ここから本文です
さくらの花びらの「日本人よ、誇りを持とう」
保守の会会長 松山昭彦のブログ

書庫全体表示

人気ブログランキングに参加しています。 
忘れずに、ここをポチッとお願いします。
イメージ 2


イメージ 1


硫黄島の戦いで1ヶ月近く激戦を繰り広げ、多大な犠牲者を出したアメリカ軍が硫黄島を占領した翌日316日、摺鉢山近くの岩山の穴から片足を失った日本の陸軍少佐が降伏のしるしのハンカチを掲げて出て来てこう言いました。
 
「司令官はいないか。穴の中にはまだ有能な30名の青年達が残っている。彼らを日本のため、世界のために生かしてやりたい。私を殺して彼らを助けてほしい」と言いました。
 
この少佐に引見した第五艦隊レイモンド・スプルーアンス司令官は「お前も部下達も助けてやろう」と言うと、少佐は「サンキュー」と言いながら息を引き取りました。
 
その後、アメリカ軍は青年達が残っている穴の中に煙草や缶詰を投げ入れて、穴から出てくるよう何度も勧告しますが、彼らは全く応じずに抵抗を続けました。
 

5月になっても日本兵達は抵抗を続け、やがて何名かが餓死し、最後に残された者は手榴弾で自決して果てました。

 
その爆発音でスプルーアンス司令官自身が穴に行くと、穴の入り口に英語と日本語で書かれた手紙が置かれていました。
 
閣下の私達に対する御親切な御厚意、誠に感謝感激に堪えません。
閣下より戴きました煙草も肉の缶詰も皆で有り難く頂戴いたしました。
お勧めによる降伏の儀は、日本武士道の習いとして応ずることができません。
最早 水もなく食もなければ、十三日午前四時を期して、全員自決して天国に参ります。終りに貴軍の武運長久を祈って筆を止めます。       

昭和二十年五月十三日 

日本陸軍中尉 浅田真二

米軍司令官スプルーアンス大将殿

 
イメージ 2
 

戦後、スプルーアンス大将は全米各地を講演して必ず話していたことがありました。
「アメリカの青年達よ。東洋には素晴らしい国がある。それは日本だ。日本には君達が想像もつかない立派な青年がいる。ああいう青年がいたら、やがて日本は世界の盟主になるに違いない。奮起しろ」と。
 
この話はマスコミが報じることがなく、学校でも教えず、ほとんどの日本人が知らない話ですが、日本人の誇りある話として、一人でも多くの日本人の目に触れてもらいたいと思います。

・・・・・・・
人気ブログランキングに参加しています。 
多くの日本人に広めたい話だ、と思った方はここをポチッとお願いします。
イメージ 2

  • 顔アイコン

    やはり軍人は立派なのね!日米とも

    あっちゃん

    2016/3/21(月) 午前 6:18

  • 顔アイコン

    硫黄島の戦闘は世界の戦闘史に残るでしょう。そしてまた、慰霊団に参加した一国会議員が「えっ、日本ととアメリカが戦ったことがあるのですか」と仰天した(いや空は仰がなかった)という事実も、残るでしょう。

    [ - ]

    2016/3/21(月) 午前 6:30

  • 日本兵の恐るべき精神力には感嘆致します。特攻隊員を無駄死にと言う人もいますが、必死で国家のために戦った人々を尊敬すべきです。軍上層部が無謀で杜撰な戦略を立てなければ、帝国陸軍はよりいい戦果を期待でき、アメリカの進軍を更に遅らせたでしょう。

    ナイス!

    [ MTK ]

    2016/3/21(月) 午前 6:40

  • おはようございます!
    凸&転載させていただきました<(_ _)>

    れい

    2016/3/21(月) 午前 8:00

  • 顔アイコン

    天皇陛下のマッカーサーへのお言葉を思い出します。

    たま

    2016/3/21(月) 午前 8:14

  • 顔アイコン

    失礼ながら いつも転記させて頂いております

    [ brassww2006 ]

    2016/3/21(月) 午前 8:32

  • 顔アイコン

    本当に広めたい話ですね。教科書に載せて学校で教えるべきだと思います。参考にさせていただき、動画投稿をします。

    [ jid*iok*r*20*1 ]

    2016/3/21(月) 午前 9:11

  • 顔アイコン

    素晴らしい記事です。ありがとうございます。

    日本が世界の盟主になるために頑張りましょう。

    ナイス☆

    鉄人軍団

    2016/3/21(月) 午前 9:20

  • おはようございます。

    日本人の素晴らしさが伺えますね。

    このような、先人たちの事をなぜ語り継がないのか・・・
    不思議で仕方ないです。

    桃太郎

    2016/3/21(月) 午前 9:31

  • 顔アイコン

    .1.

    ≪保存版≫ 麻薬で逮捕歴のあるキムチ創価学会員の方々。創価学会=帰化未帰化在日韓国人新興宗教団体。

    *****
    21.名前: 名無しのAsian
    :2016/03/20 05:49 ID:qDlF.TH80
    ▼このコメントにレス
    麻薬で逮捕歴のある方々
    ●研ナオコ 大麻(創価学会員)創価系ヤクザが創価員をヤク中にした
    ●上田正樹 大麻(創価学会員)創価系ヤクザが創価員をヤク中にした
    ●元サザンオールスターズ 大森隆志 覚醒剤・大麻(創価学会員)創価系ヤクザが創価員をヤク中にした
    ●矢倉涼子 覚醒剤・大麻(創価学会員 元サザン大森の妻)創価系ヤクザが創価員をヤク中にした
    ●清水健太郎 大麻(創価学会員)創価系ヤクザが創価員をヤク中にした
    ●槇原敬之 大麻(創価学会員)創価系ヤクザが創価員をヤク中にした
    ●美川憲一 大麻(創価学会員)創価系ヤクザが創価員をヤク中にした
    ●尾崎 豊 覚醒剤(創価学会員)創価系ヤクザが創価員をヤク中にした

    [ ttuErika ]

    2016/3/21(月) 午前 10:24

  • 顔アイコン

    転載&FBシェアしました。^0^

    [ nar*sa*a_ik**u ]

    2016/3/21(月) 午前 10:31

  • 顔アイコン

    .2.

    ●内藤やす子 大麻(創価学会員)創価系ヤクザが創価員をヤク中にした
    ●田代まさし 覚醒剤(創価学会員)創価系ヤクザが創価員をヤク中にした
    ●羽根田孝一 覚醒剤(創価学会員 TVプロデューサー。田代まさしにクスリを売った人物)創価系ヤクザが創価員をヤク中にした
    ● 氷川きよし(創価学会員)韓国式ゲイ
    ●AKB48高橋みなみの母親(創価学会員)15歳少年と淫行容疑で逮捕
    asianews2ch.jp/archives/48136703.html?1458451237#errors
    *****

    -----
    平塚パラヤン女

    [ ttuErika ]

    2016/3/21(月) 午前 10:32

  • 顔アイコン

    素晴らしい話です。

    心してポチッを押しました。

    よかもん人生

    2016/3/21(月) 午前 10:44

  • 顔アイコン

    硫黄島で、日本兵の自らの血で染めた日章旗掲揚のお話と同様に、祖国と日本国民を護る覚悟と決意を感じるお話には、目頭が熱くなります。
    日本国本土を少しでも敵の爆撃から死守する為に、そして家族・愛する人の為に、硫黄島の陥落が一日でも伸びるならばと、戦ったのは間違いありませんから。

    硫黄島には、まだ沢山の英霊の遺骨が眠っているそうですが、滑走路の下に多数あると云う事が、アメリカがした非情さを、また感じずにはいられません。

    なんとか早く遺骨収容され、本土・故郷に帰って来て頂きたい願うと共に、ちょうど彼岸でありますが…深く感謝の想いで手を合わせたいと思います。

    [ ibuki ]

    2016/3/21(月) 午後 4:50

  • 顔アイコン

    史実をちょっと調べれば分かる、有り得ない虚構です。

    [ sda*g*ri ]

    2016/3/21(月) 午後 6:04

  • 先人、武士道精神の素晴らしさに、比べて今の日本人は…こんな日本かが沢山いたら、今の日本ではないでしょうね。奮起しなければならないのは日本人。

    [ man**u197*nz ]

    2016/3/21(月) 午後 9:09

  • 顔アイコン

    硫黄島の逸話はいろいろありますね!極限状態でも武士道精神を保つ・・・それが良いかどうかは別として男の生き方を感じます。左翼と欧米人には理解できまい!

    [ 知床桜 ]

    2016/3/22(火) 午前 4:50

  • > sda*g*riさん
    史実から見れば確かに誤認がありますね。

    スプルーアンス大将は3月15日に硫黄島から沖縄に転戦されてます。 これは硫黄島での組織的な戦闘が終結したためで、最小限の人員を残し移動したと思われます。

    残されたのはおそらく海兵隊でしょう。 島嶼攻撃における陸上戦闘は海兵陸戦隊の役目ですから、地上戦はそれが当たったに違いありません。

    とはいえ、全軍司令官はスプルーアンス大将に変わりはなく、海兵陸戦隊の指揮官の名前など知らぬであろう帝国陸軍浅田少尉は、もちろん手紙の宛先を全軍司令官に宛てるのは至極当たり前なことと思います。

    当然ながらことの次第は遠い沖縄に居るスプルーアンス大将に逐一報告は成されていたでしょう。 後の講演話が本当かどうかはさておき
    話の流れからは全くの虚構とは言い切れないものと思いますよ。

    [ なかたん ]

    2016/3/22(火) 午前 10:55

  • 転載しました。

    [ ほんじょうや ]

    2016/3/23(水) 午前 9:20

  • 顔アイコン

    はじめて、知りました。大変感銘を受けました。
    涙が止まりません。

    [ kouhei ]

    2019/5/30(木) 午前 4:33

本文はここまでですこのページの先頭へ
みんなの更新記事