ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示

人気ブログランキングに参加しています。
         まずはここをポチッとご協力お願い申し上げます。
イメージ 2
 
 
イメージ 1
 
 
-------------------
土曜授業―答えを急ぐことはない
公立校に、土曜日の授業を復活させたい。下村博文文部科学相が意欲を示した。
問題提起はわかる。一方で、学校週5日制は週末を家族とゆったり過ごすライフスタイルをもたらした。土曜も学校となれば、親子の会話が減る。そこをどう考えるか。
 
結論を急がず、国民的な議論をしたうえで判断すべきだ。学校で土曜が完全に休みになったのは11年前。ゆとりの学習指導要領とともに始まった。教える内容を絞り、全員しっかりわかるようにする。その理想とは裏腹に、公立校の勉強だけでは足りないという不安が保護者に広がった。塾に通うお金がある家庭とそうでない家庭で学力に差がついた。都市部では土曜も授業をする私立に子どもが流れた。そんな批判をうけた文科省は教える内容を増やし、授業時間も小中で週1〜2コマ増やした。
 
ベネッセの調べでは、小学校の半分近くは国の標準より多い授業時間をとっている。増えた内容をこなすためだ。公開授業などは土曜にしてもよいという特例を使い、すでに月1、2回ほど土曜授業をしている自治体も少なくない。
横浜市教委が一昨年とったアンケートでは、保護者の7割が土曜授業に賛成した。
週休2日を変えずに授業を増やした結果、生徒も先生も平日の余裕がなくなった。そんな声もある。大臣が「世論の理解はあると思う」と言うのは、こうした現実をふまえたものだろう。
 
ただ、やるとしても元のつめこみに戻るべきではない。日本の子に足りないのは、応用力と学ぶ意欲。知識よりも考える力だ。国内外の学力調査で毎度のようにそう指摘される。増える時間は、実験や観察、討論に振り向けるべきだ。
教職員も交代で休めるよう増やす必要がある。でも、少人数学級だって財政難で先生を増やせなくて全学年に行きわたらないのに、容易なことではない。週末のくらしは様変わりするだろう。部活動や地域の子ども向けの催し、スポーツ教室や習いごと、塾は、土曜休みを前提に営まれている。家族の遠出も減るかもしれない。社会へのさまざまな影響がありうる。
 
土曜を休みにするときも、中教審などで長い議論を重ねた。答えを急ぐことはない。やるべきか。やるとしても毎週必要か、隔週で足りるのか。役所や有識者だけでなく、各地の保護者からじかに意見を聴く場を作ってはどうだろう。(2013.1.21 朝日新聞社説)
--------------------
 
「土曜も学校となれば、親子の会話が減る。そこをどう考えるか。」
土曜日が休みでも必ずしも親子の会話が増えるとは言えないのではないでしょうか。会話のしない親子はいくら時間があっても別々の部屋で自分の空間にいれば会話はないのです。よく会話のある親子は時間が少なくなってもするものです。朝日が思うような心配はないのです。
実際には、ゆとりではない昔の方が親子の会話があったのではないでしょうか。
今や食事の時さえ自分の部屋で食べて、親子の会話がなくなっている現実もあるのです。ですから土曜休みと親子の会話を結びつけるのは無理があります。
大体、男女共同参画を推し進めて、母親をどんどん社会進出させて、家族の破壊を目論んでいた朝日が今さら親子の会話とは片腹痛いものであります。
 
「結論を急がず、国民的な議論をしたうえで判断すべきだ」
どうして朝日は土曜日を休ませたいのか。授業時間を増やしたくないのか。
朝日の信奉するシナの勉強時間は非常に多いものであります。その一方で日本人には勉強するな、授業時間を減らせ、ゆとりを持て、親子の会話を大切にせよ、というのは如何に日本を弱くしたいのかがわかりやすい朝日新聞です。
 
「ただ、やるとしても元のつめこみに戻るべきではない。日本の子に足りないのは、応用力と学ぶ意欲。知識よりも考える力だ。」
鉄は熱いうちに打てといいます。学校教育も同じです。頭のやわらいうちにどんどん頭を使わせる。ゆとりや余裕などいらないのです。
ゆとりがあるから余計なことを考えるのです。あれほど陰湿ないじめを考えるほどの余裕があるのです。ゆとりというのは数知れないご苦労と社会貢献を積んだ人が時として持つものであり、何も知らない子供にゆとりを与えてどうするのだ、と言いたい。
そして「日本の子に足りない」のは何より道徳教育であります。これがおろそかになっているからモラルもルールも守らず、一方では個人の権利や自由ばかりを強調して教えるから社会全体が荒廃していくのです。自分よければすべてよし、他人のことなどどうでもよい、となるのです。
道徳心を養い、他人の痛みを知る人間になること。その上での学問でなければ、“仏作って魂入れず”になってしまうのであります。
 
「少人数学級だって財政難で先生を増やせなくて全学年に行きわたらない」
昔は大人数学級でありました。それでも勉強の出来る子供はたくさんいました。勉強のできる子供はどんな環境にあっても頑張って勉強するものです。
大体、学校の先生を増やす意味がわからない。少子化で生徒が少なくなるのに教師を増やしてどうするのだ。
教師も自分が休むことより子供の学力や人間としての成長を真剣に考えてやるべきであります。それが教師が“先生”と呼ばれる所以であるのです。
休みを何より優先させる人間が教師になるべきではないでしょう。まして自分たちを労働者と位置付けてデモやストに重心を置いているなどもってのほかであります。
 
「週末のくらしは様変わりするだろう。部活動や地域の子ども向けの催し、スポーツ教室や習いごと、塾は、土曜休みを前提に営まれている。家族の遠出も減るかもしれない。社会へのさまざまな影響がありうる」
日本人の精神は勤勉、真面目、嘘をつかない、約束を守ることなどです。これが日本人のよいところであり、日本人が一番力を発揮するものであります。
たとえゆとりや余裕があってもさらに向上を目指し、時間を無駄に使わないのが日本人の日本人らしいところであります。それが日本の発展を支えてきた大切な要因であるのです。
この良い面を潰すことが反日左翼の目指す日本解体勢力の目的であるならば、断固反対していくべきであります。それによって家族の遠出は減ると書いていますが、本当に行く時はどんな困難であっても知恵を使って時間を有効活用してでも行くものであります。
土曜日の授業といっても午前中だけです。何も特別なことをやるわけではなく普通に戻すだけです。何をそんなに恐れるのか、朝日は。
 
「答えを急ぐことはない。やるべきか。やるとしても毎週必要か、隔週で足りるのか」
これはすぐにでもやるべきでしょう。なぜなら反日朝日が急ぐなと書いているからです。
 
・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。
    土曜授業は当然である、と思った方はここをポチッとお願いします。
イメージ 2

  • 顔アイコン

    忙しい時というか 時間がないときの方が生活は充実します
    時間があるとロクなことがない 先生の数はいまで多いくらいです
    真面目に教えれば良いが 遊んでいる教師が多い

    [ 道後 ]

    2013/1/21(月) 午後 11:53

  • 顔アイコン

    そりゃあ滑りに行きたい日教組の先公が朝日に言わせているんでしょうww

    [ - ]

    2013/1/22(火) 午前 0:10

  • 単純明快、売国朝日と逆をやれば日本は良くなります。

    [ - ]

    2013/1/22(火) 午前 1:28

  • 顔アイコン

    ついでに、週休2日も見直しましょう。これで日本はもっとよくなります。有給をちゃんと消化させる法整備をすればok。日本の労働行政は糞。

    ぐれいにゃ

    2013/1/22(火) 午前 1:37

  • 顔アイコン

    転載させて頂きます。

    応援&今日のランクリ ナイス ポチ凸

    hito

    2013/1/22(火) 午前 5:23

  • おはようございます。
    アカピも、よくこんなくだらない事を書くなって思います。
    ナイスです。

    [ ユニコーン ]

    2013/1/22(火) 午前 6:39

  • まったくもってその通り。親子の会話云々は、半日会わない位で 会話がなくなってしまう家族はない、と思います。
    土日の生活が変わる云々も、地域の催し云々も、昔は土曜の午後&日曜にやっていました。それで充分です。
    多くの家庭でそんな生活も小学校まで。中学になれば土曜は部活になります。
    どっちにしろ学校には行くのですから、授業に振り当てても、家庭としては一向に構わないですね。
    先生が足りない云々は
    本当に理解が難しい子が多かったりする場合は、教員OBや教員志望の学生をボランティアとして配置すればいいと思います。やる方も見てもらう方もお互いに利害関係が合致するし。
    たしかに普通クラスに在籍する発達障害児の割合が増えたのだから、そうでもしないと手が足りないのは明白。
    また事務仕事・研修が昔の先生とは比べ物にならない程増え、それらに忙殺されるとは言うが、
    土曜が営業日となれば それこそゆとりが出来るのでは?と思いますね。

    [ yukibon ]

    2013/1/22(火) 午前 7:08

  • 顔アイコン

    さすがチョウニチ、支那の出先機関の論調ですね。

    >土曜日が休みでも必ずしも親子の会話が増えるとは言えない
    子供達を置き去りに、ひとり雪山道楽の私には身にしみるお言葉です^^;

    ナイス、ランクリです。

    [ nadarechan1113 ]

    2013/1/22(火) 午前 8:05

  • 顔アイコン

    土曜日に会話をしている家庭がどれだけあるか。。。結局学校の週休二日は先生が休みたいだけですね。企業は完全週休二日にするときは労働時間は基本的に変えませんでした。学校の場合は授業時間を減らしたのですから世間離れしていますね。傑作

    千葉日台

    2013/1/22(火) 午前 8:11

  • 顔アイコン

    「保護者の7割が土曜授業に賛成した」というアンケート結果は、結構現状を示しているようにも感じます。
    お母さんは、子供が土曜日に家にいると仕事の日になりますから、会話はしないのでは…ないかと思ったりします。

    日本が構造的に「忙しく」なってきているのもあると思いますが。

    [ success ]

    2013/1/22(火) 午前 8:25

  • 顔アイコン

    さくらの花びらさんが一つ一つ突っ込んでくれてニヤついています^^;
    というか、そういう当たり前の反論を考えない新聞社の意識にも問題が多過ぎます!
    要らない新聞社である事に間違いありません!

    ★!

    ジョウジ

    2013/1/22(火) 午前 9:16

  • 小中学校は土曜授業4時間を復活せよ!
    一時間目:愛国心教育(忠の教育)
    二時間目:道徳教育(孝の教育)
    三時間目:交通マナー教育
    四時間目:ボランティア活動

    トマト王子

    2013/1/22(火) 午前 10:09

  • おい朝日、ゆとり教育の産みの親の元文部省官僚が大阪コリア学園でやってるぞ!

    ナイスがエラー、ランクリ○です。

    近野滋之

    2013/1/22(火) 午前 10:17

  • 反日朝日新聞の主張の反対をやれば正しい行動です。

    ナイス&ランクリ

    [ 鳳山 ]

    2013/1/22(火) 午前 10:44

  • 顔アイコン

    これは教師の週休二日が基本であろう。役所が土曜休みになり、銀行も土曜休みになり、週40時間制などとのたまった挙句に「ゆとり教育」などと耳障りの良い言葉を用いて教師に休みを与えた愚策であったと拙者は感じる。土曜が休日になった時には母親は困ったものだ。
    中学ぐらいになっていれば良いが、低学年の子どもを抱えた母親は仕事にすら出られず困ったであろうことは想像がつく。

    学力も低下し、その反省から第一次安倍内閣が続いていたなら間違い無く元に戻したであろ。
    急務とは申さぬが、やはり子どもの仕事は勉強である。

    [ 備前長船 ]

    2013/1/22(火) 午後 1:17

  • 顔アイコン

    ベネッセも 創価カラーですね

    土曜日半ドンは 僕らの世代は当たり前だったので
    これ程に過剰反応を示す意味が まったく理解できませんね

    彼らが拒むモノが 日本に必要なもの 明確ですね

    [ かず ]

    2013/1/22(火) 午後 4:15

  • 顔アイコン

    御国の根幹を為すものは子孫繁栄と教育です。
    もう一度明治初年の頃、日本全国に学校を建てた原点に戻って考え直していただきたい。
    学問とは何かを・・

    ナイス
    ランクリ

    アメブロにタイトル同じで移行。

    2013/1/22(火) 午後 7:50

  • 顔アイコン

    ( ´ー`)y─┛チァーパーボェー

    朝日の嫌がることは全て日本の役に立つこと

    ナイス!&ランクリ

    にっぽに屋にっぽん

    2013/1/22(火) 午後 9:17

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事