ボクにもわかる電子工作

Raspberry Pi、IchigoJam、Wi-Fi、BLE、XBee、RN-42、ESP-WROOM-02、ESP32

全体表示

[ リスト ]

タカチのプラスチックケースLC115H-N-Dの開口部に、秋月のI2C液晶AE-AQM0802を取り付けてみました。
余ったスペースにはDCジャックを取り付けました。
まるで市販品みたいに仕上がります。
タカチ電機工業 LC115H-N-D

秋月電子通商 AE-AQM0802

イメージ 1
電子工作用のケースといえばタカチ電機工業。同社のプラスチックケースの開口部が秋月の液晶にピッタリだったので活用してみた。

中身はマイコンボードとWi-SUN通信モジュール

今回製作した機器の中身です。Raspberry Pi ZeroとWi-SUN通信モジュールを内蔵しました。そのうちRaspberry Pi Zero Wに置き換えて無線LANとBLEに対応する予定。

イメージ 2
今回はRaspberry Pi Zeroを内蔵した。Raspberry Pi ZeroのUSB端子にはUSB HUBと無線LANアダプタを接続。そのうち無線LANとBLEを搭載したRaspberry Pi Zero Wへ置き換える予定。

基板をネジ止め出来るけど、秋月のユニバーサル基板とは合わない

残念なことは、秋月電子通商で販売されているCタイプやBタイプといったユニバーサル基板とは合っていないので、基板のネジ止めには工夫が必要です。

イメージ 3
秋月のCタイプ基板を内蔵した様子。ネジ止め穴が一致しない。奥の1穴のみネジ止めが可能。他の穴には秋月で販売されているミニカードスペーサMPS-04-0を使用した。また基板が動かないように、基板の1か所にケースに合わせた穴をあけてネジを追加した。スペーサを接着剤で止めても良いかも。

完成例

下図は完成例です。液晶がピッタリとおさまっています。液晶基板の周囲にはポリミイドテープ(オレンジ色)を貼って、万が一、火花などが発生したときにケースへ引火しにくくするための対策です。

イメージ 4
液晶がケースにピッタリとおさまった。オレンジ色のポリミイドテープを貼ることにより、火花などによる引火の懸念を低減した。

なお、今回、使用したRaspberry Pi Zeroにはワイヤレス通信機能が無いので、ケースへ収容してしまうと、Raspberry Pi Zeroの操作が出来なくなります。一方、ワイヤレス通信機能を搭載したRaspberry Pi Zero Wについては、現時点で国内の電波法に適合した認証が得られておらず、実験をすることが出来ません。

次回は、アンテナ部へ給電するチップコンデンサを取り外し、アンテナの代わりに51Ωのチップ抵抗を実装して発熱対策を行います。

by ボクにもわかるRaspberry Pi

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事