。

イメージ 3

今までの仕様にサンシャインのメタルスペンサーLを入れました。http://tolton.jp/?pid=17392285
これでサブウーファーの足下は上からサブウーファー、耐震ゲル、ソルボセイン、防振ゴム、メタルスペンサーL、絨毯、防音シート、フローリングとなりました。
ぐちゃぐちゃしているように見えますが、メタルスペンサーLという硬いものが真ん中に入ることになり振動を減らせるかなと。
実際に床に伝わる振動は激減!予想を上回る効果でした。サブウーファーから伝わる床と壁の振動が減ったのが体感できます。裸足でフローリングに足をついても通常の音量ではほとんど振動を感じません。

最後はスピーカースタンドの鳴き止め。

イメージ 4

急に思い付いたので、これもありわせの材料で対策しました。
スピーカースタンドとスピーカーの間にはウェルフロートボードを入れているので効果は正直よくわかりません(笑)
スタンドの足を叩いた時の響きは減ったので鳴きは少しは抑えられたと思います。


上記の対策で一番効果があったのは間違いなく、サブウーファーの足下です。
床や壁の不要振動が減ったことで低域以外もクリアになったように思います。

開く コメント(3)

開く トラックバック(0)

ロードバイクに乗り始めてから目標の1つだったビワイチ(琵琶湖一周)を達成しました。

琵琶湖を自転車でちゃんと一周すると200km弱あります。
自宅から琵琶湖までは片道で約20kmです。
ビワイチ自体は一部ちょっとした坂があるくらいでほぼ平地。
京都から琵琶湖までは軽く山越えしなければ行けません。

朝6時に京都嵐山の自宅を出発して7時に琵琶湖(大津市の琵琶湖ホール前)に到着。
そこからビワイチの基本の反時計回りで走りました。
湖北辺りは向かい風が強く少し難儀しました。
休憩を挟みながら5分の4走った辺りで自転車カフェに寄ってソフトクリームを食べて復活!一周走りきりました。

一周して出発地点に着いたのが午後4時くらい。
お尻が痛くて満身創痍なるも、自宅までロードバイクを走らせました。
自宅に着いたのが午後5時。

休憩込みで11時間のライドでした。

イメージ 5

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4



自転車 GIANT DEFY3
走行距離 234.2km
走行時間 8時間42分
獲得標高 1,396m
消費カロリー 5,451キロカロリー

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事