ここから本文です
自作スピーカー MarkAudio マークオーディオ エ型スリット プア オーディオ PCオーディオ bok ヘッドフォン
みなさん、暑いです。。

夏の工作にスピーカーを作ってみようという方に、
非常にシンプルなスリットバスレフ方式の箱を1個設計してみました。

マークオーディオOm-MF5用としていますが、汎用性があります。
(自作NO.73)

特別に何かすごいところがあるものではないのですが、
板厚を入手しやすい12mmとし、板を切る数も少なく済むように。
板取り図は各々にお任せするとしてこんな感じ。
(PNGフォーマットの図面)
イメージ 1

4L位、80Hz前後の無理のない設計です。
数字はすべてミリメートル。
少し大きなデスクトップサイズのスピーカー。
黄色は吸音材の大体の貼り位置。好みで調整してください。

寸法が載っていない部分は板厚(12)を足し算(or引き算)すれば出ます。
スリット部は12mmで板厚と同じにしています。
音の広がりが欲しい場合、20mmMAX位で前面板の長さを調整変更してください。

-2-の日記↓の動画のものとは構造やサイズ、音が違うのですが、
まあまあ楽しめると思います。

最初から特殊な方式で作るより、シンプルな方式から始めた方が
よいと思っています。

では、工作でケガなどしないようにお気をつけて!
あまり頻繁にレスポンスできませんが、質問などある方は
メッセージでどうぞ。

この記事に

みなさん、こんばんは。
-2-の続きです。
先週のオフ会は台風のため中止でした。
時間都合がつく時期とそうでない時期があり、
ベストなタイミングでしたが、やむなし。
次回参加できるといいのですが、、、、。

さて試作した箱は、実験用途は満たしたので
実はもうOM-MF5箱工作に飽きたところです;

40cmで奥行が短くしているのには訳があり、
僕のメインテーマが「デスクトップスピーカー」ということで

イメージ 1

PC用モニタと並べたときのサイズ(ちょっと大きいけど)感という理由です。
ごらんのような感じで。

音的にもこのサイズが小型としてはMAXかと。
板の厚みなどがあるので正確ではないですが、
大体4〜5L位の容積を縦に稼いでいる状態。
ユニット想定としても理想的なサイズではないでしょうか?
(もっと大きい箱でも行けそうですが....)

これで電気的なブースト(バスブースト)は不要な低音が出ていると感じます。

音量上げると、置いている机がダブルベース(=コントラバス)
の音などで振動する位。

重低音ではないですが、ちょい低音過多な感じです。
実験として意図したもので、
高音をちょっと犠牲にする代わりに低音を盛ってみました。

ネットワークなど電気的なものは一切使っていません。

ポートの開口もいつもよりかなり広めにしてみました。
ここまで広くすると中音が漏れてきたりしますが、
その辺は調整テクで(=構造+吸音チューニング)カバーします。

ポートを狭くすればするほど低音は締まっていきますが、
あまりやりすぎると、密閉っぽくなって中途半端なバランスになります。
狭いと箱に対する共振負荷が強くなるため、
板厚を増やす、重量を増やすなど必要となり、間違えると破綻します。

今回の試作品は厚12mm程度ですが、構造上背面に負荷がかかるため、
対策が必要になります。
もっとも簡単な対策は背面の厚みを2倍にします。(よくやっています)
この例では24mm程度に。
ただし、副作用(共振が別な場所に出る)などすることがあり、
経験値が必要になることもあります。


この箱を自宅以外で伸び伸びと鳴らしてみたいのですが、
何かいいイベントや場所がないですかね....。

この記事に

みなさん、こんばんは。-1-の続きです。
マークオーディオのStereo誌ムック本ユニット「OM-MF5」の話。

この間の連休は本当に久しぶりに工作に没頭できました。
おかげさまで、自作スピーカーを2台試作。
イメージ 1

2WayはPeerless PLS-P830985+PeerlessTwの試作品(おそらく自作通し番号
72号機)。試作品ですが、もしかしたら久しぶりに出品するかも?
商品というより、研究結果のおすそ分け〜ないつものです。

でそれを元にMarkAudioOM-MF5 用に設計したものが手前と奥のやつ。
(自作71号機)
高さが40cmあるので、僕的には大きい部類です。
奥行は13cm、幅15.5cm位。
2wayも同じ大きさです。縦長なデスクトップスピーカー(大)でしょうか?

これらの重量は非常に軽いです。

なぜなら、集成材を使用したから
加工は相変わらず難しい! 穴あけるとすぐ割れる。
板もちょっと力を加えすぎると、厚みがあってもぽっきりといく。
毎回思うのですが、スポンジでスピーカーBOXを作っているような
脆さです。その代わり、吸音材がほとんど不要(チューニングによる)。
僕のように、振動するスピーカーを作っている変人?にはピッタリな素材です。

スピーカーって究極に歪を削減して、反響も計算して、振動も抑える
という作り方と、たとえが変かもしれませんが、
ギターのアンプのようにあえて歪を残して(疑似反響を活かして)
楽器として作る考えがあるように思うのですが、
僕は後者。 前者はとても同人レベルの計測や機器ではできないので、
最初からそっちには行かず、振動させて楽器のように鳴らないか?
というスタンスです。

研究対象に鈍器(ダイキャスト合金製)スピーカーをもってたり
しましたが、やっぱりいい感じに振動する方が好きなんですよね。
嘘反響だとか、諸々ツッコミする方もおられますが。

お話長くなりましたが、久しぶりに動画です。
楽曲はFREE MUSICを使用しました。CCです。

音を出しているのはA10アンプ。96k24bitで自室収録しています。
youtube動画はいつものようにmpeg4圧縮で音声帯域も切られているので
実際の音とは異なりますが、雰囲気ぐらいは微妙に残っています。
低音も高音も結構(それなりに)でる設計にしたつもり。

今週末は台風大荒れな予想で、持っていけるか微妙なところですが、
コレとM800のいずれか持参でオフ会に行こうと思っています。


この記事に

[ すべて表示 ]

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事