全体表示

[ リスト ]

青い花・DVD 第5巻

935回目の書き込みです。


25日に『青い花』のDVD第5巻が発売になりました。
こちら↓
イメージ 1


初回生産版だけの豪華特典
志村貴子描き下ろしオリジナル上装ケース(上の画像)

志村貴子描き下ろしイラスト入りデジパック仕様
イメージ 2


志村貴子描き下ろし漫画を含むポストカードセット
イメージ 3


特製封筒「イギリスへのエアメール」
イメージ 4

To Yasuko Sugimoto London, United Kingdom from Japan
誰からのかな

DVD第5巻は9話〜11話を収録
第9話「夏の夜の夢」
夏休みに入り、京子の誘いで許婚である澤乃井康一家の清里の別荘へ向かうあきらとふみたち。一同はテニスにゴルフにハイキングにキャンプにと自然を満喫。そして、キャンプの夜の肝試しであきらは、康が本当に京子のことを愛しているのだと知るのでした。
感想はこちら

第10話「幸福の王子」
いよいよ杉本和佐と各務先生の結婚式当日。幸せそうな姉と各務の姿を見つめる恭己。そんな恭己の背中を見つめる京子…。式の後、あきらとふみは、江ノ島で遊ぶ約束をするのですが、そこには恭己の姿も。そして江ノ島の岩屋でふみは、ついに恭己に決別の言葉を投げかけることに。
感想はこちら

第11話「冬の花火」
恭己が卒業後イギリス留学をするとの話を和佐から聞いてショックを受ける京子。一方ふみは、駅のホームで偶然恭己に出会い、お互い目礼を交わして別れます。心に動揺を感じてしまうふみ。やがて季節は冬を迎え、あきらはみんなを誘ってクリスマスパーティをやらないかとふみに提案し…。
感想はこちら

バラエティに富んだ最終巻です。

9話は別荘での楽しそうなみんなが見られるのですが、康の京子への想いがなんとも素敵で。
あとはポンちゃんたちが花を添えたというか、とても華やかでした。

10話は終盤のふみの恭己に対する言葉の数々がひしひしと伝わってきます。
思えばふみを家に招待した辺りから恭己の株が下落。
本当ならあーちゃんと楽しみたかった江ノ島にも現れ、いよいよそこで完全に決別。
逆に気の毒になってきたような気もしないでもない。

そして最終話ではふみが初恋を思い出すシーンが良いです。
クリスマスに雪が降るというドラマチックな演出。
ここは思い出すなぁ。

と言うことで『青い花』全5巻が揃いました。
あーちゃんとふみ、二人の友情が太かったし、何よりあーちゃんが初恋だったというのも最後のストーリーを綺麗に彩りました。

あとは何度観ても思うんだけど、あーちゃんは可愛くて良い子だ。
なんてたって藤が谷のお嬢様!
と言うにはちょっと庶民的かもしれないけど(笑)、それはいいとしてこんなに好感の持てるキャラクターはなかなか居ないです。
丁寧な作画にストーリーも楽しみでしたが、あーちゃんというキャラを楽しむのもこの作品の魅力ではなかろうかと思います。

今度は原作を読んでみようかな。
昨年の中でも特に印象深い作品『青い花』でした。

閉じる コメント(0)

コメント投稿

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

名前パスワードブログ
絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
投稿

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事