ボクにもわかる電子工作

Raspberry Pi、IchigoJam、Wi-Fi、BLE、XBee、RN-42、ESP-WROOM-02、ESP32

全体表示

[ リスト ]

後田さん(IchigoJam FANグループ)が作った「ミニ サイモン ゲーム」をCQ出版社の「IchigoJam用コンピュータ電子工作学習キット(IF ICH-KIT)」の基板で動かしてみました。
上/下/右の方向が順次、液晶に表示されます。その順序を覚えて、Keypadで入力する古典的なゲームです。意外と熱中するゲームで、なかなか止めれません。ボクも30分ほど熱中してしまいました。

後田さんの投稿:

イメージ 1

PSキーボードとKeypadを両対応にする方法

後田さんのプログラムの220行目から260行目を以下のように書き換えると、PS2キーボードやKeypad Shield基板でコントロールできるようになります。
220 K=inkey():if!KletK,~in()&#F:K=K+K>>1&4:K=K&7+27...
230 IFK=28ANDS=8GOTO310
240 IFK=29ANDS=7GOTO310
250 IFK=31ANDS=6GOTO310
260 IFK<>27ANDK<>SGOTO280
行番号220のinkeyはPSキーボードからの入力命令です。方向キーに応じて28〜32の数字が得られます。続く、if以降はin命令を使ってKeypad Shield基板から方向を入力する部分です。キーボードと同じ28〜32の値が得られるように処理しました。
これで、PS2キーボードとKeypad Shield基板の両方に対応したゲームが作れます。

他にも小型液晶に対応した様々なゲームが公開されつつあります。

イメージ 2

次々に登場する小型液晶用のゲームの一例

たった16文字しか表示できない小さな液晶だからこそ、楽しみも広がりそうです。
ボクが最初に作ったゲームは、こちら:

関連情報

IchigoJam用コンピュータ電子工作学習キット(IF ICH-KIT)

by ボクにもわかるIchigoJam用マイコンボード

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事