ここから本文です
自作スピーカー MarkAudio マークオーディオ エ型スリット プア オーディオ PCオーディオ bok ヘッドフォン
みなさん、お久しぶりです。。
先月は時間があったものの、プチ会だったり、体調を崩しがちな子供の世話
(今も;)をやりつつ、諸々佳境で、結局大変でした!

今月は時間を作って家のこと(環境含め)若干手を入れたいです。
ネットでない世界では、毎日様々な新しいことを学習し行っ
ているため、脳が90%回転位になっており目が回りそうになるときも;
そういうときに子供の顔やしぐさを見ると、癒されます。


さて、最近「ハイレゾスピーカー」という商品が出てきて
(昔もSACDとかの時代にあった?)ます。
20-20khzと書かれたスピーカーからあたかも20k以上の音が
まったく再生されていないかのように誤解されそうな表現
と感じていますが、
もちろんそんなことはありません
特性グラフで滝のように落ちていっているところに、tweeterユニット
をつけて補強?しているようなスピーカー(30k〜100kとか)のニュアンス=
ハイレゾスピーカーなのかと。

同様に、音楽ソース(音源)も規格で足キリされたものでなければ
今日で言うところの「ハイレゾ」に充足
しています。

レコード(LP)とか諸々....
(↑但し当時のデジタル録音機器の制約を受けたものもあり)

現在だからハイレゾが出てきたという訳ではありません

脱線しますが、、、
映像&音声もフィルム&テープからレストア(アナログ>デジタル)
する技術はかなり進んでいますが、
元信号で足キリしてきた規格で収録したものは、
足キリ部分を補完(ないものを作る)しかないので、
なんとも無念という状態。(それでもうまい事やりますが)
映画などもデジタルカメラで収録し、最近、HDRやLOGスケール
などで今まで切り捨ててきたものがデジタル上収録できるように
なってきましたが、(白飛び表示があるのは足キリ的なにか
ハリウッド含め、フィルムでアーカイブしたり、
そもそも今現在もフィルムで撮る監督もいます。(KODAKが再生産
回帰というより収録フォーマットとしてのフィルムやテープを改めて見直した
状態。
(※ただしお金が潤沢にないと使えません)

こういったことは懐古主義とはまた別です。



戻ると、色々諸事情で、急にLP(レコード)を聴くことに。
こちら。YASUKO AGAWAさんのアルバム。

イメージ 1

今の環境がよく無いのとプレイヤーがそろそろ寿命かと思われるため、
微妙な感じですが、録ってみてSONYPCMなマスターかなと想像。
イメージ 2
横線は機器ノイズだったり、今環境の諸々だったりと推測。

高音の感じとアルバム全体のすっきりした音雰囲気は好きですね。

2017年10月25日にLimited版がビクター和フュージョンシリーズ
新作として発売されます。 [ミズミステリー]



この記事に

開くトラックバック(0)

みなさん、こんばんは。多忙でこんな時間にすみません。
子供から風邪をもらってかなり弱っています。

今宵は今まであえて封印(プチ会ではOK)してきた、
「ダイナミックレンジ」で遊ぶお話し。
このネタは一歩間違えると、かなりお騒がせなネタなのでネットでは
やってませんでした。 ただ、最近の「ハイレゾ」という商売の中で
色々「ん?」と個人的に思えることが多々あったので、あえて。

まず、「ダイナミックレンジが広い=優れている=いい音」
という見解があることは知っていますが、
僕は狭くても「ジャンルによっては寧ろ楽しめる
EDM、クラブ、テクノ、アニソン?、メタル)」ものがあるので、
いい音」論 や「海苔状態の波形云々をする気はありません。
聞いていてその人が楽しめれば「音+楽」なんで、いいんじゃない?という感じ。

で、いろんな方がこの話題について書かれたりこの用語を商品アピールに
つかったりしておられるようです。ちょこっと検索しても以下のように。

http://www.diyloudspeakers.jp/6000html/onkyouyougo2/dinamicrange.html

https://www.g200kg.com/jp/docs/dic/dynamicrange.html

http://pspunch.com/pd/article/dr_meter/

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B8

「ラウドネス」という用語とも絡んできたりしますが、
人間は大きい音に弱いので、大きい音で聞くと(いい音)感が増す傾向にあり。
※-->そうでない方もおられます。

さらにデジタルになるとややこしい「ビット深度」が絡んできて、
24bit96khzで十分では?となったり。※実際のマスターが。

オーディオ業界では技術用語を売り文句にする素敵なテンプレートが
あるようですので、「ん?」と思うことがあるのですが、、、
調べて出てきたHP↓のご意見が若干近い気がします
https://soundevotee.net/blog/2016/11/22/mistery_word_rangefeelings/

同じ方の以下のページが、そうよね。とより思えます(私感)。
https://soundevotee.net/blog/2016/10/03/old-cds-are-quieter-than-todays-but-still-good/

まともなスタジオだと作業したどの音も同じレベル(レンジ内)に
落ち着いているはずですが、実際違う(バラバラ)なとこもあるらしく、
Youtubeなどネットメディアに持ってった時に、あれれ?プレビューと
感じちゃうやん!となるらしいです。
※Youtubeは自動で抑える機能(-13LUFS/LKFS)が近年実装されています。

放送の世界ではCMでの大音量問題対策として規格化され
-24db LKFS(±1LKFS) となっています。
上記リンクにサンプルWAVがあるので、ダウンロードして聞いてみて下さい。
(※プロとして利用される場合スタジオより案内があります)
意図して設計されています。TVの音がよく聞き取りやすいなあ
と思うかもしれないのは、こんな事情が。
+映像の場合さらにハーディング(Harding HFPA)の
チェックなど諸々が入りますのでかなり難しいです。



ここまで色々座学的なご紹介で、最後にやはり検索で出てきたこちらが
なかなかマトメだったので↓
http://pspunch.com/pd/article/dr_meter/
http://pspunch.com/pd/article/loudness/

RMS=>https://www.g200kg.com/jp/docs/dic/rms.html


↑文字ばかりでつまらなかったかもしれません。眠らないで下さい
遊びの本題はここから

いつもの foober2000 (Windows用プレイヤーソフト)
遊び計測できます。結果が気になって夜しか眠れない;
心をすり減らさないようにお願いします。あくまで「遊び」です。

拡張コンポーネント「foo_dynamic_range」を入れます。

プレイリストで気になる楽曲(もしくはアルバム全体を対象など)を
右クリックで実行すると結果が出ます。

例えばCDから同設定でリッピングして、、、その楽曲に対し測定。

比較的最近の曲をやると
イメージ 1

イメージ 2

いい感じに「ぎゅぎゅっと持ち上げ、つぶし」な状態↑。

イメージ 9

1989年のCIRCA RECORDS LTD(Virgin)のものだとこんな具合↑。
※このアルバムは好きです エンジニアは Hugh Padgham
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒュー・パジャム

イメージ 3
定番なこれとかやってみると面白い↑。

イメージ 4
よくスピーカーなどの評価に使う人がいる定番の↑。
イメージ 5
個人的には「使うならこっちの方」がいいかも?と↑。

イメージ 6
オリジナル(当時の)CDで↑。この曲の金属的ドラム音(カチカチ)が
低音(これまた硬い!)と合わさって、超タイトだけど少し厚みがあるのが
それなりの再生装置と思っています。
「シャカシャカ」な感じだとちょっと、、、、。Bruce Swedien


イメージ 7
日本のマスターモノによってはこんな感じ↑。
歌は好きだけど、、、この曲はもっとつぶさなくてよかったのでは??


イメージ 8
おなじみのこれもサビのところで歪(意図したもの)を感じるのですが↑


キリがない遊びなので、このあたりでおしまい。

自作スピーカーやアンプなどを「大音量で」品評会的なことを
やるようでしたら、上のDR値が大きい曲でやると面白いかもしれませんね”

(こういうどうでもいい遊びの話などを不定期プチ会でやってます

次回はスピーカーハイレゾな話か、
この間のプチ会で手に入れた小型オーディオ機器の話の予定。

この記事に

開くトラックバック(0)

みなさん、こんばんは。
帰っても子供が寝付くまで遊びごっこをしているので、
疲れで寝落ちする日々です; 
ついでに手元は積みプラモ状態ヤバい。
イメージ 1
2日!いや1日でいいから、朝から晩まで自由時間を!
そうすれば消化してみせる!といつも思っていますが、
なかなか実現できません。

さて、遊びの続き。Sony Music Center for PCでCDをPCに取り込みます。
このソフト、基本日本語マニュアルがあるにはあるのですが、
SONY製品用のもの(当たり前!)なのと日本の家電説明書の悪いとこ?
詳しいとこを端折っているので、僕がさらっと遊んで分かる範囲で。
こんな感じのこともプチ会(OFF)でやってます
(諸々使い方が、、、みたいなのを分かる範囲でHELP)


まず色々やる前に「ツール」メニューから「設定」。
ここで各種設定ができます。(キャプチャ画面を載せます)
見たら分かるかと思います。

イメージ 2
ビットレートの指定は大人の事情制限があるので、
マニアックなことはできません。(制限はSONY製品で再生を保証している範囲なのかと想像)


イメージ 3

楽曲情報の取得をどうするか設定する画面です。(インターネット接続必須)
SONYっぽいのが「12音解析」 これは10年前からあった方法。
http://av.watch.impress.co.jp/docs/20071001/dal297.htm
遊びでONにしていますが、OFFの方がいいかもしれません。
情報について、取得のタイミングが指定できます。見てのとおりです。

楽曲情報はどこ(のデーターベース)からかというと、Gracenoteです。
その設定が次の画面。
イメージ 4
「日本語優先」で検索しにいきます(設定ボタンで優先言語を選べます)。

取り込まれた曲はPCのどこに保存されるのか?iTunes同様に設定できます。↓
イメージ 5
参照」で保存先を変更可能です。

次にCDドライブのチェックを行います。必ずやりましょう
取り込みに使いたいCDドライブに何か音楽CDを入れておきます。
画面は 「ツール」>「CDドライブのチェック」で出ます。
イメージ 6

以上で準備はできました。 
親切なのか不親切なのか、上のような下準備しなくても取り込めます。
大体CDを読み込むと、以下のようにジャケットと曲情報つきで出てきます。
イメージ 7

この画面で「Music Center に取り込む」ボタンを押すとPCに取り込まれ、
ミュージックライブラリー」の「ミュージック」のところにアルバム単位で
まとまった表示で入ります。

ところで、取り込みたいCDの情報が意図しないものなんだけど!
(間違ってるとかジャンルが違うとか) というときは、
CD情報取得」のボタンを押すと、Gracenote情報の詳細画面になります。
(この機能はかなりマニアックだと思います
イメージ 8

オレンジ色で囲んだ「編集」チェックを入れると、情報の編集ができます。
ジャンルの変更は「」のところでマウスクリックでポップアップ選択。
(送信もできるっぽいUI)

ここで取り込む前に情報編集しておけば、その通りに読み込まれます。
OKで設定項目を確定させます。


楽曲情報が出てこないCDやDSDなどにジャケットをつけたい!
SONYの案内では、ドラッグ&ドロップとなっていますが、
マウスの右クリック」でできます。(出てくる画面は一緒)
登録したいor楽曲情報を編集したいタイトル上で右クリック。
(アルバムアート表示部で右クリックなどなど。右クリックしてみましょう;)
イメージ 9

こんな画面が出てきます。手動で入力します。

ジャケットこれちゃうやん!
そんな時は「ジャケット登録(J)」ボタン押してファイル選択できます。
イメージ 10

他にも謎機能があるようなのですが、
ついこの間公開されたばかりのソフトなので、????な機能も。
(僕の今の環境に対応したSONYの製品がないので

再生出力設定はいいとしても、
イメージ 11

ネット共有はDLNA??
イメージ 12


なんで、このソフトで遊んでいるかといいますと、
SONYの謎補完エンジン: 
DSEE がどう働くのか気になるから;ただそれだけなんですが;
(検証など面倒なことは他の方に依存....)


いかがでしたでしょうか?今回は画像多めでしたね。
解説するのは文章より画像の方が圧倒的?に分かりやすいと思うので、
こんな日記になっております。
プチ会だとその場で説明できるので、楽です


僕の一つ前の拙い日記を紹介していただいた
那須山さんのブログに知らない日本語のプレイヤーが書かれていました。
かなりマニアックで面白そうですね!
「TuneBrowser(シェアウェア)」
http://tiki-s.cocolog-nifty.com/blog/tunebrowser.html

他にもあるのかな? ともあれ諸々のお時間が欲しいです。。。。

この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事