Double Woofers 準会員@boliceの部屋

「趣味は仕事です」というくらい仕事がノッてる。気が付けばオーディオルームが建ってりゃ理想だけど。。。。

本日の思いつきオーディオ日記

[ リスト | 詳細 ]

記事検索
検索

玉石混合

イメージ 1

スタジオ放出品のケーブル一式が届いた。
中身は開けてのお楽しみ♪
ということで、早速開けてみた。
ブランドではVital Audio Providence Hosa canare Belden Mogami などなど。。。

なんじゃこりゃ?何に使うんだ?
おっ!これええやん♪
あっ!ラッキ〜

とまぁ、早速使いたいケーブルから一生使うことないであろうケーブルまで
様々。

とりあえず暇なときに分別してみることにしよう。

おもしろい!

イメージ 1

内部構造は至ってシンプル。API2520を参考に製作されたと思われる
ディスクリート・ラインアンプモジュールが収められた
「キャラメル」が2個乗っかった基盤と電源部。
yukinyさんから借りているDCD−SA1の出力をOLDLINEのラインアンプに入力し、
TA−N7050でL112を鳴らしていた。
かなりいい感じで鳴らしてくれる。脚色されたようなドギツさがあるのではないか?
と最初は多少なりとも不安があったが、肩肘張ったような誇張感もなく
自然にスゥーっと出てくる。044ツイーターの、鳴らしすぎるとシャラついてくる高域も
上手く押さえ込んでくれる。ちょうど4430のチタンダイアフラムのチリチリした感じを
アムクロンと組み合わせると質感がアルミのような自然さに変化するような相性の良さに似ている。
それでもポンと置いただけのサブシステムでは変化の度合いは掴みにくい・・・
ちょいと持ち歩いて遊んでみようかな・・・・?

24時間経過し、、

イメージ 1

昨夜も子どもたちに部屋を占拠され、映画を見終わるまで久しぶりにブログを書いた。
子どもと映像のおかげで、主が留守でも通電してくれている・・・(TT)
逆に音楽聴いていると、今日は映画観てもいい日だ!と子どもが部屋に飛び込んでくる。

そんなわけで、昨夜は入れ替えて少しだけ聞いたに留まった。
通電して数時間の間にどんどん音が変わっていく。最初は重心がグッと下がって落ち着いた感じに。
質量感が増した感じが出てくる。
以前聞いていた26Lの感じもあるが、ちょっと違うような・・・・と思い、
今日の夕方になって再度聴いてみる。

空間のでき方が昨日とは随分異なってきた。
全体的にすぅーっと、奥に展開していく。深みが感じられる表現だ。
このあたりは26Lらしいかな?
それにしても瑞々しく、しなやかさに溢れた音だなぁ・・・
これはSA1のDACの威力かな?
写真に写しているのはCS−PCMのデジタル音声をSA1の外部デジタル入力に入れて
聴いているときのもの。
この印象は、やはり共通するものを感じる。

トラポとしては昨夜、結線を外す前にDC330に入力してCDで聞いてみた。
表現の多少の違いはあれど、しなやかさは増す印象はあるが
ほぼDP100やエアーD1と比べて遜色はなさそうに思った。

すわっぷ!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

先日、ふと思いつきでyukinyさんにプレーヤーとプリをしばらく交換しない?
と電話でお願いした。そして今日無事に到着し、先ほど結線を終えて鳴らしてみた。
我が家の前段機器は4年以上DP−100+DC−330のコンビ。
まだしばらく変わらないかなー?とは思うが、アテにならん話だ。
過去の機材入れ替えパターンは5〜7年周期でガラガラポンだ。
そして1〜2年くらいトッカエヒッカエが続く。ちょうどDW’sに居候するようになった頃
というのが、ガラガラポン&トッカエヒッカエが落ち着いて静穏期に移行した時期。

その間にも機材は進歩している。特に前から気になっていたのが「DENON」ブランド故、
過小評価されてないかぃ?と思っていたSA1。
一度我が家で確認してみたいと思っていた。なのでホントはプレーヤーだけの交換を
お願いしようかと思ってみたのだけど・・・・・
ウチがSACDトラポ+DACプリの構成なのでDP100だけ代わりに送り付けても
迷惑千番なので、あつかましくもMLの26Lも一緒に送ってもらうことにした。
JBL時代には鳴らしたこともあるプリなので、久々のご対面である。
15年以上前、プリを選ぶ際にアキュの280Vにするか?26Lにするか?
悩んだ挙句280Vを選択し、後年「やっぱり26Lだったか・・・汗」と
ちょい後悔した時期もあった。

さっそく結線して鳴らしてみた。電源投入直後なので評価はアテにならん。
すでにどんどん変わって行っている。
チャンデバのF300の出力にパッドを組んでゲインを10dB落としているおかげで
VR位置は2時くらいで聞き流しにちょうど良い感じ。
それなりに聴こうとすれば「フルボリューム」で楽しめる(爆)


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事