全体表示

[ リスト ]

704回目の書き込みです。


第83話 すれちがいの音楽博覧会?

有名人!!お宅訪問ズバババ〜ン!♪
イメージ 1

「今回はバラエティー番組で大人気、国際派女優黛かおるさんのお宅にお邪魔します」
「どうも〜黛かおるで〜す。ズバババ〜ン!」
イメージ 2


ルルはたまらずテレビをオフ
「このままじゃ、ママは本当に女優としてダメになっちゃう…。早くエンブリオを手に入れないと…。月詠幾斗にもエンブリオにも邪魔はさせないんだから!」
イメージ 3


ロイヤルガーデン
やや「ねえねえ、みんな。これ見て〜」
チラシを配るやや
「世界音楽博覧会?」
イメージ 4

隣町のイベントらしい。
「明日は学校も休みだし〜、みんなで行かない?」
イメージ 5

賛同するあむとりま
しかしあむの表情が暗くなる
それはバイオリンを見てからのこと
察した唯世「イクトのこと?」
なぎひこ「イースターは彼を操りエンブリオを誘き寄せようとしている」
りま「まさかこのイベントに来るかもしれないっていうの?」
「可能性はあると思うよ」
唯世「一応注意しておいたほうがいいね」
あむ「うん…」
「わっ!心配したってしょうがないって。楽しめる時は楽しんじゃおう!」
イメージ 6

ミキ「そうそう」スゥ「お弁当作りましょうかぁ」ラン「お菓子も持っていこう」
「そうだね。思いっきり楽しんじゃおうか!」
『オー!』
イメージ 7


イースター
寝転がるイクトに例の3人
「なあ、漫画とかねえの?」
万田「そんなものありません」
「それじゃ、あんたと話でもしようかな。お姉さん」
イメージ 8

「え!?私と!?」
イメージ 9

九十九「相手にするな。まったく、イクト君の監視まで僕たちにやらせるなんて」
千々丸「専務も人使いが荒いですよね」
「あ、親父」
「え、え、え、え、なんちゃって〜」「何でもやらせてもらいます〜」
『って誰もいない。コラー!』

ナナがイースターに潜入
イメージ 10


例の3人は専務にいろいろ報告。
そしてやっぱり博覧会に参加する方向

夕方
ナナ帰宅「ここに月詠幾斗が…」
「世界音楽博覧会?ナナ!あなた」
「イースターなんかに負けちゃダメだがね…」
イメージ 11

「ナナ!」
一瞬で爆睡のナナ
ルルこの表情
イメージ 12


河原
スゥ「お弁当の献立は何がいいですかねぇ」
「あたしも明日のお弁当作り、張り切っちゃおうかな」
ミキ「それって唯世君にぃ?」
「そ、そんなんじゃないって」
ヨル「おう、お前ら」
いつも通りイクトの捜索
ラン「ヨルも一緒に行こうよ」
かくかくしかじか
「なーにをのん気なことを。オレに遊んでいる暇なんか無いにゃ。オレにはイクトを探すという重大な使命が」
「お菓子もいっぱい持って行きますよ」
「にゃに!?
イメージ 13

お菓子が食えるならオレも行くにゃ」
大暴れのヨル

「次の日」
イメージ 14

ややを先頭にイベント会場へ
イメージ 15


手作り楽器教室
ストローで笛を作った一同
お姉さん「それでは、音を出してみましょうか」
「プー」                               「プー」
イメージ 16

「スー、スー」
イメージ 17

「なんであたしだけ〜」
イメージ 18


その後も
け○おん!
イメージ 19

DDR
イメージ 20

イベントを楽しむ一同
イメージ 21


日舞を見物する
イメージ 22

唯世「藤咲君…」
「大丈夫。心配しないで。焦らず探すつもりだから。自分にとって踊りって何なのか。その答えをね」
イメージ 23


お昼
「唯世君、これ…。えーと、作りすぎちゃったから、良かったらどうかなって」
イメージ 24

スゥ「本当は唯世君の分も作ってきたんですよぉ」
ヨルはたこ焼きを頬張りながら
「今、イクトの気配がしたような」
イメージ 25


黒い車が到着。
もちろんあの3人とイクトが乗車、そしてバイオリンと音叉も

一角では踊りながら花を渡す少女(って言うかルル)
イメージ 26

「ありがとう」
イメージ 27


作業に没頭する車内の三人の下にやって来たのは妖精さんルル
イメージ 28

右手の花から煙を放ち、三人をかく乱。

イクトの下へ
「お前…」
「後は自分で何とかなさい」
イメージ 29

「待て、お前どうして…」
「別に。ただ、イースターの思い通りにさせたくない。それだけよ。エンブリオはイースターにもあなたにも絶対渡さないから」
イメージ 30


イクトは晴れて脱出

花をもらった少女「私も踊れるようになれるかな?難しいんだろうな。でもやってみたいな」
「迷っているのね」
イメージ 31


いつの間にか二人きりのあむと唯世
「イースターの動きは無さそうだね。やっぱり考えすぎだったのかな」
「そうかもね。あ…」
イメージ 32

「あむちゃん。他の展示も見に行こうか」

「次はどこに行く?」
と同時にニアミス…
イメージ 33

寸前でラン「あむちゃん!」ミキ「また謎たまが出たみたい!」

こんな状況に
イメージ 34

倒れる人たち

「私、踊るの。大きな舞台で、スポットライトを浴びて、踊るの!」
イメージ 35

謎キャラチェンジ
キャラなり、ダンシングドリーム!
イメージ 36

「あなたたちも躍らせてあげる!」
躍らされるややとりま
イメージ 37


「あたしのココロ」「僕のココロ」
『アンロック!』

キャラなり、プラチナロワイヤル!
キャラなり、アミュレットスペード!
イメージ 38


「みんな踊るのよ。私の舞台をみんなで盛り上げて!」
様々な楽器が降りかかるもホーリークラウンとプリズムミュージックで一蹴
「だったら!」
倒れていた人々がこんな格好に
イメージ 39

そしてあむたちに攻撃。

「あなたたちも躍らせてあげる」
なぎ「待って。これが君の踊りなの?こんなの踊りじゃない」
「なんですって」
「教えてあげるよ。本当の踊りを」
「面白い。いいわ、相手してあげる」
なぎひこの手を取り、音楽に合わせて踊ってみる
しばらくするとこの表情
イメージ 40

魅了されていく少女
イメージ 41


「わかったでしょ。踊りって自由なものなんだ。操ったり操られたり、そんなものじゃない」
「自由なもの…。それなのに、私…」
イメージ 42

「あむちゃん」

ネガティブハートにロックオン!
オープンハート!

×たま浄化。

ナナ「ルル…」
「大丈夫よ。エンブリオは必ず私が手に入れる」
イメージ 43


夕方
あむ「え?イクトが?」
「いたような気がしたにゃ…」
「気のせいだったんじゃない?」

その頃イクトは音叉の音にフラフラ

「この音は!イクトが近くにいるにゃ!」
(イクト…)
イメージ 44


しかしイクトはまたしてもさらわれてしまう。
「逃亡を手助けした者はどうしますか」
専務「あの娘の処分は後だ。今はイクトの方が重要だ。残念だったな、お前は私から逃れられない運命なのだ。永遠にな」

ED

一旦は逃れたものの、またしてもイースターの魔の手に。
専務が悪くて悪くてしょうがない。

ルル
エンブリオが欲しいわけですが、発端はズバババ〜ン?
国際派女優という肩書きのママがどんどん崩れていく姿が耐え難い。
それに加え、ナナが単独イースターに乗り込んだという姿勢に心打たれて今回はいつにも増してやる気がみなぎっていたように見えました。
妖精に扮してバレエダンサーのごとく踊り、ずっこけ3人組から一旦イクトを救出。
その後はいつも通り×たま浄化されてしまったのでうまく行かなかったけど、エンブリオゲットに向けて表情は前向きでした。
と言うかママが絡むと躍起になれるのでしょうね。
ママが一番ということで。

少女
あれは迷っていたのかな?
多少強引に見えた謎キャラチェンジでしたが、なぎひこと踊るたびに変化していく表情が良かったです。
最後は楽しくてしょうがないって感じでした。

なぎひこ
おいしい所を持って行きましたね。
ああいう社交ダンスに(と言っていいのか)長けてるとは意外な感じがするけど、納得のような。
イクトと唯世が人気を二分しているけど、なぎひこは割って入れるのか。

けい○ん!
今流行りだもんね(笑)
観ている人は突っ込みを入れたのかなぁ。

DDR
って書いて通じるかな?
一昔前にゲーセンで凄い流行っていましたね。(まだあるのかどうか知らないけど)
うまい人のプレーに大勢の人が群がっている画があったような。
僕はやったことないけど。
あ、「ダンスダンスレボリューション」略して「DDR」です。念のため。

イクトはまたしてもイースターへ送還。
なかなか一筋縄では行かないね。

次回
「二階堂先生は先生だったぁ!?」
楽しみです。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事