ここから本文です
おG’ん家は7人家族
あっという間の子育て終了?バイクにバドに釣りに燃えて綴って早15年。お子たち巣立ち間近、ゴールが見えてきたブログです。

書庫バドラーマスノスケの軌跡

記事検索
検索

全68ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

潮時ですね

体調が思わしくなく、
更新も疎かになっていたところ、
ヤフーブログ終了のお知らせが・・・・・

子供らもほぼほぼ社会人となり、
残すは末っ子マスノスケの高校部活と、親子の釣りぐらい。
長いこと子育てを中心に日記のようにずーーーっと書いてきましたが、
そろそろ潮時、向こうから辞めるきっかけが訪れましたね。


身体は良くなっていくのか?
それに伴って仕事は?なんて話もちらほら。
新しいバドクラブスタートと、
今年のマスノスケの活躍は?
不調だった昨年のサーフのルアー、今年は挽回できる?
ってか、そもそもサーフに立てるのアンタ?(笑)


こんな感じの記事が、春以降ボチボチ上がって、
年末には終わりかな、なんて考えていたところでしたので。

苦労して・・・ってか、好きで書いたことですけど、
破棄されてしまうってのはなあ・・・

少し時間があるようなので考えますかね、
お知り合いになれた方も多くいますし、
このまま無かったことになっていくのは寂しい気がしますから。

頂点奪還!!

さて・・・・・(笑)

今年最後のマスノスケの試合、
工業高校大会個人戦。

シングルスで出場。
中学時代、1年生大会、2年生大会を連続優勝した後、
体格が極端に小さい為ダブルスに変更、そこそこ結果は出しましたが、
やはり花形のシングルス、
身体もまだ細いですがだいぶ成長し、
高校入学後ほぼシングルスを任されてきました。

秋以降、AR区民大会では準優勝、
高体連新人団体、区民ダブルスを経て、
地元のAD区高校生大会ではベスト4、
招待のADオープンはリーグ戦敗退・・・
高1ながら格上にボコされながらシングルスを磨いてきました。




今回は大量エントリーの中、
一応3年生の出場不可のシバリも無いので、
必勝の高3、卒業土産と出てくる実力者も居ましたね。

イメージ 1


ここで高1が勝ち上がるのは相当難しそう・・・

でも高体連の実績や、秋の工業大会団体戦の結果詳細から、
マスノスケはなんと第4シード、四つ角の末席に入りました。

ノーシードなら7試合、マスノスケは決勝までやれば6試合、
スタミナが重要になってきます。

最初の試合TB高、2つ目FC工、3つ目K芸高と相手はデキる選手ばかり。
楽な試合は全くありませんでしたが、
調子はとても良いようで全部ストレート勝ち。

準々決勝はMC工、ここもストレートでしたがだんだん苦しく^^
そして準決勝K技高O君。
相手は中学時代ブロック大会でシングルスで上がって来ていた猛者、
第1シードでマスノスケと対戦を熱望していたKR工3年S君を、
接戦で倒して勝ち上がってきました。
あの頃だったら絶対厳しい相手。
今は身体も互角近いし、磨いてきた自負もあったようで。
でもここからは接戦覚悟、タフな試合間違い無し。

予想通り1セット目は走りましたが相手は様子見気配、
2セット目は流石のテクでやられます。
フルセットは前半カウンターで逃げられますが、インターバルまでに何とか追い付き、
後半は低めに決めに行くのを止めさせ、上で球を回せと指示。
徐々に自分のペースに引き入れ、終盤はギアチェンジで勝利し決勝へ。

いよいよ決勝は・・・・
工業大会団体戦のシングルスで対戦して惜敗した第2シードS工3年・・・
と思いきや、準決勝で彼を負かして上がってきたダークホース、
KT工!試合を見ていましたが良く拾ってストレートで上がってきました。
これはヤバい(笑)

しかし流れはマスノスケ、今日は追い風が吹いていました!
接戦でしたが若干タイスケで余裕があってエネルギーが残ったマスノスケに対し、
ピチピチでタフにやってきた相手は終盤には足が止まりました。
ガソリンを使い切れ!!ゴールまで全開だ!!!
レースチック(笑)な、親父の声援に応え、
2セット目は21−10の圧勝でストレート勝ち。

念願の頂上奪還、久々に優勝しました。



イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5




思えば小学校6年生で双子兄の中3引退試合を見に行き、
ベスト8で終わってもう一つ勝って初のブロック大会進出が出来ずのとき、
「兄ちゃんたちの悔しさは俺が全部引き受ける!」
と宣言し、まさに中学時代はトップを走ってきたマスノスケ。

その後双子は高校でも最後の工業大会団体は準優勝、
個人戦でもベスト8に終わったときも、
「A工に進んで俺が頂点に引き上げてやる!」


新一年生にして、上級生を全部倒してA工の看板を頂上に持って行きました。

今までで一番強かった、成長してくれました。
これからは追われる立場、楽ではありませんが胡坐をかかず、
高校時代バド部員として活躍してもらいたいと思っています。


結婚記念日に、最高のプレゼントを貰いました。






あ、逆に1位になったのでフローティングベストを買ってやる約束してたんだ!
俺がプレゼントかよ!(笑)

慢心?

気がついたら11月、
高校生になったマスノスケ、4月から毎月試合をしてきましたが・・・

なんか結果的にぱっとしない・・・
ホント、あと一歩の惜敗続きなんですね。
勝てません。
まあここまで僅差での負けが続くとね、やっぱり何かが足りないかと。

4月のクラブチームの団体戦は準優勝、
5〜6月の高体連団体も4回戦まで行きましたんで、この辺まではまあ。

7月の工業大会団体は優勝候補とされながら、
1ダブ2ダブをひっくり返されたとかのオーダーミスもありつつ、
シングルスを任されたマスノスケがフルセットで終盤逆転して、
3点リードでマッチポイントを迎えながら逆転負けでベスト4止まり。

8月は高体連個人戦ダブルス。
頑張れば3つ4つ勝てる感じでしたが、2回戦で有力校のペアと当り、
2軍にもかかわらず名前負け?2回戦敗退。

9月のシングルス大会は、頑張って決勝まで昇っていったのに、
同門対決でまたしてもフルセット、スタミナ切れで優勝ならず。

10月のダブルス大会は優勝候補と言われながら、
先月のシングルスで負かした相手にしっかりリベンジされベスト8、
その相手がしっかり上り詰めて優勝。

そして先週の高体連新人戦団体は3回戦で取れる試合を落とし、
後ろに繋げることができず敗退。
区の高校生シングルス大会、準決勝で負けはしましたが、
3位決定戦で中学時代の同級生にやられて賞典無し・・・・・



こうなると慢心以外ないですね、
俺は出来るんだという過去の実績にしがみついたままのように見える。
僅かに競り勝てない、勝ちきれないというのは、
腕前もそうですが、足りないものがあるからだと思う。
反省できる人は半分、
そのためには何をしたら良いか考えられる人はまた半分。
それを実行できる人はそのまた半分だと思う。
反省まではしているようだが、そこから先は・・・・?
その結果でしょうね。
努力しなければ、おそらく何も変わらない。
自信は持って良いし、ノビシロもある。
強くなるために、ひと皮剥けるために、なにもしないでいて良いか?


下旬にシングルスの招待になったオープン大会、
来月は工業の個人戦もあります。
あと2つの試合、出る結果が全てを物語る。

滑り込みました!

イメージ 1

毎年ほぼ晴天が約束されている11月3日、
今年は4日の日曜日と連休で、釣りには最高なのですが・・・・・

上手く一致しないのはいつものこと^^
この連休はバドの試合。
まあこっちも好きでやってますからね。

3日は高体連の団体戦、ブロック予選で、
自分たちA工の山の3回戦までやるので、
会場校のある都心部まで今回は朝から電車で。

少しオーダーは入れ替えますが、
2複3単のうち、マスノスケはダブルスとシングルスを重複で予定。
すべてこなしたなら6ゲームするという超ハード。
体力的には厳しいですが、代わりが居ない厳しい台所。


今回はしっかり勝って、来週の4回戦から上に進みたいところでしたが、
初戦から大苦戦!
1ダブ2ダブは取ったものの、1シンは落とすところまでは想定内。
2シン重複のマスノスケがフルセットの末惜敗!
2−2になって、3シン勝負でなんとかしっかり勝てて次へ。

時間が押してて間もなく次の試合、
こちらはダブルスで1−1、1シンで負けて1−2、後が無くなりました。
2シンのマスノスケ相方E君が勝って3シンのマスノスケ勝負へ。
一進一退から最後はギアチェンジして突き放しここも勝てました。

3回戦の相手は、春の団体の時初戦で当たってストレート勝ちしたH校。
しかし代が変わったというのにさすがの私学、レベルアップしてました。
1ダブはフルセットの末、惜しくも負け。
2ダブも接戦もやはり、フルセットで惜敗。
予想外の展開で、1シンを捨てているオーダーで
2,3シンに繋げられなくなりギブアップ・・・お疲れさん^^

昼食を取る時間もないほど昼から夕方まで繋がってしまったのもありますが、
この惜敗がA工の現状、事情を物語っているかもしれず、
これで個々何を感じ、何をすべきか、できるかを突き付けられた形。
考えて、行動できなければ、
何も変わらないというのがメンバーは知ったでしょうか?



・・・・・で、疲れを早めに癒し、
マスノスケは連闘、4日は個人エントリー、しかもタフなシングルス。
膝とか擦り傷やら、足にタコやら水ぶくれやらで大変です^^

予選は3人の総当たりリーグ戦で、
箱抜けした6人でトーナメント、マスノスケはリーグで勝ち抜いた後、
トーナメントを一つ勝てばベスト4。
上位4人に入れば、11月25日にある一般シングルス大会に無料招待!
ここに行けないようだと一般エントリーしても見込みは無いので、
タダで自力で切符をつかんで来い!

全くわからない相手でしたが、二人とも2年生。
こちとら1年生ですがどちらにもストレートで勝ってトーナメント進出。
初戦もストレートでしっかり勝ってベスト4ゲット。

続いての準決勝は、関東などにも行っている学校の2年、モノが違いました。
どこまでできるか・・・15本まで食い付ければ合格と考えてました。
ま、負けましたのでしょうがないんですが、16本取りましたので・・・

しかし、3位決定戦で、かつてのN中でダブルスも組んだこともある、
あの釣りにも同行したN君が相手。
シングルスは中2の優勝した新人戦で準決勝で当たって以来。
彼的にはリベンジを狙って・・・見事にやられてしまいました。


ちょいちょい負けることが出てきたマスノスケ、
本人的にも心の奥で危機感みたいなのが出てきたようですが。
ま、釣りどころじゃないだろ?いいのかな?

高校生ですからね、自分で考えて〜
てな、余裕が無くなっている釣りキチまーぼんです^^

練習効果?

昨日は区民体育大会に参加。
マスノスケは高校から。クマはクラブチームからエントリー。
得意ではないシングルスです。


ダブルスは来月にあって、
そちらもそれぞれエントリーしています。

その、高校でダブルスをマスノスケと組むE君と、
2年生2名の計4名が参加。
しかし2年の1名は寝坊棄権というだらしなさ。
もう一人は初戦敗退・・・そんな感じです。


で、1年生エースペアの二人、
大人に混じって他校上級生もいるこの大会、
ローカルな試合ですがどこまでいけるか?


マスノスケは第3シード下、
E君は第4シード下、ともに1回戦のあと、シード選手と当たります。
一番年下ですからね、厳しい所に入るのは仕方ありません。
で、初戦はマスノスケは相手棄権、E君も勝ち上がり、問題の2回戦。

E君は高校3年生との試合でしたがストレート勝ち。
マスノスケも負けじとちょっと中年でしたが社会人にストレート勝ち。

3回戦のE君は区内でも評判のベテランの中国人と。
マスノスケは某中学校でも指導をしている社会人、ともに実力者。
E君は1ゲーム取られるも取り返して逆転勝ち。
マスノスケも序盤リードを許すも、冷静に戦術を切り替え1G奪うと、
2Gは躍動し圧倒、ストレート勝ちでベスト4。


準決勝のE君は第1シードの高校生と対戦。
マスノスケは社会人クラブの練習でも一緒している超上手い人と。
ここはマジでふたりともここまでかと少し思っていました。

しかし、E君はストレート勝ち。
マスノスケもシーソーゲームで最後まで粘りまくり食らいつき、
デュースに持ち込むと一気に押し込み1G先取。
2Gもリードされのシーソーでしたが、最後は3点リードをとって勝利。


なんと!同門対決、決勝という信じられない展開になりました。








決勝はこれまでのハードな試合から疲れがピーク、死闘です^^

1Gはマスノスケのスピードが圧倒し取りますが、
2G中盤に肩と足に違和感が出て、思うように対応できず落とし。
ファイナルは・・・・・

もうマスノスケの足は止まり、余力は残っていませんでした。





イメージ 1




悔しい準優勝でした。
まあ、良い試合でした。


イメージ 2




1+1は2にはなりませんが、この新一年生ペア、
この二人が来月のダブルスの台風の目になるのでは?
殆どがダブルスと重複エントリーですので、名前は売れた気がします(笑)

前日の兄弟練習でのチェックでは良いところが出ていましたので、
その状態を上手く持ち込めて良かったです。
この試合で、シングルスも随分上手くなった感じがしました。

兄ちゃんは・・・前日練習で足に水膨れが出来たせいで1−2で惜敗でした(笑)

全68ページ

[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11]

[ 次のページ ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事