ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示

 
イメージ 2
                    (レンパン島 日本兵抑留の碑)
 
      目に見えぬ神にむかひてはぢざるは 人の心のまことなりけり 
          (神様に恥じない心こそ誠です :明治天皇の御製より)
 
 
 日本は大東亜戦争の開戦時に大量の敵捕虜を想定し15か所に収容施設をつくりました。
そして、英・米・蘭の将兵30万人を収容し、捕虜を管理する国の責任として彼らに寝具、衣服、食器を与えました。当時、日本人の食生活は欧米人に比べて肉類の摂取が極端に少ないものでした。 しかし、捕虜の食事はその点を配慮し、日本国民の配給を上回る特別配給を続けていました。
 戦後、占領軍が日本に上陸すると直ちに捕虜キャンプに大量の食料とビタミンを届け捕虜たちを解放しました。 終戦により武装解除された軍隊は戦時捕虜ではありませんが、日本の内地に復員するまで日本将兵は事実上”捕虜”として扱われました。 しかも、その扱いは言語に絶するものでありました。
 
イメージ 1 東南アジアの最大の収容施設レンパン島(左写真)でのことです。当て字で”恋飯島”ともいいます。
シンガポール南方のこの無人島に日本兵8万人が移動を命じられました。
ここはかつて第1次大戦でドイツ軍捕虜2000人がマラリアで全員死んだ島でした。その後もここで民間が開発をしましたがすべて失敗し、放棄されてきた島でした。
この島は蛇以外の生き物は少なくヤシの木も少ないまさに「死の島」と言われるゆえんであります。
イギリス人はこの「死の島」へ日本兵を“地獄”に追いやるために移動させたのです。
 
 島の施設はすべて日本軍の手で建設させられました。日本軍はあり合わせの道具と自前の食料を持って、桟橋、道路、倉庫から何から何まで作らされました。
雨期に吹きさらしの甲板に積まれて到着した設営隊は、後続部隊のために掘立小屋を建てながら、約束していたイギリス軍による食料を待っていましたが、島には何も届きませんでした。
 
 日本兵たちの1日分の米は15勺にされ、全員が空腹と栄養失調になっていきました。
彼らは生きるためにあらゆる動植物が食料となるのか試され、毒以外の野草は取り尽くしていました。
蛇、サソリ、ムカデ、ナメクジまで貴重な栄養源だったのです。軍医部の報告では主食のカロリーは必要量の3分の1、タンパク質は16グラムに過ぎず、餓死寸前に至ったと書いています。
最重点で取り組んだ開墾から農産物自給が進められ、食糧の生産と採集が行われました。 そして、遂に蛇もムカデも取り尽くされて絶滅してしまいました。
 
 8万人に餓えが迫った128日、イギリス軍の食糧5000トンが届いたのです。しかし、この食料は熱帯で半年も貯蔵され賞味期限どころかイギリス軍で廃棄するようなものを持って来て、しかもわざと日本の記念日である128日まで待たせておいて、この日に日本兵に“くれてやった”のです。
イギリス、オーストラリア軍の食料は33004200カロリーありましたが、日本兵はこの1食分を3食に分けて食べ、それでも今までの倍の量を食べることができたのです。
 こういう過酷な状況の中でも日本兵は抵抗もなく、脱走もなく、餓死者も出さなかったのは奇跡であったといえます。命令系統が失われていたので混乱があってもおかしくありませんが、日本兵の秩序は乱れませんでした。白人が「死の島」と言った無人のジャングルを切り開き、飢餓に迫られながらも、しのいだ日本兵。あらゆるものを利用して道路、農地、井戸、貯水池、宿舎、倉庫、司令部、病院まで建設しました。塩、みそ、しょうゆ、石鹸、履物まで工夫して作っていたのです。
 
 ついにはイギリス軍の陰険な策謀は見事に裏切られたのです。世界のどの軍隊であろうとも、敗戦後の極限状態に追い詰められながら落胆し、意気消沈し、絶望に自暴自棄になる状況でも、これだけの統率を取ることができた日本兵は天皇の軍隊、皇軍としての誇りであったといえるでしょう。
 
イメージ 3この白人の陰湿な日本兵への扱いに対して、日本にいた捕虜の扱いはどうであったでしょうか。
昭和20年、戦局悪化の一途の中、我が国の民需が枯渇し、「欲しがりません、勝つまでは」のもと、食べざかりの子供達までお国のためにあらゆることを我慢し、わずかな配給に列をつくって日本国民全体が飢えていた時、敵捕虜に対しての待遇は日本の将兵と同じであったのです。
敵の将兵に妻子に与える2倍の食料を供給し続けたのです。
日本国民が極度の窮乏の中でも戦時国際法は固く守られていたのです。これこそ白人社会ではあり得ない日本精神であり、武士道でもあるのです。
このことはなぜか戦後隠されたままです。
同胞を殺した憎き敵に対しても、我が先人たちの高潔なる”誠”の行いを日本人は広く知り、誇ってもいいのではないでしょうか。・・・
 
・・・・・・・
 
*人気ブログランキング(歴史部門)に参加しています。
      ここをポチッとご協力お願い申し上げます。
 
 

  • まさに鬼畜米英の対極の武士道ですね。ただ、なりふり構わぬ反則もありの戦に武士道は短期戦ではやはり無理がありますね。長期戦で見返すにしても戦後の体たらくは悲しいです。傑作

    千葉日台

    2012/2/11(土) 午後 11:23

  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。

    応援&今日のランクリ 傑作ポチ凸

    hito

    2012/2/12(日) 午前 0:26

  • 顔アイコン

    味噌や石鹸をあるもので作って秩序を守って・・本当に感動しました。
    日本での捕虜の扱いも人間らしいです。誠心誠意、というのはこういうものですね。
    傑作ランクリ

    [ -- ]

    2012/2/12(日) 午前 0:53

  • 顔アイコン

    日本人は礼節を重んじ武士道で相対しましたが毛盗は駄目です
    このような話を知らない人が多くて 日本人が堕落しています・・・

    [ 道後 ]

    2012/2/12(日) 午前 0:55

  • 英米人のやることも陰湿なことが多いですね。
    なんかもう、ムカムカきます。傑作、クリ

    遊坊zz

    2012/2/12(日) 午前 1:08

  • 顔アイコン

    英米人の日本兵捕虜に対する扱いのひどさを考えれば、人権など声高に騒げる輩ではありません。

    傑作。

    urusaioyaji

    2012/2/12(日) 午前 4:49

  • 顔アイコン

    リンドバーグの手記などを見ても米国の捕虜・戦死者に対する扱いは悲惨なものでした。戦後これらのことは隠匿されていますが、少しづつですが明るみになっていますね。
    それに対し、我国は日露戦争以降の捕虜への待遇は素晴らしいものでした。惻隠の情を持ち、皇軍(神)の軍隊としての誇りと矜持がありました。
    これらも明るみになってきていますね。

    傑作
    ランクリ
    転載させていただきます。

    アメブロにタイトル同じで移行。

    2012/2/12(日) 午前 6:04

  • 顔アイコン

    日本人の誇りですね。精神の揺るがぬ強さ、これが武士道の精神ですよ。日本的なる物を失わないでほしい・・・が今の政治家を見ると武士道の精神日本的なる物を失っているようです。特に民主党には・・・。

    bonbondaruma

    2012/2/12(日) 午前 8:44

  • 顔アイコン

    琴鈴様
    8カ月後に復員船により帰国。
    レンパン島における総死者は125名で、マラリア、食中毒、赤痢などでした。

    保守の会会長 松山昭彦

    2012/2/12(日) 午前 8:57

  • 顔アイコン

    上坂冬子さんが後年、直江津捕虜収容所に居たオーストラリア兵に記録していた食事内容を見せてもらったそうです。
    自分達が食べていたものより良かったと書いていました。
    ただ、日本人と白人の食事内容の違いから、捕虜を虐待したと言われてしまったとも。

    [ 八目山人 ]

    2012/2/12(日) 午前 9:07

  • 外相として米豪捕虜に謝罪した岡田と前原、歴史の真実を認めない基地外です。

    傑作・ランクリ○です。

    近野滋之

    2012/2/12(日) 午前 10:51

  • 本日のランクリ

    [ 鳳山 ]

    2012/2/12(日) 午後 1:26

  • 顔アイコン

    ( ´ー`)y─┛チァーパーボェー

    戦後の日本軍の振る舞い立派でしたね。

    傑作&ランクリ

    にっぽに屋にっぽん

    2012/2/12(日) 午後 2:20

  • 顔アイコン

    初めて知りました。捕虜のほうが、一般国民よりもたくさんの配給を得ていたとは、これは日本の誠実さを物語る大きな証拠と言えます、これを隠していた占領軍やそのとの左翼達の、嘘が暴かれる時ですね。大いに広めなくてはいけませんね。
    傑作ランクリ転載させて頂きます。

    [ さざんか ]

    2012/2/12(日) 午後 3:33

  • 顔アイコン

    ランクリ・傑作ポチ凸^
    誠実な日本人♪、絶やす事なかれ! 転載させて頂きます。

    [ 鳥海 ]

    2012/2/12(日) 午後 9:20

  • さくらの花びらさん、こんにちは。

    正に日本人の誇りの体現であり、武士道の精神が失われていなかったことの証だと思います。

    神様に恥じない心、言い換えれば自分自身の日本人としての矜持であると考えます。
    命より名を惜しむ、この精神を子孫に伝えていく義務があると思っています。

    傑作

    [ - ]

    2012/2/13(月) 午後 1:13

  • 顔アイコン

    奴隷扱いの白人至上主義と「武士道」精神は構造が基本的に違いますね。

    傑作、ランクリです。

    [ nadarechan1113 ]

    2012/2/13(月) 午後 7:17

  • 昭和天皇の訪欧でオランダに寄られ際に魔法瓶が投げられたことを思い出しました。
    何と粘着質であることよ。
    それに引きかえ、日本人はあまりにも清すぎます。

    傑作

    watch_compass

    2012/2/13(月) 午後 9:17

  • 顔アイコン

    戦後日本を復興させたのはやはりそういう日本人が多く居たからだと自分は感じます
    感謝ですし誇りです。

    傑作ランクリ

    あまのじゃく

    2012/2/14(火) 午前 0:47

  • 顔アイコン

    こんばんは。。。

    本日も勉強になり、先人達に感謝すると共に日本人として誇りに思います!

    日本人は歴史の真実を知り、愛国心を育てよ!!

    間違った歴史観など捨てて、誇りある日本人として堂々と生きよう!!

    是非、転載させて下さい!!

    傑作!

    [ ちびっこライダー ]

    2012/4/29(日) 午後 8:46

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事