六畳間で自転車とオーディオ

京都嵐山在住。趣味のオーディオとロードバイクを楽しんでいます。

全体表示

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索
今日は自転車でオーディオ巡りをしてきました。

今回は自転車はあくまで移動手段なので私服で出発。
主なルートは自宅のある京都嵐山付近→物集女街道→171号線→箕面(京都人さん)→勝尾寺ヒルクライム→豊能(高圧真空管さん)→亀岡→9号線→自宅

朝の8時20分に自宅を出発して箕面の京都人さんのところに到着したのが約束の10時ちょうど。あまりの暑さに途中一回休憩しましたがダラダラ走っていたので想定よりも時間がかかってしまいました。

京都人さんとお会いするのはおそらく4年半ぶりくらいだと思います。
早速、噂のオーディオルームに案内して頂きました。

第一の部屋

イメージ 1

2wayの無指向性スピーカーが鎮座していました。
無指向性特有の部屋のどの位置で聴いても同じ音がしました。
様々なジャンルを聴かせて頂きました。ウーファーは背面解放らしく、無指向と合わさってスッキリ聴きやすい音だと感じました。

第二の部屋

イメージ 2

一番気になっていたkisoアコースティックのHB-X1です。
これも様々なジャンルと持参したCDを聴かせて頂きました。
これは正確な超内振りセッティングにより第一部屋の無指向スピーカーと同じく、首を振ったりリスニングポイント付近を歩き回っても変わらない良質な音楽が聴けました。
CECとエソテリックのトラスポートの比較もして頂きましたが、個人的にはエソテリックVRDSが好みでした。

第二部屋のHB-X1の脇に設置されていました。

イメージ 3

5cmユニットとは思えない見事な鳴りっぷりに驚きました。


お昼は近くのインド料理店で昼食

イメージ 4

キチンカレーの中辛。ナンおかわり自由なセットにしました。
そしてナンをおかわりしてしまいました。
カレー、タンドリーチキン、マンゴーラッシーどれも美味しかったです。
お腹いっぱい!
京都人さん、ごちそうさまでした。
しかし、後にお腹いっぱい食べたことが仇になる(笑)


昼食後は豊能の高圧真空管さんのところに向かいます。
僕は自転車、京都人さんは車で向かいます。
自転車で箕面に来たからには行ってみたかった勝尾寺ヒルクライム。必然的に豊能に行く通り道でした。

私服、お腹いっぱい食べた後、一番暑い時間帯、道に迷った、といろいろとマイナスなファクターがあり勝尾寺ヒルクライムはタイムに挑戦するどころではありませんでした(笑)
炎天下の中で腹痛、汗だく、ゼハゼハなりながらもなんとか勝尾寺に到着!
私服でヒルクライムすると汗がヤバイ!

イメージ 5

水分補給とトイレ休憩を済ませ再出発。
ダラダラと登りと平地が続いてスピードが伸びない^_^;
それでもなんとか高圧真空管さんのところに到着。
到着直前に車だからと遅めに出発した京都人さんと偶然遭遇して一緒に高圧真空管さんを訪れました。

高圧真空管さんシステムはご自宅ではなく、廃校になった小学校の校舎(現在は別の施設として活用)の教室を利用して何種類かのシステムわ構築されています。学校の教室がオーディオルームというのはなかなかお目にかかれない。システム自体もそんじょそこらのとはワケが違います。

冷たい飲み物とアイスクリームをご用意しておいて下さりました!
汗だくの熱い体に染み渡ります。
凍った水が美味しいのなんの(笑)

イメージ 6

イメージ 7

A5とオートグラクの部屋
A5を聴かせて頂きました。想像とは違うスッキリしたクリアな音でした。
残念ながらオートグラクは調整中とのことでした。

イメージ 8

EVの劇場用システム
でかい!多い!圧巻!
38cmウーファーが8発!
爆音はご遠慮したいので音量抑え気味にいろいろと聴かせて頂きました。
大音量ではないので本来のパフォーマンスは発揮できていなかっと思いますが、これも予想に半して聴きやすい音でした。高圧真空管さんのセッティングの賜物だと思います。
この部屋で聴いている時に外では雨が降り出して雷鳴轟く豪雨が…


イメージ 9

イメージ 10

JBLのシアターシステム
中域がドライバーと思いきやコーンでした。高域はドライバーでした。
こちらではブルーレイをプロジェクターで投影して素晴らしい演奏と音で楽しみました。
外では雨と雷が酷くなる一方なので自転車で帰れるか心配しながらの鑑賞でした^_^;

17時に施設が閉館するので最後は慌ただしかったですが貴重な体験をさせて頂きました。
外に出るとすっかり雨は上がっていました。

京都人さん
高圧真空管さん
本日はお忙しい中ありがとうございました。

後は自宅に帰るだけ!と意気込んで帰路に付くも、走り出して少ししたら雨!先ほどの大雨もあって山中の日陰は路面が濡れています。しかも下り坂です。先日の落車が脳裏に蘇るので恐る恐る下りました。
雨が降ると思ってなかったので自転車に簡易フェンダーは取り付けてなかったので背中も足も泥だらけ。
亀岡市に入る頃には雨は上がりましたが、雨上がりの湿気と熱気で薄い霧が発生していました。

ムシムシ暑い中、汗だく泥だらけになりながらも無事に自宅に到着。
すぐに自転車を洗車してからシャワーを浴びて一段落。

走行記録

イメージ 11

走行距離 88.3km
獲得高度 1,370m
走行時間 約3時間30分
消費カロリー 2,500kカロリー

開く コメント(8)

開く トラックバック(0)

初めての落車

今朝、落車しました。

4時に起きて準備して気合い入れて出発したのに残念です。

昨夜、雨が降っていたので気を付けていたつもりですが、激坂の六丁峠を登切って気が緩んだのか、下りで濡れた路面に前輪を取られ路面の割れ目にタイヤが挟まりバランスを崩して転倒。そのまま5mくらい引きずられる形で横滑りしました。
タイヤを前後ローテーションしたばかりだったので前輪のグリップ力が低下していたのも要因の一つだと思います。

イメージ 1


体も自転車もキズだらけ(/ _ ; )
顔も打ったみたいで鼻血が出てビビりました。骨折はないことを確認するも流血多数(ー ー;)
とりあえず傷の手当をしなければいけないし、自転車もこのまま走るのは不安だったのて、ライドは中止して早々に帰宅しました。
ハーフクリップなのですぐに足が外せたのが幸いしたのか擦り傷で済みました。
ビンディングで固定されたまま転けて滑っていらと思うとゾッとします。

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5



ブラケットは曲がったけど直せるし、左を下にさて転けたのでディレイラーは無傷。
車体にキズは多数残りますが…

何度も走っている峠だったので大丈夫だろうという過信はあったと思います。
濡れた路面の下り坂は怖いですね。
気を付けなければ…

よい勉強になったと自分に言い聞かせます(ー ー;)

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

愛車の紹介

ロードバイクは友人の影響で乗り始めました。
晴れた日の通勤と週末サイクリング、たまに早朝に走ったりして活躍してくれています。

GIANTのDEFY3というロードバイクを中古で購入して、友人がメンテと手持ちの余りパーツでちょこちょこっとグレードアップしてくれました。

おそらく純正ノーマルパーツはフレームとサドル、ホイールのみ(笑)

フレーム GIANT DEFY3 Sサイズ
ステム UNO 110mm
ハンドル UNO
ホイール S-R2
コンポ SHIMANO Claris 8s
クランク SHIMANO SORA 175mm
フロントギア 52-39
スプロケット 11-28
ブレーキ SHIMANO ULTEGRA

命を預けるブレーキだけはアルテグラに交換しました。
初心者ですし通勤でも使っているのでビンディングは使わずハーフクリップを使っています。
普通はロードバイクにつけないスタンドも付けています(笑)

イメージ 1


見た目より安全運転を優先してヘルメットにヘルメット用のバックミラーを付けています。

イメージ 2


ロードバイクに乗り始めてもうすぐ4ヶ月になりますが約2500km走りました。
週末には保津峡や日吉ダム、京北、美山の方に山を越えてライドします。
サイクリングロードのような単調な平地や信号の多い街中を避けると必然的にヒルクライムや田舎の方面に行くことになってしまいます(笑)


イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

イメージ 8

開く コメント(4)

開く トラックバック(0)

オーディオがすっかり停滞しているので、最近始めた自転車のことも書いていこうと思いブログタイトルを『6畳オーディオとロードバイク』に変更しました。
ロードバイク初心者ですがボチボチ書いていこうと思います。

イメージ 1

開く コメント(2)

開く トラックバック(0)

メインで使っているメディアプレイヤー PopcornHour A-410 のβ版ファームウェア(http://www.popcorn-hour-fr.com/forum/showthread.php?tid=9106)を見つけました。

ファームウェアの更新はもうないと思っていたのですかが、上位機種にあたる新製品A-500pro(https://www.rakunew.com/items/71779)の発売に合わせてファームウェアの改善を行っていた模様です。
A-410とA-500pro製品コンセプト似ているのでファームウェアも共通するところが多いのだと思います。
しかし新製品のA-410の1.5倍の価格です。A-410よりも良いパーツを使って高性能なのはわかるのですが、もう少しお安くできなかったのでしょうか。
proと名が付いているのでよほど自信がある製品なのでしょうか。であればDACはもっと上位のチップを使ってもいいんじゃないと思ってみたり(笑)

新製品への愚痴はさておき、
β版版ファームウェアのたくさんある改善項目の中に「SACDとDSDのパフォーマンスの向上』とあるのでDSDデータの処理になにか改善がされたのでしょう。音質には関係ないかもしれませんが音質向上の期待を持ってしまいます(笑)

正式アップデートではなくβ版なので不安もありますが、なにか不具合があれば直ぐにファームウェアを戻せるので、ものは試しと早速、β版をインストールしてみました。

アップデート作業は工場出荷状態に戻さなくても問題なくできました。
グラフィックや操作性が全然変わっていないように見えるのでホンマにアップデートできたんかいな?と思いましたが、ファームウェアの状態を確認するとちゃんと更新されていました。

肝心のDSDの再生ですが、まず一曲再生が終わった後のブツッという音の発生頻度が減りました。以前のファームウェアバージョンでは結構な頻度で発生していたので改善されています。しかし完全になくなったわけではないのでそこは残念。正式アップデートに期待。
音質の方はDSDの持ち味である自然な感じが増したように思います。
DSDデータを選択して再生ボタンを押してから再生させれるまでの時間がほんの少し短くなったような。データの処理がよりスムーズになったのでしょうか。

今のところ不具合はないのでこのまま使って正式番ファームウェアのリリースを待ちたいと思います。

この数ヶ月、趣味は自転車ばかりに時間を費やしていたので、ここ数日間はオーディオルームで音楽を聴く時間を増やしています。やっぱり好きな音楽をいい音で聴くのは気持ちいいですね!
ファームウェアの更新で音も良くなった(気がするだけかも?笑)のでオーディオのモチベーションも回復しつつあります(笑)

開く コメント(0)

開く トラックバック(0)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事