全体表示

[ リスト ]

映画@2010/4/3


深川監督の作品は「狼少女」いらい雰囲気が気に入っていて、この作品もピアノ曲等をBGMに進んでいくストーリの雰囲気は良い。終盤で見ている人を驚かすしかけのためかちょっとしっくりこないところもあったが、周りにいた女性の観客の多くから泣いている音が聞こえ、そういうストーリーが好きな人にはいいのだろう。
今日は舞台挨拶があり、池松壮亮、忽那汐里、大泉洋、深川栄洋監督、原作の橋本紡氏が登壇。
司会は襟川クロ。大泉ファンが集まったのか、館内はほとんどが女性で満員+立見。上映後の舞台挨拶で、ネタバレを気にしなくてよかったこともあり、大泉洋がいつものように笑いをとっていた。忽那汐里は途中で家族が客席にいることを見つけたようで、そわそわしはじめたが、最後に大泉洋がその両親(?)に向かって挨拶をしたのはなかなか楽しめた。

ドラえもん のび太の人魚大海戦(3回目)
ドラえもん人形も3個目(今日は水色)。
 

イメージ 1
 
 
オーシャンズ (2回目)
中学・小人¥500(保護者同伴限定) キャンペーンがまだ継続しているようで、公開から2ヶ月以上たつのにまだあちこちで上映していて人も入っているようだ。
同じドキュメンタリーっぽい作品のWATARIDORIのときよりもストーリーが感じられ、音楽・効果音で見やすくできあがっている。海の生物の神秘的な生態等を美しい映像で見せ、終盤では絶滅種、海洋汚染等にもふれる展開となっていおり、教育的作品としても良いと思う。BGVとしてBlu-rayがでたら買うかもしれない。
エンドロール後に表示される、動物の傷はCGでつけているという説明には驚いた。

若者の観客中心でかなり埋まっていた。
予告編はすごく気に入っていたのだが、全般的に苦悩を長く表現している感じがして、もうすこしコンパクトにまとめてくれるとよかったのだが…。宮崎あおいが結構頑張って歌っていたのを聞けたのが収穫。
和泉多摩川から京王多摩川付近の多摩川ぞいで撮影したようだ。
シネ・リーブル池袋では撮影に使用した衣装の展示をしていた。
イメージ 2



閉じる コメント(1)

ソラニン、観ました♪
あおいちゃん、頑張ってましたね^^可愛かったです☆

2010/4/4(日) 午後 8:12 くるみ


.


プライバシー -  利用規約 -  メディアステートメント -  ガイドライン -  順守事項 -  ご意見・ご要望 -  ヘルプ・お問い合わせ

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

みんなの更新記事