全体表示

[ リスト ]

俺たちの最終章

夏の甲子園。
母校の松本工業高校が初出場、しかも開幕試合。
開会式から見てきました。
母校が開幕試合でなければ見に来ない開会式。
見れる機会を作ってくれた後輩たちに感謝。
イメージ 1

試合の結果は、実力の半分も出せずに 1:14 で敗退。
君たちの実力はこんなもんじゃなかったはずだ。
長野大会で敗れた92校の思いの分もぶつけてほしかった
初出場、開幕試合の緊張感のせいだったか?

3塁側アルプス席を埋めた大応援団も応援の統制が取れずに選手の力になれなかった。
長野大会の決勝戦のような一体感はぜんぜん無かった ・・・・・ 残念。
 次回への課題だね。
イメージ 2

第2試合の3塁側が智弁和歌山だったので引き続いて見たが
『 これぞ高校野球 』 って感じの迫力のある応援だった。
ぜひ参考にしてほしい。
イメージ 3
 
長野県の高校は甲子園に出場することが目標になっているが
以前、県高野連の指導者研修会の講演で智弁和歌山の高嶋監督
『甲子園優勝まで6試合と地方大会6試合の12試合を勝つことを逆算して大会に臨んでいる』
地方大会の直前まで合宿でしぼって、疲労がピークに達した状態で初戦を迎える。
なんとか勝っていくが、大会に入ると厳しい練習はしないので試合を増すごとに調子が出てくるそうだ。
こんな程度で地方大会を勝ち抜けないようなら甲子園で優勝できないので負けたっていい。
このやり方に異論があるならば、自分は辞めるとおっしゃっていた。
 
長野県の高校が甲子園で勝ち抜くためには甲子園で優勝を目標にした学校が出て行く時だろう。
現実は甲子園出場で目標が達成されてしまっているので難しいだろうが。

.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事