ボクにもわかる電子工作

Raspberry Pi、IchigoJam、Wi-Fi、BLE、XBee、RN-42、ESP-WROOM-02、ESP32

全体表示

[ リスト ]

いかに自分で正確な10秒を数えれるか。目指せ±ZERO。
IchigoJam×Mixjuice×Amibient

いよいよRaspberry Pi ZEROの国内発売が開始されようとしていますが、今日の話は自分で正確に10秒を数えて、IchigoJamのボタンを押すゲームの紹介です。

イメージ 1

このゲームはIchigoJam FANグループの中で後田浩さんが公開されていたものを、クラウドサービスAmbientに対応させたものです。
実行するとI2C小型液晶とテレビ画面に「SHOOT IN 10 SEC」と表示され、ブザー音でカウントダウンが開始されます。その後、自分で10秒を数えてから、BTNキーを押下してください。
結果が、液晶、テレビ、そしてクラウド経由でAmbientに送信されます。

もちろん、純正IchigoJamとMixJuiceの組み合わせでも動作します。

0.1秒単位で正確に10秒が測れた時の画面は、下記のようになります。

イメージ 2

結果はクラウドに送信されます。
下記にアクセスしてみてください。下段の「HIT 10」のグラフが今回のゲームの結果です。



イメージ 3

プログラム HIT 10

new
rem HIT10 = Hiroshi Ushiroda
rem Hit10Sky = Wataru Kunino
1 cls:?"Hit10Sky":uart1
2 'MJ PCT application/json
3 'MJ POST START ambidata.io/api/v2/channels/725/data
4 '{"writeKey":"ad3e53b54fe16764","d2":"#"}
5 'MJ POST END
6 K=IN():poke#700,64,0,2,#C0,57,17,#70,86,#6C,56,12:gsb800:wait180
100 cls:?"SHOOT IN":?" 10 SEC!":GSB900
200 PLAY"E":WAIT60:PLAY"F":WAIT60:PLAY"F":WAIT60:PLAY"B+":CLT
310 IFK<>IN()T=TICK():GOTO400elseGOTO310
400 T=T-600:A=T/60:B=abs(T/6%10):cls:?A;".";B;" SEC"
410 IF!A&&!B?"PERFECT!"elseIF!A?" GREAT!"
430 gsb900
500 P=#C1A:lc0,-1:?:gsb600:gsb600:gsb600:gsb600
510 ifK=IN()goto510elseGoto100
600 'TX
610 ifpeek(P)<>asc("'")letP,P+1:goto610
620 P=P+1:ifpeek(P)=asc("#")?A;".";B;:goto620
630 ifpeek(P)<>0?chr$(peek(P));:goto620
640 ?:return
800 R=i2cw(62,#701,1,#704,5):if!Rifi2cw(62,#701,1,#709,2)?
900 if!Rifi2cw(62,#701,1,#702,1)+i2cw(62,#700,1,#900,8)+i2cw(62,#701,1,#703,1)+i2cw(62,#700,1,#920,8)?
rem TV 表示 https://www.facebook.com/groups/ichigojam/permalink/581632705309820/
950 let[0],#80,#8A,#85,#8F:lc0,5:forY=0to15:wait4:forX=0to7
970 C=peek(vpeek(X,Y/8)*8+Y%8):?chr$([C>>6&3],[C>>4&3],[C>>2&3],[C&3]);
980 next:next:return

ダウンロード:
?"MJ GET bokunimowakaru.github.io/MJ/pg06/hit10.txt
詳しい製作方法については、以前に紹介したBTN早押しゲームを参考にしてください。
IchigoJamとMixJuiceを使ったBTN早押しゲーム

Raspberry Pi ZERO

IchigoJamと似たような学習用マイコンボードの小型&低価格品「Raspberry Pi ZERO」が、いよいよ国内で発売されます。
$5(648円前後)と、とても安価なのに、学習用パソコンとして使用することができる衝撃的な商品です。

とはいっても、いろいろと周辺機器・部品なども必要です。micro SDカード、mini HDMI変換アダプタ、micro USB対応のUSB ハブ、ACアダプタ、テレビ、キーボード、マウス、ACアダプタなどです。本体が安いだけに周辺機器がとても高く感じるでしょう。
OSをインストールするには通常のパソコンも必要です。また、インターネットへ接続するには、USBハブへUSB無線LANを接続する必要があります。

イメージ 4
(写真のピンヘッダは別売り。)

スイッチサイエンスにて、2月24日から予約販売が開始されました(すでに予約終了)

by ボクにもわかるIchigoJam用マイコンボード

この記事に

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


みんなの更新記事