ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示

歴史のつめあと

人気ブログランキングに参加しています。
         まずはここをポチッとご協力お願い申し上げます。
イメージ 2
 
イメージ 1
                    右側が破壊された「七士之碑」
 
 
1223日は天皇誕生日であり、かつては天長節と呼ばれておりました。
それとともに日本国民としては忘れてはいけないことがあります。
東京裁判で「A級戦犯」と呼ばれて7名が処刑された日でもあるのです。
これは明らかに意図的にやられたのです。
この東京裁判が起訴された日は4月29日です。この日は昭和天皇の誕生日です。
 
皆さんはこの7名の名前を言えるでしょうか?
今や殉国の士の名前すらも忘れ去られようとしています。
 
処刑された7名の執行責任者は日本駐留軍司令官ヘンリー・ウォーカー中将で、処刑した後、7名の遺体をトラック2台に積んで久保山火葬場で火葬し、その後、遺骨を捨てたのです。1950年、朝鮮戦争が起こるとヘンリー・ウォーカー中将は韓国に赴き、12月、ウォーカー中将が戦場視察のため車で走っている時に事故死しました。
その日は戦犯7名の祥月命日である1223日午前零時過ぎ、奇しくも死刑執行の同じ日の同じ時刻であったのです。
 
それを聞いたマッカーサーはじめ米軍首脳は恐れ、ウオーカーの副官は怨霊を供養するために翌年5月に興亜観音を訪れ、住職から「興亜観音に恩讐のへだてはない。恩親平等だ。それが松井閣下の心でもある」と言われ、ウオーカーと7人の霊を供養する墓標を霊仏観音の傍らに建てて法要を営んだのです。
 
昭和4612月、過激派の東アジア反日武装戦線が七士之碑を爆破して破壊される事件がありましたが、今は修復されています。
 
我々はこの事実とともに、東京裁判とはどういうものであったかを知っておくべきであります。東京裁判の判決後、日本の弁護人側は連合国最高司令官に再審を申立しましたが却下されました。直ちにアメリカ連邦最高裁判所に訴願しましたが、これも却下されました。この時、却下理由として最高裁のダグラス判事がこのように述べました。
「インドのパール判事が言うように東京裁判は司法裁判ではなく、政治権力の道具に過ぎないから最高裁の審議対象に馴染まない」。
 
7名はじめ「戦犯」という名のもとに多くの無実の日本人たちが処刑されましたが、それは「司法裁判」ではなく「政治権力の道具」のために亡くなったのです。
 
・・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。
日本が侵略したという嘘よりも何をされてきたかしっかり教えるべきである、
                        と思った方はここをポチッとお願いします。
イメージ 2

  • 顔アイコン

    わざわざ皇室にゆかりのある日に処刑をするとか、野蛮な鬼畜米英と言われても仕方が無いアメリカ。その執行責任者が同日に死んだのは何か因縁めいた気がします。過激派は本当にろくでもない存在です。世の中はクリスマスムードですが、今日と言う大事な日を日本人は忘れてはなりません。傑作&TBします。

    千葉日台

    2012/12/23(日) 午後 10:42

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。

    応援&今日のランクリ ナイス ポチ凸

    hito

    2012/12/23(日) 午後 11:01

    返信する
  • 日本がA級戦犯と言わなくなって初めで戦後は終わると言えますね。日本は戦後体制を脱し早く普通の国に戻らなければなりません。

    ナイス&ランクリ

    [ 鳳山 ]

    2012/12/23(日) 午後 11:02

    返信する
  • 顔アイコン

    当時の戦争に戦犯ってのがそもそもおかしいのです
    一種の人種戦争だと思ってます。

    ○ランクリです。

    あまのじゃく

    2012/12/23(日) 午後 11:42

    返信する
  • 顔アイコン

    日本人は 戦犯なるものの意味を知らねばなりませんね
    「七士之碑」というだけで非難する人がいます

    [ 道後 ]

    2012/12/23(日) 午後 11:51

    返信する
  • 顔アイコン

    護国の神々となられた七士以下、言われなき罪に問われ極東軍事裁判にて処刑された千名以上の護国の神の存在すら忘れ去ろうとしている今日の日本。
    これで国がよくなるわけがありません。
    YP体制からの脱却、御国の為に戦った先人に感謝の誠を捧げずして、御国の将来はありえません。

    ナイス
    ランクリ
    後程、転載させていただきます。

    釜坂信幸

    2012/12/24(月) 午前 5:05

    返信する
  • 日本は正しい歴史認識を取り戻せ!

    ナイス・ランクリ○です。

    近野滋之

    2012/12/24(月) 午前 9:19

    返信する
  • 顔アイコン

    おはようございます。
    これも…初めて聞くお話です。
    歴史…、教育を正しくしないといけないです。

    ナイス・ランクリ2

    [ ユニコーン ]

    2012/12/24(月) 午前 9:54

    返信する
  • 本日のランクリ。

    [ 鳳山 ]

    2012/12/24(月) 午前 11:37

    返信する
  • 顔アイコン

    応援&今日のランクリ ポチ凸

    hito

    2012/12/24(月) 午後 1:57

    返信する
  • 昨年の記事ですが、私の地元愛知県「三ヶ根山」に有る殉国七士廟の話をTBさせて頂きました。興亜観音は、まだお参りに伺ってないので、来年早々にも行って参ります。

    ナイス☆ランクリ

    so-kei♪

    2012/12/24(月) 午後 2:31

    返信する
  • 顔アイコン

    今日は…
    ご無沙汰しています…
    Tearface様の転載記事より…

    さすがは「さくらの花びら」様ですね
    実に敬服します…
    m(_ _)m

    私が驚いた点
    ★東京裁判の結果、日本の戦争指導者とされた7人は強引に処刑されたが、その処刑最高責任者が後年同日に事故死している事
    そして、マッカーサー元帥らが暗に怖れていた事
    ★東京裁判の再審を求めたが、拒否され、その理由が、現在でも大きな意味を持っていると思います
    東京裁判なるモノを素直に信じている人々に是非、知って貰いたい…
    東京裁判を開廷?させたマッカーサー元帥さえも後年、
    「東京裁判は誤りだった=要約」
    と、述べています…

    よく、こんな歴史に埋もれた事をご存知で…う〜む…

    歴史はホントに奥が深く、興味尽きないですねェ… 削除

    [ 某現代日本人 ]

    2012/12/24(月) 午後 2:33

    返信する
  • 顔アイコン

    こうした歴史の、重要な歴史の出来事を知り理解出来無い限り、何も見えず、只真っ暗な暗黒の中を彷徨うだけです。

    ★!

    ジョウジ

    2012/12/24(月) 午後 4:27

    返信する
  • 顔アイコン

    日本の誇りを取り戻すべく戦後レジームからの脱却
    間違った歴史を信じ込み日本を悪い国と自虐的な考えを払拭するべく
    教育を始め日本のマスコミの反省と謝罪を引く出す事も大事ですね

    [ 誇り君 ]

    2012/12/24(月) 午後 8:22

    返信する
  • 私は東條英機陸軍大将元総理大臣の名しか出てきませんでした。
    総理大臣だった者を絞首刑にして、7名の遺骨の混ざったものを東京湾に棄ててしまう。
    この痕跡さえも消すやり方は今もビン・ラディンで同じですね。

    そう言えば小沢はこの「A級戦犯」を靖国の合祀から外すと言ってましたね。靖国がしっかりして持ちこたえてくれて良かったです。
    ないす!らんくり

    watch_compass

    2012/12/24(月) 午後 8:45

    返信する
  • 顔アイコン

    転載させていただきます。

    釜坂信幸

    2012/12/24(月) 午後 8:52

    返信する
  • 顔アイコン

    正しい歴史を知って先人の無念を晴らさなければなりませんね。

    ナイス、ランクリです。

    [ nadarechan1113 ]

    2012/12/24(月) 午後 10:13

    返信する
  • 顔アイコン

    私たちが知らされていない話が一杯あるんですね。拡散しましょう。転載させて頂きます。

    [ 暢気な家主 ]

    2012/12/25(火) 午後 6:49

    返信する
  • 顔アイコン

    ●『畏るべき昭和天皇』松本健一著新潮文庫¥629円を読みました。

    昭和天皇は、戦後も靖国神社を参拝していました。

    それは、靖国神社は<天皇陛下が参拝するからこそ意味がある>からです。

    1975年8月15日に、弱小派閥の三木武夫首相が参拝し大問題になった<その年でさえも、その3ヶ月後の11月に、昭和天皇は参拝して>います。

    しかし、1966年から、10年あまり保留にされていたA級戦犯が合祀されたので、

    それ以降、靖国神社参拝は<ご自分の意志で>止めました。

    昭和天皇のご発言のメモ「富田メモ」で
    「だから 私(は)あれ以来参拝していない それが私の心だ」。

    今上天皇も、この昭和天皇の遺訓を守り、在位25年間、一度も参拝していません。今後永久に天皇は靖国神社に参拝しないでしょう。

    昭和天皇ご自身のお心を考えるべきと思います。

    [ イエスちゃん ]

    2013/8/15(木) 午後 11:01

    返信する

顔アイコン

顔アイコン・表示画像の選択

絵文字
×
  • オリジナル
  • SoftBank1
  • SoftBank2
  • SoftBank3
  • SoftBank4
  • docomo1
  • docomo2
  • au1
  • au2
  • au3
  • au4
  • 名前
  • パスワード
  • ブログ

開くトラックバック(2)

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事