ここから本文です
化石大好き、鉄道大好き
申し訳ありません。しばらくの間こちらはお休みします。

書庫全体表示

記事検索
検索

全196ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

皆様ご無沙汰しておりました。
健康診断では散々な結果でしたが、なんとか生きています。
多くのブロガーさんたちがご活躍しているので、私も重い腰を上げて行って来ました。場所は何時もの石堂です。夜中について朝まで寝るんですが、やっぱりこちらは涼しくていいですね。勿論日中はそんなに変わらず暑い一日でした。この調子では、次は涼しくなってからでないと体がもたないかな・・・・。


午前中はなかなか良いものを得ることが出来ませんでしたが、午後からは場所を少し変えてなんとか帳尻を合わせることが出来ました。何時ものようにそんな採集品を少しご覧ください。

イメージ 1
ここは午後から攻めた場所から見える風景です。

ちなみに今回の採集成果は、
イメージ 2
一日だけなのでこんなものです。

未クリーニングですが、採集したものをご覧ください。

イメージ 3
スケール無しですが2cmほどです。

実は最近出会っていなかったので結構嬉しかったです。


イメージ 4
ナノナビス系です。

イメージ 5
ネモかグラノカルディウム
クリーニングすればよくなりそうです。

イメージ 7
プテロトリゴニア
珍しくほぼクリーニングいらずで出てくれました。
多産種ですが、やっぱり出ると嬉しい三角貝

最後は少しいじったバレミ

珍しく気房部が残っているようです・・・・
あれ??ひょっとするとここまで保存がいいのは
初めてかもしれません。
イメージ 6
ただ、臍がいじれません。
まぁいいかな・・・・・。


今回はこんな感じで夜行日帰り・・・・年をとったせいか、いやいやこちらのほうが辛いのでそんなことはありません。多分・・・。


では、また

この記事に

もう少しです

今週末からいよいよ4月です。
長い冬休みでしたが、その間は“Fasebook”で楽しんでいました。実は二度使いのネタが多いのですが・・・・・。

いよいよ
イメージ 1

ですが、昨日の大雪で少し延びるかもしれませんね。早く訪ねたいものです。

イメージ 2

では、また・・・・?????

この記事に

11月だというのに東京も雪が降ってしまいました。
仕事中(内業)が最もすごかったので写真は有りませんが、窓の外は雪国でした。幸いあっという間に溶けてくれたので、電車も普通どおりで問題なく帰宅できました。
佐久地方のライブカメラや“exうりぼうさん”のブログを見ていたら道路にも積雪があり完全に雪国でした。天候を考えでもう一週間ずらしていたら、今年はだめだったかもしれません。

さて、アンモナイトの続きですが、残念というか石堂らしいというかこの先は有りませんでした。

イメージ 1

一体何時になったら完全なものを拝むことが出来るのか・・・・時間はそんなに無いのに・・・・・。

後はこれというものはありませんでしたが、例によってトリゴニアを一つ、ただ今回のものは母岩がなかなかの大きさですので結構気に入っています。次はこの大きさの母岩に密集したものがあれば・・・・。

イメージ 2

イメージ 3


最後は思わせぶりなものがまた出てきました。ヘテロセラス系でしょうか。この前と同様にかなりの大きさですが、たったのこれだけでは・・・・部分というか破片ですね。

イメージ 4


今回はこれで全部ですが、一日の採集としてはそこそこだったと思います。ただし、カーステニセラスは欠片程度でほとんど目にすることがありませんでした。

では、

この記事に

11月もあっという間に終わりそうですね。
明日(11/20)は今年最後の小春日和だそうで、気温も20℃になるようです。寒かったり暖かだったり年寄りには・・・・。
昨日今年最後(多分)の石堂へ行って来ました。二日間の予定でしたが残念ながら雨で短縮となりました。軟弱者の私のために同伴者にはすまないことをしてしまいました。
最初は何時ものように


イメージ 3

すっかり葉も落ちて冬の装いです。同伴者夏樹さんの車とともに。

このときのき気温は−2℃でしたが、日が当たるようになればそこそこの暖かさになり、昼ごろには上着を二枚も脱ぎ捨ててしまいました。

イメージ 1

山では産出露頭のある上位部分に日が当たり始めるので、暖かさを求めて早速GO!!

イメージ 2

この時期は落ち葉で転石から見つけるのはちょっと大変です。

イメージ 4
掲載許可を取っていないのでかるくモザイクを

今回ご一緒したのは知る人ぞ知る“kleine wunderkammer 小さな驚異の部屋”の“夏樹さん”です。夏樹さんには鋸南でお世話になったので、今回は石堂を楽しんでもらいました(つもりになってます)。

イメージ 5

相変わらずこんな植物化石は出てきますが、なかなかこれといったものは・・・・。それでも久しぶりにうれしい化石を手にすることが出来ました。
結局この日はボチボチということで、夏樹さんもカーステニセラスやトリゴニアなどを見つけられていたのでお誘いした手前ほっとしました。ただ5cmほどの宝貝・・・・じゃない果球を見つけられていました。あれは珍しいと思いますよ。私がたまに見つけるものとは種類が違うようです。

本日は4時頃に終了し、スマホがつながる地点まで移動して翌日の天気を確認しましたが、6時から昼過ぎまでは雨のようで残念ながら中止としました。夏樹さん慌ただしくお別れしてしまいましたがありがとうございました。ぜひまたご一緒させてください。そして、お誘いしていた方々どうも済みませんでした。来年になりましたなら、またお誘いしますのでその節はよろしくお願いいたします。



そんなわけで今日(11/19)は、今回の化石をいじっていましたのでいくつかをご覧ください。

最初は久しぶりに見つけた植物化石。

見つけたときの状態は、

イメージ 6

左と右がつながっていそうなのでこのまま持ち帰りました。
結果は、

イメージ 7

そこそこの大きさでしたが、流れている間に虫食い状態になってしまったようです。まぁ、この大きさのものはなかなか見ないので・・・・・。

次はかなりお久しぶりのピンナです。

イメージ 8

今までは破片に近い状態のものばかりでしたので・・・。
あまり変わっていませんが、

イメージ 9


裏もありそうですが、クラックがひどいのでこのままとしました。

最後はほぼ唯一のアンモナイトです。採集時にかなりバラバラになってしまいました。

イメージ 10

Moutoniceras sp. のようですがはたして何処まで残っているのか、

貼り付け工程があるので、今はまだこんな状態です。

イメージ 11

続きは後日 m(_ _)m


もうすぐ池袋ショーですね。今年はどんな国産化石があることか今から楽しみです。
そしていよいよハンマー収めの12月になりますね。去年は石堂でしたが今年は鋸南あたりが・・・・・。


この記事に

またまた随分と空いてしまいましたが、10月21日・22日と石堂へ行ってきました。
何時ものように夜中着での行程です。今回は楽をして佐久まで高速でと思っていましたが、軽井沢の先で交通事故よる通行止めのため結局何時もと同じように下仁田から先は下道となってしまいました。
299号線に入って産地近くになると、


イメージ 1

小鹿のお出迎え。しばらく車の前をうろつきながら近づいてきましたが、アイドリングストップが解除されると驚いて道路脇へ入っていきました。果たして幸運の女神となってくれるのか・・・・。
結局三時過ぎに到着し朝まで仮眠。


イメージ 2

夜明けも遅くなり6時半にやっと日差しが、産地のほうは日向になっていますのでそそくさと上へあがって採集開始!!!
途中の道もすでに秋の装い。

イメージ 3

山から見る風景も秋ですねーーーーー。

イメージ 4


やはり日向は暖かい!! 上着を脱いで採集開始!!!!

イメージ 5

最近は異常巻きの多いところを攻めていますが、なかなか思うように採集できません。とは言っても異常巻きは持ち帰ってクリーニングしないと結果がわからない場合が多いので・・・・。


イメージ 6

それでも珍しく殻残りのクリオセラス系アンモナイトが出てきました。この殻はクリーニングするとなくなってしまいそうですが・・・・。

こんなのも出てきました。巻貝はこれでも十分な標本ですのでとりあえず写真採集。

イメージ 7
Perissoptera sp. ??

夕方近くの空に

イメージ 8
地震雲ではないですよねーーー。

結局翌日もボチボチでした。
でも山って良いですね。




採集標本をご覧ください。

最初は Nanonavis yokoyamai です。
珍しく殻付きで採集しましたが、クリーニング中に剥がれてしまいました。残念!!!!

イメージ 9

次の写真は、いちじくさんに頂いた銚子産のNanonavis ですが、やはり保存状態は格段によいですね。銚子でこんなのを見つけたかったものですが、今となっては・・・・・。

イメージ 10


これは巻貝、珍しく本体が砂にならなかったので慎重にお持ち帰りし薄めたシーラーで保護しました。

イメージ 11
Perissoptera sp. ?????????

クリオセラス系のアンモナイトが出てくれましたが、変な方向に圧を受けていて今ひとつの標本です。隣には棘が一つ残ったParacrioceras sp.の破片が見えます。

イメージ 12

イメージ 13
棘が見えます。

小さな平巻きアンモも出てきました。シューパブにしてはヘソが少し広いようです。Eogaudryceras sp.

イメージ 14


イメージ 15
Eogaudryceras sp. ?????

次は先ほどまでクリーニングしていた異常巻きアンモです。たまに出てくる種類ですが、正式な名称は不明です。
便宜上、Karsteniceras sp. とはしていますが・・・・。

イメージ 16
Karsteniceras sp.

最後は、

イメージ 17

不明種です。こんなのが出てくるので石堂は楽しい・・もどかしいですね。なんかオウムガイにも見えますが、全体を見ると違うようです。海岸に行くと岩場に張り付いている“あれ”にも見えますね。

後はいじっていないので、後日あるかもしれません。

来月あたりは皆さんを誘って行きたいのですがいかがでしょうか。
(改)普通のおじさんさんよろしくお願いします。


では、



この記事に

全196ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事